「カマン!メディアセンター」映像募集

先日、大阪市西成区の動物園前商店街に「カマン!メディアセンター」という施設が立ち上がりました。
(企画運営:NPO法人cocoroom 助成:トヨタ財団)
→ http://kama-media.org/

舞台となる西成・釜ヶ崎界隈は、日雇い労働者を中心に、外国人観光客、商店街の人、地域の子どもたち、障がい者、ボランティアなど、どの街にも劣らぬ多様さでひしめきあっています。一人ひとりが抱く思いや、興味、関心はどれも個性的。そんな多様なアイデアをみんなの井戸端コミュニケーションによってミックスし、新たな生きがいや表現を生み出し、共有する。そして具体的なアクションや情報発信を行っていくことを目的として、この「カマン!メディアセンター」は立ち上がりました。
そこで、井戸端コミュニケーションを発生させる装置として以下のような街頭テレビプロジェクト「KAMAN!TV」を仕掛けてます。
→ http://yrecord.exblog.jp/9866422/

現段階ではyoutubeの再生リスト上映を軸にしつつ、通り過ぎるおじさんたちから「勝新太郎が見たい」とか「東京オリンピックの映像ってないの?」などの反応をうかがいながら実験をしています。

前置きが長くなりましたがここからが本題。

この街頭テレビ「KAMAN!TV」にて上映させていただける映像作品を募集しています。

条件は
・焦おっちゃんを中心とした通行人の「記憶や会話のビブラート(活性)を引き起こすための装置」としてのコンテンツ。
・著作権をクリアーにしているコンテンツ。

のみ。とぉっても曖昧な設定で大変失礼いたします。

ちょっとでも「興味あるかも」って方はまずはプログラムディレクターのわたくし アサダ(wataru-pmp●citrus.ocn.ne.jp)までご一報ください。
もう少し詳しいお話をさせていただきます。

まずはお気軽にご連絡をくださいませ。
[PR]

by books131 | 2009-07-08 14:05 | イベント転載