パレスチナとイスラエル ドキュメンタリー「ルート181」

・パレスチナとイスラエル ドキュメンタリー「ルート181」
4月25日(土)・26日(日) 13:00〜
「ルート181」Route 181 –Fragment of a Journey in Palestine-Israel
(ベルギー、フランス、イギリス、ドイツ/2003/270分/DVcam)日本語・英語字幕付き
監督・脚本・編集:ミシェル・クレフィ、エイアル・シヴァン
撮影:フィリップ・ベライシュ 録音:リシャール・ヴェルト、サリ・エズス

パレスチナ人クレイフィとイスラエル人シヴァンの両監督は、1947年に国連決議181条で採択されたパレスチナ分割案の境界線を「ルート181」と名づけ、それに沿って故郷を共に旅する。二人は、道中に出会うユダヤ人やアラブ人の言葉に耳を傾け、ルート181に凝集された様々な人々の過去や現在を丹念にカメラに収めていく。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2005最優秀賞。神戸初上映。

詳細
 プログラム http://kobe-eiga.net/program

後援:山形国際ドキュメンタリー映画祭
[PR]

by books131 | 2009-04-21 18:42 | イベント転載