<   2010年 07月 ( 67 )   > この月の画像一覧

神戸映画資料館じょうほう

【日本映画名画鑑賞会】
8月1日(日)13:30
上映作品は、当日のお楽しみとさせていただきますが、選りすぐりの傑作・名作を揃えて上映しますので、どうぞご期待ください。


■■■■■■■■■■
お知らせ
■■■■■■■■■■

・9月18日(土)~26日(日)
第2回神戸ドキュメンタリー映画祭
「記録映画に生きる_土本典昭の軌跡」
プログラム・上映時間をホームページで発表しました。
豪華ゲストを迎えてのトークイベントも!
http://kobe-eiga.net/program/2010/09/#a001181

More つづき
[PR]

by books131 | 2010-07-28 22:53 | イベント転載

~発達障害児にやさしい社会を~

発達障害児支援LOF教育センター
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会 主催
■□--------------------------------------------------------------------
発達障害児フォーラム
~発達障害児にやさしい社会を~
『発達障害児を理解する①』
--------------------------------------------------------------------□■
2010年8月8日(日) 13:30~16:30@大阪 堺市民会館

http://www.sakai-bunshin.com/sakai/index.html

参加費用 一般 2,000円 (会員 1,000円)

More つづき
[PR]

by books131 | 2010-07-28 22:45 | イベント転載

シネヌーヴォー情報

シネ・ヌーヴォ★

【追悼特集 名優・森繁久彌】
7/17(土)~8/27(金)
昨年、11月10日に亡くなった森繁さんを偲び、過去最大級の50作品を一挙上映!
それは、名優と名監督たちが作り出した映画の軌跡であるとともに、ひとりの
俳優が体現した庶民による昭和史である。共に笑おう!
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/mosisige_tuitou/morisige_top.html

More つづき
[PR]

by books131 | 2010-07-28 21:23 | イベント転載

「釜ヶ崎でメディアについておしゃべりする1日」

メディア・ジャミング 5
「釜ヶ崎でメディアについておしゃべりする1日」

<日  程>2010年8月4日(水) 13:00~20:00
<会  場>カマン!メディアセンター
<トーカー>
上田假奈代(NPO法人ココルーム 代表)、
原田麻以  (カマン!メディアセンタースタッフ)、
佐藤零郎  (NDS 中崎町ドキュメンタリースペース)、
アサダワタル(事編 主催)、
津田塾大学メディアフィールドワーク実習のみなさん
<対  象>学生、一般
<形  式>一般公開、車座、おしゃべり、おやつ、ごはん
<参加費>300円  (ごはんを食べる方は別途ご用意ください)
<事前申込>Email 津田塾大学ソーシャルメディアセンター  cmccl_office@tsuda.ac.jp
<問い合わせ>カマン!メディアセンター
           大阪市西成区太子1-16-11   Tel:06-6643-3133
URL  http://www.kama-media.org/

<プログラム>
13:00~14:00 ココルームの紹介               上田假奈代
カマン!メディアセンターの紹介      原田麻以
14:00~15:00 津田塾メディアフィールドワーク実習 報告
津田塾大学メディアフィールドワーク実習のみなさん
15:00~15:30 おやつ休憩
15:30~17:00 NDSの紹介 
映画上映 長居青春夢酔歌(一部)  佐藤玲郎
18:00~19:00 ごはん (ココルームor近所のお店)
19:00~20:00 カマン!TVを見る会              アサダワタル

「メディア・ジャミング Media Jamming」
津田塾大学のソーシャル・メディア・センターが、様々な社会的支援を必要とする「ニーズあるコミュニティ(communities in need)や、表現をめぐる団体・個人が一緒に、企画から運営までを行うプロジェクトです。異なるジャンルの表現者やコミュニティが、多様な表現方法を使ってジャミング(セッション)を行うことで、社会的課題や解決方法を具体的に考え、語りあい、新たな関係性を模索することを目指します。スタイルや方法は毎回異なりますが、講演者/聴衆という固定された立場ではなく、参加者自らが能動的に参加できるワークショップ形式を取り入れます。基本的に一般公開ですが、テーマによっては特定のコミュニティに限定することもあり、ワークショップの「デリバリー(出前)を行うこともあります。」

<トーカープロフィール>
上田假奈代(詩人・詩業家)
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。03年「ココルーム」をたちあげ、表現と自律と仕事と社会をテーマにアートNPOを設立。現在は釜ヶ崎でココルームを運営。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。ブログ「日々。生きる現代文学」http://booksarch.exblog.jp

原田麻以(カマン!メディアセンター スタッフ)
1985年東京生まれ。東京育ち 2008年明治学院大学卒業後、東京港区にて会社員として勤務中、ココルームへ「さまざまな人が集まる場づくり」の勉強へ出向く。2009年5月よりココルームスタッフとなり、「カマン!メディアセンター」立ち上げに参画。

佐藤零郎(NDS 中崎町ドキュメンタリースペース)
1981年京都生まれ。2007年春より、NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)にて自分たちの制作途中の素材を魚に議論したり、ドキュメンタリーに限らず、様々な映画を仲間と観て批評したりして力をつけている。2009年、「長居青春酔夢歌」完成。(山形国際ドキュメンタリー映画祭「アジア千波万波」上映作品)現在、大阪釜ヶ崎にて、劇映画を企画中。

アサダワタル(日常編集家)
1979年生まれ。アートを軸にメディア、地域政策、福祉、教育など領域横断的な表現活動を行なう。2002年~2009年まで「大和川レコード」名義で活動、2010年にソーシャルクリエイティブユニット「事編(kotoami)」立ち上げ予定。異なる背景を持つコミュニティを繋ぐための「文化的装置」をプロジェクト形式で発案実行。また、映像、音楽、テキストなど各種メディアを扱ったパフォーマンスや展示を展開。大阪市現代芸術創造事業「築港ARC」チーフディレクター。

津田塾大学メディアフィールドワーク実習
「メディアフィールドワーク実習」という授業の一環として、8月1日~8月5日にかけて、市民メディアの盛んな関西を訪れ、とくに、神戸と大阪にある在住外国人関連団体やコミュニティメディアを訪問し、フィールドワーク実習を行います。
                           
共催:カマン!メディアセンター &津田塾大学ソーシャル・メディア・センター
[PR]

by books131 | 2010-07-28 21:22

7分野の現場の声 冊子「大阪の貧困」発行

7分野の現場の声 冊子「大阪の貧困」発行
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/100727/20100727024.html

大阪の貧困問題を支援者や当事者の声で読み解く冊子「大阪の貧困 格闘する現場
からの報告」が刊行された。女性や野宿者など7分野について、生活困窮に至る過程
や、必要な対策などが示されている。約30団体でつくる「反貧困ネットワーク大阪実
行委員会」が発行。2009年から定期的に開く学習会の内容をまとめた。
冊子では、貧困への“扉”がさまざまな場面で開くことを伝える。一家の稼ぎ頭が
大病にかかったとき、夫の暴力で女性が離婚したとき、家族がギャンブルやアルコー
ルの依存症になったとき-。多くの人が無関係ではない中で、一度貧困に陥ると容易
には抜け出せない社会の構造を明らかにする。
病気が長引けば、生活費の確保も難しくなる療養現場。母子家庭は、子育てと仕事
の両立の中で低収入の環境から抜け出せない。親の困窮は、子供の学力低下を招く場
合も多く、貧困の連鎖は続いていく。
一方で対策の提案もある。高校教諭は、子どもたちが貧困の仕組みを理解し、対応
力を向上させる授業を紹介。住宅問題に取り組む専門家は、公営住宅を生活困窮者の
セーフティーネット(安全網)に役立てる制度を求める。
偏見の解消も重視される。さまざまなきっかけを経て行き着く野宿生活。一人一人
の人生があり「野宿者を一緒くたに見てはならない」と訴える支援者は、「社会の役
に立たない」などの偏見が解消されないと「野宿者の襲撃という深刻な問題は解消さ
れない」と指摘する。
また精神保健福祉士からは、意思の強弱などで片付けられがちなギャンブルやアル
コールの依存症問題で、「意思ではどうにもならない疾病」との認識で支援するよう
呼び掛ける。
貧困問題の学習は支援者側にも変化をもたらしている。冊子を編集した伊東弘嗣司
法書士は、これまでギャンブル依存による借金問題の解決に尽力。学習会で依存症に
ついてあらためて見詰め直し「周りの家族を含めた貧困問題としてとらえられるよう
になった」と話す。
同実行委員会事務局長の小久保哲郎弁護士は「一見異なる分野でも貧困というキー
ワードで見ると諸課題が有機的につながっている」と強調する。

大阪では、日雇い労働者の街・釜ケ崎があって野宿者は多く、生活保護受給者は急
増中。小久保弁護士は「行政は、生活困窮者を“お荷物”扱いするのか、貧困を生み
出す労働、社会保障制度の再構築を国に求めていくのか、大阪の街は全国に先駆けて
その選択を迫られている」と力を込める。
現在も学習会は続いており、続編の刊行も検討されている。A5判。100ペー
ジ。800円。
問い合わせは電話06(6885)0074、伊東司法書士事務所へ。
[PR]

by books131 | 2010-07-27 11:37 | イベント転載

むすびのお手伝い大募集!!!

むすびのお手伝い大募集!!!

今年も西成・三角公園で行われる釜ヶ崎夏まつりにて
おむすびをむすぶことになりました。

どうぞ皆様のご協力をお願いいたします。

と き 8月13日~8月15日 16:00~20:00ごろ (完売するまで)
ところ 西成三角公園(JR新今宮駅より徒歩8分)
販売価格 100円

三角公園で毎年開催される釜ヶ崎夏まつりに「おむすび屋台」を出店してお祭りを盛り上げます!
おむすび2コに 漬けものとミニおかずをつけて100円で販売します。
また仕事のない労働者や地域のこどもたちに無料券を発行して「おむすび」をふるまいます。
利益が出ればむすびの活動資金になります。

■支援方法(いずれの方法でも結構です)

ボランティアで応援!!

8/13~15の3日間、ボランティアを大募集。
むすびのおじさんたちの体力を消耗しないためにも お手伝いの方が必要です。
おじさんたちとしゃべったり 公園での販売では地元のおっちゃんたちとのふれあいが楽しいですよ。暑い夏の思い出づくり、どなたでも大歓迎です。

11:00頃 米を洗う 炊く おむすびづくり パック詰めなどの作業
       1日200~300食をめざします。
15:30頃 屋台の設営。おむすびの運搬。力持ちの方いませんか。
16:00頃 販売開始。呼び込み、販売、おまつりも楽しみながら。
20:00頃 売り切れるまで販売します。 片づけして終わり。

空いている日程、時間にお手伝い下さい。いつでも来て帰っていただいて結構です。
人数把握のため、事前にご連絡いただけると助かります。

材料の応援!!

集めている材料は以下の通りです

-米     ・・・今年は大口の寄付がすでに来ておりますが、余れば三角公園の炊き出しに寄付いたしますので、お米をよろしくお願いします。
-海苔   ・・・おむすびに巻く海苔です。
-梅干し  ・・・おむすびの具にするものです。
-漬物   ・・・おむすびに添えるものです。塩昆布、たくあんなど
-ウインナー・ちくわなどおかずになるもの  ・・・生ものの場合は傷まないようお気を付けください
-黒ゴマ  ・・・おむすびに散らして見栄えをよくします

送付先→ 紙芝居劇むすび
     〒557-0002 大阪市西成区太子2-2-16 エッグス内
 ※送料はご負担ください

カンパの応援!!

材料費はもちろん
暑い中での重労働、ボランティアさんたちのまかないや飲み物代などに使わせていただきます。
*ご支援いただいた方には夏祭りのむすび屋台にお名前を掲示させていただきます。

三井住友銀行 阿倍野支店 普通預金 7385514
紙芝居劇むすび 代表 浅田浩
カミシバイゲキダイヒョウアサダヒロシ

また、屋台におむすびを買いに来てくださる方 大歓迎です
激励にぜひ来てください!


連絡・問い合わせ先
http://musubiproj.exblog.jp/5982528/
[PR]

by books131 | 2010-07-26 23:26

前島アートセンターよりお知らせ

かたやびらナイトVol.005 YouTube配信

去る7月10日に「黒潮チャンプルー 沖縄・台湾現代美術展」の関連企画として実施した「栄町/で/に/から/アート MACかたやびらナイトVol.005」の模様をYouTubeにアップロード致しましたのでお知らせ致します。
ぜひご覧下さい。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=DF19B7EE71EBAD60
[PR]

by books131 | 2010-07-24 22:42 | イベント転載

対話する鑑賞会 -言葉による視覚障害者とのワークショップ

対話する鑑賞会 -言葉による視覚障害者とのワークショップー

この事業は視覚障害の有無にかかわらず、様々な「鑑賞者」と一緒に展示を楽しんでいただくワークショップです。今回は「対話」をキーワードにして、参加者の方々には展示資料を囲んで気軽に語り合っていただきます。様々な人と時間を過ごすことによって、一人では思いつかないモノの見方が生まれてきます。コミュニケーションを通じて、新しい感覚の鑑賞方法を体感してみませんか?

日時   平成22年8月8日(日)13:30~16:30(13:00~受付)
場所   五里ごり館(文パル正面玄関前)
対象・   視覚障害のある人・ない人
定員   視覚に障害のある人:10名程度、視覚に障害がない人:20名程度
参加費  なし(別途 歴史民俗資料館入館料が必要)

※申込は、五里ごり館へ0774-55-7611に電話または来館

More くわしく
[PR]

by books131 | 2010-07-24 22:41 | イベント転載

大阪ホームレス健康問題研究会のお知らせ

1 と き 平成22年8月23日(月)18:30~20:30
2 ところ 太子福祉館(100 YEN SHOP FLET’S)3階 集会所
        住所:大阪市西成区太子1丁目4-1
  (地下鉄:動物園前駅 7番出口すぐ右側の百円ショップ フレッツの3階)
3 内 容 「薬物依存者の社会的包摂」
話題提供者:
特定非営利活動法人 大阪ダルク・アソシエーション
        ピア・ドラッグ・カウンセラー 倉田 めば 氏
主催  NPO ヘルスサポート大阪
[PR]

by books131 | 2010-07-23 23:42 | イベント転載

「大阪クマゼミ会」

「大阪クマゼミ会」

7/24(土)に昆虫料理研究家の内山さんが来阪しての
「大阪クマゼミ会」をいたします。
今年で3年目とだいぶ恒例化してまいりました。


◆日時 2010年7月24日(土)午後1時~午後9時30分(予約制)
◆集合 地下鉄谷町線駒川中野 改札出口付近 午後1時
◆採集 近所の公園
◆持物 飲み物各自、懐中電灯、虫さされの薬、虫よけシート、近所の方は虫取り網
◆ 参加費 1500円
◆スケジュール(変更の場合あり)
第一部(1時30分~5時)
2時~3時 セミ成虫採集
3時30分~4時30分 調理と試食
4時30分~5時 第二部の準備
第二部(6時~9時)
6時~7時30分 公園へ移動、セミ幼虫採集
8時~8時30分 調理
8時30分~9時 試食
9時~9時30分 片づけて終了(ゴミ分担して持ち帰り)
*********************
※ 参加希望は関西支部の西まで(k.nishi14●gmail.com)
定員は20名です。

こちらは予約制なので、もし、ご興味がありましたら、
ご予約お願いいたします。

内山昭一氏
http://musikui.exblog.jp/
[PR]

by books131 | 2010-07-21 21:54 | イベント転載