<   2010年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

文化庁から


「第2回メディア芸術オープントーク【沖縄編】」
@沖縄県立博物館・美術館
日時:1月9日(日)14:00 ~ 17:00

「第3回メディア芸術オープントーク【京都編】」
@京都国際マンガミュージアム
日時:1月10日(月・祝)14:00 ~ 17:00

「第4回メディア芸術オープントーク【金沢編】」
@金沢21世紀美術館
日時:1月23日(日)14:00 ~ 17:00

_______________________________________________________________

「メディア芸術」を取り巻く現在の状況やこれまでの歴史、
そしてこれからについて議論を深めていくトークイベントです。
ゲストや参加者との意見交換や交流の機会も持ちながら
「メディア芸術」についての考えを深めていきます。

■■出演者■■

島本 浣  京都精華大学芸術学部教授(美術史学)

藤幡正樹  東京藝術大学大学院映像研究科長(アーティスト)

吉岡 洋  京都大学大学院文学研究科教授(美学・メディア理論)

吉見 俊哉 東京大学大学院情報学環教授(社会学・文化研究)


■■日時・場所■■

「第2回メディア芸術オープントーク【沖縄編】」
@沖縄県立博物館・美術館
日時:1月9日(日)14:00 ~ 17:00

「第3回メディア芸術オープントーク【京都編】」
@京都国際マンガミュージアム
日時:1月10日(月・祝)14:00 ~ 17:00

「第4回メディア芸術オープントーク【金沢編】」
@金沢21世紀美術館
日時:1月23日(日)14:00 ~ 17:00


主催 メディア芸術コンソーシアム構築事業事務局

申し込み・詳細は、こちらのウェブサイトから
http://mediag.jp/

※先着順とさせていただきます。参加可能な方にのみメールで
返信致します。
※お申込が定員に達した場合、締め切り日前に申込終了とさせ
ていただくことがございます。

■■出演者プロフィール■■

島本 浣(しまもと かん)

[京都精華大学芸術学部教授(美術史学)]
新譜ジャーナル編集部勤務後、京都大学文学研究科(美学美術
史専攻)入学、1982年同博士課程修了。帝塚山学院大学文学部
をへて2002年京都精華大学へ。06年から4年間、学長を勤める。
専門書として『美術カタログ論―記録・記憶・言説』(三元社)
他、論文多数。


藤幡 正樹(ふじはた まさき)

[東京藝術大学大学院映像研究科長・教授/アーティスト]
1996年、ネットワークで結ばれた仮想の部屋がテーマの『Global
Interior Project 2』でアルスエレクトロニカのインタラクティ
ブ・アート 部門、ゴールデン・ニカ賞を受賞。また、インタラ
クティブな本『Beyond Pages』がアメリカやヨーロッパを巡回
してドイツZKMのパーマネントコレクションとなる。最近の作品
には、『ルスカの部屋』や『モレルのパノラマ』の他、GPS を用
いたプロジェクト『Field-Works』シリーズを展開している。


吉岡 洋(よしおか ひろし)

[京都大学大学院文学研究科教授(美学・メディア理論)]
甲南大学教授、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)教授を経て、20
06年より現職。1956年京都生まれ。京都大学文学部卒業、同大学
院博士過程修了。専門は美学・芸術学、情報文化論。 京都芸術
センター発刊の批評雑誌『Diatxt.』(ダイアテキスト)創刊号~
8号編集長、「京都ビエンナーレ2003」、「岐阜おおがきビエンナ
ーレ2006」総合ディレクター。山口情報芸術センター(YCAM)の
「meets the artist 2007」招待アーティストとして、出版プロ
ジェクト『ヨロボン:Diatxt./Yamaguchi』編集長。
日本記号学会会長。


吉見 俊哉(よしみ しゅんや)

[東京大学大学院情報学環教授(社会学・文化研究)]
1957年東京都生まれ、社会学者。1976年に東京教育大学附属高等
学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業後、東京大学教養学部
に進学、同教養学科相関社会科学分科を卒業後、同大学大学院社
会学研究科で学ぶ。東京大学新聞研究所助手、助教授、東京大学
社会情報研究所教授等を経て、組織統合により2004年より東京大
学大学院情報学環教授。2006年4月から09年3月まで同学環長。20
09年6月から財団法人東京大学新聞社理事長。2010年より東京大学
大学総合教育研究センター長、教育企画室長。専攻は社会学、都
市論、メディア論、文化研究。演劇論的なアプローチを基礎に、
日本におけるカルチュラルスタディーズ、メディアスタディーズ
の中心的な存在として先駆的な役割を果たす。著書に『都市のド
ラマトゥルギー』『博覧会の政治学』『メディア時代の文化社会
学』『リアリティ・トランジット』『カルチュラル・ターン、文
化の政治学へ』『万博幻想:戦後政治の呪縛』『メディア文化論』
『親米と反米―戦後日本の政治的無意識』『ポスト戦後社会』など。



_______________________________________________________________


■メディア芸術オープントーク

「『メディア芸術』ってよくわからないぞ」

昨年来、議論を呼んできた文化庁主導の「メディア芸術総合センター」
について、今、真剣に考えるとどのようなことになるのでしょうか?
もちろん建物についての議論ではなく、この分野について国が関与
するならばいったい何をするべきなのか、大体この「メディア芸術」と
はいったいどのような分野なのか、そもそもこれは「芸術」といってい
いのか、といった「そもそも論」を皆さんと話してみたいと思います。

(藤幡正樹)


■メディア芸術オープントークとは

近年、現代の日本文化を代表する分野として「メディア芸術」に大き
な期待が寄せられています。「メディア芸術」は、「デジタル表現や
先端テクノロジーを用いたメディアアートだけでなく、エンターテイ
ンメント性のあるマンガ、アニメ、ゲームなども含む領域」とされて
いま すが、これら既存の文化ジャンルにとらわれることなく、時代
に呼応 した新たな文化として議論すべき時機がきたのではないでしょ
うか。 実際、テクノロジーの発展とともに表現の可能性も拡大し、
既存の 文化ジャンルの境界は極めて曖昧になっているともいえます。

新しくシリーズとして始まる「メディア芸術オープントーク」は、
メディア アート、美学、美術史、社会学などの分野で鋭い発言を続け
る専門 家4名をコア・フェローとして迎え、この「メディア芸術」と
いう新たな 領域を多角的に読み解くオープン・プラットフォームです。
議論の場は、東京をはじめ国内各地。関連する分野から多彩なゲスト
をお招きして、みなさんとともに「メディア芸術」について考えてい
きたいと思います。
各地の「メディア芸術オープントーク」の場でお目にかかれるのを楽
しみにしています。
[PR]

by books131 | 2010-12-30 23:46 | イベント転載

大岡まことことば記念館でのwsのようす

静岡県三島小学校でおこなった
詩のワークショップのもようがレポートされています

http://www.zkai.co.jp/kotobakan/event/report/detail/20100928.html
[PR]

by books131 | 2010-12-29 23:49

神戸映画資料館じょうほう

・年末年始の休館日
2010年12月29日(水)~2011年1月3日(月)

・新長田で中篇映画を撮影中
神戸映画資料館製作の中篇映画『悪魔の吹いた笛』(仮題)が、12月26日撮影初日を迎えました。
撮影はこのまま大晦日まで行います。
神戸芸術工科大学の学生スタッフのご参加のほか、地元新長田のみなさんにも様々なかたちでご協力いただいています。
監督は、『シャーリーの好色人生』を冨永昌敬監督との二本立て映画『シャーリーの好色人生と転落人生』として全国で公開した佐藤央。
この作品は、今夏に神戸映画ワークショップで制作した作品とともに、来春上映予定です。

・『442 日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍』
2月のアンコール上映の詳細が決まりました。
上映時間
http://www.kobe-eiga.net/schedule/2011/02/
[PR]

by books131 | 2010-12-28 20:15 | イベント転載

シネヌーヴォー情報

1/2以降の上映※※※※※■■■
★シネ・ヌーヴォ★

【神代辰巳レトロスペクティブ】
1/2(日)~1/21(金)
1971年"日活ロマンポルノ"誕生から40年。日活ロマンポルノの旗手、そして70年代日本映画を
象徴する監督・神代辰巳の特集上映を開催!デビュー作から、『四畳半襖の裏張り』など
一世を風靡した日活ロマンポルノ作品、そして最後の劇映画『棒の哀しみ』まで、22本を一挙上映!!
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/kumashiro/kumashirotop.html


『海炭市叙景』
1/8(土)~1/21(金) 10:30/13:20
1/22(土)~1/28(金) 19:40~
1/29(土)~2/4(金) 14:50~ ※1/29からはシネ・ヌーヴォXで上映。
村上春樹、中上健次らと並び評されながら、文学賞にめぐまれず、90年に自らの命を絶った
不遇の小説家・佐藤泰志の原作を、北海道出身の熊切和嘉監督が映画化。函館をモデルにした
"海炭市"を舞台に、疲弊する町に生きる人々の姿を映し出した群像劇。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/kaitanshi.html


【デルタ 小川国夫原作オムニバス】
1/14(金) 20:55~
1/15(土) 21:00~
1/17(月) 19:20~
1/18(火) 21:00~
「内向の世代」を代表する近代文学の巨人、小川国夫原作小説が初の映像作品化。
行き詰った作家が直面した創作と生への苦悩を描く『誘惑として、』、
行方不明の老人を探す3人の想いと思惑が交錯してみえてくる土地を描く『他界』、
1年前に消息を絶った女の幻聴を追いかけて町を彷徨う『ハシッシ・ギャング』の短編3作品を上映。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/delta.htm


☆シネ・ヌーヴォX☆(全てデジタルDLP上映)

『信さん 炭坑町のセレナーデ』
1/3(月)~1/14(金) 11:00~ ※1/2は休映です。
昭和30年代の福岡の炭坑島を舞台に、人々が貧しくも力強く生きた時代を丹念に描く。
出演は小雪、池松壮亮、石田卓也、大竹しのぶ、光石研、岸部一徳、村上淳 他。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/shinsan.html


【辺野古・沖縄・海兵隊・アメリカを描くドキュメンタリー3作品】
1/2(日)~1/21(金) ※1/20は休映です。
イラクへ行った兵士とイラク行きを拒否した兵士、その行く末を追った『アメリカばんざい』、
米海兵隊ブートキャンプの12週間の訓練を描く『One Shot One Kill』、ベトナムからイラクまで、
アメリカの人びとの戦争体験を綴った8つの物語『アメリカ―戦争する国の人びと』を一挙上映!
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/america/america.htm


●12/31・1/1は休館致します●
●1/2以降の上映スケジュールは、当館までお問い合わせ下さい●
※1/2はお正月サービスデー1000円均一!
[PR]

by books131 | 2010-12-28 20:14 | イベント転載

文化庁国語課から

文化審議会「敬語の指針」に基づくweb版ショートムービーを作成しました。
ようやく本日、公開に至りました。
文化庁のtop page(http://www.bunka.go.jp/)の下方に「敬語おもしろ相談室」
というバナーがあり、そこから入ることができます。
[PR]

by books131 | 2010-12-28 20:13 | イベント転載

ココルームにオルタの最新号はいりました

特集は お魚です
[PR]

by books131 | 2010-12-27 19:53

SHINGO★西成のCD「I・N・G」

ミュージック・マガジン2011年1月号の特集「ベスト・アルバム2010」
を見ていたら、「ラップ/ヒップホップ(日本)」ジャンルで、
反貧困全国キャラバンで参加してもらった、SHINGO★西成のCD「I・N・G」が
1位になってました。
買ってなかったけど、すぐ買って聞きます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3912064

「ドヤ街の中心で歌ったり、生活保護問題のデモに参加したり、学校講演を行な
ったり、レゲエ方面でも大人気と、他と被る要素がないくらい独特でフッドス
ターを地でゆく彼。真価をフルに発揮しつつ、その魅力が地域限定ではないこと
を証明した。言語感覚が並外れてる!」(二木崇)
[PR]

by books131 | 2010-12-27 13:44 | イベント転載

たけし文化センターから

たけし文化センターから、1月のトークシリーズのお知らせです。
参加費は無料ですが、各回定員20名ほどとなっています。お申し込みは、apply@mbr.nifty.comまでメール、または053-440-3176までお電話ください。
みなさまのご参加お待ちしています。


2011年1月15日(土)19:00~21:00
山出淳也(NPO法人BEPPU PROJECT代表理事)
 「混浴温泉世界までのみちのりとその後」
会場:山崎さんの住むビル 浜松市中区成子町56 3F
  ※公共の駐車場をご利用ください。ビルの50mほど北に平面の駐車場があります。
一部では、越後妻有トリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭と並び評されることもある2009年に初開催された別府現代芸術フェスティバル混浴温泉世界2009。
芸術祭だけの開催であればもっと早い段階でやることは出来たという話を聞いたことがあります。しかし、昨年の開催までに市民やまちとの関係作りなど丁寧に進めたステップがあったようです。
2005年の設立以来、そうした動きを展開してきたNPO法人BEPPU PROJECTの設立から、混浴温泉世界2009開催までの経緯や、開催後の変化、今後の展開などを、代表理事を務めるアーティストの山出淳也さんからお伺いしたいと思います。

山出淳也(やまいで・じゅんや)
NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト
1970年大分生まれ。PS1インターナショナルスタジオプログラム参加(2000〜01)。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002〜04)。主な展覧会として「台北ビエンナーレ」台北市立美術館(2000〜01)、「GIFT OF HOPE」東京都現代美術館(2000〜01)、「Exposition collective」Palais de Tokyo、パリ(2002)など多数。帰国後、地域や多様な団体との連携による国際展開催を目指して、2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。
平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)


2011年1月23日(日)14:00~16:00 
山口祐子(前浜松NPOネットワークセンター代表理事長、浜松市議会議員)
 「社会のここが変えたい ~NPOができること」
会場:machinoba 浜松市中区田町327-24万年橋パークビル7F
  ※公共の駐車場をご利用ください。
私たちの社会の未来の姿を希望を持って描くことは難しくなっています。しかし私たちの地域社会にある数々の問題についてはその姿を現実的にとらえることができます。 それでは、このリアルな現実とどのように向き合うことによって、未来の姿の見取り図を描くことができるのでしょうか。6回目のゲストにお迎えする山口祐子さんは、社会人としてイギリスの大学に留学し、NPOが街づくりや政策立案に積極的にかかわっている実態を知り、帰国後、浜松でNPOを創設し10年間活動したあと、現在議会に活動の場を移しています。山口さんは、議会から地方行政の実態を見て、市民の活躍こそ議会と行政を豊かに機能させる事、日本のNPOが「機関としての議会」を上手く使って自分たちの理想とするまちを建設するという発想を持っていない事に気がついたそうです。
しかし、海外のNPOは、市民と議会と行政をつなぎ、政策への影響を及ぼす一定以上の有益な力を持ち、社会を変革する点において日本のNPOとは大きな違いがあります。今、原点に戻ってNPO観を再確認して、本来であれば先頭に立ち力を発揮するNPOの今後への期待感あふれるお話を、NPOの可能性をさらに大きく感じるにいたった山口さんからお聞きしようと思います。
山口祐子(やまぐち・ゆうこ)
建築都市計画の仕事をされた後、48歳でイギリスの大学院大学に留学し、主に「市民参加のまちづくり」を研究。そのほか、英文学、イギリス地方研究、法律学、建築、都市計画、女性学、消費生活、環境問題といった多岐にわたるテーマに取り組む。帰国後、NPOネットワークセンター(N-POCKET)を立ち上げ、10年間代表として活動。2007年から浜松市議。


2011年1月28日(金)19:30~21:30
大山浩司(NPO法人ドリームフィールド代表理事)
 「子どもが自らえらぶ育ち -実存的教育学―」
会場:ドリームフィールド 浜松市東区天竜川町201
  ※駐車場についてはお申し込み時にお問い合わせください。
「ドリームフィールド」を運営する大山浩司さん。高校教師として勤務されながら、学校教育に対して物足りなさ、不可解さを感じドリームフィールドの設立に至ったといいます。お話していて、標語でなく実践として「個性を活かす」術として、周りを囲むおとな達の姿勢のあり方を問われているようにも感じられることがありました。先回りをせず大人の側のエゴを捨てて子どもの育ちを支えていくという教育観から、社会全体の抱える病巣と、その解決の糸口を見いだせるようなディスカッションしたいと思います。

大山浩司(おおやま・ひろし)
高校で教師として勤めた後、2003年にNPO法人を立ち上げ、翌年、フリースクール「ドリームフィールド」を開校。自らも演奏に加わるバンド活動を軸に、不登校となった子どもたちや、軽度発達障がいなどを持った子どもたちが、やさしい心を持ち、共に育つことのできる体験的学びの場を提供している。
[PR]

by books131 | 2010-12-27 13:38 | イベント転載

NPO法人の労務管理

①22年度生きがいしごとサポートセンター阪神北事業
NPO法人の労務管理
※NPOに適した労務から始まる本当のマネジメント

●日時:2011年1月11日(火)13:30~15:30
●場所:宝塚NPOセンター/生きがいサポートセンター阪神北(ソリオ1・3階)
●費用:1団体1,000円(複数名での参加をお勧めします)
●定員:10名
●申込み・問合せ:TEL0797-87-4350 FAX0797-85-7799
生きがいサポートセンター阪神北/(特)宝塚NPOセンター

More 本文つづき
[PR]

by books131 | 2010-12-27 13:29 | イベント転載

アウトリーチとインリーチ~いのちの現場に向かうアートの可能性~

■奈良セッション
アウトリーチとインリーチ~いのちの現場に向かうアートの可能性~

医療や福祉などのケアの現場や地域コミュニティにアーティストを派遣する
アウトリーチ活動がさかんになっています。これらの活動は芸術文化の新し
い可能性を示すものとして、また公共文化施設の新しい役割として注目され
ています。
しかし、派遣されたケアの現場や地域コミュニティでそれらの活動が実際ど
のように受け入れられているのか、またどのような質のプログラムが行われ
ているのか、その検証は十分ではないのではないでしょうか。一方、公共文
化施設において、多様な人を招きいれるためにもインリーチを充実させてい
くことも必要です。
本セミナーでは、ケアの現場や地域コミュニティにおいて、また公共文化施
設においてどのようにアートの循環をつくっていくことができるか、そして
そこから公共圏のなかのアートの可能性について考えたいと思います。

日時:2月19日(土)~20日(日)
会場:たんぽぽの家アートセンターHANA
主催:財団法人たんぽぽの家
協力:アートミーツケア学会 エイブル・アート・ジャパン
平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

※詳しくはこちらのページへ
http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html
[PR]

by books131 | 2010-12-27 13:28 | イベント転載