アントニー・ゴームリー x 深澤直人 スペシャルトーク

アントニー・ゴームリー x 深澤直人 スペシャルトーク
「都市と対話するアートとデザイン」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アントニー・ゴームリーは、英国を代表する彫刻家として国際的に活躍する傍ら
今やニューカッスル・ゲーツヘッドのシンボルとなった巨大なパブリックアート
「エンジェル・オブ・ザ・ノース」や、ロンドンの街中に等身大の彫刻を点在させた
アートインスタレーション「イベント・ホライズン」など、公共の場を舞台に
都市とアートの関係を問いかける多くのプロジェクトを手がけ
英国のアート界において先駆的な活動を行ってきました。

現在、ロンドンで展開中のプロジェクト「ワン・アンド・アザー」
(http://www.oneandother.co.uk/)では、抽選で選ばれた一般市民が
100日間、24時間、1時間交代でトラファルガー広場の4番目の台座の上に
立つというもので その独創性溢れる取り組みは、ロンドン市民のみならず
英国のメディアでも大きな話題となっています。
また、7月26日から越後妻有で開催される大地の芸術祭では空き家を
利用したインスタレーション「もうひとつの特異点」を発表するなど
国際的にも活躍を続けています。

今回のトークイベントでは、アントニー・ゴームリーが自身の活動や
各プロジェクトに込められた意義などを紹介するほか、フィールドは違いながらも
互いの活動を尊敬し影響を与え合う存在であるという深澤直人氏とともに
現代の都市や社会においてアートやデザインが果たす役割や、
その関係性について広く語り合います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■概要
日時: 2009年7月27日(月)18:30~20:30 (OPEN 18:00)
場所: ブリティッシュ・カウンシル (新宿区神楽坂1-2)
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-about-us-tokyo-centre-contact-details.htm
定員: 120名 (先着順)
参加費: 無料 (同時通訳つき)
主催: ブリティッシュ・カウンシル
協力: 大地の芸術祭実行委員会

■申込み方法
お名前、ご所属、お電話番号と「7月27日アントニー・ゴームリー
トーク参加希望」の旨ご明記の上、メールかファックスで以下の宛先まで
お申込み下さい。
(定員を超えた場合のみご連絡します)

ブリティッシュ・カウンシル アーツセクション宛
E-MAIL: uk-arts@britishcouncil.or.jp
FAX: 03-3235-8040
問合せ先 ブリティッシュ・カウンシル アーツセクション
(TEL:03-3235-8038)

■スピーカープロフィール
アントニー・ゴームリー  Antony Gormley
1950年ロンドン生まれ。英国を代表するアーティストとして国際的に高く評価され
ている。自らの身体をモデルに、リード線で等身大の人物像を作り上げた彫刻
シリーズで一躍有名になり、その後、鋳鉄を制作に取り入れることによって、
劇的なスケールと構成をもつ彫刻群を生み出すようになった。1994年、英国の
現代アートの世界において最も権威のある「ターナー賞」を受賞。ゴームリーの
展覧会は英国のみならず海外でも広く開催されており、作品は世界各国の
パブリック・コレクションに納められている。委嘱作品も数多く手がけ、なかでも
特に、ゲーツヘッドにある「エンジェル・オブ・ザ・ノース」の彫像は、英国で
最もよく知られているパブリックアートのひとつである。日本における近年の
プロジェクトとしては、2004年に開催された一般市民参加型の彫刻インスタ
レーション「アジアン・フィールド」などがある。
www.antonygormley.com


深澤直人  Naoto Fukasawa
プロダクトデザイナー
「Without Thought」または「意識の中心」と表現する自身の思想のもとに、
人間の無意識をデザインに置き換えるワークショップを開催し続け、国内外の
デザイン賞を受賞する。2006年Jasper Morrisonとともに「Super Normal」を設立。
1956年山梨県生まれ。ヨーロッパ、北欧のメジャーブランドの他、国内の大手
メーカーのデザインを多数手がける。受賞歴は60賞を超え, 2007年 ロイヤル
デザイナー・フォー・インダストリー(英国王室芸術協会)の称号を授与される。
「THE OUTLINE 見えていない輪郭l」展 (2009/10/16-2010/1/31) 21_21DESIGN
SIGHT (東京ミッドタウン)藤井保氏との展覧会・出版予定
http://www.naotofukasawa.com/
[PR]

by books131 | 2009-07-17 17:24 | イベント転載