<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

嵐もあるよ

おとといは エル大阪での シンポジウムが興味深かった
在日コリアの方の事例報告では
日本にいるベトナムの人たちの暮らしの問題
多様性を認めるといいながら 実は 法的な問題 言葉の問題
コミュニティとして大変難しい問題があることをきいて
自分の無知を恥じた

そういった問題にアートがコミットできていないことが
気になる

打ち上げに 周防町の沖縄料理屋「海人」で
おいしい沖縄そばとお刺身などをいただいた

偶然 常連客という方が 新聞記者で
さっそく翌日の取材を申し込まれる

ココルームに帰って 雑用を片付けて 25:30
泊まり込みインターンのゆうちゃんが
助成金申請書類をお家に持ち帰っていたので
つきあってると  28:00

昨日は 新聞の取材をうけて
アジアのアーツマネージャーが視察にいらっしゃって
飛田を通って 3丁目百番で いっしょに夕食

あなたは女性問題にも興味をもっていますか と
インドネシアの方に質問され
いくつかの返事をかえした

ぜひ インドネシアにいらっしゃい と声をかけられた
「声」の文化がひじょうに発達しているインドネシアでは
わたしのような活動にとても興味をおぼえるだろう と

ココルームに戻って 会議がはじまる
おわると24:30

今日のペンキ塗りワークショップの準備をすっかり
忘れているスタッフを怒る
スタッフも仕事がいっぱいすぎて 理不尽な気持ちをもつのもわかる が
リスクヘッジをしたいわたしとしては 最悪の状態にそなえて
いくとおりもの(こころの)準備をしておきたい

雑用を片付けて 26:00ころ帰宅

眠りばな
窓が光る
雨のかたまりが吹きつけてくる
地響きのような雷の音
春の嵐 の夜もあるわな

今日は朝から起きて 梅田へ
文化庁の方とうちあわせ

言葉体験事業の審査員をひきうける

もしかしたら秋に 鹿児島の離島で
ワークショップの仕事がはいるかも ということで
きゅうにわくわくして 楽しくなってくる

かつて俊寛が島流しにあった 悲嘆の島だ
http://ja.wikipedia.org/wiki/俊寛

梅田食堂街で ひとりでご飯を食べる
駅の近くの蕎麦屋にはいった
昨年秋にオープンしたばかりだという小さな蕎麦屋は
なかなか本格派で 大満足

その足で 杉本町の大阪市大に向かう

森先生と打ち合わせをすませ
アジアメージメント会議に出席

19:30まで アジアと大阪のこれからのアートマネジメントについて
いろいろと話がかわされる

このところフェスゲのことで
緻密な話題になることがおおい そのため
今日のような ばっくりとしたフォーマルな席は
じつのところ 久しぶりで 
むしろ 言いたいことが言える

アジアのなかで 実は大阪がいちばん遅れているのだと
わかる     なんたること という感じだが 事実

長時間であったけれど
アジアの国々もそれぞれの事情を抱えながら
がんばっていらっしゃることがわかって 励まされた

明日こそは 原稿をかこう
[PR]

by books131 | 2007-03-30 22:12

選挙のとしだ

昨夜は すこしはやめに帰ろうとして 25:15

 お部屋についてから 助成金書類をどのように書くか
相談にのってたら 1時間半程たってしまい
25:30すぎ お布団にはいる

今朝は早起きして 森村さんの釜ヶ崎ロケハン

昨日はいちにちじゅうばたばたしていたので
ロケハン先に連絡いれていなくて 
けっこう段取り悪い案内になってしまった
(行けば いれてくれるだろう という関係者の意見を
そのまま信じていたら
 案の定 「何しに来てるんですか」 と止められてしまう

ぽかぽかとした陽気で
犬も寝ている

結局 しっかり歩いて 
大きな汚れた壁はすくなくて
釜ヶ崎での今回のロケは難しい というのが
わかって 森村さんはそのうえで 選択肢を変えるか
どうするか また考える ということになる

道ばたは しろいハナミズキとモクレン
いっせいに
市会議員選挙の公示の板が設置されている

戻って お昼ご飯をたべて
雑用を片付け
夕方から天満橋へでかけていく

能登半島のニュースをネットでさがす
友人たちは大丈夫だろうか
困っている人々に 具体的になにもできないな と
はがゆい

それから西成の住民票問題の不本意な結論がでた
29日に 2100人の住民票を抹消するという

簡易宿泊組合とも調整がついた というようなコメントが
市側からでていたけれど
簡易宿泊組合は これから1年必要だと 言っているのに 

この問題のことなんて 西成区から一歩出れば
ほとんどの人の口の端にものぼらない
メディアは 都合のよい情報しかながさない

選挙の年だ

無関心だなんていってられない
利権のために選挙やってる人たちに まかせていいわけないやん

ちなみに西成での
「投票に行こう!社会再参加キャンペーン」についての記事
http://www.janjan.jp/election/0703/0703262435/1.php
[PR]

by books131 | 2007-03-28 16:25

世間のことを何もしらずにまた一日がすぎ

昼一から新聞社の取材をうけて
ご飯をたべると
すぐに事業会議で
おわってからは「アーツなお仕事研究会」

隣のremoの インディペンデントキュレーター雨森信さんのお話

同じ年齢ということもあって
ひじょうに親近感がある

同じようにフェスティバルゲートの進展がみえないという
状況のなか
とても揺れていらっしゃるのが わかっていて
そんなときに ライフヒストリーをきくことは
もうしわけないおもいもあり
だからこそ はなしをききたい というおもいもあり

でも やっぱり聞けてよかった

こうして迷いながら 
それでもいっしんに生きている人がいる

その尊さが重要やな とおもう

明日は 朝から森村康昌さんの釜ヶ崎ロケ

夜はエル大阪で シンポジウムにトーカーとして出席
http://www.ochra.or.jp/event/2007_03/naniwa_070328.html
[PR]

by books131 | 2007-03-28 00:46

ペンキ塗りワークショップ

「就労支援カフェココルーム」
西成の元ペンキ職人によるペンキ塗りワークショップ

3/30(金)13:00〜 終わるまでだろうから夜かな  
参加費 無料

講師:作村年一(むすび/西成区在住・生活保護受給)
元ペンキ職人の作村年一さん(むすびメンバー)
の指導で、ココルームの壁のペンキ塗りを行います。
いろいろな人たちと交流しながら、職人の技を体験しましょう。
途中からの参加、退出もOKです。

むすび http://musubiproj.exblog.jp/
[PR]

by books131 | 2007-03-27 01:08

行き場所がなくても

昨夜 つかれはてていて
寝ようとしたら トイレがとまらなくなり
やばい 疲労が膀胱炎か 腎臓にきたか と ひやっとする

自分の弱点はだいぶわかっていて
この感じは わりとまずい

今日は寝坊をきめこみ
行こうと思っていたCBフォーラムに遅刻することにした
お客さんでよかった

肩から背中にかけて だるく重く
気合いがはいらない感じで こんなときは
あんまり人にあいたくない のだけれど
社交にいくのだから あいたくないとか言ってられないわけで
でも 引っ込み思案風な感じでもいいか と でかけていく

駅で 女性に道をきかれ 一緒に悩む

会場のビルについても すぐに3Fの会場に行く気にならず
カフェで腹ごしらえをすることにする

食べていると さぼりにきたブース出展者にあい
いっしょにまたタバコをすいにでる
なかなか会場にたどりつかない感じが 今日の気分をあらわしている

ようやっと意をけっして
あがっていき 知った顔 知らない顔もあり
どちらかというと集中できないまま

話しておきたい人たちもいっぱいいて
社交社交

でも また 喉が渇いたという人と
喫茶店にでかけ
また会場にもどり  多動状態である

その間 何本も電話があって いろいろ危急なことを
片付けていく

交流会に参加して サンドイッチなどつまみ
ココルームにもどって
ブックスアーカイブス

会場をダブルブッキングしたので
事務局をかりにいくと
輪転機をまわす音がうるさくて 朗読どころではなく
しかたなく 行き場所がない

4Fの難破船の橋に毛布をしいて
朗読することにした
夜のピクニック
なかなかのロケーションで
おもしろかった

行き場所がなくても
なんとか なってよかったよかった

アーツカウンシルをつくる会の発起人に
メールをよびかけ 今日の仕事をもちこしてるんだろうけど
おわることにしよう

おやすみなさい
[PR]

by books131 | 2007-03-27 01:05

大阪にアーツカウンシルを

設立したいですね
a0015380_21461361.gif

[PR]

by books131 | 2007-03-25 21:46

能登半島の地震と 釜ヶ崎

今朝は早起きをして モーニングを食べてから
出勤しようか と思っていたら 電話

MDプレイヤーをココルームから持ってきてほしい というむね
モーニングをあきらめ
ココルームへむかい
四角い音のなる箱をかかえて御堂筋に乗り込む
西中島でおりなくちゃいけないのに
「べてるの家の非援助論」を読んでて
気がついたら 江坂だ

反対方向の電車に乗って 無事に西中島につく

手伝いにくる子が遅刻して わたしのほうがはやくついて
駅でまた 本を読みながら待っていた

南方人権文化センターへてくてく歩く
こんどは道に迷わずに

集客が心配だったけど
かけつけてくれた人がいて なんとか格好はついた

なかでも 今回のプログラムがたいへん面白かったと
好評で 紆余曲折があった企画だったので ほっとする

けれど 能登半島で地震があった とか

テレビもないので 何にも知らなかったけど
のぞちゃんが 朝「地震」と飛び起きてたな

能登半島
昨年 七尾によんでもらったことを鮮やかにおもいだす
港町
きなこの飴
地域の人々
おおきなお寺
本堂では熱い目をした人たちがいて
幼いこどもと一緒に絵をかいて
詩の朗読をきいてくれた

どうしてるかな
心配やな
でも 連絡もつかないらしい
でも なにができるのかしら
自分の無能ぶりに はらがたつ


「釜ヶ崎さくらまつり」は 4組の出演者
それぞれの持ち味をいかしたパフォーマンスだ

釜ヶ崎のトピック 
住民票問題について 多くをふれる人は
いなかったが 
いまを生きているリアルな感覚や
祈りや
このまちを愛している気持ちや
ホーム という優しさのまちを
しっかりと伝えてくれた

機材の搬出を手伝い 夕方ココルームにもどる
[PR]

by books131 | 2007-03-25 20:37

年度末の仕事

http://www.ochra.or.jp/event/2007_03/naniwa_070328.html

シンポジウム 地域コミュニティ再生への道を探る
〜「人権」「共生」をキーワードに〜
内容このシンポジウムでは、地域のなかで様々な活動を展開されている方たちを迎え、基調講演と聴衆も参加した討論を行なう予定です。そして、参加者が「人権」「共生」をキーワードにした地域コミュニティづくりの実践を始めるきっかけをつかんでいただければと考えています。

日時2007年3月28日(水)
午後6時〜9時(午後5時30分受付開始)

場所大阪府立労働センター(エル・おおさか)708号室
 大阪市中央区北浜東3-14

・第1部:基調講演
  「人権尊重・共生のまちづくりの課題」
・第2部:討論
  「違いを認め共に生きる地域づくりを考える」

第1部 基調講演 講師 丹羽 雅雄(弁護士)
第2部 討論会
コーディネーター 
 ・中川 喜代子(奈良教育大学名誉教授)
ゲストスピーカー
 ・伊藤 繁(NPO法人視覚障害者自立支援センター事務局長)
 ・沖田 裕子(大阪市社会福祉研修・情報センタースーパーバイザー)
 ・川本 典子(NPO法人児童虐待防止協会相談員)
 ・吉見 れい(LLP再生塾YAR総合コーディネーター)
 ・朴 洋幸(NPO法人トッカビ子ども会代表)
 ・浅居 明彦(人権・太鼓ロード建設計画実行委員会事務局長)
 ・上田 假奈代(NPO法人こえとことばとこころの部屋(COCOROOM)代表)
 ・藤木 美奈子(NPO法人WANA関西代表)
対象者どなたでも
定員100名(事前申込み必要、先着順)
参加費無 料

【アクセス】
 ・地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
 ・JR東西線「大阪天満宮」駅から南へ850m
[PR]

by books131 | 2007-03-24 17:11

雨の大阪新世界  消費主体の自己

くたびれてしまって昨日は24:00すぎに帰る
猫をお風呂にいれて
さきに猫を洗うと 妹にたくして
自分が湯船にはいる

お風呂からでると 扉をしめられて
猫は しょぼんとしている

ストーブのところにつれていって
いっしょに乾く

だいたい乾くと 蒲団にもぐりこみ
昼過ぎまで眠りほうける

そのあいだに雨がふっている

新世界は それでも大にぎわいで
大阪弁よりも東京弁のほうが耳につく
語らないが中国・韓国の人の姿も
消費されていく新世界
雨の日

フェスティバルゲートの床に 雨がたまっていく

この建物 どうなるんやろう

誰かが ちゃんと社会をうごかしてくれるって
こころのどこかで 思ってるんちゃうんやろうか
それって 誰のことなんやろう

内田樹の「下流志向」講談社
かしてもらったので ぺらぺら読む

わたしたちは資本主義に慣れてしまって
消費主体の自己を子供の頃から確立てしまった

政治にしても
教育にしても
安全にしても
交通にしても
医療にしても
消費主体として享受するのはあたりまえ と思ってしまっているのだ

昨日 新世界の美容室にいった
はじめて髪をきってもらった美容師と
話していると その人は こどものために
机をつくったという
友達を誘って こどものため 
友人の恋人のために Tシャツを染めたり
月曜大工をやってるという

こーゆーはなしをきくと ほっとするな

そういうわたしも  DIYが好きなのに
このところ なんにもつくってないなあ 



あしたは 南方へ 「釜ヶ崎さくらまつり in南方」

月曜は CBフォーラムおおさか
http://www.osaka-cb.net/cb/forum05.html
に 勉強にいく
[PR]

by books131 | 2007-03-24 17:06

釜ヶ崎さくらまつり in 南方

あさってにおこなわれる このイベント

かなり面白いイベントなのだけれど 集客の見込みがない

もし お暇な方がいれば さそっていらしてください
企画者として わたしは司会をすることになりました

*****
「釜ヶ崎さくらまつり in 南方」
日程:2007年3月25日(日)14:00〜16:00 入場無料
会場:大阪市立南方人権文化センター

お問い合わせ:大阪市立南方人権文化センター(大阪市東淀川区東中島2丁目20-18)
TEL06-6322-9200 FAX06-6322-0624

出演者
SHINGO西成(ヒップホップ)
「つねに進行形」「今にみとけよ」をいつも心に現場主義で走ってきた。昭和の香りが色濃く残る大阪「西成」育ち。1996年、日比谷野外音楽堂にて行われた日本語ラップの歴史的イベント“さんピンCAMP”と時を同じくして活動開始。生まれ育った「西成」の現実を冷静な視点と自らの体験を通して表現する独自の世界観は聴く者の耳を確実に捉える。今月待望のFULLALBUM「Sprout」をリリース。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shingonishinari

合田清(ピアニスト) 1950年大阪市生まれ。関西学院高等部、同大学を通じてグリークラブに所属、卒業後はピアニスト、指揮者、音楽教室を主宰。99年から05年にかけて計4年間釜ヶ崎でホームレス生活を経験。その後、支援者らの尽力でコンサートを開始、ファーストアルバム「祈り~The Water Of Blue~」全国発売。

むすび(紙芝居劇) ホームレスを経た生活保護受給者のグループ。2003年から幼稚園の草刈りや小学校の運動会のテントはりなどのボランティア活動を始める。2004年から西成・浪速区を中心に演劇的手法を用いた独自のスタイルでほのぼのとした紙芝居を発表する。2005年大阪府人権奨励賞を受賞。平均年齢72歳。http://musubiproj.exblog.jp/

中宮竜善(詩人) 1948年兵庫県生まれ。1980年から西成で暮らす。99年にこれまで20年に渡ってつくった詩をまとめ詩集「詩怒季」を発表。さまざまなイベントに参加し活躍する。

主催:南方人権文化センター
[PR]

by books131 | 2007-03-23 16:09