新年は風にのって運ばれてくる

窓を つよい風がたたいている
新年は風が運んできてくれるのだろう

今日は 午前中に原稿をすこし書いて
煮詰まってしまい 畑にいくことにした
着物のうえに パンツをはいて ひたすら変な格好で
でかけていく 赤い毛糸の帽子

雨にぬれた あぜ道はぬかるんでいる
枯れたススキ
曼珠沙華の葉だけが つやつやと緑で
こどものころ 段ボールを敷いて滑って遊んだ
池の表面も冷たい木の葉
山の景色もかわりなく 冬のまま

そんな情緒もふっとぶくらい

立ってられないくらいの強い風で
母とふたり こりゃ 飛ばされてしまう と
大根とにんじんと ほうれんそうと サニーレタスと
ルッコラと まな とかいう野菜とかを とって 籠にいれると
さっさと 退散する
父はゴルフにでかけていった

それから 母はおせち料理をつくりはじめ
また わたしは原稿を書き始め
また煮詰まって くりきんとんの さつまいもを裏ごしする

お昼ご飯をたべて
ネットにつないで メールチェックして
ほかの仕事のことを思い出したりする

近所の家から掃除機の音がする
門松や しめ縄が飾りつけられ始める
年越しって けっこう限界芸術かも と思ったり

今日はどこまで原稿がすすむかしら


昨日のパレードのことを 考えている
無名
アイデンティティの問題 
連帯
消費
歩く
表現


いまごろ わたしのあたまは パレードをはじめたのね

歩いているときは 先頭だし
いちおう声かけた側だがら いろいろ気もつかうし
あんまり考えることができなくて おわってから 考え始めたのね
頭のなかのパレード
[PR]

by books131 | 2007-12-31 14:45