カテゴリ:未分類( 2365 )

ブログの更新をフェイスブックに移行していきたいと考えています

IT関係にくわしくないのですが
日々ブログと フェイスブックの ふたつの管理にしんどくなってきました
そろそろ 移行を考えています
http://www.facebook.com/kanayo.ueda
[PR]

by books131 | 2012-02-07 13:30

関電前 若者座り込み 11/11/14

映像があがっています!

http://www.ustream.tv/recorded/18520132
[PR]

by books131 | 2011-11-16 17:30

「こころもたねとして」いつの間にか大阪市立図書館に所蔵されていました!

「こころもたねとして」いつの間にか大阪市立図書館に所蔵されていました!
http://www.oml.city.osaka.jp/internet/japanese/
[PR]

by books131 | 2011-11-14 18:01

ダニーさんの「瞬間の永遠」

瞬間の永遠

この2011年は、私の人生の中で、大きな二つのことが、鋭い対比を示す年になりました。この日本で働き、作り、学ぶという私が長いあいだ夢みていたことが実現しました。
これまでの旅の間、私は多くの思いやりがあり、親切で心温かい人々に出会い、助けられてきました。私しばしば自分自身に問いかけています:私はこのような親切を受けるに足りるのだろうか。

3月に大地震と津波が東北地方を襲い、大切な友人であった かずよと彼の家族にはもはや会えなくなってしまいました。その何ヵ月後には、予期せず私の父が亡くなりました。私たちは再び語り合うことができません。

私はこれまで日本を理解し、発見する旅に時間を費やしてきました。そして、日本の人々と文化について学ぼうとすることが、私自身についても多くのことを学ぶことになると気づき、驚いています。

この瞬間の永遠によって、私が愛し始めているこの国の人々、これまで私を歓迎していただいたすべての人々に対して敬意を表したいと思います。


Transient Eternity

2011 has been a year of sharp contrasts in my life. The realization of a long-lasting dream, I am working, creating, and learning here in Japan.
During this journey I have met many generous, kind, and warmhearted people who have eased my path. My heart often has raised the question: why do I deserve such kindness.

On March the Tōhoku earthquake and tsunami struck the northeast part of Japan and destiny dictated that I would not be able to meet anymore my very dear friend Kazuyo and his family. Months later my father passed away unexpectedly. We will be not able to talk again.

My time in Japan has been a journey of understanding and of discovery. While I thought I would be learning about Japanese people and culture, I am struck by how much I am learning about myself.

Transient Eternity is in homage to all the people that have welcome me in this land that I come to love.

秋 の 小 旅 行 2011 瀬 戸 市
http://little-trip-with-art.jimdo.com/
http://little-trip-autumn.blogspot.com/
--
[PR]

by books131 | 2011-11-09 11:12

えんがわ茶屋 こころぎ

えんがわ茶屋 こころぎ
イベントスケジュール 2011年11月
=イベントは基本的にすべて無料、カンパ歓迎=

11月2日(水)2時~3時 こてがわさんのフェルデンクライス教室 ぶらぶらとからだをうごかしながらリラックス。
11月10日(木)2時~3時 こてがわさんのフェルデンクライス教室 たのしくからだをうごかしながらリラックス。
11月11日(金)9時~お昼頃 釜ヶ崎の本の日 知っているようで案外知らないわが町のこと。昔の本から、最近でた新しい本まで。
11月18日(金)9時~お昼頃 LPレコードを聴く日 歌謡曲、映画音楽、浪曲、シャンソン、クラシックなどなど。こころぎにはいろんなレコードがあります。
11月21日(月)10時~11時頃 鍵盤ハーモニカの日 みんなが知ってるあんな曲やこんな曲。生で演奏します。
11月23日(水)10時~ 鍋の日 鍋のおいしい季節になってきました。みんなでつくっていただきます。
11月25日(金)2時~3時 こてがわさんのフェルデンクライス教室 無理なくからだをうごかしながらリラックス。
11月28日(月)10時~11時頃 懐かしい映像を見る日 昭和の歌謡曲や思い出の番組。
11月30日(水)2時~3時 こてがわさんのフェルデンクライス教室 のんびりとからだをうごかしながらリラックス。
えんがわ茶屋こころぎは、みんなが集える交流スペースです。モーニングもあります。気軽にお立ち寄りください。またみなさまのこころぎのありかたについてのご意見もぜひおきかせください。
大阪市西成区萩之茶屋2丁目7-7 支援ハウス路木 えんがわ茶屋こころぎ
[PR]

by books131 | 2011-10-25 16:06

10/12 ココルーム折りボランティア募集

10/12水 ココルームでは 
14日のシンポのための 折りボランティアを募集しています

すこしの時間でもけっこうですので
お暇なかたは お手伝いおねがいします
[PR]

by books131 | 2011-10-11 23:15

OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムin大阪

http://www.kama-media.org/japanese/blog/2011/09/oca-npoin.html


OCA!シンポジウム&
全国アートNPOフォーラムin大阪

●「OCA(Osaka Community Art)!」とは
全国で「アートプロジェクト」が大流行し、コミュニティアートということばを耳にするようになりました。けれど、コミュニティアートとはいったい何なのでしょう。
東日本大震災、原発の問題、世界の飢餓や貧困など、同時代を生きるわたしたちは、ちょっとづつ勇気をだしあい、対話を重ねたいと思います。
講師や参加するみなさんとともに、実際に地域のなかでワークショップの現場を体験し、全国・世界各地とのネットワークをこころみ、ともに学ぶ機会をもち、アートを通してわたしたちが社会とどのように関わることができるかを考えます。
OCA!は、大阪市現代芸術創造支援事業として実施しています。

●全国アートNPOフォーラムとは?
アートが多様な価値を創造し、社会を変革する力を持つ社会的な存在であるとの認識をもとに、社会を取り巻く課題やアートをめぐる環境について、アートNPOや市民らが集いみんなで討論するフォーラム。2003年、第1回全国アートNPOフォーラムin神戸を皮切りに、札幌市、前橋市、別府市など全国各地で開催しています。http://arts-npo.org


***************

OCA!シンポジウム

日時:2011年10月14日(金) 13:00~16:15
会場:飛田会館
   大阪市西成区山王3-1-13 ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄動物園前2番出口を出て、動物園前商店街を抜け、左側喜久屋(衣料店)の角を左折し、新開筋商店街を進み、右側永和信用金庫を右折すると左にあります。徒歩約10分。
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
12:30 開場
13:00 はじめに
13:10 公演|こころのたねとして2011 釜ヶ崎・飛田・山王 詩の朗読
    釜ヶ崎・飛田・山王に暮らすひと、足を運ぶひと。人生についての聞きとりから生まれた詩を、作者の声で朗読します
    朗読:谷川俊太郎、SHINGO☆西成、岩淵拓郎、佐久間新、岩橋由莉、kit garchow、上田假奈代、植田裕子、岡本マサヒロ、地域の人々・こたねワークショップ参加者、ほか
14:10 休憩
14:25 シンポジウム|ここで出会う、出会いなおす
    自分たちの手で自分たちの言葉や暮らしを紡ぐことについて、考えるためのシンポジウムです
    谷川俊太郎×平田オリザ×栗原彬
16:00  おわりに
16:15 終了予定


<プロフィール>
谷川俊太郎(詩人)
1931年、東京生まれ。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。2009年11月、釜ヶ崎を来訪。1月23日シンポジウムにて、釜ヶ崎を歩いた詩「路上」を発表。

平田オリザ(劇作家)
あらゆる分野の批評、随筆などを執筆。ワークショップ、各自治体やNPOと連携した演劇教育プログラムの開発など、多角的な演劇教育活動を展開。現在、内閣官房参与、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授、四国学院大学客員教授ほか。

栗原彬(政治社会学者・立命館大学教授)
1936年栃木県生まれ。少年期病で余命半年の宣告を受け、引きこもりで馬の絵を描く。東京大学卒業後、商事会社に4ヶ月勤め、大学院で学び、60年代ニューヨーク留学など永い学問修業時代を送る。安保闘争~学園闘争に遭遇。水俣、および山形県高畠と関わる。

SHINGO☆西成(ラップミュージシャン)
「今に見とけよ!」精神と冷静な視点、「間」を活かした独自のソウルフルな「べしゃり芸」は、関西シーンの中で突出。KREVA、香西かおり、大西ユカリ、赤井英和などとの競演が示す資質、ユニークであったかい人間性ゆえに、“ジャンルを超えた存在”として注目されるラップミュージシャン。

岩淵拓郎(メディアピクニック)
1973年宝塚市生まれ。演劇→バンド→パフォーマンス→執筆→編集→美術→料理→ブログ→批評(イマココ)。
http://www.mediapicnic.com/

佐久間新(舞踏家)
1968年大阪生まれ。二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワ舞踊家のベン・スハルトさんに出会い、自分のご先祖さまに会ったと直感する。その後、ジャワへの留学を経て、現在は山里に暮らしながら、からだの可能性を問い直している。



全国アートNPOフォーラムin大阪 一日目

日時:2011年10月15日(土) 13:30~18:30
会場:大阪市立大学 西成プラザ 
   大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル(100円ショップFLETS)3F ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅七番出口あがって南側、JR環状線 新今宮駅東出口から南西に渡って南へすぐ。100円ショップFLETSの店内入って右側の鉄の扉をあけて、3Fへ。
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
釜ヶ崎をあるく(まち歩き)(10:30ココルーム集合/参加費別途500円/昼食代別途/要予約限定20名)
13:00 受付開始
13:30 はじめに
13:45 大阪の事例報告|OCA!をふりかえって、それでね 上田假奈代
14:30 休憩
14:45 OCA!&全国アートNPOフォーラムin大阪|「芸術文化で自治、創造するねん。」
    自治をキーワードに、参加者の皆さんとともに、大阪の芸術文化のこれまでとこれからを考えます
    ミニトーク(15分×3本)をはさみます
     トーク1「エエ線いってた!? 大阪の文化政策」 吉澤弥生
     トーク2「大阪市立近代美術館がめざす、あたらしい美術館のカタチ」 菅谷富夫
     トーク3「大阪でアーツカウンシルをつくる会による、政策提言」 山口洋典
18:15 おわりに
18:30 終了予定


<プロフィール>
吉澤弥生(NPO法人recip代表理事)
大阪大学人間科学研究科特任研究員/NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト[recip]代表理事。大阪大学大学院修了、博士(人間科学)。専門は芸術社会学。労働、政策、運動、地域の視座から現代芸術を研究。

菅谷富夫(大阪市立近代美術館建設準備室研究副主幹)
1958年生まれ。編集者を経て、1990年財団法人滋賀県陶芸の森学芸員。1992年大阪市立近代美術館建設準備室学芸員、2010年より研究副主幹。近代デザイン、写真、現代美術などの分野を担当する一方、美術館のコンセプト作りや建物の概要などの取りまとめを行う。

山口洋典(應典院寺町倶楽部事務局長)
1975年静岡県磐田市生まれ。学生時代、阪神・淡路大震災、地球温暖化防止京都会議など「仕組みと仕掛け」をつくる実践に携わる。2006年に得度、浄土宗宗徒に。東日本大震災に立命館災害復興支援室などから支援活動を展開中。

上田假奈代(詩人)
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを行う。01年「詩業家宣言」し、全国で活動をつづける。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマにアートNPOを設立。大阪市立大学都市研究プラザ研究員、NPO法人ココルーム代表。



全国アートNPOフォーラムin大阪 二日目

日時:2011年10月16日(日) 10:00~18:00
会場:大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室
   大阪市中央区南船場3-4-26 ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄「心斎橋」下車約260メートルまたは「長堀橋」下車約290メートル、クリスタ長堀 北7番または北5番出口すぐ
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
09:30 受付開始
10:00 クロストーク「震災とアート、自治」
    対談:中川幾郎×新川達郎
    阪神淡路と東日本と2つの大震災の経験をもとに、自治とアートを巡る環境の変化に視点を向け、
    表現と地域ガバナンスの未来を展望します
12:00 休憩
13:30 トーク「NPOのキャパシティビルディング」金村俊治
    社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくために、
    NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)について、ワークショップを交えて深めます
14:30 休憩
15:00 全体フォーラム「震災とアートNPO、これからの社会へ ~自治を再発明する」
17:30 おわりに
18:00 終了予定


<プロフィール>
中川幾郎(帝塚山大学法政策学部公共政策学科教授)
大阪府生まれ。豊中市役所勤務を経て、帝塚山大学法学部で教鞭をとる。行政学、地方自治論、都市政策など幅広く、さまざまな研究活動を行う。日本文化政策学会会長、自治体学会代表運営委員、日本コミュニティ政策学会副会長、文化経済学会理事、滋賀県文化審議会座長代理、大阪府文化振興会議委員などを務める。

新川達郎(同志社大学大学院総合政策科学研究科教授)
早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程を経て、1993年から東北大学大学院情報科学研究科助教授、1999年に同志社大学大学院総合政策科学研究科教授に転任して現在に至る。専門は、行政学、地方自治論、公共政策論であり、著書に『コミュニティ再生と地方自治体再編』(共編著)や『公的ガバナンスの動態研究』(編著)、『持続可能な地域形成のためのガバナンス』(共編著)などがある。

金村俊治(パナソニック株式会社社会文化グループ参事)
1981年松下電器産業入社。日本でマーケティング、商品企画、経営企画、広報などの仕事に携わる。2003~05年中国でコーポレートコミュニケーション(広報・企業宣伝・社会貢献)担当責任者。2007年より現職。企業市民活動(社会貢献活動)の専門部署でPanasonic NPOサポートファンドなどNPOのキャパシティビルディング支援を担当。http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/


<ご予約・お問い合わせ>
アートNPOリンク forum2011@arts-npo.org
☎080-2444-6322
ご予約のさいには、名前、所属、電話番号、メールアドレス、参加日を明記してください

★3日間、会場内に「こどもコーナー」をつくります。専門のスタッフはつきませんが、ご了承ください。
★14・15日は、会場内に「ココルームカフェ」がオープンします。
*内容は、予期せぬ事由により予告なく変更になる場合があります。



***************

「こころのたねとして」ワークショップ

「こころのたねとして」は他者に人生についての聴き取りをおこない、そこから詩をつくる手法。言葉として、声としてあらわし、お互いの人生に出会いなおす試みです。今回は、釜ヶ崎のまちに生き、働き、暮らすひととアーティストとともにつくります。

会場:カマン!メディアセンター(ココルームむかい)
参加費:無料 申込不要
日時:
2011年
8月30日(火)16:00~18:00
9月6日(火)19:00~21:00
9月17日(土)16:00~18:00
10月2日(日)16:00~18:00
*ワークショップは1回だけの参加が可能です

***************

OCA!ワークショップ

西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。ワークショップの前後にココルームにて講師とともにお話する時間をもちます。

集合:ココルーム
参加費:無料 要申込
*ワークショップは続けての参加が望ましいですが、1回だけでも参加可能です
講師:北村成美(ダンス)
ワークショップはこどもの里でおこないます
日にち:2011年8月28日(日)、9月25日(日)、10月23日(日)、11月20日(日)
時間:各日 15:30~18:30

講師:岩橋由莉(表現教育)
ワークショップは山王こどもセンターでおこないます
日にち:2011年11月11日(金)、11月25日(金)、12月9日(金)
時間:各日 16:00~19:00


<講師プロフィール>
岩橋由莉(表現教育実践家)
ドラマスペシャリスト、表現教育家。演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していくプログラムを独自に開発する。劇団ひまわりや玉川大学など様々な機関での講師を経て、ユニークで楽しい五感を使うワークショップを日本各地で展開。http://haraiso.com
 
北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。


<ワークショップのご予約・お問い合わせ>
557-0001 大阪市西成区山王1-15-11 ココルーム
Mail:info@cocoroom.org
Tel&Fax:06-6636-1612


***************

主催:大阪市(14日、ワークショップ)、全国アートNPOフォーラム2011in大阪実行委員会(NPO法人アートNPOリンク)(15日、16日)
企画運営:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
特別協賛:アサヒビール株式会社(14日)
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団、財団法人文化・芸術による福武地域振興財団 (14日)
協賛:株式会社資生堂(15、16日)、トヨタ自動車株式会社(15、16日)
宣伝美術:鮮デザイン
協力:大阪市立近代美術館(仮称)建設準備室、大阪市立大学都市研究プラザ、大阪でアーツカウンシルをつくる会


**
OCA!シンポ&全国アートNPOフォーラム(10/14~10/16)の宿泊が10%オフ!!
ホテル予約時に「ココルームの紹介で」とお伝えください
部屋の大きさによって値段が変わる場合があります

●ホテル オアシス TEL 06-6647-6130 http://www.chuogroup.jp/oasis/
金・日 3200円→2880円  土 3700円→3330円
●ホテル セレーネ TEL 06-6647-2758 http://www.chuogroup.jp/selene/
金・日 3300円→2970円  土 3800円→3420円
*この値段から10%オフとなります

●ホテル ミカド TEL06-6647-1355  http://www.chuogroup.jp/mikado/
一般:2100円(和室)→1890円 2300円(洋室)→2070円
学生:2100円(和室)→1500円 2180円(洋室)→1700円

*各ホテル全室インターネットあります

●この他にもホテルはいろいろあります。下記を参考にしてください
http://www11.ocn.ne.jp/~otomari/oig/jp/hotels.htm
[PR]

by books131 | 2011-09-11 00:03

第二回 路上文学賞

http://twitter.com/#!/ro_bun
[PR]

by books131 | 2011-09-07 12:52

OCA!シンポジウム&全国アートNPOフォーラムin大阪


OCA!シンポジウム&
全国アートNPOフォーラムin大阪

●「OCA(Osaka Community Art)!」とは
全国で「アートプロジェクト」が大流行し、コミュニティアートということばを耳にするようになりました。けれど、コミュニティアートとはいったい何なのでしょう。
東日本大震災、原発の問題、世界の飢餓や貧困など、同時代を生きるわたしたちは、ちょっとづつ勇気をだしあい、対話を重ねたいと思います。
講師や参加するみなさんとともに、実際に地域のなかでワークショップの現場を体験し、全国・世界各地とのネットワークをこころみ、ともに学ぶ機会をもち、アートを通してわたしたちが社会とどのように関わることができるかを考えます。
OCA!は、大阪市現代芸術創造支援事業として実施しています。

●全国アートNPOフォーラムとは?
アートが多様な価値を創造し、社会を変革する力を持つ社会的な存在であるとの認識をもとに、社会を取り巻く課題やアートをめぐる環境について、アートNPOや市民らが集いみんなで討論するフォーラム。2003年、第1回全国アートNPOフォーラムin神戸を皮切りに、札幌市、前橋市、別府市など全国各地で開催しています。http://arts-npo.org


***************

OCA!シンポジウム

日時:2011年10月14日(金) 13:00~16:15
会場:飛田会館
   大阪市西成区山王3-1-13 ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄動物園前2番出口を出て、動物園前商店街を抜け、左側喜久屋(衣料店)の角を左折し、新開筋商店街を進み、右側永和信用金庫を右折すると左にあります。徒歩約10分。
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
12:30 開場
13:00 はじめに
13:10 公演|こころのたねとして2011 釜ヶ崎・飛田・山王 詩の朗読
    釜ヶ崎・飛田・山王に暮らすひと、足を運ぶひと。人生についての聞きとりから生まれた詩を、作者の声で朗読します
    朗読:谷川俊太郎、SHINGO☆西成、岩淵拓郎、佐久間新、岩橋由莉、kit garchow、上田假奈代、植田裕子、岡本マサヒロ、地域の人々・こたねワークショップ参加者、ほか
14:10 休憩
14:25 シンポジウム|ここで出会う、出会いなおす
    自分たちの手で自分たちの言葉や暮らしを紡ぐことについて、考えるためのシンポジウムです
    谷川俊太郎×平田オリザ×栗原彬
16:00  おわりに
16:15 終了予定


<プロフィール>
谷川俊太郎(詩人)
1931年、東京生まれ。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。2009年11月、釜ヶ崎を来訪。1月23日シンポジウムにて、釜ヶ崎を歩いた詩「路上」を発表。

平田オリザ(劇作家)
あらゆる分野の批評、随筆などを執筆。ワークショップ、各自治体やNPOと連携した演劇教育プログラムの開発など、多角的な演劇教育活動を展開。現在、内閣官房参与、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授、四国学院大学客員教授ほか。

栗原彬(政治社会学者・立命館大学教授)
1936年栃木県生まれ。少年期病で余命半年の宣告を受け、引きこもりで馬の絵を描く。東京大学卒業後、商事会社に4ヶ月勤め、大学院で学び、60年代ニューヨーク留学など永い学問修業時代を送る。安保闘争~学園闘争に遭遇。水俣、および山形県高畠と関わる。

SHINGO☆西成(ラップミュージシャン)
「今に見とけよ!」精神と冷静な視点、「間」を活かした独自のソウルフルな「べしゃり芸」は、関西シーンの中で突出。KREVA、香西かおり、大西ユカリ、赤井英和などとの競演が示す資質、ユニークであったかい人間性ゆえに、“ジャンルを超えた存在”として注目されるラップミュージシャン。

岩淵拓郎(メディアピクニック)
1973年宝塚市生まれ。演劇→バンド→パフォーマンス→執筆→編集→美術→料理→ブログ→批評(イマココ)。
http://www.mediapicnic.com/

佐久間新(舞踏家)
1968年大阪生まれ。二十歳の頃、流れる水のように舞うジャワ舞踊家のベン・スハルトさんに出会い、自分のご先祖さまに会ったと直感する。その後、ジャワへの留学を経て、現在は山里に暮らしながら、からだの可能性を問い直している。



全国アートNPOフォーラムin大阪 一日目

日時:2011年10月15日(土) 13:30~18:30
会場:大阪市立大学 西成プラザ 
   大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル(100円ショップFLETS)3F ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅七番出口あがって南側、JR環状線 新今宮駅東出口から南西に渡って南へすぐ。100円ショップFLETSの店内入って右側の鉄の扉をあけて、3Fへ。
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
釜ヶ崎をあるく(まち歩き)(10:30ココルーム集合/参加費別途500円/昼食代別途/要予約限定20名)
13:00 受付開始
13:30 はじめに
13:45 大阪の事例報告|OCA!をふりかえって、それでね 上田假奈代
14:30 休憩
14:45 OCA!&全国アートNPOフォーラムin大阪|「芸術文化で自治、創造するねん。」
    自治をキーワードに、参加者の皆さんとともに、大阪の芸術文化のこれまでとこれからを考えます
    ミニトーク(15分×3本)をはさみます
     トーク1「エエ線いってた!? 大阪の文化政策」 吉澤弥生
     トーク2「大阪市立近代美術館がめざす、あたらしい美術館のカタチ」 菅谷富夫
     トーク3「大阪でアーツカウンシルをつくる会による、政策提言」 山口洋典
18:15 おわりに
18:30 終了予定


<プロフィール>
吉澤弥生(NPO法人recip代表理事)
大阪大学人間科学研究科特任研究員/NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト[recip]代表理事。大阪大学大学院修了、博士(人間科学)。専門は芸術社会学。労働、政策、運動、地域の視座から現代芸術を研究。

菅谷富夫(大阪市立近代美術館建設準備室研究副主幹)
1958年生まれ。編集者を経て、1990年財団法人滋賀県陶芸の森学芸員。1992年大阪市立近代美術館建設準備室学芸員、2010年より研究副主幹。近代デザイン、写真、現代美術などの分野を担当する一方、美術館のコンセプト作りや建物の概要などの取りまとめを行う。

山口洋典(應典院寺町倶楽部事務局長)
1975年静岡県磐田市生まれ。学生時代、阪神・淡路大震災、地球温暖化防止京都会議など「仕組みと仕掛け」をつくる実践に携わる。2006年に得度、浄土宗宗徒に。東日本大震災に立命館災害復興支援室などから支援活動を展開中。

上田假奈代(詩人)
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを行う。01年「詩業家宣言」し、全国で活動をつづける。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマにアートNPOを設立。大阪市立大学都市研究プラザ研究員、NPO法人ココルーム代表。



全国アートNPOフォーラムin大阪 二日目

日時:2011年10月16日(日) 10:00~18:00
会場:大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室
   大阪市中央区南船場3-4-26 ☎080-2444-6322(当日)
行き方:地下鉄「心斎橋」下車約260メートルまたは「長堀橋」下車約290メートル、クリスタ長堀 北7番または北5番出口すぐ
参加費:1,000円(経済的にしんどい方は無料でけっこうです) 要申込


<タイムスケジュール>
09:30 受付開始
10:00 クロストーク「震災とアート、自治」
    対談:中川幾郎×新川達郎
    阪神淡路と東日本と2つの大震災の経験をもとに、自治とアートを巡る環境の変化に視点を向け、
    表現と地域ガバナンスの未来を展望します
12:00 休憩
13:30 トーク「NPOのキャパシティビルディング」金村俊治
    社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくために、
    NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)について、ワークショップを交えて深めます
14:30 休憩
15:00 全体フォーラム「震災とアートNPO、これからの社会へ ~自治を再発明する」
17:30 おわりに
18:00 終了予定


<プロフィール>
中川幾郎(帝塚山大学法政策学部公共政策学科教授)
大阪府生まれ。豊中市役所勤務を経て、帝塚山大学法学部で教鞭をとる。行政学、地方自治論、都市政策など幅広く、さまざまな研究活動を行う。日本文化政策学会会長、自治体学会代表運営委員、日本コミュニティ政策学会副会長、文化経済学会理事、滋賀県文化審議会座長代理、大阪府文化振興会議委員などを務める。

新川達郎(同志社大学大学院総合政策科学研究科教授)
早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程を経て、1993年から東北大学大学院情報科学研究科助教授、1999年に同志社大学大学院総合政策科学研究科教授に転任して現在に至る。専門は、行政学、地方自治論、公共政策論であり、著書に『コミュニティ再生と地方自治体再編』(共編著)や『公的ガバナンスの動態研究』(編著)、『持続可能な地域形成のためのガバナンス』(共編著)などがある。

金村俊治(パナソニック株式会社社会文化グループ参事)
1981年松下電器産業入社。日本でマーケティング、商品企画、経営企画、広報などの仕事に携わる。2003~05年中国でコーポレートコミュニケーション(広報・企業宣伝・社会貢献)担当責任者。2007年より現職。企業市民活動(社会貢献活動)の専門部署でPanasonic NPOサポートファンドなどNPOのキャパシティビルディング支援を担当。http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/


<ご予約・お問い合わせ>
アートNPOリンク forum2011@arts-npo.org
☎080-2444-6322
ご予約のさいには、名前、所属、電話番号、メールアドレス、参加日を明記してください

★3日間、会場内に「こどもコーナー」をつくります。専門のスタッフはつきませんが、ご了承ください。
★14・15日は、会場内に「ココルームカフェ」がオープンします。
*内容は、予期せぬ事由により予告なく変更になる場合があります。



***************

「こころのたねとして」ワークショップ

「こころのたねとして」は他者に人生についての聴き取りをおこない、そこから詩をつくる手法。言葉として、声としてあらわし、お互いの人生に出会いなおす試みです。今回は、釜ヶ崎のまちに生き、働き、暮らすひととアーティストとともにつくります。

会場:カマン!メディアセンター(ココルームむかい)
参加費:無料 申込不要
日時:
2011年
8月30日(火)16:00~18:00
9月6日(火)19:00~21:00
9月17日(土)16:00~18:00
10月2日(日)16:00~18:00
*ワークショップは1回だけの参加が可能です

***************

OCA!ワークショップ

西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。ワークショップの前後にココルームにて講師とともにお話する時間をもちます。

集合:ココルーム
参加費:無料 要申込
*ワークショップは続けての参加が望ましいですが、1回だけでも参加可能です
講師:北村成美(ダンス)
ワークショップはこどもの里でおこないます
日にち:2011年8月28日(日)、9月25日(日)、10月23日(日)、11月20日(日)
時間:各日 15:30~18:30

講師:岩橋由莉(表現教育)
ワークショップは山王こどもセンターでおこないます
日にち:2011年11月11日(金)、11月25日(金)、12月9日(金)
時間:各日 16:00~19:00


<講師プロフィール>
岩橋由莉(表現教育実践家)
ドラマスペシャリスト、表現教育家。演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していくプログラムを独自に開発する。劇団ひまわりや玉川大学など様々な機関での講師を経て、ユニークで楽しい五感を使うワークショップを日本各地で展開。http://haraiso.com
 
北村成美(ダンサー・振付家)
6歳でバレエを始め、ロンドンにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。モットーは「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」。平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。全国各地でご当地ダンサーズを結成、その拠点として「草津ダンス道場」を開く。


<ワークショップのご予約・お問い合わせ>
557-0001 大阪市西成区山王1-15-11 ココルーム
Mail:info@cocoroom.org
Tel&Fax:06-6636-1612


***************

主催:大阪市(14日、ワークショップ)、全国アートNPOフォーラム2011in大阪実行委員会(NPO法人アートNPOリンク)(15日、16日)
企画運営:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
特別協賛:アサヒビール株式会社(14日)
助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団、財団法人文化・芸術による福武地域振興財団 (14日)
協賛:株式会社資生堂(15、16日)、トヨタ自動車株式会社(15、16日)
宣伝美術:鮮デザイン
協力:大阪市立近代美術館(仮称)建設準備室、大阪市立大学都市研究プラザ、大阪でアーツカウンシルをつくる会


**
OCA!シンポ&全国アートNPOフォーラム(10/14~10/16)の宿泊が10%オフ!!
ホテル予約時に「ココルームの紹介で」とお伝えください
部屋の大きさによって値段が変わる場合があります

●ホテル オアシス TEL 06-6647-6130 http://www.chuogroup.jp/oasis/
金・日 3200円→2880円  土 3700円→3330円
●ホテル セレーネ TEL 06-6647-2758 http://www.chuogroup.jp/selene/
金・日 3300円→2970円  土 3800円→3420円
*この値段から10%オフとなります

●ホテル ミカド TEL06-6647-1355  http://www.chuogroup.jp/mikado/
一般:2100円(和室)→1890円 2300円(洋室)→2070円
学生:2100円(和室)→1500円 2180円(洋室)→1700円

*各ホテル全室インターネットあります

●この他にもホテルはいろいろあります。下記を参考にしてください
http://www11.ocn.ne.jp/~otomari/oig/jp/hotels.htm
[PR]

by books131 | 2011-09-07 12:18

中之島4117

■ポストギャラリー アーティストトーク  http://www.4117.jp/project/event.php?id=68

中之島4117内に設置されているポストを使っての作品展示。アーティストトークを開催します。
8月20日(土)13:30~
アーティスト:池田朗子
会場:中之島4117  参加費:無料
※池田朗子展「お山のディスコ」は8月3日(水)~28日(日)まで。


■伝書鳩vol.2   http://www.homingpigeon.jp/

絵を描く、踊る、場所をかりる、仲間をつくる、一緒に何かしたい。そんな活動のきっかけづくりに集まってみませんか?
8月21日(日)14:00~17:00
ゲスト:AS2(アスツー), coco-michi
会場:中之島4117  参加費:500円



===その他の4117ニュース====

■イベント『ワークショップを楽しもう!』(アートマネジメント講座3(B))

ちょっとしたアートや、ツアー、おしゃべりなど10種類のワークショップが、アットホームな雰囲気で楽しめます。

2011年8月27日(土), 28日(日)
詳しくはこちら→ http://management.4117.jp/event.php?id=70



■ボランティア情報を募集しています。

関西アートボランティア情報のウェブページを作成しています。これからボランティアを募集されたい方、ぜひお知らせください!
ページはこちら → http://www.4117.jp/project/volunteer.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

芸術創造活動支援事業実行委員会
アートインフォメーション&サポートセンター「中之島4117」

〒530-0005大阪市北区中之島4-1-17瑛長ビル1F
TEL/FAX 06-6445-8577
info@4117.jp
http://4117.jp

[情報コーナー]
OPEN 水・木・金曜 11:00~19:00 土・日・祝 11:00~17:00
休:月・火曜(祝日の場合はオープン、翌日振替休)
※利用料無料
※イベント開催時は情報コーナーやライブラリーをご覧いただけ
ない場合があります。ご了承ください。
[PR]

by books131 | 2011-08-14 16:11