神戸映画資料館のあんない

イベントのお知らせ
・11月15日(土) 水谷洋一社長・柴田誠監督トーク(入場無料)

12月上映作品のお知らせ
・12月5日(金)と7日(日)は特集[1920年代のヨーロッパ]を上映します。
その他詳細をインターネット上で先行公開しています。こちらをご覧ください。
http://kobe-eiga.net/program/2008/12/


===
牛肉偽装告発の行方『ハダカの城〜西宮冷蔵・水谷洋一〜』 
2008年11月13日(木)〜21日(金)※水曜休映

「ハダカの城〜西宮冷蔵・水谷洋一〜」
(2007/108分/DV)
製作:『鳥類』/ Sei SHIBATA
監督・撮影・編集:柴田誠
録音・整音:岸本祐典、浅井佑介
音楽:米田みちのぶ
題字:ジュンコ
配給・宣伝:Nui企画、楠瀬かおり
出演:水谷洋一、水谷甲太郎 他

2003年、冬。大阪、梅田。曾根崎陸橋。ひとりの男が佇んでいた。男の名は、水谷洋一。

2002年1月23日。国の"国産牛肉買い取り制度"を悪用した、『雪印食品・牛肉偽装詐欺事件』の告発を行った、倉庫会社【西宮冷蔵】社長である。告発から3ヶ月後、「雪印食品」は解体。しかし、その後、西宮冷蔵も、偽装詰め替え作業時に「在庫証明書が改ざんされていた」と、国土交通省より営業停止処分をうける。続けて、相次ぐ取引先の撤退、2003年5月25日には、電気代滞納により倉庫送電が停止される。
2003年10月。大阪、梅田曾根崎陸橋。寒風に揺れる『まけへんで!! 西宮冷蔵』の幟。水谷社長は、「西宮冷蔵」再建を目指し、告発の経緯を綴った書籍販売の露店を開いていた。わずかな生活費を稼ぐのと、再建支援のカンパを募ってだが、自らの信念の火が消えていないことを証明するためだった。
この作品は、その陸橋での活動から再建、営業再開から1年目までの記録である。

http://kobe-eiga.net/program/

神戸映画資料館
■■■■■■■■
水曜のぞく10:30〜18:00開館
TEL:078-754-8039
http://kobe-eiga.net/
 
[PR]

by books131 | 2008-11-11 23:53 | イベント転載