機関誌『南洋群島』復刊

メールがとどいたので転載します

日本統治時代に発刊されていた、南洋文化協会の機関誌『南洋群島』が、復刊され
るとのことです。ご関心のある方どうぞ。関西学院大の山中先生より教えていただき
ました。関学の三田キャンパスの図書館では、全巻購入するとのことです。 竹峰よ


--------------------------------------
南洋文化協会機関誌
南洋群島 【復刻版】 全26巻・別冊1
戦前期ミクロネシア文化圏で刊行された唯一の文化雑誌!

「海の生命線」と称された島々で、多数の沖縄県人を含む日本人移民は、
原野を拓き、産業を興し、約十万人の町を築いた。
彼等が夢見た新天地は、やがて激しい地上戦の末に焦土と化し、消滅に至る。
しかし、決して忘れてはいけない人々の歴史と生活が在った。

■A5判・上製・総約10,300頁
■別冊:解説(仲程昌徳)・総目次・索引
*2010年2月刊行(第3回配本時に)
*別冊のみ分売可 本体価格1,000円 ISBN978-4-8350-6297-6
■本体揃価格 \416,000
■全6回配本(2009年6月~2011年2月)
■推薦=石川友紀・今泉裕美子・須藤健一・山口洋兒

http://www.fujishuppan.co.jp/kindaishi/nanyouguntou.htm
[PR]

by books131 | 2009-07-03 12:38 | イベント転載