鳥の演劇祭

優れた舞台作品を集めました。今年はルーマニアと韓国からも来てくれます。生身の人間が目の前でからだを動かし、ことばをしゃべる。それによって非日常の時空間をつくるのが演劇です。シンプルなその行為を、人間は2000年以上も愛し、それぞれの地域的な伝統の中で育み、互いに交流し、洗練を重ねてきました。そういう演劇の魅力を、豊かな自然と歴史に囲まれた鳥の劇場の密度の高い空間で、からだいっぱいに感じてください。

演劇祭ディレクター 中島諒人

劇団木花(韓国) 『ロミオとジュリエット』
SCOT(日本・富山) 『酒神 ディオニュソス』
プロイェシュティ トマ・カラギウ劇場(ル−マニア) 『三人姉妹』
鳥の劇場(日本・鳥取) 『白雪姫』〜グリム童話「白雪姫」より
鳥取オペラ協会(日本・鳥取) 『電話』
鳥の劇場(日本・鳥取) 『老貴婦人の訪問』
ワークショップによるダンス作品(日本・鳥取) 『とりっとダンス』

鳥の演劇祭について
http://www.birdtheatre.org/engekisai/
[PR]

by books131 | 2009-09-20 15:14 | イベント転載