NPO法人JCDNより、「踊りに行くぜ!!」in舞鶴 ほかご案内

NPO法人JCDNより、「踊りに行くぜ!!」in舞鶴 ほかご案内
━━━━━━━━━━━
こんにちは。NPO法人JCDNでは、毎年恒例の全国ダンス巡回ツアー
「踊りに行くぜ!!」がスタートしています! → http://odorini.jcdn.org/
10月は春日井・福岡・札幌を終え、今週末10/29は鳥取、
そして11月は7日舞鶴→15日佐世保→22・23日前橋→28日豊岡と続きます。

さて、今回は関西で一番近い開催地=舞鶴公演をピックアップしてご案内します。

舞鶴は京都府の北端に位置します。美しいリアス式海岸の舞鶴湾沿いに
西舞鶴は江戸以前から城下町として栄え、中・東舞鶴は明治以降、
海軍の拠点としてまちが発展しました。現在も舞鶴市の湾岸沿いには、
旧海軍施設の赤れんが倉庫が多数現存しています。

今回はその赤れんが倉庫を再活用し、地域の魅力を掘り起こす
アート・プロジェクト、「まいづるRB 」のオープンイベントの一つとして
「踊りに行くぜ!!」を開催することになりました。

明治・大正期に建てられた赤れんが倉庫内部は、当時のままの
重厚で巨大な空間が広がっています。
その倉庫内の様々な空間を舞台として使用し、3組のダンスアーティストが
作品を発表します。「踊りに行くぜ!!」恒例となった<巡行型=作品ごとに
上演場所が変わり、観客の皆さまに移動しながらご覧頂くダンス公演>です。
赤れんが×ダンスのここでしか観られないパフォーマンスを、お楽しみに!

この「踊りに行くぜ!!」ダンスの他にも、前日6日には松田正隆氏の演劇作品、
小山田徹氏の美術展、全国アートNPOフォーラムが同時期に開催されます。
いづれも舞鶴赤れんが倉庫群を拠点とし、この場所のために準備された
イベントです。ぜひ、ご注目ください。 

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。    NPO法人JCDN

☆☆「踊りに行くぜ!!」舞鶴を含む、まいづるRBのイベントを以下にご案内します。
━━━━━━━━━━━
■まいづるRB始動!!■  WEB SITE → http://www.maizuru-rb.jp/
舞鶴赤れんが倉庫群を拠点に、毎日の生活を楽しみながら、地域の魅力を
掘り起こすアート・プロジェクト「まいづるRB(MAIZURU RB)」は、2009年度より
京都府舞鶴市とNPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴の協働によりスタートしました。

1)小山田徹 監修「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」
2)松田正隆 演劇ワークショップ発表公演「都市日記~maizuru」
3)JCDN「踊りに行くぜ!! in 舞鶴」
4)全国アートNPOフォーラム in 舞鶴

===========
1)小山田徹 監修「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」 

京都市在住の現代美術家・小山田徹が監修する美術展
「浮遊博物館~海へつながる物たちへ」
海とともに生きてきた舞鶴の物語や人々の生活に焦点をあて、これまで
その内部を一般公開する機会がほとんどなかった舞鶴赤れんが倉庫(7号倉庫)
を舞台に、身近にあふれる「海」に関するものを採集し、それらを展示
することで新しいモノの見方を発見していきます。

▼会期:2009年10月17日(土)~12月20日(日)
▼開館時間:午前10時~午後5時
▼休館日:毎週月曜日(ただし、11月23日(月祝)は開館、翌24日(火)は閉館)
  ※11月5日~7日は、他の催しのため開館時間に制限がございます。
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(7号倉庫)
▼観覧料:無料
▼主催:舞鶴市、NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴

===========
2)松田正隆 演劇ワークショップ発表公演「都市日記~maizuru」

劇作家・演出家の松田正隆が、舞鶴で約一週間の滞在ワークショップ
を通して演劇作品を制作・発表します。旧海軍が所有した当時の
面影をいまも色濃く残す赤れんが倉庫を舞台に、独自の歴史・文化をもつ
舞鶴のストーリーを創作します。

▼日時:2009年11月6日(金) 19:00開演/18:40開場
▼作・演出:松田正隆
▼出演:島崇、西山真来、出口時子(けやきの会)ほか
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(2号倉庫)
▼料金:一般1,000円、中高生500円、
    ペア1,500円*、6-7日共通券1,500円*
    *は、前売/舞鶴市政記念館でのみ販売
▼主催:舞鶴市、NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴

===========
3)「踊りに行くぜ!! vol.10 in 舞鶴」
  JCDN全国パフォーマンススペースのダンス巡回プロジェクト
10周年を迎える「踊りに行くぜ!!」が舞鶴に初上陸。
MOSTROは、本公演のため舞鶴に滞在し創作を重ねています。
小山田徹氏『浮遊博物館』の美術を背景に踊るという、
贅沢なシチュエーション。舞鶴オリジナル作品やいかに!
ほかJCDNプロデュース作品「DANCE×MUSIC!」から二作品が登場。
ダンスと音楽の共演を赤れんがという特殊な空間で、お楽しみください。

▼日時:2009年11月7日(土) 19:00開演/18:30開場
▼アーティスト:
 星三っつ(三浦宏之+星加昌紀)×Haco/エレクトロニクス、ヴォイス
 MOSTRO(齋藤亮)
 森下真樹 × 宮嶋哉行/ヴァイオリン他
▼会場:舞鶴赤れんが倉庫(6,7号倉庫)
▼料金:一般1,000円、中高生500円、ペア1,500円*、6-7日共通券1,500円*
    *は、前売/舞鶴市政記念館でのみ販売
▼舞鶴公演主催:NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴
▼全体企画・主催:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network

===========
4)全国アートNPOフォーラム in 舞鶴
http://arts-npo.org/anf2009_maizuru.html#18
2003年神戸でスタートした本フォーラムを、今年は舞鶴で開催します。
舞鶴では、舞鶴市民とともに赤れんが倉庫の活用について議論し、赤れんが
倉庫群一帯の文化的活用の方法を提案します。そして最終日には、NPO・
市民活動全体の課題を協議します。新たな社会ビジョンの提案を目論みます。
───────────
▼ フォーラム2 「舞鶴まちめぐり」
 日時:2009年11月6日(金) 15:00~17:00
 参加費:1,000円
▼ フォーラム3 「提案!舞鶴、100の希望」
  日時:2009年11月7日(土) 14:00~18:15
  基調講演|「赤れんが倉庫と舞鶴の魅力~歴史からみえる地域とNPOの未来」 など
▼ フォーラム4 「舞鶴から発信!市民による公共文化政策」
  日時:2009年11月8日(日) 10:00~17:00
  参加費:1,500円
  分科会|A:公益法人改革 ―新制度にどう向き合うか
        B:ファンドレイジング(戦略的寄付集め)の実践
        C:公的助成制度の諸問題解決に向けて ほか
▼主催:NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴、NPO法人アートNPOリンク
※フォーラム1は、10月18日に終了しました。
━━━━━━━━━━━
■1)~4)の総合問合せ:まいづるRB事務局
    〒625-0080 京都府舞鶴市字北吸1039-2(舞鶴市政記念館内)
    TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364 E-mail office●maizuru-rb.jp
━━━━━━━━━━━
■舞鶴赤れんが倉庫へのアクセスは、以下を参照ください。
http://www.maizuru-rb.jp/access.html
◎京都からは、JR特急、 京都・大阪・三ノ宮からは、バスhttp://www.kyotokotsu.jp/highway/index.htmlが便利です。
◎電車・バス利用の場合、場所によっては公演後の日帰りが困難です。お車でお越し下さい。
[PR]

by books131 | 2009-10-30 12:25 | イベント転載