スーツ寄付という社会投資のお願い

[Recycled-Suits for Youth Project]

 現在、私たちは独自の若者支援事業「若年者就労基礎訓練プログラム
 (通称:ジョブトレ)」を実施しています。その経験とノウハウを活かし、 東京・埼玉・大阪にて、官民協働型の若年者向け就労支援事業を実施しています。

 各事業所では、500名から1,000名を超える“働く意欲のある若者”が登録し、社会的/経済的自立を目指して活動しています。多くの若者が成長過程のなかで何らかの困難を抱え、長期継続的に働けませんでした。しかし、彼ら/彼女らは「社会の一員として働きたい」という強い想いを抱え、日々、就職活動をしています。(現在の経済状況は非常に強い向かい風です) 

 官民協働型機関を通じ、私たちは年間延べ30.000名の就労サポートを無料提供しています。しかし、若者が就職活動に際し、一つ大きな課題に直面しました。

 それは「スーツ」です。

 アルバイトにせよ、正社員にせよ、採用面接にはスーツ着用が求められますが、その「スーツ」が高いハードルになっているのです。

 ---スーツを購入することが困難な(家庭)状況/環境にある若者がいます---

 これは家庭所得や家族関係などが大きく影響しています。利用者には、
 事情により家族には秘密で来所されている若者もいます。スーツ一式
 (ネクタイ・ベルト・靴など)が購入できずに、就職活動が進まない。先進国に暮らす私たちには想像し難い状況にある若者が、この日本にいます。 

 採用面接にスーツを準備できない若者は、社会性の欠如が理由で採用に至らないことがあります。スーツ着用の有無と採用可否の関係性の実際はわかりません。
 しかし、若者自身は「スーツがないと採用されない/仕事に就けない」ことと、「仕事に就けなければスーツが買えない」ことの狭間で“停滞”し、徐々に
 “絶望”していきます。スーツが買えないだけで未来を諦めざるを得ない若者がいるのです。

 ---スーツが準備できないだけで、「働く」にたどり着けない現状を変えたい---

 私たちは、私たちがサポートしている機関のみならず、同様の課題を抱える機関とパートナーシップを構築し、スーツが準備できないがために就職活動が困難となる若者をサポートしたく[Recycled-Suits for Youth Project]を立ち上げました。そして、この社会課題の解決のために、皆様の想像力と行動力をお借りしたいと思っています。

 皆様のタンスの奥に、使わないままとなっているスーツ・ネクタイ・ベルトはありませんか。是非、[Recycled-Suits for Youth Project]にご参加いただき、スーツ寄付による「社会投資」をしていただけませんか。

 [プロジェクトフロー]
 ①皆様から「社会投資」として寄付いただいたスーツ・ネクタイ・ベルトは、NPO法人「育て上げ」ネット本部事務局でお預かり、整理致します。
 ②各事業所・パートナー機関と協議し、事務局よりRecycled-Suitsを各地へ貸与します。
 ③各事業所・パートナー機関は、Recycled-Suitsを必要とする若者に責任を持って貸与します。

 ※Recycled-Suitsを活用する若者には、ご寄付いただいた皆様からの「社会投資」であることを伝えます。
 ※ご寄付いただいた皆様には、2009年3月頃に「Project Report」を送付/報告致します。

 [Recycled-Suits Project事務局からのお願い]

 当該プロジェクトは、就労を目指す若者を「スーツの貸与」という形でサポートするものです。皆様のご理解とご協力にあたり、以下の点をお願いさせていただきます。

 ---寄付スーツについて---

 スーツの貸与を必要としているのは、概ね15歳から39歳までの若者で、さまざまな困難を抱えながらも就労/就職に向けて取り組んでいるものです。
 そのため、あまりに古い型のスーツ(例えば、20年前のもの)や、若者が採用面接を受けるにあたり、ふさわしくないと考えられるもの(例えば、ダブル/派手な柄物)は、ご寄付であってもお受けできない場合がございます。

 ---寄付物品について---

 ①スーツ(上下セット) ②ネクタイ ③ベルト

 ※①から③までが揃っている必要はありません。
  ネクタイ・ベルト一本でも大変助かります。

 ---寄付物品の送付について---

 ご寄付いただける物品の送付は、原則、寄付者の皆様のご負担でお願い致します。
 大変厚かましいお願いではございますが、何卒、ご容赦ください。

 最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。
 [Recycled-Suits for Youth Project]は、私と当法人職員の何気ない話から始まったものです。就労/就職に際して、スーツを買うことができない状況にある若者がこんなにたくさんいるとは想像もできませんでした。採用面接にスーツ着用でない若者が来たら、皆様はどうお考えになりますか?きっと社会性のない若者であると判断されると思います。「スーツを買えない状況で、家庭にも恵まれていない若者である」とは考えないと思います。

 もし、タンスの奥に眠ったままのスーツ、最近着られなくなったスーツ、内定が決まり着ることがなくなったリクルートスーツなどがございましたら、是非、「社会投資」として私たちの活動の先にいる若者にそれを“託して”いただけないでしょうか。

 私たちも、皆様に「若者の就職/就労」と「自立」という「社会リターン」を届けられるよう努力致します。
 何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 理事長/工藤 啓

 ---お問い合わせ先---
 Recycled-Suits for Youth Project事務局
 担当:山本/田内
 〒190-0011 東京都立川市高松町2-9-22生活館3F
 TEL: 042-527-6051 FAX: 042-548-1368
 Web Site: http://ameblo.jp/rs4yp/ E-mail: info●sodateage.net
[PR]

by books131 | 2009-07-08 14:39 | イベント転載