釜ヶ崎のまち再生フォーラム

 08年3月「まちづくりひろば」のご案内
              釜ヶ崎のまち再生フォーラム

荒れ果てる従来型日雇いの労働条件や就労ルート。忍び込むニュー日雇い派遣問題。
求人減だけではない。複雑化し、時代を映し出す釜ケ崎の労働事情をあなたはどこまで把握できていますか?

〜久しぶりに釜ケ崎の心臓部分・あいりん総合センターの諸問題に迫る〜
ゲストスピーカー:西成労働福祉センター職員の労働組合の方々

             記
▼2008年3月11日(火)(18:00時開場)18:30〜20:45
▼西成市民館 3階講堂
(西成警察署裏にある通称四角公園の西隣り)
▼主催:釜ケ崎のまち再生フォーラム
▼参加費:生活保護などの方は無料。その他の方は資料代300〜500円程度の寄付をお願い。
多ければもっとありがたいです。
▼連絡:事務局(ありむら)まで
URL : http://www.kamagasaki-forum.com

<今回のテーマ設定の趣旨> 

近頃、“福祉の街”になりつつある釜ケ崎で、みんながわからなくなっているのは実は釜ケ崎の労働事情、あいりん総合センター事情です。
さまざまなことが悪い意味での先祖帰りをしつつあるのに、完全な“死角”になっている風情すらします。
「建築確認渋滞問題があると言われているけど、求人減って釜ケ崎ではどのくらい深刻?」
「賃金の切り下げや日雇い雇用保険手帳の減、印紙を持たない雇用主の増大など、どれくらいひどくなってるんですか?」
「グッドウィルやフルキャストのような若者型日雇い派遣問題はどのくらい、あいりん総合センター周辺の手配に入り込んできているの?どんなトラブルの事例が起きているの?」
「西成労働福祉センターが周辺路上での求人活動見回りから手を引くように言われているってほんと?」
「その場合、違法求人が再び路上に放置される時代に先祖帰りしてもいいわけ?」
「あいりん職安はどうなるの?」
「2000年の地方分権一括法以来、あいりん地域をめぐる国と府の責任分担ってどうなったの?」
などなど、疑問は尽きないと思います。
それらをまとめて、報告&質疑応答します。

どなた様もお気軽にご参加ください。
参加申し込みなどは不要です。

●●● 議題

1)情報交換会(18:30〜)
いつもは、それぞれの生活分野・活動分野から役立ち情報を分け合います。

2)本題  19:00 
ゲストスピーカーのお話
西成労働福祉センター職員の労働組合の方々

 テーマ:あいりん総合センター内外における新旧・日雇い派遣の実相があなたには見えていますか?
      〜久しぶりに釜ケ崎の心臓部分の諸問題に迫る〜

20:45 頃  終了予定

 *この「まちづくりひろば」で採り上げていただきたいテーマ、呼びたい講師その他ご提案・ご要望ががありましたら、釜ケ崎のまち再生フォーラム事務局(ありむら)までお寄せください(090-8448-0315)。
 *当日はカマやんグッズも販売しています。 
[PR]

by books131 | 2008-02-25 22:52 | イベント転載