『外泊:Weabak』という必見のドキュメンタリー映画が各地で上映されます。

京大11月祭・文学部中間実企画「国際すわりこみ映画祭」
~立ち上がれ、そして座り込め!Stand up, and sit in!~

チラシはこちら↓
http://eel.seesaa.net/image/eigasai_bira091122.pdf

11月22日(日)京大文学部新館第1講義室
文学部へのアクセス↓
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/sogo/access.html
入場料カンパ500円(1日出入り自由)

1:00~ ドキュメンタリー「くびくび」(30分)
京大時計台前で非常勤職員「5年でくび」に反対して座り込み。

1:45~ キム・ミレ監督「Weabak:外泊」(73分)
韓国の大型スーパーで女性労働者500人がカウンターに座り込み。

3:15~ 早川由美子監督「ブライアンと仲間たち」(97分)
イギリス国会前で反戦を訴え、テントを張って8年間座り込み。

5:00~6:30 シンポジウム「立ち上がれ、そして座り込め!」
パネリスト:早川由美子(映画監督)×遠藤礼子(アクティヴィスト)×くびく
び(ユニオンエクスタシー)
座り込みの意味、その思想と実践について徹底討論!

※19:00より、くびくびカフェにて各映画を再上映します。

共催:京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー
http://extasy07.exblog.jp
問い合わせ:070-5506-7365(井上)

■■早川由美子監督「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」(2009
年/97分)■■

私が「ブライアンと仲間たち」をみたのは、宮下公園のお祭りの急遽つくられた
テントの中、台風で大雨の中、だった。

そんな悪条件の中の立見で、短くはない映画を、引き込まれて見てしまった。そ
れは、もちろんこの作品の力でもあるのだが、映画のひとつひとつのディティー
ルがくびくびとかぶってくるからでもあった。いったい、このくびくび、そして
座り込みとはなんなんだろうか。

ブライアンと井上昌哉という人物の共通点を思わざる得ない。食べ物にこだわら
ない。大丈夫?と気にさせる。でも意外とタフ。はじめるときの怒りのようなも
の。冷静に見えるが情念の人。

いつも見られ続けられる生活。働けとどなられる。「24時間ずっとここにいる、
ひと時も休んでいない。」ブライアンはいう。

時計台前くすのき下とはそういう場所だったかもしれない。カメラに入る場所。
通る人、カメラを向ける人の必ず視界に入る場所。

この映画のタイトルは、ブライアンと仲間たち、です。そう、仲間たちとしかい
えない感じで集まっている。信念をまげずに座り続けるブライアンに、ひとりひ
とりに関わり、表現する理由あり、そしてひとりひとりが自分にあった関わり方
をしている。それでいいんだな、と思った。くびくびもそんな感じなのか、って
思った。(人々がもっといろんな関わり方ができるような隙間を広げていきたい
と思った。)

小川恭平

■■キム・ミレ監督「Weabak:外泊」(2009年/73 分)■■

おとなり韓国の労働運動は過激だとよく聞きますが、この映画はすごいです。
2007年。とある大型スーパーで、大量解雇に反対する500人の女性労働者がカウン
ターを占拠。その後1年以上も続いた泊り込み闘争のドキュメンタリーです。

最初はみんなピクニック気分。「結婚して初めての外泊だわ~」と浮かれて、歌
うわ踊るわみんなで縄跳びするわの大騒ぎ。それが一転、警官隊の導入でたいへ
んなことに。「私たちは正当だ!」「非正規差別やめろ!」と叫びながら、警官
にひとりずつひっぺがされてゴボウ抜きされていく様は、思わず胸が熱くなって
しまいます。

じっさい彼女たち、逮捕されようが訴えられようが、まったく気にせずへこたれ
ません。再び店の前にテントを張って猛抗議。それは、法の目をかいくぐった非
正規大量解雇に対する猛烈な抵抗であり、差別に対する激しい怒りです。

それでも闘争が長期化するにつれ、ひとりふたり、と脱落していきます。ずっと
家を空けて闘争にかまけている妻を、夫が連れ戻しにきたり。「だったら離婚す
るしかない!」と息まいたり。闘争を通じて、家族や家父長制への疑問が芽生え
てきたりもします。支援に乗り出した大型労組(男性正社員中心)のヘタレっぷ
りもすごい。

ともあれこの映画、10月に大阪で見てとても感動しました。これは何より京大の
女性非常勤の方にこそ見てもらいたい、と思いました。そこでその場で直接キム
・ミレ監督にお願いし、今回京都での初上映が実現しました。ぜひ、見に来てく
ださい。

井上昌哉
----------------------------------------------------------------------

【以下転送転載歓迎】
------------------------
レイバーフェスタ2009OSAKA
------------------------
12月13日(日) 10:30開場 11:00開演
------------------------
闘いは辛い,苦しい,しんどいけど,
それ以上に楽しいことがある!
------------------------
★ 長編ドキュメンタリー『外泊:Weabak』
★ またまた演ります創作「レイバー」落語2題+寸劇2幕
★ アナタ自身の制作・監督による公募3分間ビデオ
------------------------
「外泊」争議の主役たち女性労働者2人がやって来ます!!
------------------------
会場: エルおおさか南館5Fホール
地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
参加費: 当日1,200円 前売1,000円 学生・失業者・障がい者1,000円
主催: レイバーフェスタ大阪実行委員会 http://labour.blog71.fc2.com
協力: 連連影展FAV・山形国際ドキュメンタリー映画祭
------------------------
※事前メール申し込みで前売料金になります → festa@precariato.info に参加
される方のお名前をメールしてください
------------------------
レイバーフェスタって何?
------------------------
「労働」や「労働運動」あるいは「生活」を,映像やパフォーマンスなどを通し
て見つめ直すイベント.アメリカ西海岸ではじまり,韓国や南米などにも広が
り,大阪では2005年からスタートした.失業やリストラが蔓延し,労働組合もあ
るような・ないような日本社会.いま,私たちがいかに生き,どう暮らしや権利
を守っていけばいいのか.映像を通して一緒に考えてみませんか.
------------------------
プログラム
------------------------
11:00 公募3分間ビデオI (東京作品)
12:30 長編ドキュメント『外泊:Weabak』/「外泊」争議の女性労働者挨拶
14:15 創作落語と寸劇
15:15 公募3分間ビデオII(関西作品)
16:30 終了予定 ※途中3回の休憩タイムをはさみます
------------------------
長編ドキュメント『外泊:Weabak』
------------------------
(監督:キム・ミレ/韓国/日本語字幕付/2009年/75分)
2007年6月30日夜,「ホームエバー」というスーパーのレジカウンターを500人の
女性労働者が占拠した.翌日の「非正規職保護法」施行を前に,会社側はレジ係
などパート労働者を大量解雇したのだが,女性たちはその差別的扱いに怒り,立
ち上がったのだ.彼女たちは闘争戦術として泊まり込み(外泊)を選択するが,は
じめての闘いに戸惑いもあり,主婦として家事なども気にかかる.とはいえ,慣
れない労働歌を歌う練習をしたり,仲間たちと語らったりすることは楽しい.や
がて家事からも解放され,女同士の連帯も生まれ,非日常を自分たちが支配して
いることの喜びを感じていく….
スーパーマーケットの床が横臥する女性たちに埋めつくされているシーンには驚
かされ,夫たちの当惑したような表情にもおかしみがあり,排除しようとする機
動隊と抵抗する彼女たちの攻防戦はすさまじいばかりの迫力がある.監督のキ
ム・ミレさんはジェンダーの視点からこの作品を作った.
------------------------
キム・ミレ監督の紹介
------------------------
1964年生まれ.労働問題を通して韓国社会の現実を撮り続けてきた.代表作品に
『Always Dream of Tomoorrow (私は日ごとに明日の夢を見る)』(2001),『We
Are Workers Or Not? (労働者だ,違う)』(2003),『NoGaDa(土方)』(2005)など
がある.
今回上映予定の『Weabak:外泊』は第11回ソウル国際女性映画祭(2009年)で上
映,また2009年10月山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映.
------------------------
創作「レイバー」落語 鈴馬亭小ふゑす 竹亭ケケ
------------------------
寸劇「いこ☆る座」
------------------------
働く女性の人権センター「いこ☆る」が,労働契約や就業規則についての分かり
やすい解説を寸劇に仕立てた.秋の講座のために用意した新作2題.「弁当製造業
の早上がり」と「わたしにもとれる介護・育児休暇」
------------------------
公募3分間ビデオ
------------------------
映像で観る「アナタの仕事・ワタシの権利」
レイバーフェスタが切り開いた新しい映像表現,一般公募による自主制作3分ビデ
オです.働く人たちの姿や声,問題提起を3分の映像にまとめてください.例年通
り,東京とも提携して相互に上映する予定です.応募希望者は,著作権をクリア
したうえで,タイトル・制作者・連絡先を明記し,DVミニで下記まで送付してく
ださい.
応募締め切り/09年11月末日
作品応募先/〒533-0011 大阪市淀川区西中島4-7-2
チサンマンション新大阪707 ビデオ工房AKAME気付
TEL&FAX:06-4805-0234
------------------------
賛同募集
------------------------
この企画に賛同していただける個人や団体を募集しています.数多くの協力が
あってこそ,レイバーフェスタの成功があるのです.
1口:個人1,000円 団体3,000円
郵便振替:00980-9-77056「レイバーフェスタ大阪」
------------------------
レイバーフェスタ2009大阪 実行委員会呼びかけ人
------------------------
エンドウノリコ(ビデオ工房AKAME)
小山 帥人(自由ジャーナリストクラブ)
在間 秀和(大阪労働者弁護団)
津村 明子(働く女性の人権センター・いこ☆る)
山原 克二(APWSL関西)
------------------------
お問い合わせ
------------------------
〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-7-2 チサンマンション新大阪707 ビデオ工房
AKAME気付
TEL&FAX: 06-4805-0234
メール: ffffesta●yahoo.co.jp
ホームページ: http://labour.blog71.fc2.com
------------------------
pdfチラシはこちら
表 http://precariato.info/uploads/labourfesta2009osaka1.pdf
裏 http://precariato.info/uploads/labourfesta2009osaka2.pdf
------------------------------------------------
★★争議の主役たち、女性労働者2人がやって来て
辛かったこと、楽しかったこと、そして、「今」を語ります★★
------------------------------------------------
フェスタ後の彼女たちを囲む会
12月14日(月)18時半 エルおおさか
12月15日(火)18時半 ウィングス京都
くわしくは追って http://labour.blog71.fc2.com に掲載します
------------------------------------------------

(ここから)
■以下、東京の案内■
------------------------------------------------
★★★レイバーフェスタ2009 つくる・変える・楽しむ★★★
12月19日(土)東京ウィメンズプラザホール

はたらくもののお祭り、レイバーフェスタは年々進化を遂げ、今年で8回目。昨年はワーキングプア川柳が登場し、5・7・5の言葉による表現力が注目を浴
びましたが、今年は、いよいよ音楽の出番です。新企画「レイバーソングをつくろう・歌おう」は3分ビデオの音楽版。日頃たたかいの現場などで歌っている
グループ・個人が5分間のなかで、替え歌やオリジナルソングを披露します。レイバーフェスタの主役はあなたです。さあ一緒に、12月19日は東京ウィメ
ンズプラザで、つくろう! 変えよう! 楽しもう!

----------------------------------
〔プログラム〕12/19(土) 11時~20時30分

●午前の部 
10:30 開場
11:00 演劇「独りではない」(「憲法寄席」創作集団)
アフタートーク 大西赤人(作者)
12:00 休憩(60分)
●午後の部  *演目の間に休憩あり
13:00 実行委員会挨拶
13:10 映画「Weabak:外泊」上映(73分)
解説=金元重(韓国労働運動研究家)
14:45 日系ラテン労働者演劇「出稼ぎ移民・テオドロ ウアマン」
15:20 フォルクローレ演奏と踊り(グループ「ルパイ」)
15:50 レイバーソングをつくろう・歌おう
~5分音楽一挙上演~
16:50 八木啓代が歌い語る-ラテンアメリカ「新しい歌」
17:20 休憩(30分)
●夜の部 
17:50 3分ビデオ20本一挙上映
*合間にお楽しみ「とっておき映像」あり
19:50 ワーキングプア川柳 選考結果発表
20:10 エンディングライブ : 寿〔kotobuki〕
20:30 閉会挨拶(終了後、懇親会あり)

*ロビー企画「壱花花の風刺漫画展」「レイバー報道写真展」ほか

<参加費>当日2000円(前売・予約1700円) 出入り自由
賛同人・障害者・学生・失業者 各200円引
メール予約 http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-festa.html
電話・FAX予約 TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578

----------------------------------
★伝えよう!表現しよう!ー3分ビデオ大募集

レイバーフェスタ大人気の3分ビデオは、仕事のこと、生活のこと、社会のこと、言いたいことを3分の作品にまとめて発表するコーナーです。ぜひふるって
ご応募ください。下記のフェスタ事務局まで、DVD・DVミニ・VHSのいずれかのフォーマットで、名前・タイトル・連絡先を明記の上、お送りくださ
い。一次締め切り11/30、最終締め切りは12/8です。

----------------------------------
★ワーキングプア川柳を募集

今年はお題があります。「つくる」「変える」「楽しむ」、それに自由吟で、各2句の計8句まで応募OKです。お題はイメージですので、句に含まれなくて
もけっこうです。当日、会場に張り出してシール投票をします。なお、応募が多い場合は事前選考をしますが、だれでも1人1句は最低採用しますので、ふ
るってご応募ください。締め切りは12/12。送り先はFAXまたはメールでフェスタ事務局までお送りください。ホームページからも申し込めます。ちな
みに昨年の一番人気は「ふざけるな 女は前から 非正規だ」でした。

----------------------------------
★レイバーソングをつくろう・歌おう

働くあなたの歌、大募集!
5分以内の作品音源(替え歌、オリジナルどちらでも)をお送りください。約10のグループ・個人に当日フェスタに出演していただき、珠玉の労働歌ととも
に一挙紹介します! 締め切りは12/8です。

------------------------------------------------
★賛同人・賛同団体募集

フェスタの財政を支えてください。ぜひ皆さんのご協力をお願いします。なお賛同者には、参加費割引・チラシ折り込み・物販などの特典があります。
賛同金 個人1口 1000円 団体1口 3000円
郵便振替 00150-2-607244 「レイバーネット日本」

----------------------------------
<内容紹介>

●映画「Weabak:外泊」

2007年6月、韓国の大型スーパー・ホームエバーの女性労働者たち500余名は、非正規労働者に対する一方的大量解雇通告に対する強い怒りから売場占
拠の実力行動に入った。日常のレジ打ちの仕事場は毛布を持ち込んでの「ストライキ空間」となり、いつしか510日間におよぶ長期のたたかいの共同体と
なっていった。だが「泊まり込み闘争」は「外泊」に対する家族(とりわけ夫)の理解と協力なしにはできない。「外泊」! 家を空け家事から解放されて仲
間と苦楽を共にし、たたかい、自分を語り、歌い踊り泣き笑う。家族に対する後ろめたさにもかかわらず感じるワクワクする高揚感と闘争への確信! 映画は
韓国社会を揺り動かした既婚女性労働者たちのユニークな生き生きとした労働運動を、感性豊かなジェンダー視点から描いて多くの問題を語りかけている。キ
ムミレ監督・2009年・73分・山形映画祭招待作品。(金元重)

●演劇「独りではない」(「憲法寄席」創作集団)

居酒屋チェーン店という職場の中で、非正規、派遣、外国人、パート、名ばかり管理職…様々な労働者たちによって交わされる会話を通じ、“働くこと”のあ
り方が描き出されます。出演=門岡瞳、田中あゆみ、中路美也子、柳瀬睦美、中谷太士郎。作=大西赤人、演出=杉浦久幸。「憲法寄席」創作集団は、07年
5 月、改憲の危機に抗して結成した創作・上演集団。

●日系ラテン労働者演劇「出稼ぎ移民・テオドロ ウアマン」

題名の「テオドロウアマン」とは主人公の名前。ペルーでは仕事がなく生活が極端に苦しい。ビザもとれない。そこで日系ということで日本に出稼ぎにくる移
民は多い。しかし、日本では過酷な現実が待っていた。日系ペルー人労働者らでつくるアマチュア劇団「セロ・ウアチパ」が公演。

●フォルクローレ演奏と踊り (グループ「ルパイ」)

「花祭り」「珈琲ルンバ」など。どんなときでも皆さんと感動を分かち合えますように。グラシャス アミーゴ!! 歌い、奏で、さあいっしょに踊ろう。

●八木啓代が歌い語る-ラテンアメリカ「新しい歌」

その心を癒す美しい声と深い表現力で「絹の声」の異名をとり、日本・メキシコ・キューバで活躍する八木啓代(やぎのぶよ)が、民衆の魂と社会変革を歌っ
たラテンアメリカ「新しい歌」運動(1960年代~)の真髄を伝える。ギターは小林智詠。

●寿[kotobuki]

ナビィ(Vo)とナーグシクヨシミツ(Gu&三線)の男女二人組。琉球弧の島々で圧制を跳ね返し、歌い継がれる島唄とオリジナル・ソングを歌いライヴ活
動にて国内、世界中を飛び回る。フェスタ出演は二回目。

----------------------------------
・主催 レイバーフェスタ2009実行委員会(責任団体 レイバーネット日本)
・協賛 週刊金曜日
・事務局(3分ビデオ・川柳・音楽の応募先、予約受付)
173-0036 東京都板橋区向原2-22-17-403
TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
専用ブログ http://laborfesta.exblog.jp/
メール予約 http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-festa.html
[PR]

by books131 | 2009-11-21 12:26 | イベント転載