<   2010年 01月 ( 61 )   > この月の画像一覧

すてきな人生は こころがきめる

おじさんの人生の話をきかせてよ

 なんや! もうすぐ、まんまんちゃん あん!やのに、、

え?いくつ?

 68歳 もうすぐ 四天王寺さんやで

こうして 聴き取りがはじまったのは 2/7に 神奈川の白金で
「こころのたねとして」が 商店街と明治学院大学、学生たちとの取り組みで
おこなわれるなか 今日明日と その学生がココルームに滞在していたからだ

「こたね」ってなに? というはなしから
実際にちょっと やってみようよ ということで
店にいらした おじさんで ときどき来てくれる優しいおじさんに
質問をはじめたのだ

まんまんちゃん あん! なんて 久しぶりに聞いたなあ

その学生は まんまんちゃん????な顔をしているので
間にはいって 説明をする 

仏壇にむかって手をあわせる行為を まんまんちゃん あん と呼ぶのよ

四天王寺さん というのは この近くにある大きなお寺で
お墓にはいる ということ さしているのだと思うよ

おじさんは 家具屋で30年働いていたことや
お父さんが震災で死んだことなどを 話してくれた
戦争のころは 幼くてなにも覚えていないと言う

いまは 生活保護で 釜ヶ崎で暮らしている
マンションのオーナーは とても良い方で
スタッフたちのケアも行き届いているので
安心して 生活されているのだろうと思う

昨日が支給日だったので はしご酒をしている最中で
ココルームに寄ってくれたのだろう

このおじさんは 
ふだん 何を話すというわけではなく どちらかというと
無口なほうなんだけど
かわいらしいかんじがあって 道や公園で会って 笑顔で
挨拶をしてくれる

すてきな人生は こころがきめる

まんまんちゃん あん! と口にすると 
くちもとから たのしい気持ちになる

夜には 学生は 野宿者ネットワークの夜回りにいき
スタッフのひとりは 208のイベントにでかけた
カフェのスタッフに店をまかせ
わたしは 隅っこで シンポの報告書の構成案をまとめ
原稿の段取りを考えている

明日は14:00から 應典院で ことばくようの 最後の催し
夜には コモンズフェスタのクロージングに
[PR]

by books131 | 2010-01-30 21:00

桃のはな 咲く

ともかく いつになるかわからない入院の準備をしてから
出勤した

ぽかぽかとした陽気で 新世界のいつもの道
鳩にえさをあげる人がいる道ばたは 大衆劇場のそば
今日も 十数羽の鳩が くぅくぅ 鳴いている

猫のえさを飼った
店では 「人手不足で開店時刻に店が開けられないの バイトはすぐ辞めるし」と
店員さんが嘆いていた

人が働く というのは
お金を稼ぐことだけではない と気がついたのは
いつのことだったか
働き始めて 数年たってからだったようにおもう

働くことによって
だれかに なにかを教わったり
だれかを手伝うことができたり
だれかに助けてもらえて 感謝することだったりする

猫のえさを 買えて 「ありがとう」

ココルームにつくと
スタッフが 萎えた顔で疲れていた

ちょうど 嫌なことを言うお客さんが帰った直後だったようだ

わざわざ 気分を害するようなことを言っていく人がいるのは
仕方のないことなのではあるが 朝一番、、、 とほほ

聞くと 
やはり 酔っぱらった人だったようで
本人は きっと覚えていないのだろうなあ

仕事は調整ごと おおし

アポなしの 中間支援NPOで働く就労支援担当の若者
人権ホールの学芸員から 相談事
沖縄のひめゆりに関する展覧会の 寄付集めだときいて
ほんのすこしだが 寄付をする
18歳のとき 沖縄をはじめて訪れ
「ひめゆりの塔」で目にした展示物をおもいだして

ひめゆり少女たちも いまでは 85歳ころだろうか
直接おはなしを聞けるのは 大阪ではもう最後かもしれないですね

桃のはなが
さきはじめた

店内は おしゃべりに花が咲いている
おもいおもいに

お金は動いていないが(経営的にくるしいことなのだが)
それでも こうして みんながくつろいで 話をしているようすは
ほんとに 微笑ましくて
いい景色だなあ 
[PR]

by books131 | 2010-01-29 21:25

「こころのたねとして」とはなにか

地理学者の原口くんが
「かなよさん、こころのたねとして はなにか ってずっと考えてて
あ!これだ! というのが あったんですよ」
と おしえてくれた

プレカリアートの詩---記号資本主義の精神病理学
フランコ・ベラルディ(ビフォ) (著), 櫻田 和也 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/プレカリアートの詩-記号資本主義の精神病理学-フランコ・ベラルディ-ビフォ/dp/4309245013

この141頁である

2008年 G8のときに 
反G8メンバーとして ビフォは日本にやってきた人である

やわらかい笑顔を持つ人であった

夜回りをおえて ココルームにもどってきた

野宿のひとは 半減 いや 1/3くらいに減っている

毛布にくるまる人たちは やわらかい笑顔で
「ありがとう ありがとう うれしいよ」と おむすびや おやつを
うけとってくれた

皺のふかい笑顔だ
[PR]

by books131 | 2010-01-28 21:54

こころのたねとして 白金高輪2010

記憶と地域をつなぐアートプロジェクト
こころのたねとして 白金高輪2010
記憶に埋もれたものを 掘り起し
記憶の中にある場所を一緒にのぞいてみませんか?
===============================

日時:2010年2月7日(日) 15時~
【全プログラム:2時間ほど】
※出入り自由
※なお当日13時頃から会場で、白金の町の古い写真のスライドショー上映や、アー
ティストこまどり社によるパフォーマンス(似顔絵書き)などを行います。

参加費:無料
会場:白金商店会 四の橋市場
港区白金1-15-4(白金高輪駅徒歩5分)
http://www.soleman.jp/shiro/t_info/map_mall_04.html
【主催】明治学院大学国際平和研究所×白金志田町倶楽部 
※このプロジェクトは明治学院大学国際平和研究所サブプロジェクト「平和学の空間
的実践」の一環に位置付けられています。
【共催】明治学院大学教養教育センター付属研究所「アートを通じた新しい教養教育
の探求」研究会
【協力】白金商店会/魚らん商店会/NPO法人こえとことばとこころの部屋
(http://www.cocoroom.org)/ みなとケーブルテレビ

===============================

プログラム 内容 場所
2010年2月第一週(数日間) 学生と対象者 交流 聞き取り 白金・高輪エリア
2月7日(日) 「こころのたねとして」朗読会
トークセッション 白金商店会四の橋市場

===============================

今、自分たちが関わる場所、通り過ぎる場所、立ち止まる場所・・・自分たちはど
のくらい知っているのでしょうか?

現在、白金地域は再開発やマンションブームにより新しい住民が増え、地域での交
流・無関心が生じています。白金といえば「シロカネーゼ」のイメージが先行し、
「志田町」に代表される下町人情の残る庶民的風景は急速に消えていき、遠い記憶の
中に埋もれつつあります。そうしたなかで、地域に所縁のある方の暮らしや営みに若
者たちが触れ、そこに暮らすヒト、そこにあるモノ、そこで起こるコトに出会い、聞
き取りを行いながら、まちと人の過去をとどめながら、未来に向けて、モノガタリと
して紡ぎだします。そこで旧志田町エリアを中心に、明治学院大学の学生が「こころ
のたねとして」というワークショップを行います。

自分以外の誰かの人生をのぞいてみたら何が見えるだろうか?
家族や仕事、そして暮らしや営みに息づく場所・・・。


■「こころのたねとして」とは?

大阪を拠点に活動するアートNPO「こえとことばとこころの部屋」が考案したワー
クショップ。地域に生きる人の、その人生を聴き取り、言葉や声や、身振りとして現
前させ、そこに立ち会った人びとが、共にその土地との絆を結びなおす試み。
今回の、「こころのたねとして 白金」は、明治学院大学の10人の学生が志田町と
ゆかりのある人と出会い、共に時間を過ごし、その人と志田町との絆を詩として表現
します。そして古くから人びとになじまれた「四の橋市場」を会場に朗読パフォーマ
ンスを開き、町行く多くの人びとに「志田町」という場所との絆を感じてもらいま
す。(このワークショップの様子はみなとケーブルテレビで3月後半に放送予定で
す)


■志田町とは

白金志田町とは、今はもうその名称は地図になく、現在の白金1丁目と高輪1丁目
あたりを指します。明治維新より志田町を含む白金高輪エリアは京浜工業地帯として
発展、そのなかで町工場が進出してきました。昭和39年の東京オリンピック開催に伴
い、放射1号線が開通し町内は東西に分断。そしてバブル経済により再開発やマン
ションブームが起きたため、工場の多くは海外や地方に移転されました。現在も周辺
のマンション建設が続き、新しい住民、新しい事務所、新しい店舗が増えてきていま
す。


■白金志田町倶楽部

白金志田町倶楽部は「白金高輪エリアに居住、勤務、もしくは区域外にいても、こ
の地域を愛し、もしくはこの趣旨に賛同する」20歳代から50歳代のメンバーからなる
地域の交流と活性化を目的とした非営利の任意団体です。地元・近隣の7つの町会、
3つの商店会のメンバー、地域外のメンバーが参加しています。工場主、商店主、会
社、学者、デザイナー、音楽家、歌舞伎役者、アーティストなど異業種の人材約14
0名(2009.4.1現在)で構成しています。
(港区社会福祉協議会登録ボランティア団体)
HP(http://www.ifaps.org/kai.html)


■明治学院大学国際平和研究所

PRIME(明治学院大学国際平和研究所)は、世界平和実現の条件を研究し、学内外の
平和研究者、NGO・平和運動関係者と学際的交流を行うことを目的として、 1986年に
設立されました。普遍的視点からの地域的研究、社会性あるいは時代性のある研究、
学際性の高い研究を重視しながら、平和の諸問題に取り組んでいます。


■企画への問い合わせ先

・白金志田町倶楽部事務局(地域担当)
kai@ifaps.org
03-3444-2920 / 03-3449-8351
・猪瀬浩平(大学担当)
kazekoukou●ybb.ne.jp
・森田友希(学生担当)
yuki_mo_reta●yahoo.co.jp
[PR]

by books131 | 2010-01-28 17:24

今夜は 山王ミニ夜回り

この冬 野宿の方が ぐんと 減った釜ヶ崎
それでも 夜回りをしようと おもうのは
この寒さや この地域でカフェやメディアセンターを運営するからで
性急な考えはない

生活保護という制度  
(昨今は 貧困ビジネスが大流行りで 
誠実に取り組んでいる事業者や活動者は困っているんだよな)
野宿という生き方

野宿を余儀なくされる場合もあれば
社会のひずみのなかで それを選ぶ方もいるし
野宿ではなくても 孤独な 生きがたさをかかえた方も多いし
ただしい答えなんてないよなあ とおもう

喋りたい人もいれば
いまは だまっていてほしいという人もいる

野宿の方の その理由はさまざまで
ひっくるめて言えるわけではないことだけは たしかだ


エンテツさんのブログで 先日のシンポのことを言及いただいていて
地域〜好きでもない奴と暮らす場所 ということばに
にやっとする
http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2010/01/post-6c84.html

ほがらかに やっていきたいココルームではあるが
喧嘩もあるし 小言もいうし 怒られるし 舐められるし 思い込みで依存されるし
勘違いしたり されたり 
言いたい事だけ言ってお金も払わず出て行く人もいるし
たのしいことばっかじゃないもんなあ
[PR]

by books131 | 2010-01-28 16:43

シンポがおわって 残務の山に

シンポの興奮も疲れもとれてないうちから
残務がはじまっている

こまかい事務
さらに この事業をどのように 総括していくか
かぎられた時間とお金と人材で どうするか
へとへとになったスタッフたちと もうふつうに
日常のいそがしさがはじまるなかで
朦朧としながら 
焦らないように といいきかせながら

そしてもう べつの仕事がはじまっている
3月の南方人権文化センターでの 催しの企画
アサヒのAAFの企画
トヨタの助成金の報告書作成、、、

1/31は 應典院で「ことばくよう」のさいごの催し
14:00〜
[PR]

by books131 | 2010-01-27 22:46

築港ARCイベント情報

劇創ト社deネクタルグン「10人写楽」

己を表現することと生死が背中合わせだった時代の物語。
浮世絵師「東洲斎写楽」の謎を紐解きながら、版元・蔦屋に集うアーティスト集団の生き様と葛藤を描く。

○日時 1月29日(金)19:30~
     30日(土)15:00~/19:00~
   31日(日) 13:00~/17:00~

○会場 應典院
大阪市天王寺区下寺町1-1-27
電話06-6771-7641
*地下鉄谷町9丁目から西へ、日本橋駅から東へ徒歩7分。

○料金 前売/3,000円(日時指定・全席自由)
    当日/3,500円
    ペアチケット/5,000円

○お問合せ
應典院寺町倶楽部
FAX(06-6770-3147)、電話(06-6771-7641)
専用メール:toshadenec●gmail.com

○チケット予約
<CoRich!舞台芸術>
PC  https://ticket.corich.jp/apply/17677/
ケータイ http://ticket.corich.jp/apply/17677/
ローソンチケット http://l-tike.com/ Lコード56366  tel:0570-084-005

==============
行動展示プログラム「exodus(エクソダス)」始動!

エクソダスは都市に集団で関わり状況を引き起こすための参加型パフォーマンス。コモンズフェスタ開催時期を中心に、実際に集団でまちに繰り出し、様々な「都市の使い方」を実践し、その記録物を應典院にて発表します。(完全予約制・参加希望の方は決められた時刻に應典院1Fロビーにお越しください。)

2009年12月18日(金)13:30~
2010年1月10日(日)10:00~
    1月18日(月)6:00~/19:00
   1月22日(金)13:30~
   ★ファイナルです!是非ご参加を!1月30日(土)10:00~

集合場所 應典院
大阪市天王寺区下寺町1-1-27
電話06-6771-7641
*地下鉄谷町9丁目から西へ、日本橋駅から東へ徒歩7分。

※これまでのエクソダス事例は以下をご参考に。
 http://innerscape.exblog.jp/9734750/

==============
【関連情報】
コモンズフェスタ2009/2010
「U35の実力~+Socialの編集者たち~」 in 應典院
1月16日(土)-1月31日(日)開催!

應典院にて毎年1月に開催されているアートと社会活動の総合文化祭「コモンズフェスタ」。
今年のテーマは「U35の実力~+Socialの編集者たち~」です。
震災当時、まだ社会人ではなかった世代が、今、地域や分野を横断して、ひと・もの・かね・情報・発想・人脈を結びつけ、出来事を起こす担い手やつなぎ手になっていることに着目しました。
震災から15年という節目の年、既知の物体や体験から風景から「想定の範囲」を広げていく機会を多数設けます。U35の編集者たちがお寺で問う「生き方のドリル」です。

詳しい情報は
http://commonsfesta.blogspot.com/
をご覧ください。
[PR]

by books131 | 2010-01-27 21:19 | イベント転載

『わぃわぃTV』映像発表会のお知らせ

~長田の多文化な魅力を発信!~
『わぃわぃTV』映像発表会のお知らせ
URL  http://www.tcc117.org/yytv/

長田のまちの魅力を世界に発信するプロジェクト『わぃわぃTV』の映像発表会を
お知らせします。『わぃわぃTV』では、在日外国人を中心とした子どもたちが、
ビデオカメラを持って、まちのイベントを取材し、映像コンテンツを制作してい
ます。

子どもたちは、映像作りを通して、地域の方々と出会い、自分自身のルーツと向
き合うきっかけを得ています。また地域の方からは、「映像に写るまちの姿が新
鮮だった」という感想をいただいております。

昨年10月からwebサイト上で映像を発表してきましたが、本格的な上映会は初め
てとなります。上映後には、子どもたちと地域の方々との交流会を企画しており
ますので、ぜひお越しください。

なお、先着100名に、会場にてベトナムのお汁粉の振る舞いあり!!


日時:1月31日(日)午後2時30分~4時30分(午後2時開場)
場所:アスタくにづか2番館 南棟1階 イベントスペース
(JR新長田駅 及び地下鉄新長田駅から徒歩10分)
参加費:無料

※事前申し込みの必要はありません。
[PR]

by books131 | 2010-01-27 15:28 | イベント転載

セーフティネットと雇用保障

第6回目で、「セーフティネットと雇用保障」。

講師は名古屋大学教授の和田肇さんで、労働市場と法規制、雇用形態の多様化と雇用の保障(フレクシキュリティ)を研究テーマとしておられます。
労働者派遣法の抜本改正が政治課題となっていますが、労働法制を人々の生活を支えるセーフティネットという観点からどのように考えるかというお話しが聞けるのではないかと思います。

是非多数ご参加下さい!


【日時】1月27日(水)午後6時30分~8時30分(開場午後6時)

【演題】「セーフティネットと雇用保障」

【講師】和田肇さん(名古屋大学教授)

【場所】大阪弁護士会館
http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php
京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口(1)から徒歩約5分
・地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1番出口から徒歩約10分
・地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
・JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分


事前申込不要、参加費無料


※続々続く今後の予定はこちら↓
http://www.osakaben.or.jp/web/event/2009/091015.pdf


第7講 女性と貧困
【日時】平成22年2月10日(水)午後6時30分~
【講師】大沢真理さん(東京大学社会科学研究所教授)
【プロフィール】1987年に経済学博士号を取得(東京大学)後、ドイツ・ベルリン自由大学、ドイツ・ボッフム大学、アジア工科大学院の客員教員を歴任後、1998年より現職。近著:『現代日本の生活保障システム 座標とゆくえ』岩波書店(2007)

第8講 住まいの貧困 ~社会保障としての住宅政策を~
【日時】平成22年3月11日(木)午後6時30分~
【講師】平山洋介さん(神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授)
【プロフィール】住宅・都市政策を専攻。近著に『住宅政策のどこが問題か』(光文社新書)など。

第9講 犯罪と貧困 ~ 「厳罰化社会」から「相互扶助社会」へ~
【日時】平成22年4月19日(月)午後6時30分~
【講師】浜井浩一さん(龍谷大学法務研究科教授)
【プロフィール】専門は、刑事政策、犯罪学、統計学、犯罪心理学。早稲田大学卒業後、法務省に入省し、矯正機関、保護観察所勤務、法務総合研究所研究官や国連研究員などを経て現職。新著に「2円で刑務所、5億で執行猶予」、共著に「犯罪不安社会」がある(いずれも光文社新書)。

第10講 障がい者と貧困 ~障害者自立支援法の問題点とこれからの展望~
【日時】平成22年5月21日(金)午後6時30分~
【講師】尾上浩二一さん(DPI日本会議)
【プロフィール】小学校を養護学校、施設で過ごした後、普通中学・高校へ進む。78年大阪市立大学に入学後、サークル活動をきっかけに、自立生活運動に取り組み始める。2005年通常国会、2006年臨時国会で、障害者自立支援法に関する参考人として意見陳述。現在、DPI日本会議事務局長、障がい者制度改革推進会議委員。
[PR]

by books131 | 2010-01-27 15:27 | イベント転載

“無縁”社会

MLがとどいて 気になったので転載しますね
***

釜ヶ崎地域内の行旅病死者や「無縁仏」死者の数字はこの数年減少傾向にありますが、
大阪市内で見ると年々確実に人数が増えています。
たとえば、次のように。
(大阪市内5か所の斎場で火葬された方で、遺骨の引き取りがなかった方々の数字)

大阪市内無縁仏慰霊
(単位)柱
1999年 759
2004年1,043
2008年1,403

--------------------------------------------------------------------------
NHKスペシャル“無縁”社会~無縁死3万2千人の衝撃(仮)
放映 2010年1月31日(日)午後9時00分~9時58分
NHK総合テレビ

http://www.nhk.or.jp/special/onair/100131.html

<NHKのホームページでの解説>
自殺率が先進国の中でワースト2位の日本。NHKが全国の自治体に調査したところ、ここ数年「身元不明の自殺と見られる死者」や「行き倒れ死」など国の統計上ではカテゴライズされない「新たな死」が急増していることがわかってきた。なぜ誰にも知られず、引き取り手もないまま亡くなっていく人が増えているのか。「新たな死」の軌跡を丹念にたどっていくと、日本が急速に「無縁社会」ともいえる絆を失ってしまった社会に変わっている実態が浮き彫りになってきた。「無縁社会」はかつて日本社会を紡いできた「地縁」「血縁」といった地域や家族・親類との絆を失っていったのに加え、終身雇用が壊れ、会社との絆であった「社縁」までが失われたことによって生み出されていた。

また、取材を進めるうちに社会との接点をなくした人々向けに、死後の身辺整理や埋葬などを専門に請け負う「特殊遺体清掃業」やNPO法人がここ2~3年で急増。無縁死に対して今や自治体が対応することも難しい中、自治体の依頼や将来の無縁死を恐れる多くの人からの生前予約などで需要が高まっていることもわかって来た。日本人がある意味選択し、そして構造改革の結果生み出されてしまった「無縁社会」。番組では「新たな死」が増えている事態を直視し、何よりも大切な「いのち」が軽んじられている私たちの国、そして社会のあり方を問い直す。
[PR]

by books131 | 2010-01-27 15:26 | イベント転載