2009年度シンポジウム「戦争が生み出す社会PartII」

先端社会研究所
2009年度シンポジウム「戦争が生み出す社会PartII」
┌────────────
│ ■ 先端社会研究所シンポジウムのお知らせ
└───────────────────────────
──

先端社会研究所では以下の通りシンポジウムを開催いたします
。今年3月に開催された国際シンポジウムに引き続き、本研究
所の共同研究「戦争が生み出す社会」をテーマにした議論が行
われます。

一般の皆様のご参加を歓迎いたします。多くの方々のご来場を
お待ちしております。
なお、本シンポジウムに関するお問い合わせは先端社会研究所
事務室までお願いします。


■先端社会研究所シンポジウム
「戦争が生み出す社会 Part II ─『見えない敵』への恐れと
排除」

■日時 2009年10月17日(土)13:00-16:00

■場所 関西学院大学上ヶ原キャンパス図書館ホール

■概要
2001年9月11日を契機として、いたるところで声高に叫ばれ
るようになった「テロとの戦争(War on Terror)」。それは
「見えない敵」との常なる戦いを強いるものにほかな
らない。ポスト9.11の社会に暮らす人びとは、これまでのよう
な国家と国家の交戦状態とは異なる「新たな戦争」を、まるで
日常の一部として抱え込んでしまったようにすら思わ
れる。
感覚的にイメージされる敵の姿は、なにも凶悪な政治テロリ
ストにかぎらない。より身近な日常生活のなかに蠢く「見えな
い敵」の姿に対しても人びとは脅威の念をいだき、な
んとしてもその存在を排除/抹消しようと躍起になっている。
だが、私たちに脅威を与えるテロリストとは、いったい誰な
のか?彼ら/彼女らは、そもそもどこからやって来るのだろう
か?平穏な日常生活を脅かす凶悪犯は、どこに潜んで
いるというのだろうか?人びとが「見えない敵」について語る
時、不思議なまでに、その恐ろしい/排除したい敵=他者の姿
は実体としては曖昧なのだ。
本シンポジウムでは、「9.11」以後の世界と日本の社会・文
化的な変化を念頭に置きながら、日常化された「戦争状態」が
「だれとの」あいだで「なにを賭けて」生きられてい
るのかを、戦争と社会をめぐるこれまでの歴史を見据えながら
議論する機会を持ちたい。
現代社会を覆い尽くすかのようにすら思える「見えない敵」
について、異なる世代に属する論客が語り合うことを通じて、
戦争と社会との今日的な関係の特質を浮かび上がらせ
ることを目指す。

■パネリスト
◎基調講演
森 達也(映画監督/ドキュメンタリー作家)
◎コメンテーター
鈴木 謙介 (関西学院大学社会学部助教)
原口 剛 (日本学術振興会特別研究員/大阪市立大学都市研
究プラザ特別研究員)
◎司会
阿部 潔 (関西学院大学社会学部教授)

■参加費 無料

■プログラム

12:30-    開場/受付
13:00-13:15 司会挨拶/先端社会研究所所長メッセージ
13:15-14:15  基調講演 (森達也)
「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」
14:15-14:30  休憩
14:30-15:00 基調講演へのコメント(鈴木謙介/原口剛)
15:00-16:00  パネルディスカッション/フロアーとの質疑
応答
[PR]

by books131 | 2009-09-20 14:42 | イベント転載