<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ジェンダーに配慮したコミュニティ防災

被災地支援を考える学習会2
「ジェンダーに配慮したコミュニティ防災
~海外被災地や東日本大震災の避難所支援で考えたこと」
http://www.osakavol.org/ek-shien/seminar/110629shien02.html

■日時
2011年6月29日(水曜日)19時00~21時00分

■会場
大阪NPOプラザ 会議室(大阪市福島区吉野4-29-20)
http://www.osakavol.org/10/access/index.html#fukushima

■講師
斉藤容子さん(国際連合地域開発センター(UNCRD) 防災計画兵庫事務所研究員)
大学卒業後は、海外で復興支援を行うNGO「CODE・海外災害援助市民センター」に勤務。
その後イギリスの大学院にて修士を取得し、現在の「防災計画兵庫事務所」での勤務となり、
海外での防災プロジェクトに携わる。

■内容
海外被災地の支援や、東北大震災でのボランティア活動経験を通じた斉藤さんのお話から、
一人ひとりが被災者に寄り添い、支援をするにあたって大切なことを学習します。

■対象
東日本大震災の支援を考えている個人、NPO関係者など

■定員
30名(先着順)ただし、定員になり次第締め切ります。

■参加費
1,000円(大阪ボランティア協会会員800円)

■申込方法
ウェブページよりお申し込みください。
http://www.osakavol.org/ek-shien/seminar/110629shien02_form.html
※特にこちらから事前に案内等はお送りしません(受付できない場合のみ、ご連絡いたします)。
当日、直接会場にお越しください。

■主催
社会福祉法人大阪ボランティア協会
[PR]

by books131 | 2011-06-22 15:20 | イベント転載

6/24 原発のある町 福井県 美浜町ツアー報告会

6/24 原発のある町 福井県 美浜町ツアー報告会

 日時:6月24日(金)19時

【内容】映像『安全か!?経済か!?
        -原発反対のために何ができるのか?』

    訪問先 *美浜原発PRセンター
        *森と暮らすどんぐり倶楽部学習会
        *代表,松下照幸さんへのインタビュー

   ★“放射能に頼らずに誇りをもって働き、生活できる町づくり“をめ
   ざして奮闘する人々に学び、ともに原発廃止をめざすために交流しま
   せんか?

   報告:イラク平和テレビ局inJapanユース

   参加費: 500円 障がい者・学生300円(飲み物付き)

場所:メディアスタジオSANA
   地図:http://www.geocities.jp/mediastudiosana/map.html

アクセス:JR玉造駅徒歩10分・地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅1番出
口徒歩5分、大阪女学院北側ニエモンビル1階

    連絡先:090-8162-3004(川島)


●7/15「原発とウラニウム兵器」学習会

  日時:7月15日(金)19時~

  おはなし:小山 潔さん
       (UWBAN・ウラニウム兵器禁止条約実現キャンペーン)

原発の核燃料をつくるために天然ウランの濃縮したあとの「核のゴミ」の行
方・・・、ウラニウム兵器としてアフガニスタンやイラクをはじめ各地の戦
争で使われ悲劇をうみだしてきた。
安上がりに放射性廃棄物を殺人兵器に転用できるまさに“一石二鳥”の方策
として世界にウラニウム兵器がばら撒かれている。
原発の「平和利用、安全」の実態を広げ、人類を破滅に追いやる原発を一刻
も早く廃止しましょう。

  参加費 500円
  障がい者・学生300円(飲み物付き)

  場所:メディアスタジオSANA
  連絡先:090-8162-3004(川島)

★毎週木曜日は 原発ライブラリカフェ

        23日(木)13時~16時、30日(木)11時~16時

        原発について知りたいことなど最新の映像や必見映像から
        選んでみていただけます。みんなで見てほしい映像の提供
        も募集しています★

        詳しくはお問い合わせください。
[PR]

by books131 | 2011-06-22 11:56 | イベント転載

山口泉さんからブログの紹介

山口泉さんから

「遺伝子組み換え作物」の認可に関し、
 農林水産省が主催している下記のページから、
 御意見を書き込んでいただければと思います。


  https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:19 | イベント転載

詩の学校

詩の学校
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詩ってどうやって、つくるんだろう。
ひとりで詩を書いているけど、誰かに読んでもらいたい。
そんなあなたのための「詩の学校」です。

◆開催日 6月22日(水)
◆時 間 19:30~21:30
◆参加費 1,000円(1回だけの参加も可)
※筆記用具、ノートはご持参ください。
◆会 場 應典院研修室B
◆協 力 應典院
●問い合わせ先
ココルーム mail:cocoroom●kanayo-net.com
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:18 | イベント転載

「震災と仏教~私たちは今、何を問われているのか」

第61回寺子屋トーク 相愛大学新学科開設記念企画

「震災と仏教~私たちは今、何を問われているのか」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大震災の衝撃は、日本人のこれまでと、これからの生き方を大きく揺さぶった。
この価値観の転換期に、日本仏教は生き残れるのか、あるいは存在を取り戻すのか。
現代を疾走するふたりの仏教者が熱く語り合う!

ゲスト: 宮崎哲弥さん(評論家) 釈徹宗さん(宗教学者)

◆開催日 7月2日(土)
◆時間  14:00-16:00
◆参加費 1,500円、應典院寺町倶楽部会員・学生 1,200円
◆問合せ/申込み
     電話:06-6771-7641 FAX:06-6770-3147
     上町台地cotocotoオンライン
      http://uemachi.cotocoto.jp/event/45947
    (定員130名)
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:18 | イベント転載

「在宅での看取りと町医者が診た被災地への支援」

サロン】第106回いのちと出会う会
「在宅での看取りと町医者が診た被災地への支援」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父上の死を契機として後年、在宅での自然な最期、
尊厳ある最期をサポートする病院を建設され、
予防医学にも力を入れておられている。
阪神大震災を経験して、よりいっそう「病」だけでなく
「人」を診たい、との思いにかられた。
地道に24時間体制の地域医療にも取り組み、
今回の東北の震災現場にも足を運ばれ、
日の当らない場所で苦闘されている人々の姿などを
町医者の視点から報告していただきます。


話題提供者/長尾和宏さん:医療法人社団 裕和会 長尾クリニック院長
◆開催日 7月21日(木)
◆時 間 18:30~20:30
◆参加費 一般¥1,000/寺町倶楽部会員・学生¥700
(お茶菓子付き)
◆会 場 應典院研修室B
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:17 | イベント転載

族とグリーフワーク:「喪失」の時代をどう生きるか

夏のエンディングセミナー2011
  遺族とグリーフワーク:「喪失」の時代をどう生きるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯止めのかからない「少産多死」。
思いやりが失われる無視社会に直面して、
私たちは何に備え、何を考えるべきか。
私的体験として置き去りにされがちな「グリーフ」に、
新たなまなざしを向け、新たなつながりを再生していくために
何が必要なのか、3人のゲストとともに語り合います。


【日時】2011年7月16日(土)・23日(土)・30日(土)

 ◇7月16日(土)◇
「グリーフコミュニティのすすめ」
■開会14時(閉会16時)
■会場:應典院研修室B
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:尾角光美さん(Live On 代表)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45986
     (6月17日(金)より受付開始)

◇7月23日(土)◇
「仏教とスピリチュアルケアをつなぐもの」
■開会14時(閉会16時)
■会場:大蓮寺客殿
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:大下大圓さん(飛騨千光寺住職)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45988
      (6月17日(金)より受付開始)
◇7月30日(土)
「グリーフワークとしての葬送を考える」
■開会14時(閉会16時)
■会場:應典院研修室B
■参加費:一般 1000円  寺町倶楽部会員・学生 800円
■ゲスト:小谷みどりさん(第一生命経済研究所主任研究員)
■お申込み http://uemachi.cotocoto.jp/event/45989
      (6月17日(金)より受付開始)

聞き手:秋田光彦(大蓮寺・應典院住職)【各回とも】

詳細はWEBにて
http://www.outenin.com/
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:17 | イベント転載

應典院・木曜寺子屋サロン 「チルコロ」

應典院・木曜寺子屋サロン 「チルコロ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年4月に開始した「気軽に集まり、語り合える場―サロン」、
その名も「チルコロ:circolo」イタリア語で、英語の「circle」
(円、同好会)と同じ意味合いのことばです。
2011年度も、少しリニューアルしつつ、開催いたします。

【6~7月のラインナップ】
第1木曜:應典院寺町倶楽部企画(月替わりトークイベント)
7/7「難民情報をラジオで」

第2木曜:耕読会in應典院(「いのち」をテーマにした読書会)
7/14 ルーマン「システム理論入門」を読む【続き】
    「時間」
第3木曜:いのちと出会う会
7/21 第106回「在宅での看取りと町医者が診た被災地への支援」

第4木曜:まちづくりオープンゼミ
6/23 「つながりあうということ」
話題提供:関嘉寛さん(関西学院大学社会学部准教授)

第5木曜:應典院寺町倶楽部会長企画「あの劇場があった風景」
6/30 「第一幕:島之内小劇場&オレンジルーム編」

いのちと出会う会の参加費は下記のとおりですが、それ以外は運営協力金
500円をお願いします。
内容等についてのお問い合わせは、應典院寺町倶楽部までお願いします。
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:17 | イベント転載

神戸映画資料館じょうほう

戸映画資料館の上映スケジュールやイベント情報をお知らせします。

■■■■■■■■■■■■
今週の上映とイベント
■■■■■■■■■■■■

【映画の旅 __現代日本映画を代表する3監督】
6月24日(金)~28日(火)

3本立
「2001年 映画と旅」
(2001/15分/DV)
監督・撮影:黒沢清

「新世界」
(2001/18分/DV)
監督:阪本順治

「すでに老いた彼女のすべてについては語らぬために」
(2001/51分/DV)
監督:青山真治

詳細:
http://kobe-eiga.net/program/
上映時間
http://kobe-eiga.net/schedule/2011/06/


【神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外】
第2回 帝国の映画_青山真治 × 丹生谷貴志対談
6月26日(日)18:00~(終了予定19:30)

今回は、6月18日より新作『東京公園』が全国ロードショー公開されている青山真治監督と丹生谷貴志氏の対談が実現。

*ご予約受付中(定員に達しましたので、立ち見になります) 
info@kobe-eiga.net 宛に、お名前、連絡先(電話)、参加希望日を書いてお送りください。
追って予約受付確認のメールを差し上げます。
事前予約は6月25日(土)18:00締め切り予定ですが、立ち見枠も一杯になった場合、それ以前に締め切ることがあります。
その場合、当日、12:30よりキャンセル待ちの整理券を発行いたします。

詳細
http://kobe-eiga.net/event/2011/06/#a001376


■■■■■■■■■■
お知らせ
■■■■■■■■■■

・青山真治監督の最新作『東京公園』が6月18日(土)から全国ロードショー。
兵庫県内ではTOHOシネマズ西宮OSで上映。

・青山真治初演出の舞台『グレンギャリー・グレン・ロス』
6月25日・26日
会場:兵庫県立芸術文化センター

・阪本順治監督の最新作『大鹿村騒動記』が7月16日(土)から全国ロードショー。

・山形国際ドキュメンタリー映画祭
10月開催
プログラム概要とインターナショナル・コンペティションの出品作品が発表されました。
http://www.yidff.jp/2011/2011.html#program
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:16 | イベント転載

「言葉のちから」プロジェクト、作品募集中!

「言葉のちから」プロジェクト、作品募集中!

東日本大震災で被災した人たちに贈る「言葉(=詩)」を募集します。

〇募集内容
 被災した人たちを勇気づける言葉(=詩)
 元気を取り戻す言葉(=詩)
 夢や希望にあふれた言葉(=詩)
 生きる力に満ちた言葉(=詩)

 ※応募数ーひとり3作品まで。
 ※作品の長さ-20行を目安にご応募ください。

〇応募資格
 障害のある人に限ります

〇応募方法
 応募用紙に必要事項を記入し、e-mailにてお送りください。郵送も受け付け
ます。

〇選考委員
 もり・けん(詩人)
 関口怜子(ハート&アート空間Be-I代表)
 上田假奈代(こえとことばとこころの部屋 代表)ほか(予定)

〇結果発表
 入選者には事務局より通知、選考された詩は詩集に掲載されます。
 結果は、たんぽぽの家ホームページにて発表します。

〇締切
 2011年7月15日(金) 必着

※詳しくはこちらへ
http://popo.or.jp/info/2011/07/post-44.html
[PR]

by books131 | 2011-06-21 13:16 | イベント転載