アートエリアB1/一周年記念プログラム

アートエリアB1/一周年記念プログラム
中之島コミュニケーションカフェ 
「ex-station駅を超える新たな駅の試み-01」
http://www.artarea-b1.jp/event/pickup0912.html
=========================

12月12日[土] 18:00-21:00 定員100名(当日先着順)

一部の対談「文化芸術の資産としての駅の可能性」では、東京・多摩川下流域エリアの鉄道・駅・街を舞台とした「多摩川アートラインプロジェクト」のディレクター清水敏男氏をお迎えし、平田オリザ氏がホストとなって、鉄道駅で繰り広げているプロジェクトの可能性を探ります。
二部のカフェトーク「アートエリアB1のこれまでとこれから」では、「アートエリアB1」の運営組織である三者の代表者である、京阪取締役社長/上田氏、ダンスボックス 代表理事/大谷氏、当センター長/金水氏が集い、社学連携プロジェクトの検証や展望を語り合います。
三部では、劇場だけでなく、クラブやライブハウスでも大人気の金粉アーティスト「新世界ゴールデンファイナンス」による祝いのパフォーマンスを披露し、アートエリアB1に金色の花が咲き踊ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●マンガカフェ『さそうあきら、「音」を語る』
12月10日[木] 19:00-21:00 定員100名(当日先着順)

ゲストをお招きし、マンガについて、楽しく、マジメに語り合うシリーズ「マンガカフェ」開幕!第1回目は音楽マンガの傑作「神童」で手塚治虫文化賞を受賞し、現在大学でマンガを教えているさそうあきらさんをお迎えして、マンガと音、マンガと教育といったテーマについて語ります。
ゲスト/さそうあきら(マンガ家、京都精華大学マンガ学部准教授)
カフェマスター/金水敏(大阪大学CSCDセンター長)、伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●マンガカフェ「手塚るみ子、父・手塚治虫を語る」
12月16日[水] 19:00-21:00 定員100名(当日先着順)

手塚作品「マコとルミとチイ」にも登場する、手塚さんの長女・るみ子さんをゲストに向かえ、父としてのありし日の姿や、彼の残した思いについて語っていただきます。また、阪大きっての手塚ファンの齋藤氏とともに様々な角度から、新たな手塚治虫像を探ります。
ゲスト/手塚るみ子(プランニングプロデューサー)、齋藤彰(大阪大学大学院工学研究科准教授)
齋藤彰准教授 (大阪大学大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻)
カフェマスター/金水敏(大阪大学CSCDセンター長)、伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員

==================
その他、魅力的なプログラムも満載です!
アートエリアB1のHP
http://artarea-b1.jp/index.html
==================
[PR]

by books131 | 2009-12-07 17:36 | イベント転載