”みとりびと”は語る ~死と家族をめぐる3つの物語~

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
      夏のエンディングセミナー
       ”みとりびと”は語る
    ~死と家族をめぐる3つの物語~
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

    最新情報は特設ブログにて!
-------------------------------------------------------
   http://mitoribito.blogspot.com/
-------------------------------------------------------


  2009年7月18日・7月25日・8月1日
   【3回連続・いずれも土曜日】

映画「おくりびと」の大ヒットは、日本人にとっての死と家族の関係について改めて
想い起こさせました。しかし、映画とは違い、実際の死の風景、とりわけ末期から
死、死後のプロセスは、家族には知られざる世界であり、心身ともに大きな重圧がか
かります。
年間110万以上の人が亡くなる多死社会の日本において、家族とはもはや死の臨床と
いってよいはずですが、そのための環境や人材、作法など、その基盤はけっして充分
なものとはいえません。
遺族会、在宅ホスピス、そして家族による看取り…死と家族をめぐる3つの物語に学
びながら、いのちを支えることの意味をともに考えます。


 会場■應典院(おうてんいん)
    大阪市天王寺区下寺町1-1-27
    電話06-6771-7641
      地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅(3)番出口、
      近鉄・千日前線・堺筋線「日本橋」駅(8)番出口、
      それぞれ徒歩8分
      (※両駅ともエレベーターが設置されています)

お申し込みはインターネット、ファクシミリ(06-6770-3147)、お電話
(06-6771-7641)にて。

参加費■800円(茶菓付)(予約優先制)
    《各回とも定員40名。定員になり次第、締め切ります》

お申込■インターネットの「上町台地.cotocoto」(http://uemachi.cotocoto.jp)
からご希望の回を選んでお申し込み下さい。

 主催■大蓮寺・エンディングを考える市民の会
 共催■大蓮寺、應典院寺町倶楽部
 協力■ささえあい医療人権センターCOML、cocoroom、むすび、上町台地からまちを考える会

      ------------------------《話題提供者》------------------------

○7月18日(土)
 14時開会(閉会16時)
ゲスト:廣江輝夫 さん(公益社執行役員) 
【お申し込み】http://uemachi.cotocoto.jp/event/30444

------------【聞き手・秋田の視点】------------
廣江さんは葬儀専業最大手・公益社で葬送事業の最先端の開発に取り組む仕掛け人で
す。早くからエンディングサポート企画を手がけ、とくに遺族支援「ひだまりの会」
を設置して、グリーフケアの普及に取り組まれました。「死後」を扱う葬儀社が「生
前」を扱うことで何が見えてきたのでしょうか。映画とは一味違う「おくりびと」の
声です。

○7月25日(土)
 15時開会(閉会17時)
ゲスト:今井信行 さん(いまい内科クリニック院長) 
【お申し込み】http://uemachi.cotocoto.jp/event/30445

------------【聞き手・秋田の視点】------------
今井さんは宝塚市のクリニックの院長として、地域 に根づいた医療の実践に取り組
んでこられました。 「住み慣れた自宅で、最期まで」という、患者の願いに沿うよ
うに、在宅医療に取り組み、 昨年には在宅療養支援をめざして、通所介護施設を開
所、 医療と介護の両面から、「地域居住」を支援されています。

○8月1日(土)
 14時開会(閉会16時)
ゲスト:吉田利康 さん(アットホームホスピス代表)
【お申し込み】http://uemachi.cotocoto.jp/event/30446

------------【聞き手・秋田の視点】------------
吉田さんは、99年に白血病で最愛の奥様を自宅で看取られました。その体験を契機
に、インターネットでがん患者さんやその家族、遺族と交流を始め、医療現場にも、
市民の観点から積極的な発言をしておられます。昨年「がんの在宅ホスピスケア」を
刊行、最後のみとりびと「家族」の心境を綴っておられます。

   ------------------------《聞き手(各回とも)》------------------------

秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
55年大阪市生まれ。大蓮寺・エンディングを考える市民の会代表。パドマ幼稚園々長
も兼ねる。97年に塔頭寺院「應典院」を再建し、地域での社会的・文化的活動の拠点
に開放。また、新しい葬送のかたちを探して、02年には大蓮寺墓地に生前契約個人墓
「自然」及び永代供養墓「共命」を建立。
[PR]

by books131 | 2009-06-15 12:06 | イベント転載