<   2010年 02月 ( 62 )   > この月の画像一覧

「権力の懐に飛び込んだ男 100日の記録 」

NHKスペシャル
「権力の懐に飛び込んだ男 100日の記録 」

<放送日時>
放 送  2月28日(日)21時00分~21時49分  NHK総合
再放送 3月 3日(水) 0時45分~ 1時34分(2日深夜) NHK総合

<番組内容>
1年前、“年越し派遣村”の村長を務めた、湯浅誠氏。
長年、失業者やホームレスの支援活動を続けてきた彼が、 昨年秋、
鳩山政権に請われ、政府に入って失業者対策を担うことになった。

仕事が見つからず、路上生活を余儀なくされた人。
生活が行き詰まり、自殺にまで追い込まれた人。
一昨年以降、行政の支援が行き届かない中、
状況はますます深刻化している。

「誰もが平等に尊厳を大切にされる社会」を理想に掲げ、徹底的に当事者の目線に
立った実効性のある解決策を求めてきた湯浅氏は、政治家や官僚、地方自治体など、
行政に横たわるさまざまな障壁を乗り越えてゆけるのか。

政権内部の湯浅氏の100日を通して、政治主導を掲げる鳩山政権、なかなか
崩れない縦割りの官僚組織、疲弊する地方自治体、そして世論の現実を見つめる。
[PR]

by books131 | 2010-02-28 16:48 | イベント転載

普段着きもの教室

よく「着付けをおしえて」 といわれるのだけど
正直 わたしは 着付けの先生ではないので こまるのだなあ
こーゆーお教室があるので おすすめします

■開催日 2010年3月6日(土)
 
■時間  午前10:00~12:00
 
■会場  東洋きもの専門学校
 
■費用  2,000円
 
■定員  6名

http://www.toyocollege.com/kimono/topics/2009/kyositu09.html
[PR]

by books131 | 2010-02-28 15:15 | イベント転載

社会の過渡期に

今日は 桜宮のリバーサイドホテルで シンポジウムに
パネラーとして参加した

政治的といえば 政治的な催しだが
政党の立ち場をもたないわたしとしては 断る理由もない

参加者は二百人ほどいらっしゃっただろうか
ほとんどが 中高年で わたしは若いほうかと思う

なんでまた わたしのような者がパネラーなのか よくわからないのだけど
こういう機会をいただくことは ありがたい

地域のなかに現場をもち
「あたらしい公共」への関心があるのだから
こういうフォーマルな場で 発言することは大事だと考える

参加されている方が 挙手してマイクをもって 語られることは
しっかりした現場の活動や問題であって
みなさん しっかりした「語り口」をもっていらっしゃる
こういう大人がいることを わたしは これまで知らなかったなあ
でも 若者たちとつながってないんだろうなあ
(わたしも 出会えてなかった のだから)
どうしたら いいんだろうなあ

過渡期だなあ ということを
ひしひしと感じながら


ココルームにもどって 
東京から わざわざ顔をみにきてくれた人を迎え
すこしお喋りし

NHKの 日曜美術館のデレィクタから頼まれごとをしたので
連絡ごとをひきうけ

用事をかたづけ

店にきた お客さんと言い合いをし
(ほんとは そんなこと したくないのに)

お客のNさんと スタッフと いっしょに夕ご飯を食べる
(このメンバーでの 夕ご飯が多いよなあ)

今日も 原稿すすまず、、とほほ
[PR]

by books131 | 2010-02-27 21:55

大阪人権博物館シンポジウム(3.6) 都市の再生とセイフティネットを考える

大阪人権博物館シンポジウム(3.6)

1タイトル 都市の再生とセイフティネットを考える

2趣  旨 かつて、高度経済成長とよばれていた時代に大都市では、社会政策として生
活環境の改善策がおこなわれていました。現在、長引く不況のなかで、貧困問題がクロー
ズアップされ、あらためて社会保障や生きる権利が問われています。このシンポジウムで
は、都市の再生という視点から、1950~70年代の貧困問題を探るとともに、セイフティネッ
トに象徴される現代的課題を考えます。

3日  時 2010年3月6日(土) 13:30~16:30

4会  場 大阪人権博物館・研修室

5タイムテーブル
①基調提案(10min)
◇なぜ、いま「都市の再生とセイフティネット」なのか(吉村智博)
②報告Ⅰ(40min)
◇水内俊雄 「もうひとつのインナーシティ再生とセイフティネットの再編成
―見える貧困から見えない貧困に立ち向かう―」
③報告Ⅱ(20min)
◇前川 修 「東七条におけるバラック対策とその後の東九条対策」
④報告Ⅲ(20min)
◇吉村智博 「大阪におけるバラック・クリアランスとそのの顛末」
⑤ディスカッション(90min)
◇論点
1) 現代の貧困問題は「見えない貧困」とでも称さえれているように、施策の対象
となる人々の生活実態が以前に比べて可視化しにくくなっているのではないか。
2) かつて、マイノリティ集団を対象とした環境改善策が軒並み成果を上げたが、
そこから学ぶべきものはなにか。
3) おしなべて格差社会といわれるが、セイフティネットが崩壊しつつある現在、有
効な手段はあるのか。
4) 具体的な取り組みとして、「創造都市」をキーコンセプトにして文化、芸能の祭
典や街並みづくりなどが進められているが、将来的展望はどのようなものか。
5) 博物館などの文化資本を基軸にした、あらたなネットワークづくりは、行財政の
逼迫との関連もあるだろうが、どのような点で可能か。

6当日の進行 ①プレゼンテーションによる報告
②ディスカッション+フロアーからの質問+リプライ
③まとめ
[PR]

by books131 | 2010-02-27 19:22 | イベント転載

これから教員になろうとする人・若手教員のためのコミュニケーションスキルアップ講座

"ひと味違う" 教員の採用前研修、やってみます。
骨太教員養成プロジェクトWS #2
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
これから教員になろうとする人・若手教員のための
コミュニケーションスキルアップ講座

~春からの教員生活につながる実践力をつけよう~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

春から教員になる学生さんに聴きました。

「『どう授業するか?』ということよりも
『どう子どもとかかわるか?
保護者の方とどう接するのか?』
といった方が不安です。。」

教員に求められる力の内、
とっても大切なものである割に、
圧倒的に体験を通じて学ぶ機会の少ないのが、
「コミュニケーション力」でしょう。

しかも、コミュニケーション力は、
春からすぐに求められる力。

そこで、学校教育現場の先生方や大学で教員養成に関わる先生、
社会教育で子ども・若者を支援している方々と一緒に
「ひと味違う」教員の採用前研修として、
コミュニケーション力アップの場を設けました。

実習と講義を通じて、
自分のコミュニケーションスタイルに気づき、
4月からの現場でのコミュニケーションスタイルを築く。
そんな一日になります。

4月からの教員生活の身支度をしたい!
大学の教職課程だけでは物足りないなぁ…、
そのようにお感じの学生・院生のみなさん、
新学期を前にして、現場に役立つスキルアップを!
とお考えの若手教員のみなさんの
ご参加を心からお待ちしています。

More 詳細
[PR]

by books131 | 2010-02-27 18:03 | イベント転載

2.27 なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会

2.27 なんで有期雇用なん!?
大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会

★基調講演:脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
★現場からの報告
★アピール採択
2010年2月27日(土) 13:00~16:00 資料代 300円
エル・おおさか7階708会議室
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

大学、公共団体、一般企業、に広がる非正規労働者を○年で一律にくびにするルール。私大では90年代から、国立大では2004年の法人化以後導入されました。人を育てる大学でひどい使い捨てが行われているのです。
おかしい!
3月末の雇い止め許さない!
大学をこえて大阪で集会を開きます。

(ブログ)
http://nandenan0227.blogspot.com/
(チラシ)
http://kyototto.com/image/nanan-tirashi.pdf


・・・・プログラム・・・・

■基調講演 脇田滋さん(非正規労働者の権利実現全国会議)
25年一貫して非正規労働問題を告発してきた脇田滋先生。私たちの気持ちを理解し、ゆくべき理念を指し示すのは、やはり脇田さんだと思い、お呼びします。

■現場からの報告
3月31日の雇い止めを止めようと、京大で、阪大で、京都精華大で、関学で、龍谷で、…、当事者たちがたちあがり、さまざまな闘いが行なわれています。
(詳しくは、ブログ、チラシをご覧下さい。)


・・・・賛同メッセージより・・・・

派遣法抜本改正と有期雇用規制は車の両輪というご意見に深く賛同します。日本は有期雇用の規制が弱すぎ、それが派遣法改正論議にも影を落としています。
「期間の定めなき雇用」との原則を、制度的・政策的に確立すべきと思います。
知り合いの官製ワーキング・プアの女性が、有期雇用の満期雇い止めの恐怖に怯えながら、必死に「ツテ」と「コネ」を使って再契約を得ようとしていたとき、「こういうふうに生きていくしかない」と言っていました。不本意ながらもそうしたことに頼らざるを得ず、立場を限りなく弱くしていく「NOと言えない労働者」を大量に生み出していっても、良質な仕事は生まれてこない。良質な仕事は人間らしい労働(ディーセント・ワーク)から生まれることを、日ごろ「人材育成」を口にする使用者の方たちに、ぜひとも理解してもらいたいと思います。
湯浅誠(反貧困ネットワーク)

「当たり前」とされている待遇について、疑問に思っていいのだ、時には声を上げていいのだと一つ一つ気がついていくことが私にとっての「活動」でした。心より賛同させていただきます。
栗田隆子(女性と貧困ネットワーク)

大学はプレカリアート養成所なのか?
学生も非常勤職員も非常勤講師も、あらゆる人々が不安定さに晒されている。
しかしここに、声を上げた人々が集ったことを私は本当に嬉しく思う。
雨宮処凛(作家/ユニオン・エクスタシー組合員)

恒常的な仕事に「有期」は許さん!
でも、この問題は1960年代からある女性労働問題です。
屋嘉比ふみ子(ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス)

このような使い捨ては許されません。
吉岡力(松下PDP事件原告)

私も3月で期限が切れ、大学を追われます。ものすごく非生産的・非人間的なことを繰り返している大学に怒りと悲しみを覚えます。私は北大教職員組合非正規雇用職員部会に闘いの場を見いだし、さまざまな方々の協力のもと、団体交渉、署名、実態調査などを実施してきました。3年間の有期雇用の中で出来ることには限界がありましたが、同じ苦しみを味わっている非正規雇用の方々に運動を引き継いでいただき、いつか大学が大きく変わっていくことを願っています。
この集会が大盛況のうちに終わり、新たな展開の幕開けとなりますように。また関西だけでなく東日本にも大きなうねりとなって運動が広がっていきますように。強く期待しています。
持田誠(北海道大学総合博物館研究支援推進員)

★とてもここで紹介できないほどのたくさんの賛同メッセージ頂いています。ひとつひとつ読んで、うなずいています。心うごかされるものもあり、力をいただくものもあり、です。
以下、是非お読みください。
http://nandenan0227.blogspot.com/search/label/%E8%B3%9B%E5%90%8C


・・・・ポスター作りました・・・・

http://nandenan0227.blogspot.com/2010/02/blog-post_16.html
素敵なポスターです、みなさん貼りませんか!


・・・・大きな運動にしていきたいと思います・・・・

みなさま、是非2月27日は集会へ。
また、引き続き賛同や賛同のメッセージ求めています。

呼びかけ文
http://nandenan0227.blogspot.com/2010/01/blog-post.html

呼びかけ団体
京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー
関西単一労働組合 大阪大学分会
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco
大学をどうするか!共に考える全学大討論会実行委員会(大阪大学)
関西圏大学非常勤講師組合
アルバイト・派遣・パート関西労働組合
[PR]

by books131 | 2010-02-27 18:02 | イベント転載

【川俣正 東京トークシリーズ「東京を考える、語る」】

【川俣正 東京トークシリーズ「東京を考える、語る」】

現代美術家 川俣正による「東京」を考えるトークシリーズ。各研究分野の第一線で活躍している人々と即興的な対話のなかから「東京」という場に潜む多様なテーマを採掘し、新しいイメージの構築に挑みます。

[日程] 2010年3月2日(火)~5日(金)
[会場] TOKYO ART SCHOOL (3331 Arts Chiyoda ROOM302)
[主催] 東京都、東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団)
[料金] 入場無料 予約不要

・3月3日(水)
 14:00-16:00 川俣正 × 吉見俊哉
 18:00-20:00 川俣正 × 高山明

・3月4日(木)
 14:00-16:00 川俣正 × 羽藤英二
 18:00-20:00 川俣正 × 桂英史

・3月5日(金)
 13:00-14:00 川俣正 × 隈研吾


添付PDFおよび下記URLでも内容をご確認いただけます。
http://www.bh-project.jp/artpoint/program/art/tokyotalk.html
[PR]

by books131 | 2010-02-27 18:00 | イベント転載

奈良の情報

★★★企業と地域と人が元気になる「CSR基礎講座」★★★
~地域活性化とみんなの豊かな暮らしのために、CSRを共有・分担しませんか~

◎日時 : 3月7日(日)18:30-21:00(開場・受付18:00~)
◎場所 : かしはら万葉ホール レセプションホール(奈良県橿原市小房町11-5) 
◎内容:●名刺交換会
●講義「ISO26000が始動する」~CSRの展開にどう対応する~(奈良NPOセ
ンター常務理事・中小企業診断士 梅屋則夫氏)
●地域CSR’事例紹介「環境・福祉のはざまで、企業との素敵な関係」
(阪南市立さつき園園長 高山慶太氏)
※回収した廃油をバイオディーゼル燃料にして販売するなど福祉施設の環境コ
ミュニティビジネス展開事例です。
●「中小企業のためのCSR学習会」成果報告(ほっとねっと・きんき環境館)
●ワークショップ「持ち寄りCSRエクササイズ、このまちでそれぞれができる
こと」※全国的な課題である、学校など廃止になる公共施設の有効利用を考えます。
●「もうひとつの名刺」交換会(※この“名刺”は当日作成させていただきます)
◎持参するもの :名刺50枚程度(仕事でお使いのものなど。名前と連絡先記載
のみでも可)
  ※参加者同士の名刺交換可能なことが参加条件となります。
◎参加費 :1000円(ケーキセット、資料代など)
◎定員 :50人(先着順)
◎対象:企業関係者(経営者、CSR担当者など)
行政関係者、NGO/NPO関係者など
◎主催 : NPO法人ほっとねっと
◎後援 : NPO法人奈良NPOセンター
近畿環境パートナーシップオフィス(きんき環境館)
◎申込・問合せ: ほっとねっと(〒630-8301奈良市高畑町1202-7
TEL&FAX0742-94-6800、npohotnet@yahoo.co.jp、090-8233-9172寺前)
※専用HP http://www12.atpages.jp/~srktb/index.php?FrontPage
で「中小企業のためのCSR学習会」(全3回)の報告を掲載しています。

☆☆他団体情報
★ボランティアマネジメントスクール
第2講座:ボランティア・社会貢献セミナー
~地域のなかにある企業として 社会貢献への取り組み~
日時:3月4日(木)10:30~15:30
場所:奈良県社会福祉総合センター5階研修室C
内容:講義と演習(講師:奈良NPOセンター副理事長・村上良雄さん)、県内
の社会貢献活動事例発表(奈良中央信用金庫、株式会社モンベル)
対象:企業・団体関係者、社会福祉協議会、ボランティア・市民活動センター
、NPO(市民活動団体)、その他本テーマに関心のある方
定員:30名
参加費:1500円
主催・申込・問合せ:奈良県社会福祉協議会(TEL:0744-29-0100、
E-mail:n-shakyo@nara-shakyo.jp )

★環境県民フォーラム自然環境セミナー
今、タンポポに何が起きているのか。
「タンポポ調査2010」に参加しませんか
日時:3月6日(土)13:30~15:30
場所:奈良県文化会館
定員:50名
参加費:無料、申込締切3月1日(月)
申込方法: ①行事名②代表者氏名③住所④電話番号⑤参加人数を記入の上、
FAXまたはでEmailにて下記まで。
申込・問合せ:奈良県庁環境政策課内
奈良県環境県民フォーラム事務局
(TEL:0742-27-8733、FAX:0742-22-1668、E-mail :
kankyo@office.pref.nara.lg.jp )
http://www.eco.pre.nara.jp

★NHKハートフォーラム
「障害者の生活支援と就労の現状と課題」
日時:3月6日(土)13:15-15:50(受付112:45~)
場所:奈良県社会福祉総合センター大ホール
内容:基調講演「障害者の働く暮らすを考える」(全国社会就労センター協議
会副会長・鈴木清覚さん)
パネルディスカッション(奈良県社会就労事業振興センター理事長・藤井正紀
さん、奈良県知的障害者施設協会会長・榊原典俊さん、奈良県福祉部福祉課課
長・古市秀俊さん、奈良県中小企業家同友会事務局長・伊藤真理さん、なら障
がい者就業・生活支援センターセンター長・小島秀一さん)
参加費:無料
主催:NHK奈良放送局、NHK厚生文化事業団近畿支局
申込・問合せ:奈良県社会就労事業振興センター(TEL・FAX: 0742-26-4888 
 Email: narasc@samba.ocn.ne.jp)

★とおく&らいぶcafe葉音♪気軽にクラシック♪ vol.4
フルート&オーボエ&クラリネット&ピアノによる気軽に
クラシックコンサート
日時:3月7日(日)15:30~17:30 平常営業
参加費 :1000円 (のみもの付) 
定 員 : 20名 (要予約)
申込・問合せ:とおく&らいぶcafe葉音(奈良市後藤町12-2 、      
TEL・FAX: 0742-27-5972、E-mail : eco_nara@yahoo.co.jp )
http://blogs.yahoo.co.jp/paoncafe

★ 2009年度 人権啓発講座
「夢と希望のつながりの調べ」
日時:3月14日(日)13時30分~16時 13時受付
場所:桜井市立図書館 大ホール(桜井市大字河西31番地)
   電話番号 0744-44-2600
内容:第1部 「天川村立 天川中学校 音楽部の演奏&活動紹介
第2部「かぎろひ夢バンドの演奏&トーク」
参加費:1000円(研究所会員・大学生以下は無料)
定員:100名
主催・申込・問合せ先:奈良人権・部落解放研究所(TEL:0742-62-5179、FAX
:0742-62-8609、Email: nakama@pearl.ocn.ne.jp )

★第11回介護保険学習会
「マイケアプランって何?」
~自分らしく生きるために~
日時:3月20日(土)13:30~16:30(受付13:00~)
場所:奈良県社会福祉総合センター
内容:講演「元気の出る話~自分らしく生きるには~」(「お母さん、ぼくが
生まれてごめんなさい」著者・向野幾世さん)
座談会「自分らしく生きるためのマイケアプランとは」
実践報告(マイケアプラン研究会・倉本文子さん)、ディスカッション(サー
クル90主宰・尾崎功さん、中島医院・中島孝之さん、向野幾世さん、倉本文子
さん)座長:奈良女子大学・澤井勝さん
定員:100名(先着順)、申込締切3月16日(火)
参加費:1000円
主催:奈良介護保険研究会
申込・問合せ:地域研究会 俚志(さとびごころ)TEL・FAX:0742-94-6805
Email:satobi-gokoro@amail.plala.or.jp

★アースデイ奈良2010
~ つなげよう広げようアースデイのわ(輪・和・環)~
遷都1300年の奈良からマイナス25%で持続可能な社会を創ろう
参加者募集
日時:4月18日10:00~16:00
場所:奈良県庁前広場、奈良公園登大路園地
出展者、スタンプラリー協力、当日&準備ボランティアなど募集
詳細はHP
http://www.geocities.jp/earthdaynara/

★第3回奈良アート・クラフト祭
出展者募集
日時:5月2日(日)・3日(月祝)10:00~17:00
場所:奈良公園登大路園地
応募締切り:3月10日(水)必着
詳細は
http://blogs.yahoo.co.jp/nara_artcraft
[PR]

by books131 | 2010-02-27 17:54 | イベント転載

シネヌーヴォー情報

★シネ・ヌーヴォ★

【生誕100年記念 マザー・テレサ映画祭】
2/27(土)~4/2(金)
※3/5(金)は休館となりますのでご注意ください。
※3/6(土)からはシネ・ヌーヴォXでの上映です。
マザー・テレサの生誕100周年を記念して、初公開作品を含む貴重なドキュメンタリー7本を
"世界初"の一挙上映。最新作『マザー・テレサと生きる』や、名作・新作を交え、
それぞれの視点からマザー・テレサの愛に満ちた活動の軌跡を見つめる。
http://www.cinenouveau.com/cinemalib2010/teresa/teresa.html


『コトバのない冬』
2/27(土)~3/4(木) 18:50/20:40 ※3/3(水)休映
※3/5(金)は休館となりますのでご注意ください。
※3/6(土)~3/19(金)はシネ・ヌーヴォXでの上映です。
俳優の渡部篤郎が初監督に挑んだ異色の人間ドラマ。
しんしんと雪の降る静かな時間を切り取り、ワンシーン、ワンカット、ワンテーク
にこだわり、俳優たちの自然体を映し込んだ渡部篤郎の見事な演出に注目。
※本作品はデジタル上映となります。
http://www.cinenouveau.com/cinemalib2010/kotoba.html


◆大阪アジアン映画祭2010◆
春一番、今年も見たことのないアジア映画がやってくる!!
大阪アジアン映画祭2010関連企画と致しまして、【韓国映画特集2010】を始め、
【アジアン・ミーティング大阪2010】【ヤスミン・アハマド監督追悼特集】など
盛りだくさんでお届け致します!

【韓国映画特集2010】
3/6(土)~3/26(金)
世界中に驚きで迎えられた韓国映画。大躍進を果たした2000年以降の韓国映画の代表作、
及びその前触れ的存在の『永遠なる帝国』(95年)を含め、『オールド・ボーイ』(03年)
『シークレット・サンシャイン』(07年)『殺人の追憶』(03年)などの16作品を一挙上映!!
http://www.cinenouveau.com/cinemalib2010/kankoku/kankoku_top.html


☆シネ・ヌーヴォX☆(全てデジタルDLP上映)

『タクミくんシリーズ 美貌のディテイル』
2/27(土)~3/4(金) 11:00/14:45/18:30
※3/5(金)は休館となりますのでご注意ください。
ボーイズラブを描いた「タクミくんシリーズ」の第3弾。前作から学年が変わって3年生になった
主人公タクミと、その恋人ギイが、ささいなすれ違いから関係がこじれていく様子を描く。
http://www.cinenouveau.com/x_cinemalib2010/takumi.html


『モノクロームの少女』
2/27(土)~3/4(金) 12:45/16:30/20:10
※3/5(金)は休館となりますのでご注意ください。
今をひたむきに生きる若者たちが、変わっていくものや失われていくものの
大切さを学びながら、前向きに未来を目指す青春ファンタジー。
http://www.cinenouveau.com/x_cinemalib2010/monokulo.html


『ランニング・オン・エンプティ』
3/6(土)~3/19(金) 17:00/18:40/20:20
※3/18(木)18:40と20:20の回休映
※3/6・3/17・3/19の17:00の回は約30分遅れ、18:40の回は約15分遅れで始まります。
まことに申し訳ございませんが、どうぞご了承くださいませ。
女の狂言誘拐をきっかけに、ひとクセもふたクセもある登場人物たちが、
さまざまな思惑を持って動き始める……。明日なきヤツらの疾走ムービー。
http://www.cinenouveau.com/x_cinemalib2010/ranningon.html


●3/13以降の上映スケジュールは、当館までお問い合わせください●

※3/5(金)は休館となりますのでご注意ください。


■■■※※※※今後の上映予定作品※※※※■■■

■シネ・ヌーヴォ今後のラインナップ
【生誕100年記念 映画女優 田中絹代】
『いのちの山河』
『アンを探して』
『誰のものでもないチェレ』


□シネ・ヌーヴォX今後のラインナップ
【シネ・ドライヴ2010】
『怒る西行』
『ハッピーエンド』


<紹介映画の上映詳細はこちら↓>

http://www.cinenouveau.com/lineup.html
[PR]

by books131 | 2010-02-27 17:53 | イベント転載

ブレーカープロジェクトのおしらせ

今年度のBreaker Project「絶滅危惧・風景」も、いよいよ公開作品制作が始まっています。
トーチカ、パラモデルの二組のアーティストを迎え、新世界、 西成周辺にて「失われつつあるまちの風景」をテーマに作品を制作しております。

公開作品制作の詳しい内容はウェブにてご確認くださいませ。
 http://breakerproject.net/2009/

制作された作品は、3月20日(土)~28日(日)までの日程で、まちなかで展示されます。
期間中は、ツアーも予定しておりますので、お楽しみに!

今後の予定、レポートなどにつきましても、随時ウェブにてお知らせいたします。
皆様のご参加をお待ちしております!

主催:大阪市
助成:財団法人文化・芸術のための福武地域振興財団
企画・運営:ブレーカープロジェクト実行委員会/(財)大阪城ホール文化振興部 
プログムディレクター:雨森信  事務局:黒飛忠紀/松尾真由子/柳本牧紀

<問い合わせ先>
ブレーカープロジェクト実行委員会 事務局 
http://breakerproject.net/2009/
[PR]

by books131 | 2010-02-27 17:52 | イベント転載