<   2004年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

スカッと念仏

12/5 小松市の
スカッと念仏 の本光寺さん
トップ頁に掲載してくださっています

http://www.geocities.jp/honkojibb/
[PR]

by books131 | 2004-11-29 23:33

寝袋とスーツケース

明日から ツアーにはいるので
準備しなくちゃ ね

金沢では やっぱり寝袋が必要らしくて
あとで 買物にいかなくちゃ

スーツケースにいろいろ 詰めなくちゃね

今日は Lマガジンさん 取材をうけて
助成金の申請書を1本 書こうとおもっている
できるかな
[PR]

by books131 | 2004-11-29 12:01

ブリあら大根と ほっけの開き

柏原市の 山間で
すすきの枯れたのや せいたかあわだちそう
土のにおい 山のにおいのなか

アフガンの手掘り方式でつくった 井戸
ポンプを押すと 水が じゃぶじゃぶ でる

今日は その井戸の完成式

井戸掘りを指揮した 蓮岡くんの書いた 童話を
朗読するのが わたしの仕事

こどもたち そのお父さん お母さん
作業を手伝った おじさんたち
ずっと 記録している 写真家のおじさん
取材をつづけている 若い記者さん
学校の先生を退職されたご婦人
総勢 40名ちかくいらっしゃっただろうか

だだ広い 雑草のはえた 地面に
敷物を敷いて座る人 
座れなくて立っている人
音響もないので
わたしは 心配だった

飼われているウコッケイ(鶏ね)が
ときおり ココココッケコッコ と鳴き声をだす

けれど みなさん とても集中してくださっていて
終わってから「ちょっと 感動した」と
地下足袋のおじさんたちに言われたのは
うれしいこと

帰って ブリあら大根をたいて
ホッケの開きを焼いて 家族みたいに
remoの スタッフの人 うちのスタッフと食卓を囲み
また 仕事をはじめる

いろいろと お客さんがきたりして
はかどらなかったのだけれど
まだ 山の色が 体に残っている
[PR]

by books131 | 2004-11-29 00:04

JR移動つづく

今日は JR大和路線に乗る
きのうは 草津まで行ったし ね

12月には 名古屋 金沢間を しらさぎ7号という特急に乗るの
電車好きみたいね

いまから こどもたちに 童話を朗読しに
柏原市にいってきます
[PR]

by books131 | 2004-11-28 12:07

紅葉狩り

今日は朝から JRに乗って 栗東市まででかけた
車窓の 山々の色のうつくしいこと

秋の絨毯のような色合いに
つめたい空気が この色をつくるのだと思い
冷え込むのもまた 自然からの贈り物なのかな と思う

草津の駅で 主催者さんに迎えにきてもらう
はじめて この駅に降り立った
いわゆる 都市と都市を結ぶ都市として
この町が発展しているのが なんとなくわかる

立派なホテル
いくつかのショッピングモール
工事中の駅前

栗東市では「青少年育成大会」
まさに 大会 と書かれた看板
わたしは 基調講演を担当

まわりの方々から「先生」と呼ばれる
「先生 お茶どうぞ」とか

この数年 この呼ばれ方にも
すこしづつ慣れてもよさそうなのに 慣れないのである

150名ほどの方が座っていらっしゃる
高齢の方 ビジネスマン 孫 若い人の姿もちらほらみえる
(かり出されたのだろうなあ)

演台でわたしは 喋る
高齢の方は うんうんと頷きながら 話をきいてくださり
最後に 朗読をして しめて 1時間5分

さすがにくたくたになって 
迎えにきてもらったタクシーで
ふたたび 草津駅へ

どうしても コーヒーが飲みたくなって
駅前の ちいさなコーヒー店に入る
ミスタドーナツやマクドじゃなくて 
普通の喫茶店に座りたかった

お客はひとりもいなくて
カウンターだけの店は 普段なら
仕事の行き帰りにビジネスマンが座っていそうだが
今日は 土曜なので すいているのだろう

初老のご婦人がひとり カウンターのなかにいる

なぜか 彼女は 私に興味をもったようで
はなしがはじまった

詩人という仕事
経営者としての毎日の話

彼女の話を聞いた

2年前に 夫がなくなって
しばらく自分がひきつぎ
結局 息子が 仕事をやめて 跡をつぎ
息子が店を切り盛りするようになり
お互いの考えはすこし違うので
すっかり息子にまかして
今は お手伝いのような立場なのだとおっしゃる

今日は 留守番みたいなもんなんですよ

その留守番の日に わたしが 腰をおろさせてもらったのだ

ゆっくりと 話したあと
玄関の外まで見送ってくださって
草津を離れた

紅葉のしたで 紅葉をみたわけではない

けれど
なんとはなしに ほっと あたたかい色が広がって
紅葉狩りをしたような心地で 電車に乗り込んだ

車内は混雑していて  休日移動ムード
立っていたら
無言で 鞄を おじさんにひっぱられた
鞄は隣の空いた席に置かれ わたしは座らせてもらった

いろんな人に助けられる日

大阪駅から環状線にのりかえた
ビルのむこうに
おっこちそうな 大きな 紅葉のようにあかい月が見えた
[PR]

by books131 | 2004-11-27 19:05

人生のトラブルは マフラーか

今日は 早起きしてココルームへ来て
雑務を片付けるべく
マシンをたちあげた

夜には DBにいき「キモノでいこう コンテンポラリーダンス」
大野一雄 宇宙と花

ココルームでは PPPPライブ
今夜はオープンマイク枠もある
今からでも 参加可能

明日は 午前からでかけて
栗東市の青少年育成のための基調講演
あさっては 松原市で 童話の朗読

30日から名古屋のKDハポンで ライブ
そのまま 東京の人ととうちあわせ
名古屋で泊まって 翌日 金沢入り
怒濤の 名古屋・北陸ツアーである

自分が舞台にたつ明日からの日々と
今日のような 舞台を鑑賞するのが仕事だったりすると
今日という日が なんとも やわらかい感じに思えるのだ

もちろん 舞台を鑑賞する もしくは 出来事を目撃することで
フラフラになるほど 揺さぶられることも 多々あるのだが

いずれにせよ
トラブルの多いこの数年は
トラブルの発生しない穏やかな日が どうも 絵空のようで
ものたりない というか
いつまで この穏やかがつづくのか 不安になるというか

まるで 冬の日のマフラーみたいで
ないと 首筋がなんとなく ものさみしかったりする

いえいえ トラブル中毒になってるわけではないのよ

毎晩 眠る前に
ゆっくりと 息をはき からだのなかを
水が通るようなイメージをもつ
何度か繰り返すと 

自分が何者でもなく
こだわるものなど何も無いことがわかる
活動しているときの あの 高揚感も緊張感もなくなって
ただ そこに立っていることが うれしい 

自然と笑みがこぼれる

トラブルのマフラーではなく
そのとき 生きていること自体のマフラーに包まれた
気持ちになる

朝になると すっかり そんなことも
忘れるのだけれど


  
[PR]

by books131 | 2004-11-26 13:33

間違いの荷物で起こされ 銀行に行って審査される

今日は 宅急便屋さんから起こされた

宛先はわたし 
入っている書面もわたし宛
けれど わたしのものではないパソコンが入っている

間違いですよ と連絡をとるのに時間をとられ
ともかく ココルームへ

銀行にNPO法人の口座をつくりにいった
審査されるので
もう数日かかると いわれ
なるほど オレオレ詐欺とか いろいろ諸問題が
銀行でも口座開設は問題となっているらしい
審査かあ 審査ねえ

天王寺のりそな銀行前の
ビックイシュー販売員の方に挨拶にいく
元気そうな顔で よかった

エメスズキさんとの待ちあわせは中津
はやく到着しすぎて 猫のたくさんいる公演で
あさっての講演のレジメを書く

エメさんと一緒に 「itohen」に行く
12/15の 本とおどるるるるの打ち合わせをして
ココルームにもどる

小芋のたいたんとか おばんざい夕ご飯をつくってたべ
ちらしをつくったり
JRの切符の手配をしたり
ばたばたと年賀状の準備など話したりしながら

今日も明け暮れてゆく
[PR]

by books131 | 2004-11-25 22:08

ビーズ刺繍の半襟

昼に ココルームにつくと
メールチェックして 豆腐チャンプルーをつくって食べて
「大阪ジプシー」うちあわせに入る

ココルームは
当分 何とはなしに ばたばたしている
法人化にともなう 申請・労務・税務などの事情による

すこし エキセントリックな雰囲気もありつつ
それぞれが 仕事に励んでいる

母につくってもらった ビーズの刺繍入りの半襟

こういう 手作りのものをつくる時間がないので
たいへん ありがたい

ときどき 事務所で 半襟の縫い付けをするのが
わたしの精一杯の手仕事

***

金沢の新聞にツアーのことを
とりあげてもらえるようで うれしい電話があって

詩の学校にいって
詩をつくって
ココルームに帰って
仕事して 今日もまた 時間が足りない 
[PR]

by books131 | 2004-11-25 00:49

大野一雄と 花

今日のココルームは
有名なシンセサイダーの人が
世界から集まってきているらしい
外人率高し

お隣のremoでは 大野一雄 宇宙と花

可憐な映像がかかっているというのに
それを見に行く事もかなわず
仕事だらけ

原稿と 段取と 仕事の分担をわりふりながら
ときどき 舞台の進行を気にかけながら
頭がずきずきしている

北陸ツアーの概要がほぼかたまり
あとは 情宣にちからをいれること

いま 宇宙は どのあたりで 咲いているのだろう
[PR]

by books131 | 2004-11-23 17:18

着付け教室2回するの巻

今日は 2回も着付け教室をするはめになってしまい
へんな日でした

こないだ 作家の大倉さんの
展覧会にいって 写真を撮ってもらったの
とてもかわいい感じなので アップします
a0015380_21503834.jpg

[PR]

by books131 | 2004-11-22 21:50