<   2008年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

正体がわからんらしい

今日はひさしぶりに寝坊をきめこみ
洗濯して
14時にココルームへ

吉野から母が 野草をつんでもってきてくれた

はじまった「野草を食べるかい」は
大好評で みんな にこにこして 味わってくれた

会話のうまれる料理って ますます料理をおいしくするね

あまりに好評で 第二弾も決定 
4月19日(土)18:30
こんどは山菜もあるそうですよ

明日から 東京へ
帰って準備をしなくちゃ

雑用仕事をすませていると
最近毎日のようにきてくれる労働者のおっちゃんが
「ママの正体がわからん」と なんども

正体かあ、、
そういわれると ふしぎに
自分が何者か わからなくなる

何者でもないような気がする
何者であってもなくてもいいような気がする

アイデンティファイされない存在でいいと思うのだが
どうだろうか
[PR]

by books131 | 2008-03-29 23:36

さくらの木のしたで 太鼓を響かせる 歩く

昨夜は 24時過ぎに通天閣のしたで イルコモンズさんと
合流し 昼ご飯も晩ご飯も食べていないというので
いっしょに串カツ屋

今日もまた 早起きをして 乾いた目で 杉本町 大阪市大へ

A+Aシンポジウムは イルコモンズさんの
「民主主義のはじまりの風景」

わかりやすくお話があって 腑に落ちる

お弁当をそとで みんなで食べて
午後からは 太鼓のワークショップ

もうろうとしてるんだけど
太鼓のリズムにこころが動くの

おわって ココルームにもどって

韓国のアートとスクワットについてのシンポジウムを
おえた韓国人のアーティストたちのうちあげ

いろいろとはなしをきく

東京からいらしたかたが 素人の乱の
松本さんのフリーペーパーと手紙をとどけてくれる

明日は 2時からお店をあけて
18:00から 野草をたべるかい

あさっては東京に行こうとおもう
ネグりのこない東京へ
[PR]

by books131 | 2008-03-28 22:28

晴れた日に車道を一瞬占拠する

今日は ちんどんチャンス!大阪府庁練り歩き

早起きをして 府庁へ
集まるメンバーも興奮気味に 衣装をきがえ
メイクをする
楽団の ぶっきら兄弟も はいって にぎやか

昼休みのチャイムとともに
はじまるちんどんは 楽団のにぎやかさに
とてもはつらつとしたものだった

やぐらは でっかく 途中 廊下を通ることができなかったり
(サイズをはかったのに おかしいなあ)
ちがうルートを通り
車道へでる 

警察の道路使用許可はとっているが 警察官がついてくれてはいず
自分たちで 車をとめる

逆行したりするので 先頭をあるくわたしは ひやひや

手伝いにきてくれた人が走って先導してくれたり
やぐらを もいあげてくれたり
とても 助けてくれた

さいごは 府庁別館前で ぶっきら兄弟の楽しい持ち歌で
しめて 晴れた大阪の空のしたで みんな笑顔

怪我も事故もなく おわり
ほんとに ほっとする
(「なんかあったら 代表者の責任ですからね」と警察に
脅されていたの 代表者って そういうもんなんかな)

そして 片付けをまかせて わたしは 杉本町の
大阪市大へ

A&A研究会シンポジウムに参加

むすびの紙芝居劇
すごく上手になって ちょっと物足りないほどだ
いとうあいちゃんと 佐久間さんのダンス

モックさん(from香港)の講演
そのあとの 公開討論
懇親会 
片付け 

その間に ケータイでいくつかの仕事をこなし

疲れて 乾いたからだで ココルームに戻り
仕事を片付けている

イルコモンズさんが 12時頃に到着するので
迎えにいく

明日は 10時から はじまる
民主主義のはじまりの風景
ドラムワークショップ
カフェ
もりだくさんの 今年度最後のおおきな仕事だ

晴れるといいな
空の下で 太鼓をたたきたい
[PR]

by books131 | 2008-03-27 23:33

世論も制度も政策も にわとりが先か卵が

今日は 新大阪のスペースの掃除にいった
モップをもって一直線に走る
まっくろくろすけのようなほこりが モップの黄色に映える
1時間 みんなで集中すると けっこうきれいになって いい気分

そのあと 文化庁の視察があり 3NPOとともに
懇話会をもつ

東京からわざわざ アートNPOの現場をみたい ということで
いらっしゃったが どう思われたことだろう
大阪市にとって ここでの活動は暫定であり 政策のなかに位置づけられていない
そのため 事業の方向性をかえていかなくてはならず
また一年間の措置では 地域とどう関わっていいのか 
わからないのが正直なところだ
それは 地域にとっても不信になることだろうとおもう

文化政策を文化庁はどのように考えているのか
世論が先か 制度が先か

夕方 西成のココルームに戻り
事務作業を片付けていく 時間が足りない

明日は大阪府庁で ちんどんチャンス!のお披露目パレード
12:15から13:00です
晴れるといいな
谷町4丁目周辺にいるひとは ぜひ鳴りものをもって
いらしてくださいね

27日と28日は 大阪市大で
わたしの所属する研究会のシンポジウムがあります
これもかなりおもしろいですよ ぜひ!
http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/
[PR]

by books131 | 2008-03-26 22:56

夜になってひえこんできて

昼間は部屋のなかにいるより 外のほうがあたたかい

商店街はアーケードがあって
雨にぬれないけど
こんな日は 晴れた空のしたにいたい

店は 泉谷くんにまかせ
夜は船場ですごす
「大阪にアーツカウンシルをつくる会」

親しい人が交通事故にあったそうだ
大きなけがではないそうで 安心したけど
みなさんも 気をつけて
(気をつけても しかたないこともあるけど)
[PR]

by books131 | 2008-03-25 19:42

おっちょこちょいぶりを発揮して今日も

今日も朝から仕事
眠たい目をこすりながら もさもさと起きて
トーストとコーヒー
支度をして ココルームに出社する

今日はイベントはないので 負荷がなく軽やかだ

昼はみんなで あっこちゃんのつくってくれたすきやき定食を食べる

案件をかたづける
詩の学校の 芸術センターで今年度の開催について
芸術センターに問い合わせると
担当者が転勤しており 申し送りがされていなくて
4月からの開催があやぶまれる
どうなることやら

綿業会館にいって
関西芸術会議を聴く
森村康昌さんの基調講演 そのあとセッション

わたしは 新大阪にいかなくちゃならなくて
セッションがはじまったころに退席する

新大阪について 用事のはずの人たちがこない
どうやら 聞き違いをしていたらしい

しかたがないので 新大阪にあるもので 西成ココルームに
もっていきたいものを運び出し 新大阪にきた理由をつくる

8時過ぎに西成にもどり
夕ご飯を食べて また仕事をする

常連のお客さんや
近所のアルコール依存のおっちゃんなどがいて
ギターを弾いて とても楽しい
ブラジル人の画家がきた 
とってもすてきな人だった
お客はそんなに多くはなかったが
ココルームをどうしたらいいか
いろいろ考えてくれて とてもうれしい

11時に店をしめると
助成金の書類修正をして 12時をすぎる
明日もはやいし 仕事をおえる

このところイベントだらけで わりと緊張していたようだ
今日はなんにもなくて
お客さんの立場だったし 
なかなか肩のちからのぬけたいい日だった

明日は どんな日になるかしら
久しぶりに 昼から 泉谷くんがココルームのキッチンにたつ
おいしいものがあるとおもうので どうぞお楽しみに
[PR]

by books131 | 2008-03-25 00:03

チューリップの着物で 春を走る

昨夜 遅くまで仕事をして へろへろになり 
朝にイベントの準備物を
ココルームにとりにいったりして 
結局 朝に府庁に行くのをあきらめた

12時 西中島からタクシーで南方人権文化センターへ
いすを並べ 音響チェックして 
照明をチェックして 出演者と打ち合わせして
清算して いざ 本番

こわれ者の祭典の つきのこうじさんは絶叫する

 これまでの人生を肯定できるように

アルコール依存をのりこえ
鬱とつきあい
自分の情けなさを笑いながら語り
「仲間」を勇気づける

二部のセッションでは
コムニタスフォロの山下さんが風邪のなか 肩のちからをぬいた生き方・働き方を語り
野宿者ネットワークの生田さんが 野宿のこと 教育のことを語る
経済の貧困だけではなく 関係の貧困 というキーワードを提出してくれる
つきのさんは 愉快なお話をしてくれる
わたしは 迷司会ぶりを発揮し 
司会進行できないから出演者に話してくれとふりまくり
自分はアスペルガーだと告白する
この4人の組み合わせは やっぱりおもしろかった

いすを片付けると
西成に移動して ゆにおん ぼちぼちの 中村研さんのお話
南方から 移動してきてくれた人たちもたくさんいて
今日はたくさんの参加者がいて よかった

最後まで残った人たちは 自分の職場の労働問題を
中村さんに相談していた

わたしは 今日の事務をかたづけ 
山積みの仕事のいくつかに とりかかろうとするが
疲れて あんまり あたまが働かない

アーケードに雨の音がする

原稿の校正だけは今夜中にやんなくちゃね

24時におわれるかな さて
[PR]

by books131 | 2008-03-23 23:26

野宿者ネットワーク 夜回りに初参加する

今朝は すこし寝坊して 府庁へ
ちんどんチャンス!の展示の警備のためにでかけた

府としては 土日開庁するわけだから 集客がないとまずい というわけ
土日 このあたりには人通りはなく 寒い感じ

土日出勤していただいた職員さんにもうしわけなく
この職員さんの出勤手当は税金なわけだから
やはり府民にももうしわけない のだった

しかしながら 集客の数がすべてではなく
そこには課題も発見できるし
失敗もあれば学ぶこともある

というわけで 明日も早起きして 府庁にいこう

みなさんも もし 谷町4丁目あたりを通りがかるなら
ぜひ 府庁にたちよってくださいね
3月27日までやってます


谷4のプラットホームで ばったり知り合いにあい
いっしょに昼ご飯を食べた

ビジネスプランなんかを語り合い
じゃ 元気で!と わかれて ココルームへ

昼間はとても暇で
ごそごそと 明日のイベントの準備をする

16時から トークイベント「パレスチナ 難民の発生から60年を考える」
結局 お客さんはゼロ

パレスチナのことは あまり関心が持ってもらえないのだな とわかる
遠い地のことだもんな

わたしは「ルート181」の本をもってきて
先生にみせた

先生は「集客がすくないんですよ 気にしないでください」と
おっしゃってくれた

企画者と わたしが 聞き手になって
パレスチナの話をきいた
少人数だから 質問も自由にできて とてもよかったけど

そうこうすると
寄せ場学会運営委員会のあとの人たちが どばっとやってきて
そこに パレスチナの名著をおかきになった先生もいて
トークイベントは 自然にながれて
わたしは 料理をつくったり
先生もいつのまにかキッチンを手伝ってくれて
あわただしくなってしまった

そして 19時半になって 店を あっこちゃんにまかせて
わたしは 釜ヶ崎のふるさとの家にむかい
野宿者ネットワークの夜回りに参加しにいく

はじめての体験だ

3コースにわかれる 日本橋 山王・天王寺 心斎橋
わたしは日本橋に向かった

鎌倉から 先生に連れられて高校生の男子3人が
関心をもって参加していた

段ボールハウスや 路上に布団を敷いている人に声をかけていく
人数をカウントし 体調はどうか 襲撃はないか といった
質問をする

寝ている人に目線をあわせるために かがむ

わたしは ただ後ろからついていくだけで
最後に 「気をつけて おやすみなさい」と言うだけ
なんの役にもたたたない

日本橋は 釜ヶ崎にシェルターができて
野宿の人の数は減ったそうだ

襲撃の情報もほとんどなく 安堵するメンバー

とても地道な活動やな とおもった

毎週土曜日の夜 7時半から2時間半
路上の人に声をかけていく 

「仕事がない」
「集めるアルミ缶も 他の人が集めていくから ほとんど集まらない 1日150円にしかならない」
「おにぎり ないの」
「毛布ちょうだい」
「パチンコ玉をあてられた」

元気な声もあれば しんどそうな声もあり
あまりしゃべらない人もいれば いろいろ話す人もいる
「おつかれさん がんばってな」と励ましてくれる人もいる

10時に道具屋筋で解散すると 
自転車をこいで ココルームにもどり
店じまいをして 事務仕事にとりかかる

仕事は地味や そういうもんやな と思う

それでも がんばれるのは 未来を信じているから っていうのと
仲間がいるからじゃないかな

野宿者ネットワークのコアのメンバーは
とても信頼できる人たちやな とおもった

明日3月23日 14時からは 南方人権文化センターで
「愛と表現のために 自分の信じる仕事をコツコツとつづけること」

18時からは ココルームで
「ゆにおん ぼちぼち」の中村さんのトークイベントです
[PR]

by books131 | 2008-03-22 22:59

愛と表現のために

愛と表現のために〜信じる仕事をコツコツとつづけること

 自己責任・自己管理の名の下で、労働権・居住権が奪われ、貧困化が進み、格差社会が広がっています。現代社会の閉塞状況は3万人を超える自殺者を生んでいます。
 自分の信じる仕事をコツコツとつづける名も無き人々が多くいます。しかしながら、たった一人では疲弊してしまいます。ゆるやかに人々とつながり、エンパワーメントすることによって、学び前進することができます。
 本企画は、生きづらさを抱える人々に関わり、居場所づくりなどを表現している人々を招き、パフォーマンスやトークセッションを行い、ともにゆるやかな繋がりを作る機会とするものです。

日時:2008年3月23日(日)開場13:30 開演14:00
入場無料
会場:南方人権文化センター 大阪市立南方人権文化センター
大阪市東淀川区東中島2丁目20−18
TEL:06-6322-9200


構成:
第一部 パフォーマンス 14:00
月乃光司(朗読)、上田假奈代(朗読) 

第二部 トークセッション 14:50  
生田武志(野宿者ネットワーク)、月乃光司(こわれ者の祭典)、山下耕平(コムニタスフォロ)、上田假奈代(ココルーム)

16:30 終了予定


このあと 18:00からは ココルームで
「ゆにおん ぼちぼち」の中村さんのトークイベントがあります
[PR]

by books131 | 2008-03-21 23:32 | イベント転載

展覧会の搬入はへろへろになるなあ

今朝は 大阪府庁での ちんどんチャンス!の展覧会の
搬入仕込み作業をおこなう

10時半に家をでて 18時ころまでかかった
大阪府庁玄関には 春の風がふきこみ 寒いったら寒い
おかげで へろへろになる
アクシデントがいっぱいだったけど
みんなで助け合って なんとか終了

明日あさっても わざわざ大阪府庁の玄関をあけて
くれているので みることができます(9時から5時)

大阪城へ散歩に出かけたひとは ぜひご覧になってね

冷えたからだを スタバであたためて
ココルームへもどる

助成金の書類の不備をなおし
お客さんと 百人一首をして
お店の片付けをして 店をしめる23時半
今日もよく働いたなあ

あたまが からっぽになる


3/29から この忙しいのをすべて なげうって
東京へいこうと思っていた
アントニオ・ネグリにあいにいこうと思ってた

なのに 来日中止
外務省 ひどいなあ

この国のだめさ加減がよくわかる


明日は 午前中に大阪府庁の警備にいって
昼からは ひとりでココルームで店番
夕方16時からは パレスチナ難民の話をきく会
[PR]

by books131 | 2008-03-21 23:30