アートミーツケア学会2009年度大会のご案内】


【アートミーツケア学会2009年度大会のご案内】
http://artmeetscare.seesaa.net/article/130081554.html#more

●テーマ「記憶の居場所」
アートとケアの出会うところ。
世代と時代を超えて人々が出会うところ。
さまざまな交わりの境界では、身体の、家族の、地域の記憶が生き生きと働きだす。
現代社会における「記憶の居場所」をめぐって、アートとケアが交わる場やコミュニ
ティについて、みなさまとともに考えてみたいと思います。
分科会は、キャンパス周辺の各会場で開催。
昭和の記憶が色濃く残るまちの雰囲気も、あわせてお楽しみください。

●概要
○日程 2009年12月5日(土) - 6日(日)
○会場 慶應義塾大学三田キャンパスおよび周辺地域(東京都港区)
○主催 アートミーツケア学会
○共催 慶應義塾大学、三田の家
○協力 芝の家、日本ボランティア学会、北国四国町、芝寿会
○後援 港区芝地区総合支所
*慶應義塾と港区は、2008年10月、連携協力に関する協定を結び、「芝の家」(昭和
の地域力再発見事業拠点)をはじめ、研究、教育、まちづくりなど様々な領域で、大
学と地域社会の融合した取り組みを進めています。

●主なプログラム
[1日目]
○基調講演「記憶の居場所」 
石内都(写真家)
○分科会(発表者予定)
A「大学地域連携によるコミュニティの居場所」
陣内雄次(宇都宮大学教授&コミュニティカフェ「ソノツギ」スタッフ)
弓山達也(大正大学教授)
山本綾(大正さろんスタッフ)
「芝の家」スタッフ
坂倉杏介(慶應義塾大学教養研究センター講師)
B「障害とか性とか 」 *発表者が変更しました。
熊篠慶彦(NPO法人ノアール理事)
宮台慎司(社会学者)
佐々木誠(映像作家)
玉垣努(作業療法士)*発表者が変更いたしました。
岡原正幸(慶應義塾大学文学部教授)
C「アートとケアが出会う場-保育園・児童館・高齢者施設へアートをお届け:アー
トデリバリー 」
新井英夫(ダンサー、体奏家)
三ツ木紀英(アート・コーディネーター:港区「ふれあいアート」担当、NPO法人
ARDA理事)
藤山邦子(特別養護老人ホームサンフレンズ善福寺施設長)
並河恵美子(NPO法人芸術資源開発機構ARDA代表)
D「澱みの思想:路上の流れに竿をさす」(日本ボランティア学会ジョイントセッ
ション)
岩楯磨州(上野アメ横 特殊魚屋)
原田麻以(NPO法人こえとことばとこころの部屋 カマン!メディアセンター担当
スタッフ)
仮屋崎健(こまどり社主・芸術家)
猪瀬浩平(日本ボランティア学会運営委員、見沼・風の学校、明治学院大学専任講
師)

[2日目]
○プレゼンテーション
応募者による研究発表、実践報告
*発表者を募集しています。(10月31日締切)
⇒詳細はウェブサイトをご確認ください。
○アートミーツケア学会2009年度総会
○コンサート「うたの住む家 論文発表会」
即興からめーる団
うたの住む家実行委員会
○分科会報告
○ダイアローグ「生活のなかのアート、アートのなかの生活」
鷲田清一×熊倉敬聡

●お問い合わせ・お申し込み先
⇒アートミーツケア学会
[事務局]〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4 財団法人たんぽぽの家 内
Tel.0742-43-7055 Fax.0742-49-5501
⇒芝の家
[東京事務局]〒105-0014 東京都港区芝3-26-10
Tel/Fax.03-3453-0474
http://www.shibanoie.net/
*当日のご連絡は、芝の家までお願いいたします。

詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
http://artmeetscare.seesaa.net/article/130081554.html#more
[PR]

by books131 | 2009-11-04 18:34 | イベント転載