<   2008年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

チベットへの祈り

わたしもいきたい けど
既に仕事がはいっていて 行けないの 
ご都合のあうひとは ぜひ
━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【シンポジウム】  「寺子屋トーク52回 
         チベット発・東京経由「仏(ぶつ)リンピック」大阪大会」
http://uemachi.cotocoto.jp/event/25871
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第52回寺子屋トーク
チベット発・東京経由「仏リンピック」大阪大会
Butsulympic in Osaka
〜慈悲による怒りは、赦されるのか。〜

5/11 13:30〜17:00(予定・終了後交流会を開催)

 緊迫したチベット情勢から、早一ヶ月。オリンピック開催の是非論に重ねて、
弾圧と虐殺に対する悲しみと支援の輪が広がりつつあります。しかし、
問題の本質は、チベットと中国のあいだの領土の問題ではありません。
そこには、政治と宗教の両側面から取り上げられるべき、慈悲と共生に関する
「いのち」の問題が横たわっています。
 このような状況のなか、NGO・NPOやメディアだけでなく、仏教寺院等でも、
深い学びの場が創出されています。特に、東京・港区にある青松寺では、
4月29日に「臨時仏教ルネッサンス塾」として、「仏(ぶつ)リンピック」が
開催。これは、仏教の柱である、〈智慧の獲得〉—学ぶこと、深く知ること—と
〈慈悲の実践〉—心からの思いやりをもって行動すること—この2つが、
真のオリンピック精神の実現と共鳴、共振するのではないか、という問いから
催される講演会でした。「選手団」になぞらえらたゲストは、應典院でもお馴染みの 上田紀行氏(東京工業大学大学院准教授)らが務め、170名の参加を得ました。
 そこで、應典院でも、1997年より開催してきた「寺子屋トーク」の一環として、
「仏リンピック」大阪大会を開催いたします。東京と同じく、「選手団」の団長には、 上田紀行氏をお招きいたします。相互共存の世界を実現するには何が必要か、
私たちができること、すべきことは何かを考える場としたいと考えます。また、
開催前には、法要も行い、他者への供養と自らの誓いの機会もつくります。
「選手団」は今後も拡大予定、どうぞ、皆様の広範な関心とご参加をいただきますよ う、
ご案内申し上げます。

 第1部 講演
      ゲスト 上田 紀行 さん(東京工業大学大学院准教授)
 第2部 ディスカッション「ゴールは涅槃だ。」(仮)
      ゲスト クンチョク・シタルさん
          (チベット仏教普及協会<ポタラカレッジ>) 
          上田紀行 さん             他調整中

◆開催日 5月11日(日)     
◆時 間 13:30〜17:00     
◆入 場 1500円(應典院寺町倶楽部会員・学生1200円) 
◆会 場 應典院 本堂ホール
◆主 催 應典院寺町倶楽部
◆協 力 大蓮寺・應典院

●問い合わせ
06-6771-7641

申し込み先
↓↓↓
http://uemachi.cotocoto.jp/event/25871

<ゲストプロフィール>
上田紀行さん(東京工業大学大学院准教授:文化人類学・比較価値論・仏教思想)
1958年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科文化人類学専攻博士課程修了。愛媛大 学助教授を経て現職。1986年、スリランカへ赴き、民俗仏教「悪魔祓い」と仏教思想 に基づく農村開発運動「サルボダヤ」を研究。帰国後、「癒し」の概念と思想を世界 に先駆けて提唱した。現代社会の諸問題についても、毎日新聞論壇時評、NHKスペ シャル、「朝まで生テレビ」、「BSブックレビュー」など、さまざまなメディアで 積極的に発言、日本社会の変革への提言を続けている。不景気な世のなかだとか、格 差社会だとか、なんとなく日本人みんながしゃがみ込んでいる今、人間そして社会が 「輝き(生きる意味)」を取り戻すヒントのありかを模索する。その他、日本仏教の 復興を提言し、2003年より東京の青松寺での「仏教ルネッサンス塾」塾長として 活躍。また、2005年度はスタンフォード大学仏教研究所にて客員として仏教学を講
義。そして、2006年にはインドにてダライ・ラマ法王と二日間に及ぶ直接対談を 実現。この対談は『目覚めよ仏教!ダライラマとの対話』としてNHK出版より2007年 に上梓されている。


クンチョック・シタルさん(チベット仏教普及協会<ポタラカレッジ>副会長)
1952年チベット本土のリラ村生まれ。インドへの亡命の後、'73年よりダラムサラ仏 教論理大学で学修。'83年、ゲシェー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ師とともに来 日。共同で様々な研究活動に携わり、'92年に大正大学大学院文学研究科博士課程
(仏教学専攻)を満了。ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス)文化 交流担当となり'98年まで勤務。大正大学総合仏教研究所研究員、東洋大学東洋学研 究所研究員。共著書『実践・チベット仏教入門』(春秋社)


主催 應典院寺町倶楽部
543-0076
大阪市天王寺区下寺町1-1-27
TEL 06-6771-7641
FAX 06-6770-3147
hironori●outenin.com
[PR]

by books131 | 2008-04-30 23:43 | イベント転載

今日は外国人にはじまり外国人でおわる

10時に店にくると 外国人のお客さん
外国人が大阪観光でなにを求めるのかを 
リサーチしているココルームは アンケートをおねがいしている

二人連れの外国人にアンケートをお願いすると
ひとりは 日本語で記入してくれた

興味のあるものは?の問いに 
 文学、芸術、かくめい
と記入している

アナキストの友人を紹介することにした

そのごは 家族連れや 高齢者
あんまのおじさん とおりすがりの人など
いろんな人が立ち寄ってくれて 

京都から めえこちゃんが 黄色の地球儀布をもってきてくれて
わたしも刺繍をする

夜には 幼かったころの写真をみせあいっこの会をして
いろんな背景に感嘆のこえがあがる

それから のむらまことくんの「ズーラシアの音楽」DVDを
みんなで鑑賞
動物園に行きたくなる
そのあと かるた大会をした

店をしめようとおもったら
朝にきた外国人が3人連れでやってきた

カルタをする?ときいたら
する というので 読んであげた

外国人なのに 日本語のカルタを 
びしばし とっていくので びっくり

そうして 24時前に店をしめて
パソコン仕事をかたづける

ココルームの壁には 木々が木陰をつくりはじめたa0015380_23532197.jpg
a0015380_23534040.jpg

[PR]

by books131 | 2008-04-29 23:53

人生はゲームか。ゲームよりゲームか

昨夜は「人生ゲームをつくる会」

参加者はそれぞれ紙に 
人生でうれしかったこと楽しかったこと を2枚
人生でかなしかったことしんどかったこと を2枚書く

それを 並べて さいころをふる

目の数だけ進み よみあげると
まわりのみんなが「それは 6つ進むや」とか
「スタートにもどるや」とか言って 合意が得られたら
紙に赤字で 「6つ進む」とか記入しておく

順番にさいころをふって ゴールをめざすのだ

こうして いちばん最初にゴールしたのは
参加者のなかで最年少のとしこちゃん

ちゃぶ台のうえに座って ぱちり
(罰ゲームみたいだって)

主催側は即興的なワークショップだったけど
かなりおもしろかった
もしかして ココルームのスキルがあがっているのでは

深夜まで仕事して帰宅

今日は 10時からはいって
外国人のお客さんがきたり
いろいろなお客さんが GWのすがたでやってくる

夜は 幼かったころの写真をみせあう会

昼間から おせさんファミリーがきてくれて
小さい人が もっと小さかったころの写真をみせてくれた

気楽にいらしてください

明日の夜19時からは 
オープンマイクイベント「リーディ」です

a0015380_1710499.jpg

[PR]

by books131 | 2008-04-29 17:14

かるた大会とGWの幕開け

今日から ココルーム勤務の日常にもどった
頭痛はすこしづつおさまるが 
どことなく まだ からだが しんどい けど
がんばる

助成金報告書の仕上げにむかって
作業をすすめる

夜は「人生ゲームをつくる会」だが
かるた大会から はじめる

沖縄の作家がつくったかるたは
とても楽しい

「ありくいだ にげろ」

「いえからとびだす おとうさん」

明日は 小さな頃の写真をみせっこする会です

昼間からオープンしていますので あそびにきてね
a0015380_20313542.jpg

[PR]

by books131 | 2008-04-28 20:31

ここでも地図イベントだ!

築港ARCイベント情報 TOPICS///


●2008.5.13 大阪のアートを知り尽くすの会 vol.4
「古本屋/ブックカフェ」
http://www.webarc.jp/2008/04/22191739.php

「"かつて" 文化の中心だった街」と過去形で語られることが多くなった大阪。その一方で大阪は、文楽や落語などを生み出した感性が、今も脈々と受け継がれる街であり、実験的なアートシーンや小演劇界でダイナミックな存在感を持ち続けるアートスポットでもあります。今回は、そんな大阪の街を「古本屋/ブックカフェ」という切り口で情報収集し、参加者とともにアートマップを制作します!


日時:5月3日(土) 18:00〜
参加費:500円(資料・お茶代)

これ以降の予定は
vol.5 7月5日(土) 18:00〜 散策ガイドマップ「ギャラリー」編
vol.6 9月6日(土) 18:00〜 散策ガイドマップ「ミニシアター」編

※vol.1〜3までの各種アートマップがサイトでダウンロードできます!
 ぜひご活用くださいね〜。

演劇小劇場マップ→http://www.webarc.jp/2007/11/03040257.php
近代建築マップ→http://www.webarc.jp/2007/12/01134135.php
音楽ロックシーンマップ→http://www.webarc.jp/2008/02/23161950.php
[PR]

by books131 | 2008-04-28 14:37 | イベント転載

堺にいって 神戸にいって、、

昨夜はイギリスにいる野村さんの友人と
スカイプでおしゃべりしたり
たのしく眠ると 早起きして 南霞町へ

今日は 釜ヶ崎の人たちと 
古地図をテーマに堺へまちあるき

ちんちん電車にのって おりて歩いて
また乗って
古い地図はもう海で
埋め立ててつくられたまちがあって
戦争で焼け野原になった跡地にまちができて
おおきな道路ができて 街路樹はケヤキやハナミズキ

最後は オイコス堺で 川浪さんのお話をきく
途中でぬけて ひとり 新今宮へ

チキンジョージのレセプションに誘われて
たまには ちがう業界の人たちに会ってみようという気になり
でかけたのだ

何百人来てたかなあ すごい数
飲み物食べ物フリーで 身動きとれない
頭痛はするし 足はいたいし で
途中で地上にでて 顔見知りにあい 腰をおろすと
わたしは路上で眠ってしまった

まあ飯でもいこうか と 生田神社の横をぬけて
繁華街へはいる
「大関」という炉端焼きの店にはいって びっくり

説明が難しいのだが
おおきなテーブルに 女性が正座して
食べ物を焼いてくれて ながい木べらに皿をのせて
渡してくれる という趣向で
それはもう エンターティメントなのよ
感動しまくりのわたしたちは
かなり上機嫌で 頭痛ではあるものの
たのしく 帰宅したのだった

しかし 途中から 吐き気までしてきて
気持ち的には這うようにして家に帰ってきた という感じ

写真は堺の空におよぐ 鯉のぼり
大関の店内 赤いたすきがすてきa0015380_2112244.jpg
a0015380_2113844.jpg

[PR]

by books131 | 2008-04-28 02:11

「森のコモンズ」

Margasari News vol.31  2008/April
==============================

スペース天の遅咲きの桜が、ちょうど見ごろの季節になりました。
マルガサリの活動拠点である〈スペース天〉と、隣接するアートスタジオ〈TeNBA-A〉ならびに周囲の森のなかで、アートフェスティバル「第2回現代アートの森」が開かれます。
マルガサリはそのメインゲストとしてプログラムの中核を担い、様々なアーティストとコラボレーションを行いますので、ぜひ新緑の北摂へピクニック気分でお越しください。


●「森のコモンズ」(第2回現代アートの森)

■会期
2008年5月4日(日)〜11日(日)

■会場
スペース天、TeNBA-Aとその周辺
(大阪府豊能郡豊能町牧下林)

■演奏会入場料 
10、11日の演奏会入場料  1日券、通し券ともに1000円
(※小・中学生は無料です。)
(※展覧会は入場無料です。) 

■イベント内容

【演奏会、参加型プログラム、フォーラム】

10日(土)
参加型プログラム「ネイチャーリミックス」 花村周寛
即興詩劇「ものがたりをつくる」上田假奈代
ガムランコンサート1 コットロウイ新作初演  マルガサリ
ガムランコンサート2 スカルムラティ
ガムランコンサート3 三輪真弘「愛の讃歌」 マルガサリ、河本知子(Vo)
ガムランコンサート4 ジャワ古典曲・舞踊  マルガサリ
バーンスリーコンサート HIROS
ミッドナイトシアター 小島剛サウンドパフォーマンスほか

11日(日)
参加型プログラム「あたらしいダンスの発見」 佐久間新+伊藤愛子
参加型プログラ 鈴木昭男さんと音遊び
フォーラム「いまコモンズとは」 中川真、上田假奈代ほか
トーク&コンサート デイヴィッド・コットロウイ新作初演 
          マルガサリ、ダルマブダヤ

■展示

4日〜11日 インスタレーション「ニテヒナル」花村周寛
(スペース天と周辺)
10日〜11日 映像インスタレーション「ビデオロマンチカ」
Avis aux amateurs d'image!(スペース天と周辺)
中村真由美作品展、マルガサリ「桃太郎」映像展示(TeNBA-A)


■参加アーティスト
David Kotlowy(デイヴィッド・コットロウイ 作曲・レジデントアーティスト)
マルガサリ(ガムラン)
スカルムラティ(ガムラン)
ダルマブダヤ(ガムラン)
鈴木昭男(サウンドパフォーマンス)
上田假奈代(詩人)
伊藤愛子(ダンス)
佐久間新(舞踊)
花村周寛(インスタレーション、会場デザイン協力)
Avis aux amateurs d'image!(久保田テツほか・映像インスタレーション)
HIROS(バーンスリー)
小島剛(サウンドパフォーマンス)
HANA★JOSS(ガムラン)


主催 京都国際現代音楽フォーラム
共催 現代アートの森実行委員会
後援 大阪府 大阪市立大学都市研究プラザ
協力 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
助成 芸術文化振興基金


____________________________
 Gamelan MARGA SARI 
  http://margasari.com/
〒563-0211 大阪府豊能郡豊能町牧下林
[PR]

by books131 | 2008-04-28 02:03 | イベント転載

神戸映画資料館

シマフィルムって何だ!
 4月26日(土)〜5月3日(土・祝) [30日(水)は休館]
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

2003年の『ニワトリはハダシだ』で本格的に映画製作を開始したシマフィルムは、舞鶴を拠点とする映画製作会社。その後、『おそいひと』(2003/柴田剛監督)、『17歳の風景』(2003/若松孝二)、『かぞくのひけつ』と、ベテランのみならず若手監督の話題作を手がけてきました。

「ニワトリはハダシだ」
製作:シマフィルム/ビーワイルド/衛星劇場
製作総指揮:志摩敏樹
監督:森崎東

「かぞくのひけつ」
製作:シマフィルム
企画・製作:志摩敏樹
監督:小林聖太郎
http://kobe-eiga.net/program/


 
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 「スパルタの海」幻の異色作〜関西初公開
5月4日(日)〜6日(火・祝)
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 
戸塚ヨットスクールを取材したノンフィクション小説の映画化。事件の余波を受け、オクラ入りした幻の映画がついに公開!※この映画はフィクションです。現実の事件、原作のノンフィクション小説とは異なるところがあります。

「スパルタの海」
(1983製作/デジタル上映)
監督:西河克己
http://kobe-eiga.net/program/



┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 小川紳介監督全作品上映その6
5月9日(金)〜11日(日)
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 
ドキュメンタリー映画作家として世界的に著名な小川紳介監督の全作品を順次上映するシリーズ。3月から三里塚シリーズに突入しています。5月下旬には、『日本解放戦線
三里塚』以降、小川の助監督をつとめた福田克彦監督作品の上映があります。福田監督の遺著「三里塚アンドソイル」は是非お読みいただきたい労作です。

「三里塚 岩山に鉄塔が出来た」
「三里塚 辺田部落」
監督:小川紳介
http://kobe-eiga.net/program/ogawa/

■■■■■■■■■■■■
神戸映画資料館
■■■■■■■■■■■■
水曜のぞく10:30〜18:00開館

〒653-0036
神戸市長田区腕塚町5-5-1
アスタくにづか1番館北棟2F201
TEL/FAX:078-754-8039
http://kobe-eiga.net/
[PR]

by books131 | 2008-04-27 01:25 | イベント転載

旅する音楽

今朝は 寒くて 何度も目をさましながら
7時に起床
鳥の鳴き声

支度をして 市バスに乗って
ガケ書房に8時前に到着

スカイプをつかって 
ボリビアにいるオザワケンジさんとエリザベスコールさんに
であう
ボリビアは夜の7時だ

会場に集まったのは 朝だというのに
20人以上いた

火山の神に供え物をとどける仕事をするメキシコ人と
オザワさんのお父さんがスカイプで対談し
それに オザワさんとエリザベスさんが解説をつけた
ラジオドラマのようなものを聴き
会場にいる人が 感想を述べたりする

わたしは10時には ガケ書房を出たのだけど
まだつづいていた
ボリビアにいるはずのオザワさんたちと
いっしょに過ごしたような
そんな気持ちがあった

新大阪に向かい
取材のつづきを受ける

会場の準備をしたりして
野村誠さんが 5時入りし
打ち合わせも簡単なまま
本番がはじまる

1部2部構成
1部は わたしが聞き手となって
野村さんにジャワに行ったときのはなしをしてもらう
プロジェクターなどは使わない ことばだけ
そして ピアノの演奏

過去の話をしてもらっているのだが
いま 語られていることばは未来へ向かっていて
会ったこともないジャワのこどもたちの走り回っている姿や
笑顔がうかんでくる

2回 ピアノを演奏してもらう

そして休憩をはさんで 2部

即興音楽ワークショップだ

伝言ゲームをして
最後にでてきたことばを キーワードにして
みんなで いろんな楽器や音の鳴るもので
即興演奏を楽しむ
たのしくて 時間をわすれそうだ

そして 交流会をして
みんな笑顔で帰っていく

9時半ころに 会場をでて
近所のもつ鍋屋さんで 打ち上げして
そこで 3部がはじまってしまう
あいのてさんの秘話を聴かせてもらう
帰宅して 今日購入した
「ズーラシアの音楽」をみんなでみる

横浜の動物園で 動物をまえに演奏する野村さん
おもしろい!!!

もりだくさんないちにちで
もう何日も生きたような気がする

明日は まちあるきで 早起きだ

写真は 泊まった銀月荘と
京都駅からみた京都タワー
そしてワークショップに小池めえこさんが
もってきてくれた黄色い地球儀

a0015380_112895.jpg
a0015380_1123068.jpg
a0015380_114268.jpg
[PR]

by books131 | 2008-04-27 01:10

白川温泉にはいって 北白川で泊まる

今日いちにち ふしぎなかんじで
おもしろくすごした

京都に9時入りすると 
ガケ書房にいって荷物をおき
ラーメンとエビ餃子をたべて
白川温泉へ

20年前くらいに いちど来たことがある銭湯は
前とちっとも変わらず 木のロッカーで
なつかしい

疎水沿いの銀月荘に到着し
部屋をあけると
泊まり客がダブルブッキングされていて
いっしょに泊まることになる

雰囲気のいいお部屋で 明日は早起きだ

昼には新大阪にもどり
取材をうけて
そして 新大阪のココルームで
18時からは「のむらまこと旅する音楽」
[PR]

by books131 | 2008-04-26 00:33