シンポジウム「日仏ホームレス対策最前線」

シンポジウム
「日仏ホームレス対策最前線」
日時:2009年10月20日(火)14:00~16:30
上智大学
図書館内L911室

主催:フランス大使館、サミュ・ソシアル
後援:朝日新聞社、東北大学国際高等研究教育機構
参加費:無料(要申込)
事前にお申し込みください。
http://www.ambafrance-jp.org
TEL 03-5798-6301 03-5798-6301 ,6305(平日午前9時30分~正午)

モデレーター:   竹信三恵子 朝日新聞労働グループ編集委員
パネラー:     岩田正美 日本女子大学人間社会学部教授
グザビエ・エマニュエリ サミュ・ソシアル創設者・会長
湯浅 誠 自立生活サポートセンター・もやい事務局長
芦田真吾 京都庁福祉保健局 障害者施策推進部長

サミュ・ソシアル (Samu Social)
路上生活者への医療・福祉サービスや社会復帰支援を24時間態勢で行うサミュ・ソシアル」は、フランスで生まれ、世界各地に拠点がある有力なNPOです。その経験や日仏比較などを通して、路上生活者の支援を考えるシンポジウムを開きます。

Xavier EMMANUELLI (グザビエ・エマニュエリ) サミュ・ソシアル創設者・理事長
71年「国境なき医師団」を共同で創立。以来15年間理事長、名誉理事長として関わり、この功績に対して、99年ノーベル平和賞を共同受賞。95-97年 緊急人道支援担当大臣。97年パリ「生活困窮者用住居 高等委員会」会長。1993よりSAMU Social Paris(社会福祉緊急援助/ホームレスのための緊急支援機関)の共同創立者・理事長。
[PR]

by books131 | 2009-10-04 15:51 | イベント転載