カテゴリ:分類不可能な芸術活動について( 1 )

神戸映画資料館

グル・ダットを見るか見ないかは人生の問題である。
だが、いったんグル・ダットを見てしまうと、映画が人生の問題を遙かに超えてしまうことに誰もがたじろがざるをえない。
そのたじろぎも知らず、やたらに人生や映画のまわりをうろうろしてほしくない。
 蓮實重彦(映画評論家)


グル・ダット傑作選
2008年12月20日(土)〜23日(火・祝)

「グル・ダットは天才であり、『渇き』は傑作である。この歌謡映画を見て背筋に震えが走らなければ、あなたは映画とは無縁の存在だ。その抒情の鮮烈さにおいて『シェルブールの雨傘』などを遙かに超えている。最良のダグラス・サーク、最良の成瀬巳喜男だけが『渇き』のグル・ダットにかろうじて拮抗しうるだろう。」
 (蓮實重彦・映画評論家)[「季刊リュミエール12 1988夏」より抜粋]

1988年、「大インド映画祭」での『渇き』日本初上映の衝撃から2001年の「グル・ダットの全貌」(10作品)の巡回上映で、映画ファンを驚愕させたグル・ダット監督。彼の傑作3本を数年ぶりにスクリーンで堪能できる貴重な機会をお見逃し無く。
フィルム・写真提供及び協力:国際交流基金
協力:(財)国際文化交流推進協会(エース・ジャパン)


「表か裏か」AAR PAAR
(インド/1954/140分/35mm)

「渇き」PYAASA
(インド/1957/145分/35mm)

「紙の花」KAAGAZ KE PHOOL
(インド/1959/148分/35mm)

http://kobe-eiga.net/program/
[PR]

by books131 | 2008-12-20 22:11 | 分類不可能な芸術活動について