越冬闘争への呼びかけ

メールがとどいたので 転送します

28日より釜ヶ崎で越冬闘争が開始されています
1月3日には恒例の「釜講座ツアー」もあります
釜ヶ崎の越年を「釜講座ニュース」の形で送ります


釜ヶ崎講座ニュース'08〜09越冬特別号
2008年12月31日
大阪港郵便局私書箱40号
TEL  090−2063−7704(事務局)
E-mail kamakouza●cwo2.bai.ne.jp
kamakouza●ezweb.ne.jp(携帯)
URL http://cwoweb2.bai.ne.jp/kamakouza
郵便振替講座 00940−1−132778

� 09・1・3  第39回釜ヶ崎越冬闘争釜ヶ崎講座ツアー行います。
□日時      2009年1月3日(土)午後2時より
□集合場所   釜ヶ崎日雇労働組合事務所
大阪市西成区萩の茶屋1−9−7(TEL 06−6632−4273)
□案内人     水野阿修羅さん
今年は国際金融恐慌・世界同時不況の進行の中、釜ヶ崎では厳しい冬の中、釜ヶ崎越冬闘争が行われています。今年もメインに「安心して働き、生活できる釜ヶ崎を」を掲げて28日より、行われています。突入集会では、「釜講座」も連帯の挨拶をいたしました。29日からの南港臨時宿泊所への宿泊者は、30日段階で、昨年を120名以上超える1334名もの労働者に及んでいます。
年末にかけて「派遣切れ」の解雇だけでなく、多くの労働者が失業に追い込まれています。
このような中ですが、恒例の「釜ヶ崎講座越冬闘争ツアー」を1月3日に行います。冬のツアーは、釜ヶ崎が初めての方にもわかりやすく、釜ヶ崎の過去・現在を、釜ヶ崎の水先案内人の水野阿修羅さんに案内していただきます。毎年新たな釜ヶ崎を発見できます。その中から釜ヶ崎の未来も、ともに考えていきませんか。多くの方の参加を期待しています。
終了後、三角公園での「越冬まつり」に参加します。さらに、布団敷き、人民パトロール、医療パトロールにも参加ください。

� 第39回釜ヶ崎越冬闘争がはじまりました。

□ 越冬闘争 12月28日より1月6日まで
1月5日 お礼参り(対市・対府交渉・バス「勝利号」にて) 朝7時三角公園集合
□ 炊き出し  12月28日より1月8日まで(昼11時30分、三角公園)
12月31日から3日までは午後6時の2回、
□ 布団敷き 12月28日より1月5日まで。午後7時社会医療センター横
□ 医療パトロール 同上期間、午後9時45分より、社会医療センターより
□ 人民パトロール 12月30日より1月3日まで、午後8時三角公園より
□ 越冬祭り    12月30日より1月3日まで、三角公園舞台で
12月31日 午後2時45分より8時まで(5時半のど自慢大会、7時45分曽野恵子さん)
1月1日  午後1時半卓球大会 午後3時より8時(6時おおまきちまきさん、7時水木美穂さん)
1月2日  午前9時もちつき大会・一言一芸のど自慢大会 
午後3時より8時(7時shingo☆西成さん)
1月3日  午後1時ソフトボール大会
午後3時半より8時(5時ヘンリー松山さん、7時サンシン)
□ 資料
釜ヶ崎越冬闘争への緊急資金協力のおねがいです
2008年冬 釜ヶ崎越冬闘争実行委員会

一年は早いもので、今年も寒い季節がやってきました。野宿を強いられる多くの労働者にとっては地獄さながらの季節です。大阪市における年間の「路上死」者は毎年100人を越え、凍死、餓死など、その過酷さは冬に集中します。野宿を強いられる仲間にとっては、まさに命の危機に直面する季節といえると思います。
釜ヶ崎越冬闘争は、今回で39回目を数えます。支援・市民が集まって「一人たりとも死者を出すな」を合い言葉に、毎年毎年、とぎらすことなく続けてきました。今年も、
12月28日〜1月 5日までの9日間を、やりきろうと思っております。
資金協力のお願いです
越冬闘争を闘っていくにあたりお願いがあります。
裏面に、前回38回越冬闘争の収支報告をのせてありますが、それをご覧になっていただくとわかりますように、一回の越冬闘争で、約70〜80万円の資金が要ります。
現在、越冬実には36万余円の残金しか手持ちがなく、非常に財政が逼迫しております。
実行委員会での自前の財源確保の努力はしておりますが、それだけでは不十分な現状にあり、そこで、釜ヶ崎の運動、取り組みに関心を寄せる多くの支援のみなさんに、資金協力をお願いしております。
釜ヶ崎越冬闘争とは 
釜ヶ崎越冬闘争は、第1回の1970年以来、ずっと続けられています。目的は、行政の窓口も閉ざされる年末年始をはさんでの厳しい寒さの時期、野宿を強いられる仲間に生きることが闘いであることを呼びかけながら、仲間を防衛するため、期間中、仲間と支援が一緒になって様々な活動を取りくむことです。具体的には、夜の地区内医療パトロール、毎日の炊き出し、布団毛布を用意しての寝場所作り、地区外で野宿する仲間に呼びかけ、また市民に釜ヶ崎の実情を知らせるための人民パトロール、そして、正月をはさんで行われる越冬まつりなどです。越冬まつりは、三角公園にたき火をたき、のど自慢、バンド・演歌歌手の演奏、モチつき大会、ソフトボール大会など、寒さを吹き飛ばしての楽しい行事です。仕事始めの1月5日にぁ�蓮∀��圓�膾緝棔�圓鵬,靴�院⇒弋畚颪鬚世靴胴埓�北扈病从魘��蠅泙后
越冬闘争は、労働者を取り巻く格差・貧困の増大、そして、国・行政の「野宿者対策」の不備ゆえに、まだまだ多くの労働者が野宿を強いられる状況が続く限り、ずっと取りくみ続けなければならない、現場での大事な闘いです。
これまで述べさせてもらった趣旨をよくご理解いただき、今回も、多くのみなさんの資金協力を、ここにお願いする次第です。よろしくお願いいたします。

【振込先】みずほ銀行 難波支店  普通口座 1387094
釜ヶ崎実行委員会 代表 山田 実


あわせて、釜ヶ崎越冬闘争への緊急物資協力もよろしくお願いいたします。
2008年冬 釜ヶ崎越冬闘争実行委員会


物資の協力をお願いします
越冬闘争を闘うには、次のような多くの物資が必要になります。

★毎日の炊き出しに使う、米、野菜、その他の食料

★寝場所とか、医療パトロールで使う、布団(敷布団、掛布団)、毛布類

★衣類(成人男性用で、防寒着、セーター類、下着、靴下など)

★その他、石鹸、タオルなどの日常生活用品

越冬闘争の趣旨をよくご理解いただき、多くのみなさんの物資協力を、ここにお願いする次第です。よろしくお願いいたします。

【物資の送付先】
(〒557-0004)大阪市西成区萩之茶屋1−9−7
第37回釜ヶ崎越冬闘争実行委員会(代表 山田 実)
電話:06−6632−4273
[PR]

by books131 | 2008-12-31 18:57 | イベント転載