<   2009年 10月 ( 106 )   > この月の画像一覧

CAP HOUSEからの情報

programs at Q2
***********************************************************
イラスト部 と Q2プラモ部 同時開催
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/club_q2/2009/10/11173115.html

プラモ部と同時開催のイラスト部は初めての集まりです。
勇気を出して行ってみよう~!


イラスト部~第一回ミニパーティー
日時:11月1日(日) 13:00~
キャプテン:早川梓
参加費¥1,000(1ドリンク付き)


Q2プラモ部「プラモの外箱を作ってみたゼ!」
講師:トミー先生
参加費:1ドリンク付き1000円(材料費などは実費)




program in town
***********************************************************
「ソウコラヘン」~新港倉庫街ですごす午後~
主催:神戸からの発信ネットワーク
協力:神戸市、港まち神戸を愛する会、NPO DANCE BOX
特別協力:後藤合資会社新港貿易会館
企画制作:C.A.P.(芸術と計画会議)
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/club_q2/2009/10/11175205.html

生絲で発展した歴史を持つ神戸のまち。そしてその中心となって活
躍して来た生糸検査所が今年の3月で仕事を終え、静かにたたずん
でいます。そっと覗いてみましょうよ!
生糸検査所ではこの日の午後だけの「ソウコラヘンカフェ」もオー
プン!!

日時:2009年11月3日(祝・火) 13:00~
参加費:無料
*3部構成になっています。
Part1以外は途中参加もOK。Partごとの参加も自由です。

Part 1:「ソウコラヘンのおはなしとダンス」
*要予約(そろそろ一杯です。できれば今夜中にご予約ください。)
13:00~15:00
会場:旧神戸市立生糸検査所

*おはなし「神戸新港地区の近代建築と港の歴史」
  講師:武田則明さん、中尾嘉孝さん(港まち神戸を愛する会)
*建物内見学と生糸検査について
  生糸検査の実演:宮垣貴美子さん
*ダンス公演 KIKIKI KIKIKI 新作ダンス作品上演(音楽:Pao)

Part2:「ソウコラヘン散策ツアー」
13:00~ 受付(旧神戸市立生糸検査所)
15:20 旧神戸市立生糸検査所 受付前より出発


ソウコラヘンカフェ
12:00~16:30
旧神戸市立生糸検査所入り口南横の微妙なところ
マスター:鳴海健二

Part3:「トワイライトパーティー」
17:00~19:00
会場:CAP CLUB Q2
16:45より受付開始 (予約不要)

*「ソウコラヘン091103」スライドショー上映
  スライドショー担当:岩淵拓郎
*音楽:三木重人(ヴァイオリン)、川瀬眞司(ギター)



programs at Q2
***********************************************************
「自然倍音によるホーミーとインドの音階」
インド音楽のレンズを通して見えてくるアジア的音楽の可能性 #4
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/club_q2/2009/10/11193716.html

11月21日(土) 開場18:30 開演19:00(終演予定21:00)
前売予約(e-mailでどうぞ)¥2,000(membership¥1,600)
当日 ¥2,500円

ゲスト:岡林立哉(ホーミー演奏家)
出演:Hiros(バーンスリー)、田中りこ(タブラー)

インド音楽を通してアジアの様々な音楽を俯瞰し、自分たちのコレ
からの音楽を考えよう!というすばらしい企画も最終回。
今回はトークと演奏の他に、ホーミー・ワークショップ・コーナー
があります!ウィー!!あなたもやってみてください~~~。

今回のゲスト、岡林さんが、11/3に毎日放送ラジオでホーミー演奏
されます。ラジオをポケットにソウコラヘンで歩きながら聴いてく
ださい!!

http://www.cap-kobe.com/club_q2/2009/10/30103416.html

ご予約はお早めに。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
山の手の CAP STUDIO Y3 のプログラムご案内
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/

神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内
T&F:078-222-1003
e-mail:info@cap-kobe.com
10:00-19:00(月曜休館)


program at Y3
***********************************************************
SHOWCASE#1 「Ryo Kitano Exhibition -slight sight-」
~北野諒展~
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2009/09/26115216.html

展覧会期:~11月22日(日)

トークショーが行なわれました。
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2009/10/24203700.html




program at Y3 参加無料!Discover KOBE!
***********************************************************
神戸モボ・モガを探せ!
ホームムービーが捉えた戦前の神戸--桝田和三郎映像集--
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2009/10/11192825.html

11月6日、13日、20日(全て金曜日) 18時30分~20時
場所:CAP CAFE & SHOP y3
参加無料(カフェで飲物等ご注文ください)

神戸市の桝田和三郎さんが1933年から数年間に撮影された戦前の
ホームムービーを上映します。
遊ぶ子どもたち、家族旅行の様子、神戸各地の何気ない日常風景、
みなとの祭や海外からの賓客を迎える式典、など----
各回、異なる3つのプログラムをご覧いただきます。

また、撮影者ご子息による解説を交えながら和気あいあいの映写会
です。
みなさん、お気軽にご参加下さい。



program at Y3 のんびりしたあい
***********************************************************
小さな刺繍の時間  ~第二回~
***********************************************************
http://www.cap-kobe.com/studio_y3/2009/10/23192019.html
(一回目の様子)

11月19日(木)13:00~15:00頃まで
場所:CAP CAFE & SHOP y3
持ち物:刺繍用具一式、布など
参加費:500円(コーヒー、お菓子代含む)

「小さな刺繍の時間」発案者はC.A.P.のアトリエアーティスト、上
村亮太さん。お茶など飲みながら、おしゃべりしながら、小さなワ
ンポイントの刺繍をする集まりです。
のんびりと、かつ真剣に刺繍などをしたいと思っています。
[PR]

by books131 | 2009-10-31 17:16 | イベント転載

充電もいるわな 

どうも 調子がわるく
今日は昼過ぎまで蒲団のなかにいて
充電もいるわな とおもって ゆっくり
14時まえに出勤する

新世界は観光客でにぎわっていて
このまえココルームにきてくれたおおきな串カツ屋の人が 
頭にタオルをまいて 元気に声をかけてくれた

夜まわりの準備
お茶をわかし さまして ペットボトルにつめかえる
ご飯をといで セッティングしていく
これらの作業を カマン!ですごしている生保のおじさんたちが手伝ってくれていて
段取りと 道具の準備をしておけばいので
とても助かる

からだが どんよりしていて
風邪ぎみかな
しっかり食べて はやく寝よう

明日は 姫路の歴史博物館ロビーで 
能の小鼓と朗読のセッションライブ
[PR]

by books131 | 2009-10-31 16:42

1人暮らし高齢者多住地域の住まいと福祉」シンポジウム

12月にオープンする「コミュニティハウス 萩」の開設を記念して、
「1人暮らし高齢者多住地域の住まいと福祉」シンポジウムを開催します。
概要は下記のとおりです。
ふるっての参加をお待ちしております。

【表 題】
「1人暮らし高齢者多住地域の住まいと福祉」シンポジウム
【日 時】
2009年12月2日(水)
午後2時00分~5時00分
【講師】
水田  恵(NPO法人すまい・まちづくり支援機構代表理事)
摺木 利幸(社会福祉法人 ヒューマンライツ福祉協会理事長)
田岡 博行(株式会社 櫂総合プランニング代表取締役)
米野 史健(大阪市立大学都市研究プラザGCOE博士研究員)
【進行役】
冨田一幸((株)C.D.R.代表取締役)
【場 所】
コミュニティハウス萩 2階
大阪市西成区萩之茶屋1-36-6

※シンポジウム終了後、「コミュニティハウス 萩」竣工記念レセプションを、
同会場で開催します。ご自由に参加ください。
[PR]

by books131 | 2009-10-31 14:30 | イベント転載

ユネスコ・デザイン都市フォーラム in KOBE

ユネスコ・デザイン都市フォーラム in KOBE
― デザインのチカラで魅力的な都市に、ステキなくらしを ―

神戸市では、デザインという視点で、神戸の持つ資源や魅力を
見つめなおすことにより、新たな魅力と活力を創り出すとともに、
くらしの豊かさを創造し、次世代につないでいく創造都市戦略
「デザイン都市・神戸」の取り組みを進めています。

~認定から一年、さらなる飛躍に向けて~
2008年10月16日、神戸はユネスコ・創造都市ネットワークの
デザイン都市に認定されました。
認定から一年、ここ神戸で、世界の全デザイン都市の代表者が
初めて一堂に会し、各都市の多様な取り組みや今後の展望を
紹介します。
また、パネルディスカッションでは、デザイン都市間の連携交流や
デザインを視点とした、豊かで創造力あふれる魅力的な都市づくりに
ついて語り合います。

日 時:2009年11月24日(火)14:00~17:30(受付開始13:30~)
会 場:神戸ポートピアホテル 南館1階 大輪田の間
     http://www.portopia.co.jp/access/index.html
   *「三宮」駅よりポートライナーで約 10分、「市民広場」駅下車すぐ

主 催:神戸市
協 力:神戸商工会議所、大阪市立大学都市研究プラザ、
     NPO法人 都市文化創造機構

プログラム:
<第1部>
 14:00 開会あいさつ  矢田 立郎(神戸市長)
 14:10 「ユネスコ・創造都市ネットワークとは」
 14:30 「デザイン都市の取り組み ~各都市の事例紹介」
    ブエノスアイレス[アルゼンチン]
      マルコス・アマデオ(ブエノスアイレス市経済発展局
                  創造産業・外国貿易統括部 副部長)
    ベルリン[ドイツ]
      イェルク・ズアマン
        (ベルリンDMY国際デザインフェスティバル 実行委員長)
    モントリオール[カナダ]
      マリー ジョゼ・ラクロワ
        (モントリオール市デザイン・コミッショナー、
                 都市経済計画部デザイン担当局長)
    神戸[日本]
      井上 隆文(神戸市企画調整局 参与(デザイン都市推進担当))
    名古屋[日本]
      池側 隆之(名古屋大学大学院国際言語文化研究科 准教授)
    深セン[中国]
      王 小明(深セン創造文化センター長)

<第2部>
 15:45 パネルディスカッション
        「デザインのチカラで、都市をつなぐ・魅力を創る」
          コーディネーター:佐々木 雅幸
                 (大阪市立大学都市研究プラザ 所長)

定 員:200名(事前申込制)
参加料:無料
申込方法:
 1. 氏名(ふりがな)、2. 職業、3. 住所、4. 電話番号を明記のうえ、
 メールにてお申し込みください(11月18日必着)。

申込先:財団法人 神戸都市問題研究所「デザイン都市フォーラム」係
       E-mail: tmk9●abox3.so-net.ne.jp
申込締切:11月18日(水)(申込先着順。定員になり次第締め切ります)
 *受付後、参加証をお送りします。
 *お申し込み時にいただいた住所、氏名等の個人情報は、
  本フォーラムのご案内のみに使用し、他の用途には使用いたしません。

問合せ:神戸市企画調整局デザイン都市推進室
      TEL:078-322-6573

※詳細→
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/design/
[PR]

by books131 | 2009-10-30 15:52 | イベント転載

ほんのすこしの息抜き

オンもオフもない生活で
お酒ものまないわたしは
飲み会でも とくになにかが発散できるわけでもなく
酔っぱらいの相手をするだけ
店でもおなじことだし 溜まるよなあ
自然のなかで のんびり散歩するのが いちばんの息抜きだ
でも 新世界とか釜ヶ崎には みどりがないのよ
猫はたくさんいるけど

こんどの日曜は 姫路市の歴史博物館で 朗読の仕事がある

姫路までいくのは ほんとに何年ぶりかな

今日の夕方からは フェスゲチームで
原稿をかく作業があって
それまで なんとか 雑用をかたづけようとおもう
[PR]

by books131 | 2009-10-30 13:38

ワークショップ 婚姻制度をしっていますか?

「婚姻制度をしっていますか?」
というワークショップがあります。ナビゲーターは陽のあたる毛の会の桐田史恵さんです。去年、「反婚デモ」を主催した人たちが作る今回のイベント、いろいろな仕掛けがあって、楽しい会になりそうです。

非常勤職員の問題と婚姻制度、一見関係なさそうですが、そうではないです。何度か書きましたが非正規職というのは、主に主婦のパート労働として作られてきた歴史があります。扶養制度のかわりに低賃金・低保証で働かされてきたわけです。
非正規の問題(差別)を本当に解決するためには、社会保障制度を家族単位から個人単位にすること、そして婚姻制度のあり方も変えていく必要もあると思います。

先日、遅らせばせながら、定額給付金もらいに行きました。
*で、結局、DVで世帯主から逃げている人は、もらうことが出来なかったようです。社会保障が(困っている人ほどもらいにくかった今回の給付金は社会保障ではなかったのかもしれませんが、)世帯単位であることの問題点を表していると思います。
*(訂正)京都市では5月より、DV被害者支援給付金といういうものが作られたようです。独自に給付金相当額を支給する自治体は多いそうですので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

***

ワークショップ 婚姻制度をしっていますか?
http://hinoataruke.org/?p=416
11月1日(日) 10:00~16:30(二部制)
京都大学文学部新館1階
[PR]

by books131 | 2009-10-30 13:27 | イベント転載

NPO法人JCDNより、「踊りに行くぜ!!」in舞鶴 ほかご案内

NPO法人JCDNより、「踊りに行くぜ!!」in舞鶴 ほかご案内
━━━━━━━━━━━
こんにちは。NPO法人JCDNでは、毎年恒例の全国ダンス巡回ツアー
「踊りに行くぜ!!」がスタートしています! → http://odorini.jcdn.org/
10月は春日井・福岡・札幌を終え、今週末10/29は鳥取、
そして11月は7日舞鶴→15日佐世保→22・23日前橋→28日豊岡と続きます。

さて、今回は関西で一番近い開催地=舞鶴公演をピックアップしてご案内します。

舞鶴は京都府の北端に位置します。美しいリアス式海岸の舞鶴湾沿いに
西舞鶴は江戸以前から城下町として栄え、中・東舞鶴は明治以降、
海軍の拠点としてまちが発展しました。現在も舞鶴市の湾岸沿いには、
旧海軍施設の赤れんが倉庫が多数現存しています。

今回はその赤れんが倉庫を再活用し、地域の魅力を掘り起こす
アート・プロジェクト、「まいづるRB 」のオープンイベントの一つとして
「踊りに行くぜ!!」を開催することになりました。

明治・大正期に建てられた赤れんが倉庫内部は、当時のままの
重厚で巨大な空間が広がっています。
その倉庫内の様々な空間を舞台として使用し、3組のダンスアーティストが
作品を発表します。「踊りに行くぜ!!」恒例となった<巡行型=作品ごとに
上演場所が変わり、観客の皆さまに移動しながらご覧頂くダンス公演>です。
赤れんが×ダンスのここでしか観られないパフォーマンスを、お楽しみに!

この「踊りに行くぜ!!」ダンスの他にも、前日6日には松田正隆氏の演劇作品、
小山田徹氏の美術展、全国アートNPOフォーラムが同時期に開催されます。
いづれも舞鶴赤れんが倉庫群を拠点とし、この場所のために準備された
イベントです。ぜひ、ご注目ください。 

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。    NPO法人JCDN

☆☆「踊りに行くぜ!!」舞鶴を含む、まいづるRBのイベントを以下にご案内します。
━━━━━━━━━━━
■まいづるRB始動!!■  WEB SITE → http://www.maizuru-rb.jp/
舞鶴赤れんが倉庫群を拠点に、毎日の生活を楽しみながら、地域の魅力を
掘り起こすアート・プロジェクト「まいづるRB(MAIZURU RB)」は、2009年度より
京都府舞鶴市とNPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴の協働によりスタートしました。

1)小山田徹 監修「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」
2)松田正隆 演劇ワークショップ発表公演「都市日記~maizuru」
3)JCDN「踊りに行くぜ!! in 舞鶴」
4)全国アートNPOフォーラム in 舞鶴

===========
1)小山田徹 監修「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」 

京都市在住の現代美術家・小山田徹が監修する美術展
「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」
海とともに生きてきた舞鶴の物語や人々の生活に焦点をあて、これまで
その内部を一般公開する機会がほとんどなかった舞鶴赤れんが倉庫(7号倉庫)
を舞台に、身近にあふれる「海」に関するものを採集し、それらを展示
することで新しいモノの見方を発見していきます。

▼会期:2009年10月17日(土)~12月20日(日)
▼開館時間:午前10時~午後5時
▼休館日:毎週月曜日(ただし、11月23日(月祝)は開館、翌24日(火)は閉館)
  ※11月5日~7日は、他の催しのため開館時間に制限がございます。
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(7号倉庫)
▼観覧料:無料
▼主催:舞鶴市、NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴

===========
2)松田正隆 演劇ワークショップ発表公演「都市日記~maizuru」

劇作家・演出家の松田正隆が、舞鶴で約一週間の滞在ワークショップ
を通して演劇作品を制作・発表します。旧海軍が所有した当時の
面影をいまも色濃く残す赤れんが倉庫を舞台に、独自の歴史・文化をもつ
舞鶴のストーリーを創作します。

▼日時:2009年11月6日(金) 19:00開演/18:40開場
▼作・演出:松田正隆
▼出演:島崇、西山真来、出口時子(けやきの会)ほか
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(2号倉庫)
▼料金:一般1,000円、中高生500円、
    ペア1,500円*、6-7日共通券1,500円*
    *は、前売/舞鶴市政記念館でのみ販売
▼主催:舞鶴市、NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴

===========
3)「踊りに行くぜ!! vol.10 in 舞鶴」
  JCDN全国パフォーマンススペースのダンス巡回プロジェクト
10周年を迎える「踊りに行くぜ!!」が舞鶴に初上陸。
MOSTROは、本公演のため舞鶴に滞在し創作を重ねています。
小山田徹氏『浮遊博物館』の美術を背景に踊るという、
贅沢なシチュエーション。舞鶴オリジナル作品やいかに!
ほかJCDNプロデュース作品「DANCE×MUSIC!」から二作品が登場。
ダンスと音楽の共演を赤れんがという特殊な空間で、お楽しみください。

▼日時:2009年11月7日(土) 19:00開演/18:30開場
▼アーティスト:
 星三っつ(三浦宏之+星加昌紀)×Haco/エレクトロニクス、ヴォイス
 MOSTRO(齋藤亮)
 森下真樹 × 宮嶋哉行/ヴァイオリン他
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(6,7号倉庫)
▼料金:一般1,000円、中高生500円、ペア1,500円*、6-7日共通券1,500円*
    *は、前売/舞鶴市政記念館でのみ販売
▼舞鶴公演主催:NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴
▼全体企画・主催:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

===========
4)全国アートNPOフォーラム in 舞鶴
http://arts-npo.org/anf2009_maizuru.html#18
2003年神戸でスタートした本フォーラムを、今年は舞鶴で開催します。
舞鶴では、舞鶴市民とともに赤れんが倉庫の活用について議論し、赤れんが
倉庫群一帯の文化的活用の方法を提案します。そして最終日には、NPO・
市民活動全体の課題を協議します。新たな社会ビジョンの提案を目論みます。
───────────
▼ フォーラム2 「舞鶴まちめぐり」
 日時:2009年11月6日(金) 15:00~17:00
 参加費:1,000円
▼ フォーラム3 「提案!舞鶴、100の希望」
  日時:2009年11月7日(土) 14:00~18:15
  基調講演|「赤れんが倉庫と舞鶴の魅力~歴史からみえる地域とNPOの未来」 など
▼ フォーラム4 「舞鶴から発信!市民による公共文化政策」
  日時:2009年11月8日(日) 10:00~17:00
  参加費:1,500円
  分科会|A:公益法人改革 ―新制度にどう向き合うか
        B:ファンドレイジング(戦略的寄付集め)の実践
        C:公的助成制度の諸問題解決に向けて ほか
▼主催:NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴、NPO法人アートNPOリンク
※フォーラム1は、10月18日に終了しました。
━━━━━━━━━━━
■1)~4)の総合問合せ:まいづるRB事務局
    〒625-0080 京都府舞鶴市字北吸1039-2(舞鶴市政記念館内)
    TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364 E-mail office●maizuru-rb.jp
━━━━━━━━━━━
■舞鶴赤れんが倉庫へのアクセスは、以下を参照ください。
http://www.maizuru-rb.jp/access.html
◎京都からは、JR特急、 京都・大阪・三ノ宮からは、バスhttp://www.kyotokotsu.jp/highway/index.htmlが便利です。
◎電車・バス利用の場合、場所によっては公演後の日帰りが困難です。お車でお越し下さい。
[PR]

by books131 | 2009-10-30 12:25 | イベント転載

10月31日(土)の山王ミニ夜回り お手伝いもとむ

毎月おこなう山王ミニ夜回り
今回は 団体の申し込みもないので
人手がすくないので お手伝いを募集しています

夕方17時ころから
お茶をわかし ペットボトル40本につめる
ご飯をたく おむすびをつくる 新聞紙で包む
おやつの用意など

とくに18時ころからの おむすびつくりにきていただけると
たすかります

準備ができてから みんなで夜回りカレー(カンパ制)をたべて
20:30〜21:30 夜回りです
[PR]

by books131 | 2009-10-30 12:17

09年11月定例「まちづくりひろば」のご案内

09年11月定例「まちづくりひろば」のご案内
釜ヶ崎のまち再生フォーラム(事務局長) ありむら潜

==============================================================
ベーシック・インカムとベーシック・インカマ(釜)
~その実態と議論の向こうに見えるもの~

ゲストスピーカー:鈴木 亘(すずき・わたる)学習院大学経済学部教授
==============================================================
(タイトルは勝手ながら、主催者でつけました)

■鈴木 亘先生の紹介
ご専門は「社会保障論・医療経済学・福祉経済学」
鈴木先生にはすでに2004年にも私たちからお願いをして(当時阪大大学院助教授でした)、「(増え続ける)生活保護受給者が地域経済にもたらす経済効果シュミレーション」をプロジェクトチームでやっていただきました。
産業連関表を用いたその結果は、「大阪市にとって、ムダな公共工事やヘタな減税政策よりも経済効果大。ただし、あいりん地域内におカネを落とすには課題もあり」というもので、おおいに話題になりました。
当時の厚生省設置の専門家委員会でも資料として採用されました。
鈴木先生のメールから。「ベーシック・インカムの理論とその周辺、民主党が行なおうとしている給付付勤労控除で何がどうかわるのか、何が問題かなど(も)、お話をしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。」
ホームページ http://www.geocities.jp/kqsmr859/
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kqsmr859


■テーマ設定趣旨
釜ヶ崎は今、求人激減の中で老いも若きも生活保護に廻り、それが認められ、「ベーシック・インカム」ならぬ「ベーシック・インカマ」状態が急激に進行しています。
西成区内のアパート等が満杯状態なので、浪速区をはじめとする他区への流出・拡散が続いている
ようです。今のような経済・雇用情勢にもかかわらず、大阪ではシェルターや炊き出しの列が前年同月比で減っているという事実は、ある意味で驚くべきことです。
自立支援センターすら、対象者である若年層が就労自立より生活保護に流れる結果、定員の6割程
度しか入所していないところもあるようです。たった半年前は「入所1ヶ月待ち」とまで言われていたのに、です。
そうした中で、こういう状況を説明する際に最近しばしば耳目にする「ベーシック・インカム」とはどんな考え方なのか。
どこまで現実的であり、どれくらい非現実的なのか。
釜ヶ崎やホームレス支援の世界、非正規雇用等の「貧困と格差」社会の現実に照らせば、この議論
はどんな意義があり、どんな限界や問題点があるのでしょうか。
あの「生活保護シュミレーション」の鈴木先生に再びご登場いただき、縦横に語っていただきます。
どうぞお気軽にご参加ください。
予約などは要りません。

▼2009年11月10日(火)(18:00時開場)18:30~20:30
▼西成市民館 3階講堂
(西成警察署裏にある通称四角公園の西隣り)
▼共催:釜ケ崎のまち再生フォーラム
大阪市立大学都市研究プラザ(西成プラザ)
▼参加費:資料代として300~500円程度の寄付をいただければ幸いです。
日雇い労働者・野宿生活者・生活保護やそれに準ずる方々などは不要です。

▼お問い合わせ:事務局(ありむら)まで
Fax:06-6641-0297(ありむら宛てと明記)
e-mail: kama-yan●sun-inet.or.jp
URL : http://www.kamagasaki-forum.com

●●● 進行

1)情報交換会(18:30~)
いつもは、それぞれの生活分野・活動分野から役立ち情報を分け合います。

2)本題  19:00~ 
ベーシック・インカムとベーシック・インカマ(釜)
~その議論と実態の向こうに見えるもの~
ゲストスピーカー:鈴木 亘(すずき・わたる)学習院大学経済学部教授

20:45 終了 
[PR]

by books131 | 2009-10-30 12:09 | イベント転載

コネクタテレビウェブサイト更新のご案内 

コネクタテレビウェブサイト更新のご案内 2009/10/28

http://www.connectorTV.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━

季節はもう秋。あっという間に11月です。
11月は様々なアートイベントが開催されています。
「文化の日」のあるこの月、冬の到来の前に足を運んでみては
いかがでしょうか。

さて、アートや文化に関わる人々の動きや現場を焦点に、
独自の視点で取材したものだけでなく、
アーティスト・鑑賞者・現場のスタッフなど様々な立場の人から、
様々な視点で持ち込まれた番組も含め、放送してきた「コネクタテレビ」。
先日ウェブサイトを更新いたしました。

“ピックアップ番組”と銘打ったトップページでは、
コネクタテレビ事務局が季節や最近の出来事などと合わせて
セレクト・ピックアップしたものを更新します。
今回は、大阪・築港にあるアートプロジェクトスペース「築港ARC」の
紹介を、当スペースの持ち込み企画として制作・放映された番組を
取り上げました。
同スペースでは、コネクタテレビの過去放映番組DVDが
視聴できるようになっています。
11/22には、築港ARCのお向かいにあるアートNPO
「NPO大阪アーツアポリア」とともに企画された「アートNPOミックスin大阪2009」が
開催されます。
詳細は下記をご覧ください。
*築港ARC
http://www.webarc.jp/
*アートNPOミックスin大阪2009特設ページ
http://artnpomix.exblog.jp/

今後も続々と更新していきますので、
【コネクタテレビ】をよろしくお願い申しあげます。
[PR]

by books131 | 2009-10-29 21:54 | イベント転載