社会のオルタナティヴ

社会のオルタナティヴ———ラテンアメリカと日本の経験から
7月10日(木)17:00ー19;00


マリーナ・シトリン(メインスピーカー)

社会学者/弁護士/活動家。現在サンフランシスコのカリフォルニア・ニューカレッジにて助教授を勤めると同時に、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で博士課程。シアトル以降、Direct Action Network を通じてグローバル・ジャスティス・ムーブメントに関与すると同時に、研究および実践の両面で、南米ことにアルゼンチンの社会運動に注力してきた。


水嶋一憲(コメンテーター)
高祖岩三郎(通訳)

酒井隆史(司会)


マリーナ・シトリンは、近年、グローバリゼーションのもとで、めざましい活性化をみせている南米とりわけアルゼンチンの現在の都市民衆運動についてフィールドワークをおこないその現状を報告、考察をおこなってきました。ここでは、講師が来日中におこなってきた南大阪、東京、北海道でのフィールドワークの結果もふまえ、オルタナティヴな社会、オルタナティヴな運動の現状とこれからを語ってもらいます。一連の「オルタナティヴ」企画もふくめて、ここしばらくの経験を、みんなで振り返りながら話をするというイベントになると思います。多くの人の参加を!


場所:大阪府立大学中之島サテライト(大阪市北区中之島1−2−10)

http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E4%B8%AD%E4%B9%8B%E5%B3%B61%E2%88%922%E2%88%9210&sll=34.694997,135.503268&sspn=0.007692,0.012574&ie=UTF8&ll=34.693674,135.503161&spn=0.007692,0.012574&z=16&iwloc=addr
[PR]

by books131 | 2008-07-08 17:13 | イベント転載