<   2005年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

田舎のいちにち

昨日は どきどきの早起きで
近鉄電車に乗って 奈良県の榛原へ向かう
駅から乗り換えるバスは 乗り遅れたら 2時間
バスがこないのだ

バス停から 徒歩20分くらいだろうか
歩いて 藤村さん宅に到着
すでに 景色は 天国のように美しい
新緑の山 棚田には水が張られ 田植したばかりの
ひげのような緑が 風に吹かれてる
田圃の水が 波紋に揺れる

「いまから 説明をします
それから すこし 餅米をうえます
餅米は 米の原種です
冬にはお餅をつくりましょう
それから 昼ご飯にして
また 田植をします」

わたしは おむすび班になって
お母さんと妹さんと一緒にご飯の用意を手伝う
おかまで炊いたご飯をむすびながら
ときどき 裏庭の様子や
おおきな玄関からみえるあたりの景色に目を細める

おむすびを運ぶ機械の名前は ピンクレディ
ガソリンエンジンで動く
坂道をくだって田圃へ到着
13名の田植チームと 藤村さんの家族と
お手伝いにきてくれた家具職人 みんな
おもいおもいの場所に座り込んで お昼ご飯
お母さんのつくってくれた 奈良漬けや漬け物 きんぴらなど
みんな美味しい美味しいと おむすびをいくつもいくつも食べたそうだ

後半の田植に わたしも参加した
田圃の水の温度は一定ではない
泥に踏み込むと きゅっと 冷たい水になる
愛らしい苗を左手にもち
張られた黄色の糸の 赤いしるしのところに 3本ヅツ
植えていく
カギノテと名づけられた田圃(すべての田圃には名前がつけられている)に
わたしたちは 一列になって バックしていく
後ろからみたら お尻が13個並んでる わけ

田植は終わり 片付けをして
藤村さんところで 休憩させてもらう
昼寝する人
お経をあげるわたし
仏隆寺に散策に行く人
それぞれ時間をたのしみ 帰りのバスに乗ろうと歩く
ところが よくあることだけれど
しっかりバスに乗り遅れる
おまんじゅうやさんで タクシーをよんでもらい
美榛苑へ http://www.miharuen.com/
温泉に入る
休憩室の畳でごろんと みんな横になり
マッサージ椅子から たちあがれなくなってる人もいる
せっかくだから と 夕ご飯を食べる

19:30ころに
解散し それぞれの家へ帰った
電車のなかでは みんな居眠りをしていて
自己紹介からはじまり
ずっと 一緒にすごしたわたしたちは おしゃべりだらけ
だったのに もう誰も ひとことも喋らなかった

ココルームに22:30ころ戻り
1時間ほど 片付けと雑務
からだには ほてりがのこり
美しい榛原の景色があざやかに よみがえってくる

夜は はやく眠れるかと思ったけれど
足がじんじんして なかなか眠れない
「旅する人びとの国」を読み すこし眠気を待って
それから 深く眠った


今日は 会議ひとつと 税理士さんとお話 
夜には ブックスアーカイブス20:00〜

明日は 終日 京都 
砂連尾さんとの稽古
高嶺くんとの うちあわせ
[PR]

by books131 | 2005-05-30 13:20

千葉と「旅する人びとの国」とのぞみ

昨日もめまぐるしい一日だった
昼から 緊急対策会議があって(よそのNPOのことなんだけれど
関わっているので 同席させてもらう)
途中で 中座して 御堂筋で阪大へ向かう
まずは 墓参り 
佐藤先生とまちあわせをして 墓場へ歩いて行く
そこには 戦死した若い兵士たちの墓が15基ほどあり
ビルマ フィリピン ミンダオと 命をおとした地名が刻まれている
名前と 年齢
ほとんどが 20代前半
この村から 戦場にいき 帰ってくることができなかった人たちの
骨など ここには眠っていなくて ただ 名前と地名だけがある

柳田国男によれば
ひとつの墓に 一人の死者の名前が刻まれるのは
日清戦争後にあらわれるのらしい

名を刻むこと
戦争に死ぬことを 国家によって用意させられた者がいて
生き残った人間の それは 手向けの行為

記念碑やモニュメントにして その英雄的なありさまを
かざることによって ふたたび祀りたてる死は
生き残った者の かなしみのあらわしかたでもあるが
片一方では そうすることで
戦争をどうとらえるかを 濁しているようにもみえる

そんなことを 佐藤先生とはなしながら
保健医療センターの佐藤先生の研究室にいく
「これでも 掃除したんよ」と 先生はわらう

30分ほどしたら こんどは 文学部へ送ってもらう
本間先生とおはなしするため

しばらく ふたりで話して
哲学の授業で ゲストをつとめる 90分

それから 夕ご飯にみんなででかけて
ココルームに 深夜に戻る
雑務と 千葉行きの用意をして帰宅

今日はいつもより早く起きて
訪問着をきて 千葉へでかけた
新幹線では山口泉の「旅する人びとの国」をずっと読んでた
13分の朗読のために わたしは でかけたのだ

結婚式での朗読の仕事は 年に2回くらいある
新郎新婦を取材して 一本の詩をつくり 朗読する
仕事なので 宴席には 同席しない

今日はディズニーランドのよこの
おおきな施設のなかの レストランでのパーティ
いつも フェスティバルゲートのデコラティブな様式を
みているので なんだか 帰って来たみたい

朗読が終わって どこにも寄らず
一直線で大阪に戻る
19:00すぎには ココルームにいた

あじの開き定食を食べて
ちょっとブリッジでのライブをのぞいて
雑務を片付けて
今夜ははやくねむろう
明日は 田植!
[PR]

by books131 | 2005-05-28 22:14

直情型変化球

思考と言語化の速度がちがううえに
対話者のことや まわりのことを あれこれ想像しすぎて
何も言えなくなる
こういうタイプの人間は ぐずぐずしてしまうし
なにかと判断を先のばしにしてしまい
結果的に 自分が 被害者のような気持ちになったり
自己嫌悪にさいなまれて しんどくなってしまう

まったく わたしは こーゆータイプだった
いまでも ときどき こんな感じで
自分のことが嫌になることがある
そんなときには 相手をさがしだして
「こう 思うねん」と とことん話していく か
その問題をあたまに置いた状態で
行動として 態度として なにかをやりとげていく か
どちらかしかない
ぐずぐずしてる暇は ない
直情で でも 変化球で 
なんとか 自分なりの責任の果たし方を
それぞれ 身につけていくのだ

自分のきもちを言語化して
相手に話していく という基本的な態度は
実は とってもマナーなんだと思う
それをマナーと呼ばず 和を尊重するのが 
この国のマナーだとされがちだと 思うけど

でも ほんとにね 
自分の立ち位置を明確にして
相手に接する というのは 大事なことなんよね

人前で 朗読をするようになって 
とくに意識するようになった
立ち位置というのは 誇示するものでもないし
執着するものでもない
ただ そこにいることの 自分の意志を明確にするだけなのだ
自分がそこにいて
そこにいる 相手にたいして どう向き合うか 

昼ご飯は またしても 焼きそば定食
黒猫が 焼きそばをねだりにくるので
赤いひもをつけた

黒いからだに 赤いひもは
長いマフラーのようにもみえ
線をたばねた 赤いマントにもみえる

今日から 単衣のきものをきた
陽射しが 夏のいろを帯びてきたから
桃色の単衣には 薔薇が描かれている

4時すぎにココルームをでて 京都へ向かう
打ち合わせをして 
芸術センターで 詩の学校19:00から

明日は 昼一に 会議で
そのあと 阪大の文学部へ向かう予定
哲学の授業に 参加すると思う

あさっては 千葉へ
ディズニーランドのそばへ
15分の朗読仕事のために 新幹線に乗って出かけて行く
結婚式朗読

しあさっては 8:00上本町集合 
奈良の榛原へ田植
[PR]

by books131 | 2005-05-26 14:52

お金の価値

ある人とある人の お金の価値がちがう
そんなのは あたりまえなんだけれど
お金の使い方をとおして その人のことが すこしみえることがある

わたしは おもいきったお金の使い方をしない
というか できない
おもいきったお金を所持していないのもその理由だけど
小心者だからだと 自分では思っている
 
借金もしないかわりに
自分や 誰かに高価なものをあげたりもしない
どちらかというと 冷静に買物をしたいほうだ

この2ヶ月 迷い猫に 多額の治療費を払ったのは
冷静なわりには 素っ頓狂だったかもしれない
この金額は ココルーム常勤である わたしの
1ヶ月の給与をうわまわる
(ココルームの給与って一体 いくらやねん?!
かなり ひどい金額を 想像されるだろうか 
実際のところ ひどい金額です 
すんません 代表のわたしの責任です)

お金で買えないもののひとつに 健康がある
何度か 怪我や病気をしたことがあって
それはそれで 勉強になったけど
そのとき それを受け入れていくのは 難しかった
もし 誰かを怪我させたりしたら
もっと辛いだろうと 思う

そんなふうに 考えると お金というのは
あってありがたいが 過剰に欲しいとは思わなくなった
たとえば コレ買いたい アレ食べたい は あんまりなくて
あそこに行って あの人や あの出来事にであいたいから 旅費が欲しい とか
誰かの役にたったり 誰かの力になれるように この仕事をしたいから
元になるお金が欲しい とか そんな感じです
キモノは いただきもので じゅうぶん 
自分の趣味ではないものもたくさんあるけど それは 新しい自分の発見にもなるし
着こなしていけばいい と思うから
この本を読んで 勉強して そして よい仕事をしていきたいから
本代も必要
このアーティストを応援したいから CDを買って その気持ちをあらわす
CD代も必要
もう ほとんど 音楽を聴く気力はなくて 買ったCDは封も切られず 置いてあるけど
もしくは 一回聴いて なるほど と納得したり 勉強・検証させてもらったりするくらい
気持ちよく 打ち合わせしたいから お茶代も
身動きよくするために 交通費も必要
元気に生活して よい仕事をするために 睡眠のためのお部屋もお布団も必要

でも もし これらを維持するお金がなくなったら
そのとき また お金がなくても それらをおこなえるような方法を
編み出していくしかないよね

と 考えて 
やっぱり 人ぞれぞれ お金の価値はちがうのだな
[PR]

by books131 | 2005-05-25 15:35

現実が夢 

昨日も体調がおもわしくなく
すこし早めに帰宅 24:40

お部屋に帰って 熱いアールグレイをいれて
猫と遊んで 蒲団にはいる

夢をみていた
「詩と思想」社の編集部と 電話でやりとりして
この時代に 「詩」にいったい 何ができるか を 
じゃあ あなたは 何をやってる というのよ と
お互いに 結構苛立たしげに 言い合っている という夢
急に パン と 目が覚めた
体温が低くなっていて 冴え冴えとした 夜明けの空気のなかで
「なんや 夢が現実みたいやなあ
でも 現実の方が 可能性にむかって行動していけるから
夢より現実の方が 楽しいなあ」と 考えている自分を 1メートルほど
離れて みていた
時計をみると 
いつのまにか 2時間ほど 眠っていたようだ
足下で 猫の体温が傾いてくる

窓のむこうの 色がかわりはじめ
鳥の鳴き声がする
急に 走りだしたくなり
本が読みたくなり
仕事したくなった が
おとなしく 眠ることにする
いや 眠らなくてもいい と思った



今日の昼ごはん 焼きそば定食
ココルームから自転車に乗って
でかける区役所 郵便局
高架下の道で トランペット吹きのおじさんにあい
しばらく話をする
ジャズ畑のその人は 自動車事故にあうまで
渡辺貞男とかとやるくらい 腕利きのミュージシャンだったそうだ
事故にあい すべてを失い
こないだ 娘に トランペットを贈られて
稽古をはじめた 
吹けない と 思っていたのに 吹けて
すこしづつ 昔の音をとりもどいしている と言う
「この曲を吹くから それ聴きながら 行ってちょうだい」
吹きはじめたその音は 深くやわらかな音だった

そんな出逢いを経て
機嫌良く自転車をこいでいくと
迷子になり 難波八坂神社をみつけて
あまりに 建物が奇妙なんで 入ってみたりして
なかなか区役所にたどりつけなかった
神社で 散歩にきてたおっちゃんに道を尋ねて 
おっちゃんが 道の工事してる作業員の人に尋ねてくれて
やっと 正しい道のりがわかった
区役所について やっと用事をすませた

ココルームにもどって
原稿書きに追われる
[PR]

by books131 | 2005-05-24 16:09

さわる顔

顔をさわって絵を描いてみる
二次元をさまよう ペン先は
跳躍するきもちで しるしていく

昨日 お部屋に帰って
のぞちゃんに聞いた話を 
こんなふうに とらえた

顔をさわる という 行為は
けっこう めずらしいような気がする
お化粧するときに 触る程度かな
局部的には しょっちゅう 触るかな
おでこをたたいたり
鼻をかんだり
唇をさわって 考え込んだり

今日は 昼いちで 忘れてた仕事を
たったか 片付けて
英語のレッスンをうけて
お客の 岩渕さんと喋って
夕ご飯の仕込みに サラダ2種つくって
夜は 着付け教室

「人類館 封印された扉」という本をネットで購入

地域住民となったいま
この新世界界隈の歴史を知りたい

昔は 動物園に沿って 料亭がならび
300人の芸者さんがいたという
歓楽街として 栄えたこのまちは
生き残るために どんどん姿をかえる
まちは 変わる
まちを 触りたい
[PR]

by books131 | 2005-05-23 18:31

不安定な日曜日

お天気も 雨と曇りをくりかえしていて
体調のすぐれない日曜日
事業報告書を つくろうと 前から手をつけだした
紙切れをだしてきて 再挑戦するものの
うまくいかない
ココルームは 事業数も多いし
やってることが多岐にわたるので
その整理を ふたたびに取りかかる
ほんとは やる前に しとかなあかんことなんだけど

でも こーゆーこと っていうのは
芯がしっかりしていれば
ことばは 後からでも よくて
ともかく やって 
どんな枝葉になり
どんな根をはれるか のほうを 優先している

それにしても 月経前のしんどさが こたえる
もう数日 微熱がおさまらず だるい
このまま3週間くらい ますますひどくなる
わたし 元気なんは 月に1週間程度です

雨の通天閣
降る雨は 地球の表面から つたって土へ もっと中へ
[PR]

by books131 | 2005-05-22 18:09

不安定な日曜日

お天気も 雨と曇りをくりかえしていて
体調のすぐれない日曜日
事業報告書を つくろうと 前から手をつけだした
紙切れをだしてきて 再挑戦するものの
うまくいかない
ココルームは 事業数も多いし
やってることが多岐にわたるので
その整理を ふたたびに取りかかる
ほんとは やる前に しとかなあかんことなんだけど

でも こーゆーこと っていうのは
芯がしっかりしていれば
ことばは 後からでも よくて
ともかく やって 
どんな枝葉になり
どんな根をはれるか のほうを 優先している

それにしても 月経前のしんどさが こたえる
もう数日 微熱がおさまらず だるい
このまま3週間くらい ますますひどくなる
わたし 元気なんは 月に1週間程度です

雨の通天閣
降る雨は 地球の表面から つたって土へ もっと中へ
[PR]

by books131 | 2005-05-22 17:43

まる儲け ぐずぐずする 顧みる

昨日の引越パーティ
通天閣をくぐって 2時間遅刻で 部屋に戻る
途中 bar babyのマスターにあい
いまから 引越パーティだと言うと
「かなちゃん これもっていきないさい」と 冷えたワインを1本持たせてくれた

部屋には まだ 人は集まってなくて
通天閣のネオンが消えそうなころに そろった
アナーキスト 野宿の人 新聞記者 電車の内装をつくる労働者 NPOスタッフ モデル
と まあ 多様な人が集まってくる
野宿の人が あかいツツジをきれいな花瓶にさして プレゼントしてくれた
かつて 西成暴動のはじまった 大よしの の肉まんを買ってきてくれた 
アメリカや 中東の話
赤軍や 中核の話
寄せ場の話 
現代思想の話
ジェンダーの話 と 話題はひろがる
23歳の アナキストのノートには 気になることばとして
「まる儲け ぐずぐずする 顧みる」などと書かれていた
収集つかない

わたしは ときおり もって帰った仕事をしながら
「静かにしなさいよ」と 妹たちを怒る

階下から 静かにしてくれと怒られ
27時すぎに 蒲団にはいった

今日は 12時にココルームに来て
けっこう ぐったりした気分で 昼ご飯の用意
ゴーヤチャンプルをつくる
橘さんが カフェを手伝いにきてくれて
わたしとわたるくんは 大槻能楽堂へ
「鉢木」をみる
途中 眠ったりもしたけど
能は いいなあ ほんとに

いまから 3Fの 4デシリットルで
「旧杉山さんちにいこう」の報告会に出席
[PR]

by books131 | 2005-05-21 18:19

悩む力

この本を読みなさい と 手渡された
「悩む力」
ぺてるの家 という 精神障害を持つ人がつどい
事業をたちあげる様子を描いた本だと 言う

その人が くりかえし 読んだのだろう

わたしは その白い表紙の本を
机のうえに積み上げ
もう何冊もそうして 積み上がっている本を
読めないことを くやしくおもってる

ロジックがほしいん
あたらしく 強いことば
[PR]

by books131 | 2005-05-20 17:06