グローバル経済と芸術

● ● ● URP
● ● ● 大阪市立大学
● ● ● 都市研究プラザ

大阪市立大学都市研究プラザ・フォーラム
グローバル経済と芸術
~フランスの文化政策を通じてみる、日本の芸術文化環境~
………………………………………………………………………

 近年、日本においても文化芸術を都市再生の要として、
都市政策を推進する自治体が増加しています。
都市の文化的魅力を顕在化するアートは、
グローバル化する現代において、国内のみならず
国際関係においても、これまでとは異なる
重要な役割を担うものとなりつつあります。

 今回のフォーラムでは、フランスを代表する
劇作家・小説家であり、元ジレット社 社長でもある
ミシェル・ヴィナヴェール氏をメインゲストにお迎えし、
氏の作品に対する創作態度を中心に、
文化大国フランスの文化政策や
企業メセナの状況などについてもお話しいただきます。
その後、相馬千秋氏、平田オリザ氏、小田中章浩氏を交え、
日本の舞台芸術フェスティバルの状況などを概観しつつ、
都市文化政策の今後を探ります。

基調講演:「グローバリゼーションと演劇」
   平田オリザ氏(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 教授/
       大阪市立大学都市研究プラザ 特別研究員)

鼎談:ミシェル・ヴィナヴェール氏(劇作家、小説家、批評家)
   小田中章浩氏(大阪市立大学大学院文学研究科 教授)
   平田オリザ氏

フォーラム:「グローバル経済と芸術」
   ミシェル・ヴィナヴェール氏
   相馬千秋氏(フェスティバル/トーキョー プログラム・ディレクター)
   平田オリザ氏
   フォーラム司会:小田中章浩氏

  … … … … …

日時:2009年6月15日(月) 18:30~20:30 (18:00開場)

会場:キャンパスポート大阪 ルームD・E
     (大阪駅前第2ビル 4階)
 アクセス=大阪・北新地(JR線)、梅田・東梅田・西梅田(市営地下鉄)、
      梅田(阪急・阪神)の各駅から、徒歩数分
 http://www.consortium-osaka.gr.jp/access/index.html

参加費:無料
 * 定員80名。予約の方を優先させていただきます。
 * 参加をご希望の方は、aaam@ur-plaza.osaka-cu.ac.jp へ
  お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス)を
  6月12日(金)までにご連絡ください。

お問合せ:大阪市立大学 都市研究プラザ
   aaam@ur-plaza.osaka-cu.ac.jp
   06-6605-2071

主催:大阪市立大学 都市研究プラザ
共催:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場、
   大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
企画:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場


出演者のプロフィール等は、
http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2009/05/2009615.html
をご覧ください。
[PR]

by books131 | 2009-05-26 17:39 | イベント転載