上町台地からまちを考える会100人のチカラ年末スペシャル!

上町台地からまちを考える会100人のチカラ年末スペシャル!

「感性的思考で上町台地を読む~追手門学院グループの上町学プロジェクト」

上町で生まれ育った追手門学院が、創立120周年記念事業として取り組む、「上町学プロジェクト」。豊富な都市資源を開発して「古都おおさか」の魅力を世界に発信していこうと、2008年12月から「上町学」を提唱、さまざまな地域事業を創造しています。大阪を代表する私学グループが、上町台地にどのような可能性を見いだしたのか、地域と交流・協働する大学戦略としてのプロジェクトの現在を訊きます。
http://www.otemon-osakajo.jp/uemachi/greeting/index.html

ゲスト=山本博史さん(追手門学院大学人間学部社会学科教授)
1954年高知生まれ。1984年大阪大学大学院文学研究科(哲学・哲学史専攻)単位取得満期退学。文献解釈しかしない哲学研究、西洋哲学しか視野に入れない哲学研究、歴史を忘却する哲学研究、現実を踏まえない哲学研究。こうした哲学研究を唾棄することがモットー。学生時代は、キタやミナミのダンスホール・キャバレー・ナイトクラブでバンドマンとして活躍。震災後から、松下電器産業生研スイングバンドの一員として再びトランペットを吹いている。趣味は、ほかにパチンコと釣り。
http://www.res.otemon.ac.jp/~yamamoto/

そのほかにも、「上町学プロジェクト」の関係者の方々も参加の予定です。

日時  12月15日(火)19時開会
会場  應典院1階研修室 http://www.outenin.com/about/accessmap.html
▼「結」ではありませんので、ご注意ください!
参加費 500円
*閉会後、1階で忘年会もあります。自由に参加ください。会費制。
*事前の申し込みは必要ありません。
以上
[PR]

by books131 | 2009-11-29 12:46 | イベント転載