ワシらの足元は歴史ロマンにあふれている あちあるきの案内

08年4月「まちづくりひろば」のご案内
    釜ヶ崎のまち再生フォーラム
 
 
ワシらの足元は歴史ロマンにあふれている
==========================================================
ゴールデンウィーク直前に、レトロなチンチン電車〔阪堺電車〕のフリーチケットで
紀州街道歴史周遊はいかが?
住吉方面→自由都市堺の歴史群→最後は、できたてホヤホヤで今話題の(?)
就労自立支援住宅「オイコス堺」のスタディツァー!

     〜鳥の目虫の目・紀州街道歩きシリーズ その3〜
==========================================================
■4月27日〔日曜日〕
 集合:午前10:00 阪堺電車「南霞町」駅(西成区の太子交差点)
 解散:午後3時ごろ
 費用:交通費600円(チンチン電車乗り放題チケット)+弁当&おやつ代
    *生活保護やそれに準じた方々にはいくらかの補助をいたします。
 雨天中止:天気があやしい場合は同駅に10:00に来てみるか、主催者まで電話で
      お問い合わせください。
 主催(お申し込み&お問い合わせ):釜ケ崎のまち再生フォーラム
             

■趣旨
 “アクション型ひろば”として、春や秋におこなう『紀州街道歩きシリーズ』です。

釜ケ崎地域を縦断するこの歴史ロマンの街道筋をたどることで、わが街を見直し、地域への愛着心を醸成するしかけになっています。
案内役が大阪市立大学大学院教授で市大・都市研究プラザ/西成プラザを切り盛りする水内俊雄さん(地理学)や阪南大学教授の松村嘉久さん(観光学科)なので、いつもたくさんの学生さんも来て、老若男女ワイワイとなります。
どちら様もお気軽におこしください。

■行程

以下、市立大学〔地理学〕の水内先生のコメントを抜すいします。


「オイコス堺」現地紹介とついでに堺のまち歩きコース。
阪堺電車フリーチケットを使いまくります。
http://www.hankai.co.jp/ticket/index.html 600円
お買い求め 天王寺駅前・南霞町・我孫子道・浜寺駅前の各乗車券発売所
恵美須町・ 天王寺駅前・住吉公園の各停留場
本社および運輸区(我孫子道)

●阪堺電車我孫子道下車、徒歩で、大和川を紀州街道ぞいに歩いて、
環濠都市に入城、(この城は中国語の都市の城市のほうですね)。
住吉大社の堺への開口神社への渡御など、ちょっと歴史的に説明しながらにします。
絵図を用意します。

●たぶん以前に堺の被戦災地域は、すでにこのシリーズでは松村さん〔阪南大学観光学科教   授〕の案内で歩いていると思うので、
 高須神社から花田口まで阪堺電車。
 ここでザビエル公園から環濠で、かつての堺の
 かろうじて残る河岸風景を想像しまくる。このへんも絵図中心です。
時間があれば、開口神社をみる。
なにせ、自由都市いわれただけあって、博多と堺のみが 城下町の構成を取らないめずらしいビッグな都市だったことをかぎとる。

 なぜ堺にとって、開口神社が重要かは、
http://www.geocities.jp/iko_kan2/akikuchi.html
をみてください。

●今度は、また阪堺電車にのって宿院から東湊。
本当は南宋寺にも行きたいのですが。これは次回に。たぶん次回の出発点かな。
 ここは東湊村。 大正期に開発された古い市街地で、堺市の木造密集市街地での整備地区に指定されています。
 ふとん太鼓はここも有名な、船待神社、木造長屋街を歩きながら、オイコス堺、、、、はいここで見学、終了。

●への松のほうにも行きたいのですが、明らかに時間切れです。これは次回にとっておきます。小栗街道、浜寺方面のスタディツアーにとっておきます。

● <ありむら追記>
昼食は遅めになりますが、オイコス堺でとります。
その後、ここでの就労自立支援事業のホットな苦労話などを同NPO法人の川浪剛事務局長からうかがいます。
-------------------------------------
ありむら潜 ARIMURA Sen 釜ケ崎のまち再生フォーラム(事務局長)・漫画家
kama-yan●sun-inet.or.jp
http://www.kamagasaki-forum.com
[PR]

by books131 | 2008-04-22 23:46 | イベント転載