<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

山のような まいにちの しごと

昨日は 結局 夕方まで お客さんだらけで
ずっと 店内にいた

ボランティアくんの面接 
映像作家の坂上さんに 現在製作中の 映像作品のアドバイスをもらい
京都コンソーシアムの インターン制度についての うちあわせ
むすびの おじさんが 顔をみせにきてくれて
そのあと「生まれておいで」のプロットをかきながら
ヤフオクで 2006年のココルーム用のスケジュール帳を落札し
店内を掃除して 窓ふきして
助成金申請のための ある決断をして
そのための準備を手伝い
結局 28:00
明け方の新世界は さむかった

今日は すこし寝坊して ココルームにはいり
A'創造館のひとたちが来てくれていたのだが
その説明は 若者がはやくきて やってくれたので とても 助かった
挨拶して 昼ご飯をたべて パソコンにむかう
夕方 現美で 高嶺さんとうちあわせ
夜19:30〜は 應典院 詩の学校

若いスタッフが育っている 実感があり
とても うれしい

山のような まいにちの しごとがあるから
彼らも 育つのやな

人生のある時期 まいにち 山をのぼっていくことも大事なこと
[PR]

by books131 | 2005-11-30 13:54

警察にいって それから仕事して それからライブして

昨日は 警察署にいって 交番にも行った
猫をさがしにいったし
ライブもした
何本かの原稿に手をつけていて
雑務をこなした
深夜には 倉庫の鍵をボランティアの人が持って帰ってしまい
受け取りのために ばたばたした

ライブ「アQ」は なんとか おもしろいところもあって
インプロにしては できがよかったのではないかしら
それにしても 「阿Q正伝」中国 封建社会は ものすごく偏見と差別に満ちていて
人々の たくましさ と ユーモアが救い
芝居の唄をうたうくらいに

今日は 映像作家の坂上香さんがきてくれて
映像作品の指導をうける
それから 経理の先生がきてくれる
たまっている原稿をいっきに片付けたいが できるかな
[PR]

by books131 | 2005-11-29 12:49

ココルームのまかないごはんの秘密

5月に「アートは米だ!田植えツアー」を5月におこない
草取りや稲刈りなど 事業の合間をぬって でかけていき
おかげさまで 奈良県榛原町の 藤村さんがていねいに面倒をみてくださって
「coco田んぼ」のお米が届いた

玄米やうるち米 7ぶつきなど ココルームのご飯がおいしいのは
これらを日替わりで炊いてるから

玄米 びっくりするほど おいしい
(けれど 玄米は値段が高いので 玄米定食だけ値上げしようか 
ちょっと悩んでるカフェチーム)

写真は 天日干しの景色
a0015380_1612352.jpg

[PR]

by books131 | 2005-11-28 16:12

あしたは アQだ

明日 11/28(月)20:00から
声と音のドラマリーディング「阿Q正伝」魯迅『アQ』
招待券をだしますので お暇なら いらしてくださいね
会場:ココルーム
[PR]

by books131 | 2005-11-27 20:02

クリスマス

今朝も NHKの朝の番組で むすびが紹介されました
東京からの問い合わせがあり 反響に驚き

むすび と クリスマス


今年はむすびが第一声をあげた年でした。
夏の素麺屋台 各所での紙芝居公演
NHKの番組内でも活動が紹介され
最近では初めて大阪をでて 京都・橘大学で
新作発表をするという
70歳以上のおじさんたちとしては
極めて精力的な活動をしてきました。

おじさんたちへのねぎらいと 応援し支えてくださったみなさまへの
感謝のきもちも込めて ささやかにクリスマス会を
開催し みなさまと楽しく ひとときを過ごしたいとおもいます。
どなたでも ぜひお越しください。

12月11日(日)16:30~

入場無料(食べ物は各自の持ち寄りとなります)
ドリンク・オーダーのみ
会場:ココルーム

◆むすびがクリスマス向けにつくった新作短編紙芝居の上演予定です。
 「鼻」をテーマにした作品らしいですよ・・・
[PR]

by books131 | 2005-11-27 20:00

選挙にいく 新世界のごみひろいをする 皿を洗う ライブをみる 窓を描く

今朝も早起きである

最近の趣味は 
お風呂のなかでの歯磨き デンタルフロス
目覚めても なんだか さっぱりした感じはする が
さすがに 眠いのは 歯のあいだを掃除しても変わらないようだ

新世界のごみひろいを 9:00開始
11:00まで 休憩なしで一気に ごみをひろう
ごみひろいの途中で市長選の選挙にいってきた

ゴミ拾いのときに
小さなお店「小麦屋」というのをみつけたので お好み焼きを10枚買って帰る 1000円
ココルームで ベーコンとたまごとトマトのホットサンドをつくり
みんなで昼ご飯

それから 雑務 
お客さん がくる
ライブはじまり 窓をつくるワークショップがあり
東京の友人を 新世界のほうへ案内して
帰って ココルームの片付け

スタッフたちを選挙にいかせ めずらしく
夜のココルームで ひとり 店番をしている
カフェで 皿洗いをしたり 片付けをしている
あ スタッフひとり 毛布にくるまって眠っているから ひとりではないな

日曜の夜はなんとも ものがなしいのは
フェスティバルゲートでは なおのこと
寂寞とした ほりぼての初冬の夜である

風が吹き抜けていく
[PR]

by books131 | 2005-11-27 19:58

とがる

昨日の記憶がない 
たぶん ずっとココルームにいて
雑務におわれて 原稿すすまず
夜は すこし はやめに帰った
あ そうそう 先代の猫が 2年ぶりにフェスゲ前で目撃され
確認にいくと たしかに あの猫で
捕獲にいどむが 失敗

今朝は 7:00に起きて
トーストと蕎麦茶の朝ご飯を食べて
西成へ 特掃(ごみそうじ)のボランティアに行く
ラジオ体操をおえたところで 「着物はまずい」と言われ
着替えをすすめられた

その理由が「みんなの目があるから」というものである
みんなって 誰ですか? と 尋ねると
 「地域全員の意見をとってこい」  といわれた
それって何なのか よくわからない けれど
ともかく わたしの領域ではなく 
彼らの領域なのだから 
きっと いろんな理由でそうなのだから
郷に従わなくちゃならない
というわけで 参加しないことにした

片付けなくちゃならない仕事もいっぱいある
明日は 新世界のごみひろいがある
ココルームに戻ると ひとりで店を開けた

日本橋のクリーンプロジェクトは コスプレでごみひろいをするのが
コンセプトらしく 「ぜひ 着物で」と参加を促されている
堺筋を数100メートル行くだけで こんなに違う というのが 現実なのだな

昼ご飯を用意していると
特掃に参加したココルームのスタッフ数名とボランティアの人が戻ってきた
楽しかった様子の若者たちだった
おじさんたちと いろんな話ができたようである

このときスタッフと かわした会話でわかったこと
ココルームの業務って 結構ハードなんだな 
このところ ずっと 腰が痛いのは そのせいかもしれない

仕事がたてこんでいるせいか
すこし とがっている
[PR]

by books131 | 2005-11-26 16:08

朝10時の新世界

昨日は深夜に 沖縄料理屋にいって 沖縄そばを食べて
部屋で 妹のぞちゃんとオシャベリしてから お風呂にはいって 眠った

もうすこし眠りたかったけど 9:00に起床し
橘さんのところへいく
10時ちょっと前の新世界は パチンコ屋にならぶ人たちの姿
開店準備をしている串カツ屋 
新世界のふたつめの朝の顔だ

ひとつめの顔は 路上で眠る人たちが 起きだし
その場を離れる姿だろう

橘さんを誘って 喫茶タマイチへ

橘さんの書いてくれた原稿について 話し合う

「野宿してるからって 野宿野宿いわんといてほしい」という橘さんのいい分を
そのまま 原稿に書いてほしい とわたしは 思っている
それは わたしの勝手な言い分なのだが
そう思うので 言った

表現者である ということは 特別なことではない
橘さんが まるい身体を動かして 何かを発したり
走ったり 踊ったりするのは 
必然があって
ユーモアがあって 
わたしは それを とてもすてき だと思っていて
それと 野宿とは 関係ないんやな と わたしも思う

ただ 橘さんは身のまわりのことをことばにする
それが 野宿だったり 日雇いだったりする というだけのことで

わたしたちが 恋をすれば 恋をうたうように

なにか出会ってしまった事柄に こころ動かされ それを表現してしまう ように

いま 出会っている事柄を言葉にし 詩にするのだ

わたしは思う 

それぞれの 異なる人生のなかで なにかを選んでる ってことは 確かなこと

橘さんはアトピアのフレイザーさんに
小屋の仕様や その小屋からみえる景色を話してくれた 

動物園のフラミンゴ  
ときどき 夢のなかへ飛んでくるらしい
白雪姫の仕掛け時計が 15分ごとに踊ること
通天閣の夜のネオンの美しいこと など

 「工夫がすばらしい 
景色について話してくれてうれしい」と 率直な感想は 
お互いの距離をちぢめたようだ

それから
ココルームに帰って 
12/11の「生まれておいで」の打ちあわせと稽古
取材原稿のチェックなど
雑務をこなし 夜7時に 橘さんがココルームで
出演するのを みる
フレイザーも いそがしいのに やってきてくれて
橘さんのパフォーマンスに目をこらす

橘さんの舞台は すばらしく よかった
息するのを忘れそうになった

帰り際 うまく 言葉は通じないけど
フレイザーと お互いの感謝のきもちは 伝わった



12/19の「せかいのせなかのことば」の写真が届いた
一枚アップ

a0015380_18414563.jpg

[PR]

by books131 | 2005-11-25 20:07

do art yourself はじまる

昨夜 現美センターで 現場で詩作をはじめ
152ピースの詩をつくる 
タグレコーダーに 朗読録音をはじめ 25:00
そのあと アトリエワンの 会場設営を手伝い(?)26:00
発砲スチロールに コテで 穴をあける

それから 車でおくってもらって
お風呂にはいって眠る

まづ 昼にココルームにいき メールチェックして
仕事をスタッフに頼んで 現美センターへ 13:00入り
打ち合せして カレイドスコープの 記者会見 開会式 レセプション
すべて終わったのが 20:00

そのあと 府庁展覧会のGデザイナーのしんのすけさんと
韓国料理をたべて ココルームにもどり 仕事

この数日のばたばたのおかげで 仕事がたまっている

do art yourself

実際 この社会において 鍵なのは 

art と 

いのち 生きてるってことだと わたしは信じてる
[PR]

by books131 | 2005-11-24 23:06

飛ぶ鳥あとを濁さず

昨日も猛烈に忙しかった

11:30 NHKのディレクターを西成でご飯をたべ
むすびのおじさんたちに紹介
ホテルエスカルゴ横の しょうこちゃんのお店にいった
合田さんが偶然いて 話が白熱する

帰って 14:00から 事業会議
1時間半の会議ののち EU視察団がやってきて
プレゼン大会
おわってから 應典院で 映画上映の実行委員会議
帰って ご飯をたべながら ココルームのジョブカフェに参加
終わって ココルームを片付け 明日のライブの準備に 椅子をならべ
送付する写真の整理をして 胃がいたくなって 帰宅

クタクタで 仕事つづかず 眠る
早起きして 締め切りの原稿を書こうとおもってたけど
今日は ほんのすこししか 早起きできなかった

11:30 嶋本昭三さんとランチしながら はなしあい
ココルームにもどって 原稿を書いてから
現美センターへ搬入という 詩作 朗読を現場で行う

明日は カレイドスコープのレセプション
[PR]

by books131 | 2005-11-23 13:57