京都大学総合博物館学術映像博2009 国際シンポジウム学術研究における映像実践の最前線

京都大学総合博物館学術映像博2009
国際シンポジウム学術研究における映像実践の最前線
セッションⅥ 映像メディアとアクティヴィズム
[日時] 2009年12月12日(土)16:00-18:30
[場所] 京都大学総合博物館

[発表]
▼「映像メディアとアクティビズムとの困った関係」
 岡崎彰(一橋大学社会学研究科)

▼「文化人類学解放講座~アクティヴィスト人類学」
 小田マサノリ(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

▼「観客に向けた間違った"映像アクティビズム":
 マレーシア ケラウ・ダム・プロジェクトにおける
 "映像アクティビズム" の有効性(無効性)
 渡辺瑛莉(FoE Japan 開発金融と環境プログラム)
 コリン・ニコラス(オラン・アスリ支援センター)

▼「無題」
 キッドラット・タヒミック(映像作家、フィリピン)

[司会] 清水展 (京都大学東南アジア研究所)
[コメント] 松田素二 (京都大学大学院文学研究科)
[PR]

by books131 | 2009-12-11 17:52 | イベント転載