「公営住宅から見える貧困」


反貧困 勉強会「公営住宅から見える貧困」があります。
近年、非正規労働や生活保護などの問題が取り上げられるようになり、「貧困」という言葉も、聞き慣れないものではなくなってきました。しかし、その範囲はとても広く、どこでどんな問題が生じているのか、全体像はなかなか見えないのではないでしょうか。

しかし、大阪には、現場に密着した取り組みをしている、歴史と地力のある団体がたくさんあります。さまざまな現場からの生の報告を支援者・当事者の方からしていただき、大阪の「貧困の実相」を横断的に知ろうというのが、この学習会のネライです。これまでは、しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西(女性と貧困)、耳原病院(医療と貧困)、野宿者ネットワーク(ホームレス問題)、派遣ネットワーク・関西(外国人労働者問題)の方々に講師をつとめていただきました。)

今回は、「公営住宅から見える貧困」と題して、入居基準の厳格化、退去や孤独死問題など、低所得者の居住のよりどころであるはずの公営住宅が抱える問題について学びたいと思います。ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております(参加費無料、事前申込みは不要です)。


日時:1月13日(水)午後18時30分~
会場:いきいきエイジングセンター第2・3研修室(3階)
講師:大阪借地借家人組合連合会  会長 船橋 康亘 さん
問い合わせ先:大阪いちょうの会(電話 06-6361-0546)
[PR]

by books131 | 2010-01-12 23:56 | イベント転載