世界創造都市フォーラム2009 in KANAZAWA

世界創造都市フォーラム2009 in KANAZAWA

◎趣 旨
 金沢市は、藩政期から脈々と受け継がれる伝統工芸や
 和菓子製造はもとより、デジタルアートやハイテク機械等の
 産業がまちに活力を与えている。
 また、雪吊りなどの文化的景観も金沢の個性を構成する
 重要な要素であるが、これらは、全て手仕事により
 生み出されるもので、金沢の創造性の源泉である。
 国内外の創造都市においても、文化を産業に結びつけながら
 創造的な取組を行っているが、そこには確固とした
 創造性を生み出す源泉がある。
 そこで、このたび、欧州・アジア・日本の創造都市が一堂に会して、
 文化を産業化する際の課題や創造性の源泉を未来へ
 引き出すための方策について議論を深め、文化と産業が連環した
 活力ある都市の構築に向けて、本フォーラムを開催する。

◎日 時
 2009年10月16日(金)13:30~17:00 (13:00開場)

◎会 場
 金沢21世紀美術館 シアター21
  http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=7&d=1

◎内 容
 13:30  開演
  13:30 開会挨拶
   山出 保(金沢市長)
      創造都市シンボルマークの名称発表・表彰式
福光 松太郎(金沢創造都市推進委員会実行委員長)

  13:55 基調講演「フランスの職人文化について」
フランソワーズ・モレシャン(仏政府対外貿易顧問/
                金沢21世紀美術館国際アドバイザー)
      基調講演「人、創造、悦び」
藤本 幸三(エルメスジャポン(株)執行役員
         コミュニケーション&CRM担当ジェネラルマネージャー)

  15:00 シンポジウム「文化と産業の連環によるまちづくり」
       パネリスト:
         カトリーヌ・ラポルト
          (ゲント市文化・観光・祝祭担当局 助役秘書・文化顧問)
宋 在福[ソン・ジャボク]
          (全州市政発展研究所研究員/
                    ホウォン大学行政福祉学部教授)
         秋元 康幸
          (横浜市開港150周年・創造都市事業本部 担当部長)
         秋元 雄史
          (金沢21世紀美術館 館長)

       コーディネーター:
         佐々木 雅幸(大阪市立大学都市研究プラザ所長/
                      同大学院創造都市研究科教授)

 17:00 閉 会

◎主 催
 金沢創造都市推進委員会、金沢市

◎協 力
 NPO法人都市文化創造機構、大阪市立大学都市研究プラザ

◎参加費:無料

◎定 員:150名(申込み先着順)

◎申込み・問合せ先
 ハガキ、FAX、e-mailのいずれかで、住所・氏名(ふりがな)・
 電話番号(複数名でお申し込みの場合は、全員の住所・氏名
 ・電話番号)を明記の上、下記へお申し込みください。

 ※10月13日締切(必着)
  定員になり次第、締め切らせていただきます。

 <宛先>金沢市 創造都市推進室(企画調整課内)
    〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
TEL:076-220-2031 FAX:076-264-2535
E-mail:kikaku_s●city.kanazawa.lg.jp

*詳細→
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11001/souzoutoshi/index.html
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11001/souzoutoshi/forum2009.html
[PR]

by books131 | 2009-09-27 18:25 | イベント転載