生活の中にアートを取り戻す!

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トーク】 第53回寺子屋トーク「生活の中にアートを取り戻す!
〜これからの芸術基盤形成の方向性〜」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活から祭りごとが切り離され、建築から美術が切り離されつつある現在。
特別な場所へ、特別な格好をして行かなければアートと出会えないような状況
になりつつある現在。人々の生活の中へ再度アートの存在を回復し、そしてさ
らには人々が生活の中で自由にアートを使いこなすためにはどのような対策が
必要でしょうか?
これらの現状を踏まえて、今回の寺子屋トークでは、横浜からアサヒビール芸
術文化財団の加藤種男さんをお招きし、今後の文化芸術の基盤形成の方向性に
ついてお話いただきます。また同時に、関西にて地域コミュニティ、教育、
福祉、医療、セクシャリティなど、様々な分野における「生活に埋め込むアー
トのかたち」についても事例紹介いただきます。
アートが他分野を横断するときに生まれるダイナミズムは、今後の人々の生活
にどのような影響を与えるのか、ゲストとともに考えてみましょう。


時間15:30〜(18:30閉会予定)
第一部 基調講演:加藤種男
         (アサヒビール芸術文化財団事務局長/
                    横浜芸術文化振興財団事務理事)
http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/ab-art/
http://www.yaf.or.jp/

第二部 パネルディスカッション「生活に埋め込むアートのかたち」
パネリスト:
「地域の祭りをアートで復活 ビッグ盆!」  大谷燠(NPO法人DanceBox)
http://www.db-dancebox.org/fl_sc/sc_p/sc_p_0608_big.html
「”世間”遺産に見るアート」       岡部太郎(財団法人たんぽぽの家)
http://seken-isan.net/
「セクシャルヘルスに関する情報発信と身体コミュニケーション」
        タミヤリョウコ(ライター)
http://sexymountain.com/
コメンテーター:加藤種男
         (アサヒビール芸術文化財団事務局長/
                    横浜芸術文化振興財団事務理事)
ゲストプロフィール
●加藤種男(かとうたねお)
1990年の企業文化部設立以来、アサヒビールの社会貢献部門を幅広く担当。アサヒビ
ール社会環境推進部副理事、横浜市芸術文化振興財団専務理事も兼務。企業メセナ協
議会研究部会長、いくつかのNPOや文化経済学会理事を務めるほか、美術や音楽の批
評なども行う。共著に『社会とアートのえんむすび』(トランスアート)などがあ
る。

-------------------------------

●大谷燠(おおたにいく)
DANCE BOX Executive Director 。大阪生まれ。1991年から2001年までTORII HALLプ
ロデューサー。1996年に「DANCE BOX」を立ち上げ、2002年「Art Theater dB」を開
設。コンテンポラリーダンスを中心とした公演・WSを年間約30本企画制作する一方、
アートによる街づくりのプロジェクトも実施している。近畿大学、神戸大学非常勤講
師。

●岡部太郎(おかべたろう)
1979年生れ 前橋市出身。財団法人たんぽぽの家スタッフ。高校時代より前橋の市民
活動団体「前橋芸術週間」にて商店街や行政を巻き込んだアートプロジェクトにボラ
ンティアとして参加。現在は奈良市にて、あたらしいアートの可能性を探る市民芸術
運動「エイブル・アート・ムーブメント」に関わり、展覧会やワークショップ、舞台
などの企画を担当している。

●タミヤリョウコ
2001年、自分たちが必要だと感じる情報を発信する、というコンセプトのSTD予防啓
発パンフレットを製作するプロジェクトに参加。それ以後、“田中課長”名義で、セ
クシャルヘルスに関する活動を続ける。近年は、西洋医学的な知識とともに、ホリス
ティックな視点が必要とと感じ、簡単なボディーワークを使ったコミュニケーション
スキルをあげるワークショップや、こんにゃく湿布など、民間療法を試すカフェ「ザ
・ヘルス」を開催。


◆開催日 7月13日(日)     
◆時 間 15:30〜      
◆入 場 ¥1,500/應典院寺町倶楽部会員・学生 ¥1,200
               (学生は受付で学生証をご提示ください。) 
◆会 場 應典院 本堂ホール
◆主 催 應典院寺町倶楽部
※終了後、2F気づきの広場にてゲストを囲んで交流会を開催(別途 ¥500)

申込フォームはこちら
http://uemachi.cotocoto.jp/event/27693

●問い合わせ
應典院寺町倶楽部 06−6771−7641
info●outenin.com
[PR]

by books131 | 2008-06-20 14:46 | イベント転載