マウリツィオ・ラッツァラート氏を招いて

マウリツィオ・ラッツァラート氏を招いて……

あ ら た な ネ ッ ト ワ ー ク と
メ デ ィ ア 運 動 の
創 造 に む け て  ◇◇◇


◆日時 6月22日 18〜20時
◆場所 ラジオ・カフェ (京都 寺町三条 西角)

まもなく来日するラッツァラート氏を招き、
イタリアやフランスの不安定生活者、
非常勤芸能従事者の状況、
あらたな社会運動のとりくみなど、
日本のマスメディアでは報じられて
いないような「出来事」をめぐって、
お話ししていただきます。

お酒を飲みながら(!)の交流の場です。
ぜひご参加くださいませ。
通訳は廣瀬純さん、杉村昌昭さん、
村澤真保呂さんがしてくださります。
書店発売前の邦訳書を特別販売もいたします。

◆場所 京都市中京区三条通寺町西入ル「とーべえ」ビル4F
     京阪三条駅から三条通りを西に5分、寺町通りとの交差点の西南角です。
◆電話 075-221-0797
◆問い合わせ → 洛北出版 竹中尚史
   電話 075-723-6305 携帯 090-9866-9502

★入場無料です。
お席をご予約の場合はinfo@rakuhoku-pub.jp(洛北出版:竹中)まで

◆ マウリツィオ・ラッツァラート Maurizio Lazzarato
1955年、イタリア生まれ。社会学者、哲学者。
現在はパリで働きながら、非物質的労働、
労働者の分裂、社会運動などについて研究を行なっている。
アントニオ・ネグリやヤン・ムーリエ=ブータンらとともに、
フランスの政治思想誌『マルチチュード』の創刊以来の
編集委員でもある。非常勤芸能従事者や
不安定生活者などによる連携組織の活動にも参加している。
邦訳書『出来事のポリティクス』(村澤真保呂・中倉智徳訳、
洛北出版、2008年6月下旬に書店にて発売予定)

主 催:龍谷大学国際社会文化研究所
共 催:洛北出版 ↓
info●rakuhoku-pub.jp
http://www.rakuhoku-pub.jp
[PR]

by books131 | 2008-06-14 14:36 | イベント転載