「アニメを作ろう! 絵が動くってどんな感じ?」

お絵描きワークショップ 第14弾
「アニメを作ろう! 絵が動くってどんな感じ?」

ぼくは、アニメを見た記憶がありません。アニメーションと言えば、
宮崎駿、古くは、鉄腕アトムぐらいしか思い浮かばないのですが、実は、
アニメを使った美術作品というのもあるんですね。昨年、ビューの鑑賞
ツアーで京都の近代美術館に行ったときにも映像の部屋がいくつかあっ
て、そこでは、アニメも上映されていたようです。でも「どうせわからへんわ」
とみんな通り過ぎてしまいました。ちょっとでも、絵が動く仕組みや、絵が動く
とどんな風に見えるのかを知っておけば、映像を言葉で楽しむきっかけ
にもなるのではないでしょうか。

今回は、山田千愛さんを講師にお迎えして、アニメを自分の手で作って
みることにしました。きっとやり始めるとそのおもしろさにはまってし
まうのではないかという予感がしています。(コーディネーター 光島貴之)

■日時  2009年6月28日(日曜) 午後1時30分~5時30分

■講師 山田千愛(映像作家)

■場所  京都市山科身体障害者福祉会館 1階会議室
〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1
(TEL 075-591-8821)

■行き方 JR・京阪・地下鉄東西線 山科駅より徒歩10分(駐車場
あり)

■集合場所 1、直接会場 2、JR山科駅改札(1時15分)

■参加費 1000円
■募集  見えない人/見えにくい人:5名
     サポーター(見える人) :10名

*サポーターさんの参加費は無料です。見えない方/見えにくい方と
グループになって色や形の相談、デジカメの操作のお手伝いをしてもら
います。(アニメーション制作の経験は問いません)

■当日のスケジュール

*1時30分 自己紹介とグループ分け
*2時    アニメーションの仕組み
*2時30分 音のサンプルを聞いて、作りたいアニメのイメージを話
し合い素材を決める。
*3時20分 休憩
*3時30分 素材を動かしながら、デジカメ撮影。
*4時20分 休憩。画像編集。
*4時40分 アニメーション発表&感想会


■講師プロフィール
山田千愛(やまだちえ)
1984年生まれ。2003~07年オーストラリア・クイーンズラン
ド州・グリフィス大学にてメディアアートを学ぶ。絵画、立体オブ
ジェ、野外や室内空間の中に映像が調和し映し出されるビデオ・インス
タレーションの可能性を探っている。また、映像を一つのツールとし
て、パフォーマー、サウンドアーティストなどジャンルを越えたアー
ティストとのコラボレーションを行う。07年~現在、奈良にある「た
んぽぽの家アートセンターHANA」にて障害のある人の表現活動の
サポートをする。


■申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
1.お名前、2.連絡先、3.障害の有無、4.同伴者の有
無、5.集合場所をお知らせください。

●携帯番号 080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します、当日の緊急番号もこの番
号 へ)
●メールアドレス museum_access_view●yahoo.co.jp

■会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html
[PR]

by books131 | 2009-06-06 19:19 | イベント転載