<   2008年 12月 ( 58 )   > この月の画像一覧

越冬闘争への呼びかけ

メールがとどいたので 転送します

28日より釜ヶ崎で越冬闘争が開始されています
1月3日には恒例の「釜講座ツアー」もあります
釜ヶ崎の越年を「釜講座ニュース」の形で送ります


釜ヶ崎講座ニュース'08〜09越冬特別号
2008年12月31日
大阪港郵便局私書箱40号
TEL  090−2063−7704(事務局)
E-mail kamakouza●cwo2.bai.ne.jp
kamakouza●ezweb.ne.jp(携帯)
URL http://cwoweb2.bai.ne.jp/kamakouza
郵便振替講座 00940−1−132778

� 09・1・3  第39回釜ヶ崎越冬闘争釜ヶ崎講座ツアー行います。
□日時      2009年1月3日(土)午後2時より
□集合場所   釜ヶ崎日雇労働組合事務所
大阪市西成区萩の茶屋1−9−7(TEL 06−6632−4273)
□案内人     水野阿修羅さん
今年は国際金融恐慌・世界同時不況の進行の中、釜ヶ崎では厳しい冬の中、釜ヶ崎越冬闘争が行われています。今年もメインに「安心して働き、生活できる釜ヶ崎を」を掲げて28日より、行われています。突入集会では、「釜講座」も連帯の挨拶をいたしました。29日からの南港臨時宿泊所への宿泊者は、30日段階で、昨年を120名以上超える1334名もの労働者に及んでいます。
年末にかけて「派遣切れ」の解雇だけでなく、多くの労働者が失業に追い込まれています。
このような中ですが、恒例の「釜ヶ崎講座越冬闘争ツアー」を1月3日に行います。冬のツアーは、釜ヶ崎が初めての方にもわかりやすく、釜ヶ崎の過去・現在を、釜ヶ崎の水先案内人の水野阿修羅さんに案内していただきます。毎年新たな釜ヶ崎を発見できます。その中から釜ヶ崎の未来も、ともに考えていきませんか。多くの方の参加を期待しています。
終了後、三角公園での「越冬まつり」に参加します。さらに、布団敷き、人民パトロール、医療パトロールにも参加ください。

� 第39回釜ヶ崎越冬闘争がはじまりました。

□ 越冬闘争 12月28日より1月6日まで
1月5日 お礼参り(対市・対府交渉・バス「勝利号」にて) 朝7時三角公園集合
□ 炊き出し  12月28日より1月8日まで(昼11時30分、三角公園)
12月31日から3日までは午後6時の2回、
□ 布団敷き 12月28日より1月5日まで。午後7時社会医療センター横
□ 医療パトロール 同上期間、午後9時45分より、社会医療センターより
□ 人民パトロール 12月30日より1月3日まで、午後8時三角公園より
□ 越冬祭り    12月30日より1月3日まで、三角公園舞台で
12月31日 午後2時45分より8時まで(5時半のど自慢大会、7時45分曽野恵子さん)
1月1日  午後1時半卓球大会 午後3時より8時(6時おおまきちまきさん、7時水木美穂さん)
1月2日  午前9時もちつき大会・一言一芸のど自慢大会 
午後3時より8時(7時shingo☆西成さん)
1月3日  午後1時ソフトボール大会
午後3時半より8時(5時ヘンリー松山さん、7時サンシン)
□ 資料
釜ヶ崎越冬闘争への緊急資金協力のおねがいです
2008年冬 釜ヶ崎越冬闘争実行委員会

一年は早いもので、今年も寒い季節がやってきました。野宿を強いられる多くの労働者にとっては地獄さながらの季節です。大阪市における年間の「路上死」者は毎年100人を越え、凍死、餓死など、その過酷さは冬に集中します。野宿を強いられる仲間にとっては、まさに命の危機に直面する季節といえると思います。
釜ヶ崎越冬闘争は、今回で39回目を数えます。支援・市民が集まって「一人たりとも死者を出すな」を合い言葉に、毎年毎年、とぎらすことなく続けてきました。今年も、
12月28日〜1月 5日までの9日間を、やりきろうと思っております。
資金協力のお願いです
越冬闘争を闘っていくにあたりお願いがあります。
裏面に、前回38回越冬闘争の収支報告をのせてありますが、それをご覧になっていただくとわかりますように、一回の越冬闘争で、約70〜80万円の資金が要ります。
現在、越冬実には36万余円の残金しか手持ちがなく、非常に財政が逼迫しております。
実行委員会での自前の財源確保の努力はしておりますが、それだけでは不十分な現状にあり、そこで、釜ヶ崎の運動、取り組みに関心を寄せる多くの支援のみなさんに、資金協力をお願いしております。
釜ヶ崎越冬闘争とは 
釜ヶ崎越冬闘争は、第1回の1970年以来、ずっと続けられています。目的は、行政の窓口も閉ざされる年末年始をはさんでの厳しい寒さの時期、野宿を強いられる仲間に生きることが闘いであることを呼びかけながら、仲間を防衛するため、期間中、仲間と支援が一緒になって様々な活動を取りくむことです。具体的には、夜の地区内医療パトロール、毎日の炊き出し、布団毛布を用意しての寝場所作り、地区外で野宿する仲間に呼びかけ、また市民に釜ヶ崎の実情を知らせるための人民パトロール、そして、正月をはさんで行われる越冬まつりなどです。越冬まつりは、三角公園にたき火をたき、のど自慢、バンド・演歌歌手の演奏、モチつき大会、ソフトボール大会など、寒さを吹き飛ばしての楽しい行事です。仕事始めの1月5日にぁ�蓮∀��圓�膾緝棔�圓鵬,靴�院⇒弋畚颪鬚世靴胴埓�北扈病从魘��蠅泙后
越冬闘争は、労働者を取り巻く格差・貧困の増大、そして、国・行政の「野宿者対策」の不備ゆえに、まだまだ多くの労働者が野宿を強いられる状況が続く限り、ずっと取りくみ続けなければならない、現場での大事な闘いです。
これまで述べさせてもらった趣旨をよくご理解いただき、今回も、多くのみなさんの資金協力を、ここにお願いする次第です。よろしくお願いいたします。

【振込先】みずほ銀行 難波支店  普通口座 1387094
釜ヶ崎実行委員会 代表 山田 実


あわせて、釜ヶ崎越冬闘争への緊急物資協力もよろしくお願いいたします。
2008年冬 釜ヶ崎越冬闘争実行委員会


物資の協力をお願いします
越冬闘争を闘うには、次のような多くの物資が必要になります。

★毎日の炊き出しに使う、米、野菜、その他の食料

★寝場所とか、医療パトロールで使う、布団(敷布団、掛布団)、毛布類

★衣類(成人男性用で、防寒着、セーター類、下着、靴下など)

★その他、石鹸、タオルなどの日常生活用品

越冬闘争の趣旨をよくご理解いただき、多くのみなさんの物資協力を、ここにお願いする次第です。よろしくお願いいたします。

【物資の送付先】
(〒557-0004)大阪市西成区萩之茶屋1−9−7
第37回釜ヶ崎越冬闘争実行委員会(代表 山田 実)
電話:06−6632−4273
[PR]

by books131 | 2008-12-31 18:57 | イベント転載

東京でも 派遣の越冬が

メールが送られてきました


厚生労働省の建物からも見える日比谷公園の霞門(かすみもん)近くに開村した
「年越し派遣村」の開村式を取材しました。
http://jp.youtube.com/watch?v=mG_InRyy4NY&feature=channel_page

湯浅さんの挨拶では、これまでに日比谷公園度で野宿生活を送っていた人達につ
いても触れています。

以下からもご覧いただけます。
http://jp.youtube.com/group/VIDEOACT
[PR]

by books131 | 2008-12-31 16:41

昨日は夜も警察に囲まれて歩いた

昨夜 越冬の題字をかいて
三角公園に届けに行くと
堺筋には機動隊が待機していた
いわゆる かつての運動の名残なんだなあ と
思いながら 通り過ぎる

三角公園では ちょうど最後の演奏で
沖縄のうたで 踊っている
釜ヶ崎と沖縄の関係はふかい
昭和の経済成長のころ 沖縄から
労働者として たくさんの人が働きにきた

それから 越冬の代表者から
「わたしと越冬」というお話があって 
「人民パトロール」がはじまる
せっかくだから いっしょに歩いてみようと
ついていった
昼から夜まで 警察に見守られて歩く一日となった

野宿している人にカイロをくばりながら
炊き出しやライブがある越冬を知らせる
これを 人民パトロールという

これには 公安警察がつきそうものらしく
まわりは びっしりと警察がとりかこんでいる

かつては 機動隊がとりかこみ
大騒ぎをしたものらしい

先頭はトラメガで ずっと 語ってるんだけど
(あじってる というのだろうが
語り口は基本ソフトで なんだかおかしい)

いちおう シュプレヒコールはあるのだが

 わっしょい わっしょい はい ということで、、

こういう語りでテンションがさがっていくのが 
今風というか いまの気分だね
わっしょい は祭りみたいでたのしい
でも シュプレヒコールというのが苦手

団体行動が苦手なのがこういうところにも でる

仕事をよこせ とか
仕事をつくれ とか
公的就労をつくれ とか
畳のうえにあがらせろ とか
ひとりの凍死者もださないぞ とか
ただの決まり文句で 
言ってるほうも わかっていて
そのために 何十年もかけて 
具体的な政策・施策づくりを行ってきたひとたちだ

でも 運動というかたちにのせたときは
このシュプレヒコールになるんだなあ
これから 運動は変わっていくか どうか

今年の越冬には 若者のすがたがおおい
10代の子がひとりでやってきたりしていて
また これまでトラブルになりがちな人たちも協力的で
すごく いいかんじだ ときく

けっきょく 朝の5時まで ココルームで
なんやかや 話し込んで
来年 おもしろくなりそうやな と
にやりと 笑う
[PR]

by books131 | 2008-12-31 14:30

井上陽一の活弁映画シリーズ3

井上陽一の活弁映画シリーズ3
2009年1月4日(日)

新春の映画はじめは、活弁映画シリーズの第3回。かつて無声映画は活弁を付して上映するのが常でしたが、現在ではその機会が極めて少なくなっています。活動弁士・井上陽一さんの熱弁をお楽しみに。
 

「御誂治郎吉格子」(おあつらえじろきちこうし)
(1931/80分[18fps])

監督・脚本:伊藤大輔
撮影:唐澤弘光
出演:大河内傳次郎、伏見直江、伏見信子、山口佐喜雄、山本禮三郎、高勢實乗
伊藤大輔監督による大阪を舞台にした鼠小僧と女たちを描く恋愛時代劇の名作。大河内傳次郎、伏見直江、伏見信子といった大スターが競演し、撮影の名匠・唐澤弘光による見事なカメラワークなど、サイレント映画黄金時代の醍醐味が味わえる。あの有名な「忠次旅日記・三部曲」をはじめサイレント時代の伊藤大輔監督作品は全て失われていると思われていたので、このフィルムが発見された当時、伊藤大輔を師と仰ぐ加藤泰が大喜びしていたことが思い出される。

http://kobe-eiga.net/event/
[PR]

by books131 | 2008-12-30 18:59 | イベント転載

【新宿コマ劇前年越し鍋のご案内】

【新宿コマ劇前年越し鍋のご案内】
こちらは借家人権利向上委員会です。 私たちは、これまで、西新宿のスマイルサービスという業者が行った違法行為による被害(一日でも家賃を滞納したことを理由にした鍵交換や違約金、荷物撤去など)の被害回復運動や、自分たちの権利を学ぶための借家法の勉強会に取り組んできました。 そこで、私たちは自分たちの取り組みから、不安定な住まいを強いられる住まいの貧困という問題に行き当り、近年になく住まいや雇用が脅かされているこの冬になにができるかを考え、路上で年越し鍋をやろうということになりました。 ネットカフェやファーストフード店などで孤立して冬を越える方と少しでもつながっていければと思っています。 29(月)から、呼びかけビラをネットカフェの店頭などで配布し、31日大みそかの21時から新宿コマ劇前広場にて年越し鍋を
準備から行います(雨天時は中止)。 急な案内になりますが、参加していただける方がいらっしゃれば、ぜひ一緒にやりましょう。 いまのところカセットコンロ1台と家庭用鍋1つを予定していますが、人数やカンパが集まれば、もっと分量の大きい鍋ができるかもしれません。カセットコンロ1台と家庭用なべ1つを予定していますが、人数が集まれば、もっと分量の大きい鍋ができるかもしれません。
お問い合わせやカンパなどは syakuyanin●gmail.com までご連絡を。
【ビラ撒き予定】
ネットカフェ店頭などでビラ撒きを行います。
12/30(火) 18時〜@コマ劇前集合
12/31(水) 18時〜@コマ劇前集合(21時からは鍋の準備)
以上、よろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/syakuyanin-kenrikojoi/theme-10010257139.html
[PR]

by books131 | 2008-12-30 18:36 | イベント転載

年の瀬ピクニック「愛と表現のために」最後まで警察に見守られ無事完歩

今日は 年の瀬ピクニック「愛と表現のために」を開催
共同企画者が とつぜん仕事で来れないと連絡が入る

マネジメントしないことを理想としていたので
企画者がひとり減っても問題なし だとおもうが
なにかあれば わたしの責任になるんだなあ 
とれない責任の覚悟をきめる

12:30に市役所前にいくと
警察官の姿のほうが 参加者より多い

8名の参加でスタート
途中 喫茶店で休憩したり
途中 ココルームから電話がかかって 醤油とみりんを買ってきて と
いわれ スーパーに寄ったりするのだが
最後まで 警察がついていた

昨年は 途中からいなかったんだけどな
今年はどうしたことか

いわゆる治安維持法的なものに
警察は敏感になっているのかしら
それとも わたしがアナーキストだと思われているのかしら
それを確認するすべもなく
最後に「おせわになりました」と警察の人と別れる

歩いた距離は同じなのに
二回目になる今年は なぜか 短く感じた

昨年末は フェスティバルゲートを出され
釜ヶ崎での活動がはじまる 未知な未来への 
どちらかというと不安 と
スタッフ全員退職という 孤独な活動が展開されることが
予想されていて 
さらに こたね本の原稿〆切をかかえ(それは今年もいっしょか)
歩く 踏み出す 一歩の重みがあった

今年は

あいかわらず ココルームの経営は不安定だが
おもしろい常連さんにめぐまれ 刺激をうけているし
精鋭のスタッフがともに働いてくれて
この活動にたしいて 大阪市大の協力が得られ
大阪の低迷で 個人的な仕事が減ったかわりに 
東京に呼ばれる仕事がふえ
一年間 疾駆した と思う

歩く ということを経験した一年だった

歩きながら考える つもりが
あまりにあっけなく着いて なにも考えがまとまらない

ココルームにもどり
かに鍋をかこんで ほっこり

合流できなかった4名もやってきて
いっしょに 釜ヶ崎の三角公園へ
越冬まつりをみにいく

掲示板の見出しを描いて とたのまれ
またココルームにもどって 絵の具をだして
題字を描く

ガザ地区の死者の数がふえていく
傷つき 死んでいくこどものひとや おとなのひと
残されるひと

新宿では 野宿のひとの数がものすごく増えた と聞いた

あちこちで こんなに
つらい状況が積み重なっているのに
わたしたちは 連帯できずにいて
どうしたら つながれるのか
歩きながら 考えよう とおもったのに
ちっとも おもいつかなかった 情けない

それでも 歩く
歩くしかない

写真を 日本橋の陸橋のうえで ぱちり

この様子を 警察官の人たちが眺めていた
どんな思いでみてらっしゃったのか 
公務が だらだらしたピクニックにつきあうことだなんて
税金がもったいない

明日は ココルーム年越し営業です
朝までやるつもりはありませんが
年越し蕎麦と てづくりのお餅をたべましょう



a0015380_18302450.jpg

[PR]

by books131 | 2008-12-30 18:30

釜ヶ崎越冬闘争 はじまる

昨日12/28 越冬闘争 突入集会が
三角公園でひらかれた
はじめて みる 

400人ちかく 集まっていたが
半分ちかくが支援者のようだ
生活保護受給者がふえて 労働者の参加が少なくなっている

ほとんどが 黒い上着を着た男たち
たき火が4つ
炎のいろが よりどころにみえる

集会では それぞれの団体から アピール
1時間半ほど きいて
それから 「てれれ」と「蟹工船」の上映がはじまる

今年の集会は ちょっとひだりっぽいね と聞いた

例年は 寅さんの映画だったりしたらしい

社会の不安定な状況をうけて
今年は 揺り戻ったという感じか

あまりに寒くて 難波屋にいって
すこし食べて ココルームにもどり
再び21時すぎに 蟹工船の終盤をみにいく

お話は どうしようもなくつらい結末だ
小林多喜二も 獄死したひとだ
昭和20年ころの映画だそうだけど
たしかに いま この映画をどう読み解くか
重要かもしれない
たちあがる労働者たちの団結が 響くのか

それから 医療パトロールに ココルームに来たお客さんを案内し
わたしは別の場所で 越冬パンフレットの折作業を手伝う

23時ころに ココルームにもどり
パトロールから帰ってきた人たちをむかえ
26時半ころまで店をあけていた

今日は すこし寝坊して
ココルームに出社
年内にやっておかなければならない仕事をいくつかすませ 
1/2の 「釜ヶ崎 新春 かきぞめ大会」の題字をかく

年の瀬の新世界は 大にぎわいで
自宅からココルームまで 大混雑をつきぬける
[PR]

by books131 | 2008-12-29 19:54

夜回りは とくにお正月募集

釜ヶ崎の夜回りは 今夜からはじまる(12/28〜1/7)
21:45 医療センター前に集合
(南海 新今宮駅のむかいの あいりんセンターの建物の裏側)

年末までは クリスチャン系の高校などから
たくさんのボランティアがくるそうだが
元旦以降は とても少なくなるらしい

というわけで わたしも
元旦以降の夜回りに参加しようと思っている

夜回りは 2時間程度だそうです
[PR]

by books131 | 2008-12-28 17:09

空爆のガザのこと 釜ヶ崎の越冬のこと 自分自身のこと

ネットニュースでみるガザの様子
映画や写真でしか みたことのないガザの街
パレスチナの人々が亡くなっている
何百人もの人々が負傷し 家を失う

昨夜もココルームから帰るときに
あてもなく歩く人
路上で横たわる人をみかけ
わたしは通りすぎる

このどうしようもない感じは
いったい どうしたらいいんだろう

東京から来たまいちゃんは 昨夜
野宿者ネットワークの夜回りに参加

今日から 釜ヶ崎越冬がはじまる
越冬闘争というのか 越冬活動というのか
文言はよくわからないが ともかく越冬だ

18時から 三角公園で突入集会があるので
行ってみようとおもう
プログラムは「てれれ」と「蟹工船」の上映

年末調整の支払い調書を仕上げ 郵送する段取りを整える

自分の確定申告の入力もしなくちゃね

自分の課題についても そろそろ照準をさだめなくちゃならないだろう
この8年間 自分のことをあとまわしにしてきた
まわりのひとたちが こっそり気にかけていてくれることも
よくわかっていて 

ときどきは 
自分のことを考えて 選択していることを自覚して
あとまわしにしてる とか言ってる場合じゃなく
クリアにする必要があり
この年末はそんな時期かもしれん と予感したのだった
[PR]

by books131 | 2008-12-28 15:11

『フリーターズフリー』vol.02 出版記念フリートーク in大阪ジュンク堂

『フリーターズフリー』vol.02 出版記念フリートーク in大阪ジュンク堂
  (有限責任事業組合フリーターズフリー編集・発行/人文書院発売)

日時:2008年1月31日(土)午後2時〜
会場:ジュンク堂大阪本店 3階喫茶
入場料:500円(定員40名)
受付:ジュンク堂大阪本店3階東カウンター(電話・FAXでの予約も可)
     電話:06−4799−1090 FAX:06−4799−1091
内容:『労働にとって「女性」とは何か〜家族・性・労働をめぐって〜』
       栗田隆子×生田武志×村上潔
      「フリーター問題は女性労働問題だ」労働問題、とりわけ不安定雇用問題において、もっとも重要でありながら、見落とされがちな「女性」と「家族」。
戦後日本における女性たちの運動を振り返りながら、あらためて「労働」を問い直します。『フリーターズフリー』創刊以来、初めての関西イベントです。
パネラー
★栗田隆子(くりた・りゅうこ)
    1973年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員、「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人。
    現在、国立保健医療科学院非常勤職員。雑誌・新聞などに寄稿多数。
 ★生田武志(いくた・たけし)
    1964年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員。現在、野宿者支援活動。
    著書に、『〈野宿者襲撃〉論』(人文書院)、『ルポ 最底辺 不安定就労と野宿』(ちくま新書)。
 ★村上潔(むらかみ・きよし)
    1976年生まれ。立命館大学大学院先端学術総合研究科博士課程に在籍。
    戦後日本における「主婦」の「労働」をめぐる思想と運動について研究。
[PR]

by books131 | 2008-12-27 22:23 | イベント転載