アートNPOリンクからの情報

【AAF学校・淡路島校】※参加者募集中!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
アサヒ・アート・フェスティバル2009
AAF学校・淡路島校
夏期合宿「英国に学ぶ、アートプロジェクト・マネジメントの方法」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AAF学校2009は、淡路島校を開校、夏合宿を実施します。
アートNPOが公益的な事業を一過性のものに終わらせず、持続的により幅広く展
開できる仕組みづくりは可能でしょうか。国や公的機関の芸術文化に対する支援
制度の活用や、自治体との協働を行うアートNPOも多い中で、事業の短期的な成
果や効率性が求められる状況を改善していくにはどうすればいいでしょうか。

いま、全国各地でアートプロジェクトの実践事例が積み重ねられていますが、未
来へとつなげるために検証し、<伝わる言葉>で活動意義を提言していくことが
必要になっています。AAF学校・淡路島校では、地域で繰り広げられるプロジェ
クトを実践する際に必要となる、プランニングやリサーチ、検証の方法など、プ
ロジェクト・マネジメントの手法全般を学び、自治体や企業、市民に説得力をも
って<伝える>ためのスキルを磨きます。
アートNPOの活動が、市民、企業、自治体などから正当な評価を受けるための記
録や検証のあり方を検討しつつ、アートプロジェクトを実践するための方法とそ
の姿勢を、このワークショップを通して概観します。

英国では、30年前から地域やコミュニティをクライアントに活動するアートが試
みられてきました。そして、その成果は蓄積され、文化政策に反映されるように
もなっています。これら英国で培われてきた経験値、知識、方法論に学び、日本
各地で展開される地域活性に関わるプロジェクトを実践者自らが検証する方法を
獲得します。また、英国のアート関係者との交流を通して、日本のアートNPOの
活動や地域の状況を紹介し、相互に発展していくことも目指しています。

※ここでは、アートプロジェクトをケーススタディに学びますが、地域で活動す
るプロジェクト全般に共通するマネジメントの手法を学びます。
まちづくりNPOや自治体職員、企業の社会貢献担当者や事業担当者、ボランティ
ア団体、研究者や学生、関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。
────────────────────────────────────
日  程:2009年9月11日(金)~13日(日) (通し参加・詳細はお問い合わせを)
内  容:・英国で取り組まれている地域やコミュニティ活性事例を学びます。
・地域で活動するアートNPOの活動をケーススタディに、地域活性 
プロジェクトを展開する際に必要となるマネジメントのノウハウ、
を学びます。
・企画の立案から企画の実施、事業後の検証(評価)まで一連のプロ
ジェクトのプロセスを押さえ、ターゲットに届く報告書の作成や、
説得力のある検証報告のつくり方を学びます。
・初日に交流会があります。
※全日程に通訳がつきます。
※原則宿泊をお願いしますが、島内の方は講義のみの参加も可です。
会  場:淡路島(兵庫県)島内の宿泊施設を予定
定  員:30名
料  金:5,000円(宿泊費2泊分込み/飲食別)
会員割引:アートNPOリンク会員、淡路島アートセンター会員は3,000円
問合・申込:アートNPOリンクTEL 06-6643-3133 E-mail aafs@arts-npo.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主  催:アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
共  催:NPO法人淡路島アートセンター、NPO法人アートNPOリンク、
ブリティッシュ・カウンシル
助  成:財団法人アサヒビール芸術文化財団、
兵庫県淡路県民局 平成21年度「観光立島淡路」推進活動応援事業、
洲本市 都市・農山漁村交流促進事業
特別協賛:アサヒビール株式会社
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



【アサヒ・アート・フェスティバル2009「AAF学校」】(※転送大歓迎)
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
アサヒ・アート・フェスティバル2009
「AAF学校」受講生募集中
「思考の基礎体力」
http://arts-npo.org/aafschool09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-社会を切り拓くアートのために-
アートプロデューサーは、施設の運営、団体の継続、企画の実現どれをとっても
「何をするか」とともに、社会からの「なぜアートでなければならないのか?」
という疑問に応える能力が求められています。
既存のアートの場を飛び出し、社会にアートを開こうとする活動が集うアサヒ・
アート・フェスティバルだからこそ、「何を」とともに「なぜ」について応えら
れるアートプロデューサーの必要性を感じています。
この学校は、そうした思いから生まれました。

アートプロデュースの現場では、実践的な作業のノウハウも必要になりますが、
それと同じほど、現代社会の中でアートの可能性をいかにとらえているのか、ま
たその可能性を社会のいかなる領域に、いかにして開いていこうとしているのか
そういった「基本姿勢」がきわめて重要になります。こうした基本姿勢が確立さ
れていなければ、起こりうるさまざまな状況と向かい合い、自身の行為の必然性
を説得力をもって主張できなくなるからです。
今年度は、アーティストやアートプロデューサーのみならず、社会の現場で活躍
される多彩な活動家をお招きし、「思考の基礎体力」の向上をはかります。
────────────────────────────────────
日  時:2009年7月27日(月)~11月30日(月) (全9回)
9月23日(水)、10月5日(月)、11月16日(月)、11月23日(月)、
11月30日(月):以上19:00~21:00
9月6日(日)、10月12日(月・祝):14:00~18:30
*7月27日(月)、8月10日(月)は終了しました。
会  場:アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F)
アクセス:東京メトロ銀座線「浅草駅」4・5番出口より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩10分
東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩6分
http://www.arts-npo.org/aas/map.htm
講  師:第1回(7月27日)〈芸術と政治1〉 五野井 郁夫
第2回(8月10日)〈芸術と戦後史〉 新川貴詩
第3回(9月6日)〈「S/N」上映・愛好者から当事者へ〉
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、山田創平
第4回(9月23日)〈労働としての芸術〉 櫻田和也
第5回(10月5日)〈芸術とマルチチュード〉 廣瀬 純
第6回(10月12日)〈アクティビズムと芸術+ワークショップ〉
小田マサノリ/イルコモンズ
第7回(11月16日)〈メディアと芸術〉 藤井 光
第8回(11月23日)〈市民活動と制度、ファンドレイジング〉松原 明
第9回(11月30日)〈芸術と政治2+クロージング〉
カクマクシャカ、加藤種男
受講料 :全9回=18,000円 / 1回=2,000円 / 学割1回=1,500円(予約制)
申込方法:下記をご記入のうえ、FAXまたはE-mailでお申込みください。
名前(フリガナ)、 所属、 E-mailアドレス、電話番号、参加日程
申込先 :アサヒ・アートスクエア事務局AAF学校係
FAX 03-5608-5319 / E-mail aafs@arts-npo.org
詳  細:http://arts-npo.org/aafschool09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アサヒ・アート・フェスティバルとは?
http://asahi-artfes.net/
アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)は、全国各地のアート・プロジェクト
のネットワークです。
ここには、市民がアートの力で地域の未来を切り拓こうとするプロジェクトが集
まっています。それぞれのプロジェクトは、それぞれ独立しており、それらがネ
ットワークを形成しています。
それぞれの活動が、地域再生の着実な実績を上げ、大きなムーブメントとなって
います。

プロジェクトに共通しているのは、アートと社会をつなぎ、そこから地域再生を
めざすという点です。
AAFは、「市民の主体的な参加によるアート・フェスティバル」との趣旨のもと、
アサヒビールと全国のアートNPOや市民グループとが協働して、2002年にスター
トしました。毎夏、ジャンルを越えた多彩なアート・プロジェクトが展開されて
います。アートを社会に開き、地域と密着して活動を続ける全国各地の市民が互
いに出会い、ネットワークを形成していくなかで、AAFは徐々に一過性のイベン
トの枠組みを超え、今では、地域再生をめざす全国規模の恒常的な活動の連携と
なっています。
「フェスティバル」、つまりお祭りは、究極の市民参加、究極のコミュニティ・
アートです。みんなでつくり、みんなで楽しむことが、市民のアートリテラシー
を向上させ、コミュニティ創造に寄与します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主  催:アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
共  催:NPO法人アートNPOリンク
助  成:財団法人アサヒビール芸術文化財団
特別協賛:アサヒビール株式会社
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



【アートNPOリンク会員情報】
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
水都大阪2009
アートのくねくね道
イギリスのホームレスオペラや釜ヶ崎の紙芝居劇の事例から考えるアートの仕事
社会との関わり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日  時:2009年8月31日(月) 18:00~20:30
内  容:アートのくねくね道 タイムスケジュール
18:00 むすび紙芝居劇(釜ヶ崎)
18:55 イギリスから「ストリートワイズ・オペラ」
マット・ピーコック
19:25 釜ヶ崎から
「ココルーム」 上田假奈代
「カマン!メディアセンター」平川啓隆
「カマン!TV」アサダワタル
19:40 トークセッション
「コミュニティにおけるアートの可能性、社会との関わり」
トーカー:マット・ピーコック、アサダワタル、平川隆啓、中川真
コーディネィター:上田假奈代
会  場:水都大阪2009 中之島公園 文化座劇場
アクセス:http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/
申込・問合:ココルーム
TEL 06-6643-3133 E-mail info@kama-media.org
────────────────────────────────────
■ストリートワイズ・オペラ/Streetwise Opera
ホームレスの人々が、オペラをはじめとするプロフェッショナルで質の高い音楽
作品の制作に携わることを通じて、彼らがより前向きに社会と関わりを持てるよ
うにし、また一般の人々のホームレスに対するイメージをポジティブに変えてい
くことを目的に設立された英国のアート団体。
毎週英国各地でホームレスを対象とした音楽のワークショップを実施するほか、
年に一度ホームレスの方とプロの音楽家が出演する大規模な作品の制作を行って
いる。
2002年の設立以降、その取組みはメディアでも数多く取り上げられるなど、英国
内外で高い評価を受けている。
http://www.streetwiseopera.org/
────────────────────────────────────
主  催:水都大阪2009実行委員会
企画・運営:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
協  力:ブリティッシュ・カウンシル、大阪市立大学 都市研究プラザ
助  成:株式会社ラッシュジャパン
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★



【アートNPOリンク会員情報】
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
現代芸術創造支援事業
OCA!大阪コミュニティーアート
参加アーティスト・いっしょに考えアクションする人 大募集
http://www.cocoroom.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちかごろコミュニティアートということばを耳にしますが、コミュニティアート
とはいったいどのようなものでしょうか?
日本ではまだ事例がすくなく、なじみのうすい概念ですが、さまざまな問題を抱
える現代社会において関心のもたれている分野です。
今回のプログラムはコミュニティアートの現場を体験・実践し、ワークショップ
を運営してゆく手法、コミュニティにおける場作り、全国・世界各地とのネット
ワーク作りなどを参加するみなさんとともに考え、それぞれの気づきや取り組み
を共有するために企画しました。
アートが地域や社会とどのように関わることができるかをさぐりながら、これら
の経験があなたのコミュニティや職場でゆたかなコミュニケーションにつながる
こと、多様な人々の自律的な社会参加の機会をつくることをめざします。
────────────────────────────────────
■ワークショップリーダーによるワークショップ
内  容:イギリス・ストリートワイズ・オペラのワークショップ基礎デザイン
をまなぶワークショップ。イギリスのホームレスセンターで毎週アー
ティストによるワークショップを行っているストリートワイズ・オペ
ラの手法を学びます。
会  場:大阪市立大学 西成プラザ
アクセス:JR環状線「新今宮駅」、地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」すぐ
参加費 :無料(定員20名)
講  師:マット・ピーコック、ドミニク・ハーラン
(ともにストリートワイズ・オペラ)
申込・問合:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
TEL 06-6643-3133 E-mail cocoroom@kanayo-net.com
共  催:ブリティッシュ・カウンシル

■こども向けワークショップの現場で学ぶ
内  容:西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。
その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講
師のファシリテートを学びます。
ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。
日  時:未定(9月26日(土)、10月10日(土)以降月一回 全7回)
*ワークショップは土日の午後の開催を考えています。続けての参加
をお願いしますが、1回だけでも参加可能。
講  師:岩橋由莉(表現教育)、エメ・スズキ(ダンス)
申込・問合:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
TEL 06-6643-3133 E-mail cocoroom@kanayo-net.com

■コミュニティアートをめぐる勉強会(全3回)
日  時:8月23日(日) 19:00、11月28日(土) 18:00、12月19日(土) 18:00
内  容:コミュニティアート・スペースの実践者、自治や地域づくりの研究者
をむかえ、コミュニティと創造的に関わる視座を深めます。
●8月23日(日)「自治とアート~自分の中の他者を動かす」
講 師:栗原彬(政治社会学・ボランティア学会会長)
会 場:大阪市立大学 西成プラザ
定 員:50名
協 力:ボランティア学会
●11月28日(土)
「<住み開き> 自分の場(プライベート)を集いの場(パブリック)に
変える幾十の方法」
講 師:大和川レコード(a.k.a.アサダワタル)
会 場:カマン!メディアセンター
定 員:15名
●12月19日(土)「クリスマスに星空を見上げて~釜ヶ崎から宇宙へ」
講 師:尾久土正己(和歌山大学学生自主創造科学センター長)
会 場:カマン!メディアセンター
定 員:15名
申込・問合:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
TEL 06-6643-3133 E-mail cocoroom@kanayo-net.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主  催:大阪市
企画運営:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)、
(財)大阪城ホール文化振興部
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
[PR]

by books131 | 2009-08-15 16:01 | イベント転載