<   2011年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧

「これからの大阪を語り合う ~文化・原発・自治~」

第6回大阪創造都市市民会議 総会およびシンポジウム
   「これからの大阪を語り合う ~文化・原発・自治~」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回のシンポジウムのテーマは「これからの大阪を語り合う ~文化・原発・自治~」。
今秋に向けての大阪府、大阪市の動向、原発とエネルギー問題のゆくえ、さらに
このような状況下で、文化芸術がどのような役割を担うのか?
「文化」「原発」「自治」を軸に、各界の専門家、有識者からのさまざまな視点や
提案を基にして、これからの大阪のかたちを見据えたいと思います。
ご参加希望の方は開催要項をご覧の上、9月10日(土)までに下記の参加申込書
にてご参加の旨をご連絡下さいますようお願いいたします。 一人でも多くの方と
意見を交えたいと思っております。なにとぞご参加下さいますようお願い申し上げます。

◆開催要項◆
【日時】2011年9月17日(土)18時半~20時50分
【会場】大阪市中央公会堂 小集会室
  大阪市北区中之島1-1-27 TEL 06-6208-2002 URL http://osaka-chuokokaido.jp/
  ※小集会室へは、公会堂の南側の階段を下りて、広場になっている所の
   左側入口(西入口)から入り、エレベーター4号機に乗って3階までお越しください。
【テーマ】「これからの大阪を語り合う ~文化・原発・自治~」
【スピーカー】
  今井一氏(ジャーナリスト)
  上原恵美氏(京都橘大学教授)
  佐藤友美子氏(財団法人サントリー文化財団上席フェロー)
 以下、依頼中の講師
  鷲田清一氏(前大阪大学総長) 他
   *モデレーター 中川はるか氏(本会世話人)
【参加会費】500円(資料代)
【主催】大阪創造都市市民会議
【協力】大阪市立大学都市研究プラザ
 (シンポジウム終了後、大阪創造都市市民会議第6回総会を開きます。
  本会の活動にご興味のある方も参加していただけます。)

◆参加申し込み◆
  下記にご記入の上9月10日(土)までにお申し込みください。
  大阪創造都市市民会議 事務局 e-mail: info@creative-osaka.jp

-----------参加申込書------------
  お名前:
  ご所属:
  e-mail:
  ※当日、上記内容(e-mailを除く)を記載した参加者名簿を作成し、
   参加者に配布する予定です。名簿に記載してもよろしいですか?
   →参加者名簿への記載  可 or 不可
----------------------------
[PR]

by books131 | 2011-08-31 13:35 | イベント転載

 「幸せの経済学」

應典院コミュニティシネマ VOL17 「幸せの経済学」


●開催要項
1.日時  2011年9月30日(金)
       19:00   「幸せの経済学」映画上映
       20:20~21:30  対談:ポスト3.11から「本当の幸せ」を考える
2.会場  應典院本堂ホール(地下鉄谷町9丁目・日本橋各駅から徒歩6分)
3.主催  應典院寺町倶楽部
4.後援  関西NGO協議会・ 関西国際交流団体協議会
5.助成  公益財団法人 JR西日本あんしん社会財団
6.参加費 一般 1200円 
(関西NGO協議会加盟団体会員・関西国際交流団体協議会会員・應典院寺町倶楽部会員 1000円)
7.定員   100名
8.お申し込み  オンライン http://uemachi.cotocoto.jp/event/46150       
   または電話06-6771-7641(應典院寺町倶楽部事務局)
9.お問い合わせ 06-6771-7641(應典院寺町倶楽部事務局:田所、小林)

●映画紹介
幸せの経済学 
【製作年】2010年 【時間】68分
【監督】ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ他
【製作】The International Society for Ecology and Culture (ISEC)
【製作国】アメリカ、ニカラグア、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、
インド、タイ、日本、中国
※映画の詳細は、Webサイトhttp://www.shiawaseno.net/をご参照ください。
  ※本作品は第七芸術劇場にて、9月17日から10月7日までロードショー公開されます

●対談:ポスト3.11から「本当の幸せ」を考える

・中田豊一(参加型開発研究所主宰)
阪神大震災地元NGO救援連絡会議事務局長代行、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長など歴任の後、04年からJICA派遣専門家として家族とともにラオスに滞在。現在、参加型開発研究所主宰の他、NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会代表理事、NPO法人市民活動センター神戸理事長など兼ねる。
著書に「人間性未来論」「ボランティア未来論」など。

・山口洋典(應典院寺町倶楽部事務局長・立命館大学准教授)
[PR]

by books131 | 2011-08-27 16:14 | イベント転載

朝鮮学校ダイアローグ

朝鮮学校ダイアローグ
―もうひとつのジモトの「風景」と「記憶」のアートプロジェクト―
2011年8月27日(土)~9月4日(日) 10:00-17:00
会場/旧岡山朝鮮初中級学校(岡山市南区藤田608-3)

主催: ダイアローグ岡山
共催: 岡山市芸術祭実行委員会・岡山市
助成: 芸術文化振興基金、 公益財団法人朝日新聞文化財団
http://www.artdialogue.jpn.org

1974年、岡山市西古松にあった岡山朝鮮初中級学校が藤田に移転した。高度経済成長期を経て新しく設立されたキャンパスには、岡山で生活基盤を築いた在日コリアンたちの未来への夢が詰まっていた。その後、2000年に、より充実した環境で教育をするために初・中級部を倉敷朝鮮初中級学校と統合され、今日に至る。「朝鮮学校ダイアローグ」の舞台となる旧岡山朝鮮初中級学校は、現在、体育館以外はキャンパスとしての役割を終え、幼稚園のみ運営されている。本アートプロジェクトは、在日コリアンの若者、地域社会で様々な活動にとりくむ者、県内外のアーティストや社会学者のダイアローグ=対話を通じて、もうひとつのジモトを表現する試みである。

私たちにとって、ジモトとは何だろうか? 「兎追いしかの山♪」といった故郷があるわけではない。都会でも田舎でもなく、郊外と呼ぶのもどこか味気ない。だからふだん何気なく口にするジモトくらいがしっくりくる。しかし、どうやってジモトという言葉に秘められた豊かさを語ることができるのだろうか。日本全国、どの地方都市を訪れても、どこかで見たような風景が広がっている。そんな均質な「風景」のなかで、生活する人びとの「記憶」までも均質化されることで、私たちが口にするジモトという言葉が示す場所でさえ掴みどころがないものになりつつある。

ジモトで生活しているのは、日本人のみではない。バックグラウンドや価値観も実に多様な人々が、それぞれに異なったジモトの「風景」と「記憶」を育んでいる。歴史に名を残さない、小さくて雑多だが、豊かな出来事や場面がジモトには埋もれている。朝鮮学校の「風景」や「記憶」をたどっていくと、高度経済成長期の地域社会や在日コリアンたちのローカルな生の営みが浮かびあがってくるとともに、植民地主義、東西冷戦といったグローバルな負の近代史がその背景として存在していることがわかる。それらのイメージの断片は決して閉ざされたものではなく、地域社会やこの広い世界で生活している他の人びととつながっている。このように考えてみることは、ふだんは語られることなのない、私たちが生活しているジモトをめぐるオルタナティヴ=もうひとつの「風景」や「記憶」を地域社会で育てていく契機となる。

--
■現代美術展 <8月27日- 9月4日 10:00-17:00>
出展作家: 岡田 毅志、 川端 路子、 清水 直人、 ソン・ジュンナン、本田 孝義、
真部 剛一、 宮ヶ迫ナンシー理紗、 るんみ

■岡田 毅志(京都)
現代美術家。1967年生まれ。京都府在住。1992年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。「アートとは自分と現代社会との接点に、あるタイミングで必然と現れる」との考えから、作品制作、美術教育、アートマネージメントなどを並列して実践している。
■川端 路子(岡山)
1971年、岡山市生まれ。
大学入学と同時に自主制作で映画を撮り始める。
2000年に地元に戻り、以後、岡山在住。
主な作品「岡山物語」(2007)
■清水 直人(岡山)
美術家。変転極まりない時代とともに生じる文化。現実と虚構、仮想の世界が入り交じり、境界線が各個人によって全く異なる煩雑な時代において、所在ないアイデンティティーとナショナリズムを通して社会的アクチュアリティーの顕在化を行っている。
■ソン・ジュンナン(大阪)
1986年神戸市生まれ 2008年大阪芸術大学芸術学部美術学科 卒業
【主な個展・グループ展】 2011 「The end of end」 アトリエ2001、神戸
2008 「Fall Down」 共同アトリエ・3号倉庫、福岡
2007 「神戸ビエンナーレ2007」 メリケンパーク、神戸
■本田 孝義(東京)
1968年岡山県生まれ。法政大学卒。
長編ドキュメンタリー映画の制作と並行して、多数の現代美術展で映像作品を発表している。
主な作品は 「ニュータウン物語」、「船、山にのぼる」 など。
■真部 剛一(岡山)
現代美術家。1974年生まれ。身近な諸問題を主題にアートプロジェクトを展開している。近年は、様々な立場の人(障害のある人、高齢者、ホームレス、在日コリアン)に関する作品や、アジア圏でのアートワーク、瀬戸内海の島々での滞在制作等を行っている。
■宮ヶ迫ナンシー理紗(神奈川)
NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ(ME-net)事務局スタッフ
CRI-Children's Resource International運営委員。9歳でブラジルから来日。同世代の外国につながる若者をつなぐ活動や、映像等を通じたメッセージの発信、ブラジルの子ども支援など様々な活動に取り組む。
■るんみ(東京)
1984年生まれの在日コリアン3.5世。岡山朝鮮初中級学校に9年間通い、清心女子高等学校、ノ立命館アジア太平洋大学を卒業。現在、デザイナー、映像作家として活動中。主な作品「Twinkle☆」2008年、「GIRLY」2010年、「近くて遠い学校」2010年(市民がつくるTVF2011にてビデオ大賞受賞)

--
■「在日の記憶」資料展示
在日コリアンと県内外の社会学者の主導によって、旧岡山朝鮮初中級学校(藤田)にかかわり合いをもった人びとを中心として、地域社会=ジモトの在日コリアンの記憶に関する資料展示を行います。この展示には、在日コリアンの記憶を写真や文章を通じてあらわすこと、地域の在日に関する著書、論文、資料などを集積したライブラリーの役割を持たせることという二つの目的があります。

--
[会期中スケジュール]
<8月27日(土)>
■チャンゴ演奏   12:30-13:00
朝鮮半島の伝統芸能チャンゴの演奏と踊り
出演者:金 克典 (大韓民国重要無形文化財第3号、男寺党ノリ日本支部所属)
■[シンポジウム]ダイアローグ  13:00-14:30
―「もうひとつのジモト」をアートする―
多様なバックグラウンドを持つ、作家個々人の経験や感覚から見た「ジモト」とは何なのか、自身が見てきた風景や記憶とは何だったのか。
様々な「ジモト」を表現した作品が朝鮮学校といういわば特殊な場に持ち寄られ、ダイアローグが交わされるとき、まだ見ぬ「もうひとつのジモト」が立ち現れてくるだろう。
パネリスト:
出展アーティスト、川端 浩平 (京都大学GCOE研究員)、森末 治彦 (社会学者)
■「人と言葉、リズム」 15:00-16:30
ラップ・ワークショップ
1. 初めにラップの説明(歴史、実演、方法)
2. 参加者各自のライム(詩)作成
3. 参加者が作成した詩を繋ぎあわせて一つの曲を作成
講師: フニ (ラップミュージシャン)
2002年、ラップグループ「KP」として活動を開始。2006年、映画「GO」の舞台を全国公演に俳優として参加、舞台音楽も手がける。2010年1月、KPの5thアルバム「いくおとせいくん」をリリース。LIVE活動以外にも大学や、中学校でラップのワークショップなども実施している。
参加者募集中! 希望される方は事務局へお申込み下さい
--
<8月28日(日)>
[シンポジウム]
■ダイアローグ 11:00-12:30
―ふたつの学校のダイアローグ― 
朝鮮学校と第二藤田小学校の子どもたちのあいだに交流が生まれた。両校の元校長先生を招いて交流の背景や当時の思いを語っていただく。
パネリスト:
佐藤 脩二(第二藤田小学校元校長)、李 義哲(岡山朝鮮初中級学校元校長)
■チャンゴ演奏  13:30-14:00
■[シンポジウム]
ダイアローグ 14:00-15:30
―越境するジモト ダイアローグ岡山は何を目指すべきか―
私たちは、生き延びるためにフクシマから逃げることを考える。
でも、フクシマがジモトだとしたら?
私たちはニッポンから逃げられない。ニッポンがジモトだから?
私たちはアジアから逃れられない。アジアがジモトだから?
ともに生き延びるために、私たちそれぞれのジモト感覚の差異について「ダイアローグ=対話」を始めてみたい。それぞれに社会学的なフィールドワークや多文化共生の活動の当事者として考察を深めてきたパネリストたちとともに議論する。
パネリスト:
川端 浩平(京都大学GCOE研究員)、塩原 良和(慶應義塾大学法学部 准教授)、金
泰植(獨協大学、聖心女子大学 教員)、轡田 竜蔵(吉備国際大学社会学部准教授)、松田葉子(元・日米タイムズ記者)、他
--
<9月4日(日)>
■フットサル大会 10:00-12:00
 [参加希望の方は事務局へお申込み下さい(1チーム5名で参加)]
■焼き肉パーティー 12:30-14:00
 [参加費1500円(ドリンク代別)、参加希望の方は事務局へお申込み下さい]

--
[交通アクセス]
■車でお越しの方 [駐車場有・グラウンド]
 国道30号線より大東交差点を右折[約30分]
■バスでお越しの方[約30分]
・岡電バス/当新田・大東行 51番、大東・藤田団地北行 52・62番
・両備バス/渋川行、秀天橋行、国道フェリー行
「大東」下車。おかやま信用金庫前の用水路沿いに南へ歩き、徒歩15分。
[PR]

by books131 | 2011-08-27 14:51 | イベント転載

奈良ソーシャルビジネスセミナー2011 第2回 学生編

セミナー当日、「雪花菜(おから)アイス」の試食タイムがあります!
おからのアイス、召し上がれ!
数に限りがありますのでお申し込みはお早めに!

--------------------------------
■9/3(土)奈良ソーシャルビジネスセミナー2011 第2回 学生編■

(13:30~ 奈良文化会館)
今回お招きするのは『NPO 法人TOKUSHIMA 雪鼻菜(おから)工房』の
理事長 上野静夏さんと顧問の鈴鹿 剛さんのお二人です。
学生編ということで同世代はもちろん、幅広い年齢層の方々と、
次世代に向けたソーシャルビジネスの可能性について話し合いたいと思います。

--------------------------------
【お申し込み】
・お名前:
・TEL:
・ご所属:
・E-mail:
-------------------------------
お申し込みは
sbnara@naranpo.jp
まで

詳細はWEBをご覧下さい
http://www.naranpo.jp/business/topics/sbsemi.html

-
[PR]

by books131 | 2011-08-25 16:20 | イベント転載

COOL JAPAN WEST「ガチャコン関西」 開催のご案内

■COOL JAPAN WEST「ガチャコン関西」 開催のご案内
2011年8月26日(金)、27日(土)

会場/JR大阪駅 大阪ステーションシティ5階「時空の広場」
http://cs-8.jp/gotchacon/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アジア・デジタル・コミュニケーション・センター(以下:ADCC)では、
来る8月26日(金)・27日(土)にJR大阪駅 大阪ステーションシティ5階の
「時空の広場(ときのひろば)」において、クリエイターの発掘・育成と、
西日本におけるコンテンツビジネスの創出・拡大を目的とした、
「COOL JAPAN WEST= ガチャコン関西 = 」と題して、イベントを開催します。

当日はクリエイターとビジネスマッチングの具体例を紹介するとともに、
多彩な関西のクリエイターを広く紹介し、豊富なプロジェクト例の一部を
ご紹介してまいります。

皆様、奮ってご参加ください。

■ 26日(金) ビジネスデー
 今後のCOOL JAPAN WESTの在り方について討議を行い、関西経済の再生と発展
 に向けた課題や方向性を考えてゆく予定です。

■ 27日(土) パブリックデー
 キャラクターをはじめとするクリエイター作品が人々にどのように受け入れ
 られているのか、そして家族や子供たちの直接的な反応を図る機会として、
 キャラクターサミットや映像クリエイター(学生)作品の審議会を関西在住
 の映画監督を交えて行ってまいります。

タイムスケジュール
-----------------------------------------------------------------------
【26日(金) 11:00~19:00 ブルーDAY (ビジネス向けイベント)】

 11:00~ COOL JAPAN WEST ガチャコン関西 2011 オープニング
    ~「COOL JAPAN WEST クリエイターが拓く経済再生への挑戦!
ディスカッション」
 13:00~「サブカルチャーオブ 兵庫」
 14:30~「日本全国ではこんな活用がされている!?」
 15:00~「マンガやキャラクターを活用するメリットとは!?」
 17:00~「コンテンツ・コミッション」

【27日(土) 11:00~19:00 オレンジDAY (一般向けイベント)】

 11:00~「ベジスタ・ステージ」
 12:00~「ガチャガチャPON!!~キャラクターサミット♪」
      たくさんの着ぐるみ達が集まってくる♪夏休みの記念に一緒に
写真を撮りまくろう♪
 13:00~「忠岡町マスコットキャラクター発表~日本一小さな町が
日本一元気な町を目指す」
 14:00~「アニメーション神戸~CG映像を紹介」
 15:00~「みんなでアイドルを応援しよう♪」
 16:00~「関西の声優だって頑張っている!!声優ステージ♪」
 17:00~「ナレッジ・クリエイターズ・ワールド審査会」

 ※上記の掲載情報は予告なく変更される場合があります。
  あしからずご了承のほどお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------

【主催】ADCC(アジア・デジタル・コミュニケーション・センター)
    [構成](株)アンシャントマン/(株)エンジンズ/(株)コアエンタ
        (有)シーズエイト/デジタルハリウッド(株)/(株)ナスピア
        (株)ノースエッジ
【後援】経済産業省 近畿経済産業局/大阪府/兵庫県/大阪市/神戸市
【協力】大阪ターミナルビル(株)/J:COM/タマノイ酢(株)/(株)朝日新聞社
    フジ印刷(株)/忠岡町/CrIS関西
【協力団体】大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会(ODCC)
      関西デジタルコンテンツ事業協同組合 (関デジ)
      モバイル・コンテンツ・テクニカル・パートナーシップ(MCTP)
      OHS協議会
【協賛企業】(株)シービスケット/ TACインターナショナル/(株)VIVIT

≪お問い合わせ≫
「ガチャコン関西」事務局/ADCC(株式会社ノースエッジ内)
  連絡先:06-6222-3141  mail:info@north-e.co.jp


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うめきた・グランフロント大阪 実感イベント
 「ナレッジキャピタルトライアル2011」
 まちびらき前 最後のトライアル、過去最大規模で開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■U R L: http://www.kmo-jp.com/trial/

 ■日 時: 2011年8月26日(金)10:00~18:00、19:00~21:00(ナイトイベント)
       2011年8月27日(土)10:00~18:00
       2011年8月28日(日)10:00~17:00

 ■会 場: 堂島リバーフォーラム、ABCホール[大阪市福島区福島「ほたるまち」]

 ■入場料: 無料(事前参加登録制)


 先端技術を用いた歴史・文化遺産の再現など17の展示コンテンツをはじめ、
 JAXAの川口淳一郎氏による「はやぶさ~奇跡の生還~」や、さかなクンの
 「おさかな講座」、建築家 安藤忠雄氏と宮原秀夫による「スペシャル対談」
 といった著名人による講演。

 スイーツをテーマに実際の結婚披露パーティを行う「スイーツウエディングショー」、
 プロバスケットボールチーム「大阪エヴェッサ」を迎えた 体験型ワークショップ、
 21世紀の新しい電子楽器を用いたナイトイベントなど、盛り沢山のプログラムを予定。
 会場では、ロボットたちが来場者をお迎えします。

 今回のイベントは、KMOがまちびらき後直営する3つの施設、ザ・ラボ
 (驚きの先端技術を見て、触れて、体験して、語り合う展示・交流の場)、
 サロン(様々な人々が集う会員制サロン)、シアター(演劇などの芸術文化を
 発信する多目的劇場)のプレビューを中心に展開します。

 2009年から毎年開催し今年で3回目、まちびらきまでとしては最後で最大となる
 本イベントに、ぜひ皆さまお誘いあわせの上、ご来場ください!


 本イベントは事前参加登録制です。Webサイトよりご登録ください。

  └ 「ナレッジキャピタルトライアル2011」の参加登録はこちら
    https://f.msgs.jp/webapp/form/14220_yav_8/index.do


 ■主 催: 株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント
       NTT都市開発株式会社、株式会社大林組、オリックス不動産株式会社、
       関電不動産株式会社、株式会社新日鉄都市開発、住友信託銀行株式会社、
       積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、東京建物株式会社、
       日本土地建物株式会社、阪急電鉄株式会社、三菱地所株式会社

 ■後 援: 大阪府、大阪市、総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済産業局、
       国土交通省近畿地方整備局、独立行政法人都市再生機構、
       公益社団法人関西経済連合会、社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、
       財団法人大阪21世紀協会、社団法人デジタルメディア協会、
       財団法人デジタルコンテンツ協会、関西プレスクラブ
[PR]

by books131 | 2011-08-25 16:08 | イベント転載

大阪でアーツカウンシルをつくる会


大阪でアーツカウンシルをつくる会
OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムin大阪実行委員会

            夏と言えばカレー!!
         夏のカレー アツカン公開勉強会!

   ~この夏は、カレーを食べながら大阪の文化政策について
                  みんなで考えてみませんか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第一回『大阪府、大阪市の文化政策の変遷について』〈開催済〉
日時:2011年8月4日(木) 18:00~20:00
講師:吉澤弥生(大阪大学人間科学研究科特任研究員、NPO法人recip)
会場:西成プラザ

■第二回『希望に満ちた自分たちの文化政策を妄想する』〈開催済〉
日時:2011年8月10日(水) 18:00~20:00
会場:こころぎ

■第三回 『大阪府・大阪市の基本計画と大阪市芸術文化アクションプランをみんなで読む』
日時:2011年8月26日(金) 18:00~20:00
会場:西成プラザ

■第四回 『みんなで考えた大阪のアーツカウンシル妄想の分類』 
日時:2011年9月6日(火) 12:00~14:00
会場:こころぎ 

■第五回 『政策提言にむけた話し合い』
日時:2011年9月13日(火) 16:00~18:00
会場:こころぎ 


アクセス:
西成プラザ(8/4、8/26)
http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/nishinari/
大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル(100円ショップFLETS)3F
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」7番出口を出て左手すぐ。赤い看板100円ショップFLETS店内に入り、右のドアから3Fへ。

こころぎ(8/10、9/16、9/13)
http://www.cocoroom.org/kokorogi/index.html
大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階

参加方法:
下記まで予約ください。
NPO法人アートNPOリンク
E-mail forum2011@arts-npo.org
TEL 080-2444-6322

料金:
無料(カンパ歓迎/別途カレー代が500円かかります)

問合せ先:
NPO法人アートNPOリンク
E-mail forum2011●arts-npo.org
TEL 080-2444-6322

NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
E-mail info●cocoroom.org
TEL 06-6636-1612
[PR]

by books131 | 2011-08-25 13:34 | イベント転載

新世代の現代美術による「クールジャパン」の広がりとアートマーケットの現在

CCAフォーラム
三潴末雄氏と語る夕べ
~新世代の現代美術による「クールジャパン」の広がりとアートマーケットの現在

主催=大阪市立大学都市研究プラザ CCA

講師=三瀦末雄(ギャラリスト:ミヅマアートギャラリー)
聞き手=岡田智博(大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員)

開催日時 9月3日(土)18:30-20:30
会場 キャンパスポート大阪(ルームD)
大阪駅/梅田駅/北新地駅下車 各7分から3分
大阪市北区梅田1丁目2-2-400 大阪駅前第2ビル4階
会場地図= http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html
参加費=無料

「ART OSAKA 2011」、「堂島ビエンナーレ」など、新しい現代美術のイベントが活気をみせたこの夏の大阪。今後も、「水都大阪」や「御堂筋デザインストリート」、「DESIGN EAST」など、クリエイティブイベントが目白押しの秋を迎えます。
その中におきまして、山口晃、会田誠、松蔭浩之などの現在の現代美術ブームを牽引する新進作家や、無人島ギャラリー(Chim↑Pom、八谷和彦などを扱う)などの新世代のギャラリストを世に送り出している、ミズマアートギャラリーの代表である三瀦末雄さんが、世界の注目を集める31人の若手現代美術家たちを紹介する企画展「ジパング展」をプロデュース、8月31日より9月12日までなんばの高島屋にて開催します。
開催にあわせて、大阪に来訪する三瀦さんを講師に迎え、今の国際的な新進現代作家ブームの中心にある作家たちの活動や、それを支えるギャラリストの現場を通じて、「クールジャパン」の動きの中における日本発の現代美術の世界における実情と、創造産業としてのアートマーケットの現実、東京に較べて出遅れている大阪における現代美術マーケットの可能性について、対話型のレクチャーを行ないます。


■ 講師紹介
○ 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー東京、北京 ディレクター)
東京生まれ。成城大学文芸学部卒業
1980年代からギャラリー活動を開始、1994年ミヅマアートギャラリーを青山に開廊。2000年からその活動の幅を海外に広げ、インターナショナルなアートフェアに積極的に参加。
2002年中目黒にギャラリーを移転後、日本、アジアの若手作家を中心にその育成、発掘、紹介をし続けている。また、アジアにおけるコンテンポラリーアートマーケットの更なる発展と拡大のため、2008年に北京にMizuma & One Galleryを開廊。
2009年市谷田町にミヅマアートギャラリーを移転、引き続き毒と批評精神溢れた作家を世界に紹介している。
◆主な展覧会企画歴
2005- NY、ロンドン、香港、台北などで展覧会を多数企画
2008  Off the Rails、北京
2010  TOKYO DESIGNERS WEEK2010 TDW-ART「ジャラパゴス展」、東京
2011  「ジパング展」、東京、大阪、京都


◆ 御参加希望の方は、クリエイティブセンター阿波座(CCA)のイベントスケジュールよりCCAフォーラムをご選択頂き、
1. お名前
2. ご所属・ご職業
3. 御連絡先、メールアドレス、携帯電話の番号
をフォーム欄にご記入頂き、また参加人数をメッセージ欄にご記入頂くようよろしくお願い致します。

http://gbs.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/cca/index.php?PageID=2&SRubID=3&RubID=2&EventID=16
[PR]

by books131 | 2011-08-25 13:31 | イベント転載

4117ニュース


6月から回を重ねてきたアートマネジメント講座3(B)もいよいよ終盤。講座の仕上げに、参加者の皆さんそれぞれが考え出したオリジナルのワークショップを開催します。ちょっとしたアートや、ツアー、おしゃべりなど10種類のワークショップが、アットホームな雰囲気で楽しめます。家族や、友達、あるいはお一人でふらりと、お気軽にお立ち寄りください!


■イベント『ワークショップを楽しもう!』(アートマネジメント講座3(B))
2011年8月27日(土), 28日(日)
イベント詳細はこちら→http://management.4117.jp/event.php?id=70

内容:

「自転車がロクロになりました。」
講師:出川 晋(陶芸家)
日時:8月27日(土)、28日(日)11:00~17:00(小雨決行)
会場:道端(受付は中之島4117)

「思い出でつくるデザイン」
講師:大江 孝明(コクヨのデザイナー)
日時:8月27日(土), 28日(日)11:30受付 14:30終了予定
会場:中之島4117
(要予約)

「コンシェルジュ(案内人)」
講師:井谷 美奈子(会社員)
日時:8月27日(土), 28日(日)11:00~17:00(いつでも声をかけてください)
会場:中之島4117

「発見!!御堂筋彫刻ストリート」
講師:タカイ テツヤ(大学院生)
日時:8月27日(土), 28日(日)14:30受付 17:00終了予定
会場:中之島4117、御堂筋(受付は中之島4117)
(要予約)

「好きな雑誌を持ってきて、私だけの世界をつくろう!」
講師:沈 燕(留学生)
日時:8月28日(日)11:00~16:00
会場:中之島4117

「My Hope, My Heart 色と形で表す私のねがい」
講師:小村 みち(NPO法人ライフスキル研究所 理事)
日時:8月27日(土)13:00~16:00
会場:中之島4117

「みんなでつくろう!展覧会マップ@森山大道写真展/ON THE ROAD」
講師:三村 知之(Re:PLUG)、高島 美恵(アートナビゲーター/会社員)
日時:8月27日(土)12:30受付 17:00終了予定
会場:中之島4117
(要予約)

「カメラを使ってコミュニケーション。想いを伝える写真を撮ろう!」
講師:soramark(フォトグラファー+フォトセラピスト)
日時:8月28日(日)11:00受付、13:00受付、14:30受付
会場:中之島スタジオ(受付は中之島4117)
(要予約)

「ストロータワー」
講師:にっち(ワークショップデザイナー)
日時:8月27日(土), 28日(日)11:00、14:30、16:30スタート
会場:中之島4117

「特別企画 こどもとアートにまつわるおしゃべりコーナー」
講師:こどもとアートとその周辺のためのプロジェクト RACOA(中之島4117 企画委員)
日時:8月27日(土), 28日(日)15:00スタート
会場:中之島4117
(要予約)

お問い合わせ/お申し込み
「プログラム名」「日時」「名前」を添えて、メールか電話、ファックスでお申し込みください。要予約と表記してあるプログラム以外は、当日先着順です。
要予約と表記のあるプログラムでも、参加余裕があれば、当日参加できます。
Tel/fax:06-6445-8577 Mail:info@4117.jp

※イベント「ワークショップを楽しもう!」は、ボランティア以上プロデューサー未満のアートに関わりたい市民が、中之島4117「アートマネジメント講座3(A)ワークショップのさまざまな事例を知る講座」を受講し、「(B)ワークショップイベントをつくる」の登録メンバーとなり、メンバーミーティングを経て開催する企画です。



===その他の4117ニュース====
■ポストギャラリー 8月・9月の展示
 http://www.4117.jp/project/event.php?id=68
池田朗子展「お山のディスコ」 8月3日(水)~28日(日)
木内貴志展「ポストキウチズム2011」 9月1日(木)~25日(日)
木内貴志アーティストトーク 9月11日(日)16:00~


■ボランティア情報を募集しています。
関西アートボランティア情報のウェブページを作成しています。これからボランティアを募集されたい方、ぜひお知らせください!
ページはこちら → http://www.4117.jp/project/volunteer.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芸術創造活動支援事業実行委員会
アートインフォメーション&サポートセンター「中之島4117」

〒530-0005大阪市北区中之島4-1-17瑛長ビル1F
TEL/FAX 06-6445-8577
info@4117.jp
http://4117.jp

[情報コーナー]
OPEN 水・木・金曜 11:00~19:00 土・日・祝 11:00~17:00
休:月・火曜(祝日の場合はオープン、翌日振替休)
※利用料無料
※イベント開催時は情報コーナーやライブラリーをご覧いただけ
ない場合があります。ご了承ください。

[アートの相談] http://4117.jp/consult.php
アートにまつわる相談を、アート現場の経験豊富な相談員がお答えします。
相談無料。予約を優先します。日程が決まっていますので詳しくはウェブ
サイトをご覧ください。
[PR]

by books131 | 2011-08-25 13:30 | イベント転載

CAP HOUSEからの情報

*8月27日(土)CAP土曜クラブ【要予約/2歳以上】
「こうさくであそぼ!~紙ねんどでつくろう~」
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2011/07/17124641.html

まだ大丈夫です。ご予約頂けると助かります。


さて!!
近づいてきました、トルコ音楽のコンサートのお知らせです。
世界の音楽首都だったという当時のバグダードで、今あるトルコ古
典音楽の基礎が生まれました。
そう考えると、なんだかぞっとするくらいエキゾチックです。
ネイ(笛)やカーヌーン(ハープ)、バーラマ(弦楽器)など珍しい楽器
のビルトオーゾの演奏に触れる貴重な機会です。ぜひお越し下さい。


■9月4日 @CAP CLUB Q2
世界音楽における即興シルーズ2「トルコ音楽コンサート」
19:00~ 前売り 2,500円(会員2,000円)/当日3,000円
http://www.cap-kobe.com/club_q2/2011/08/16175019.html

出演:トゥラン・ウルグン(カーヌーン、ウード)、アブドゥル
ラッハマン・ギュルベヤズ(パーカッション、バーラマ)、セフェ
ル・シムシェイキ(バーラマ)、トルガ・ウナルディ(ネイ)、石
川利光(尺八)、HIROS(バーンスリー)


*トルコ音楽の魅力についてアブドゥルラッハマン・ギュルベヤズ
氏にインタビューしました。9月号のケーパーの文字数を切ってい
ないバージョンです。
http://www.cap-kobe.com/club_q2/2011/08/16171727.html


*Hirosさんへのインタビューを中心とした「世界音楽における即
興」のビデオ番組(15分)がネットの放送局、コネクタテレビで公
開されています。
http://www.connectorTV.net/
[PR]

by books131 | 2011-08-25 13:30 | イベント転載

『さよなら原発』小出裕章さん学習会(大阪)

☆『さよなら原発』小出裕章さん学習会(大阪)
----------------------------------------------------
日時: 9月10日(土)14:00 ~
場所: クレオ大阪中央セミナーホール
    (地図 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html)
参加費:1,000円
主催: 「さよなら原発」実行委員会  共催: 市民社会フォーラム

詳しくはこちらをご覧ください
→ http://civil-society-forum.com/?p=579


☆講演会『さようなら原発』(東京)
-----------------------------------------------------
日時: 9月8日(木) 開場 18:00 開演 18:30
場所: 日本青年館大ホール(東京都新宿区霞ヶ丘7番1号)
参加費:500円
主催: 「さようなら原発」一千万人署名市民の会
    Tel.03-5289-8224 / Fax.03-5289-8223

9月19日(月)に明治公園で行われる反原発集会の呼びかけ人に
よる講演会です。内橋克人・大江健三郎・鎌田慧・澤地久枝各氏の
お話のほか、ピアノ演奏や詩の朗読もあります。

詳しくはこちらをご覧ください →
http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2011/08/110908.pdf
[PR]

by books131 | 2011-08-25 13:29 | イベント転載