神戸映画資料館のあんない

震災体験を越えて パート1
『with・・・若き女性美術作家の生涯』上映
2009年1月16日(金)〜18日(日)
当館にて

「with・・・若き女性美術作家の生涯」
(2001/60分/16mm)
監督・プロデューサー:榛葉 健
撮影:丸山幸之輔、新家克巳、榛葉 健
編集:西村周也
制作:辰巳隆一
音楽:酒井 亮
配給:「with・・・若き女性美術作家の生涯」全国上映委員会
 1975年神戸市長田区で生まれた佐野由美さんは、阪神大震災で神戸の自宅が全壊し、ガレキの中から命拾いしていました。そして、その時の多くの人々から支えられた経験が、彼女を変えたのです。大学卒業と同時にネパールに渡り、貧困地区の小学校でボランティアの美術教師になります。
 美術作家であることを「世の中での自分の使命にしたかった」と志した彼女が、貧困下で生きる人々と日々ふれ合うことで、社会の矛盾に悩み苦しみながらも成長していきます。そんなみずみずしい姿に、誰もが本当の「生きる意味」を見つけるでしょう・・。

http://kobe-eiga.net/program/



===
『ダンシング・ウィズ・ライブズ』上映+監督トーク[震災が国境を越えた時]
2009年1月17日(土)
アスタくにづか2番館106スペースにて(神戸映画資料館横の大正筋商店街を南へ50m)


「ダンシング・ウィズ・ライブズ 命と舞いながら」
(2006リニューアル版/71分/カラー/ビデオプロジェクター上映)
監督・編集・プロデュース:横間恭子
オンライン編集:リック・ミラー
音声編集:ショーン・カープ
制作:コネクテッドアース
阪神淡路大震災で家族全員を失うという不幸を乗り越え、ニューヨークで強く生きる日本人ダンサーの10年を追ったドキュメンタリー。
ニューヨーク生活4年目を迎える神戸出身のダンサー陸代(むつよ)は、オフ・ブロードウェイ劇場でのモダン・ダンス公演のリハーサル中、阪神大震災の悲報を受け、家族の住む神戸へと急きょ帰国する。間もなく舞台に立つためにニューヨークに戻った陸代のために、仲間のアーティストたちがチャリティショーを催し、会場を埋めたニューヨーカーたちが陸代を元気づけようとエールを送る。そして、恋愛、結婚。その相手、ノーマンにはナチスの支配下を生き抜いてきたユダヤ人の両親がいた。芸術の大切さを教えてくれた母の言葉をかみしめながら、言葉を超えて分かり合える新しい家族に支えられ、陸代は強く朗らかに、人生の一コマ、一コマを生きていく。
 
http://kobe-eiga.net/event/

神戸映画資料館
■■■■■■■■
水曜のぞく10:30〜18:00開館
TEL:078-754-8039
http://kobe-eiga.net/
[PR]

by books131 | 2009-01-15 17:51 | イベント転載