リバティセミナー 環状線と差別・人権

リバティセミナー 環状線と差別・人権

地域でさまざまな取り組みをしている講師が、その歴史・地理的景観と現状・取り組みを通して、都市社会の差別問題について考えます。
ここでは、大阪の暮らしに身近な環状線を切り口として、差別問題について考えます。
第1回 2008年2月9日(土)午後2時〜4時
     テーマ「環状線と都市大阪の形成」
     講 師:水内俊雄(大阪市立大学)
第2回 2008年2月16日(土)午後2時〜4時
     テーマ「鶴橋‐猪飼野の朝鮮市場と大阪のいま‐」
     講 師:金 光敏(コリアNGOセンター)
第3回 2008年2月23日(土)午後2時〜4時
     テーマ「新今宮‐スラムから寄せ場、そして野宿へ‐」
     講 師:生田武志(野宿者ネットワーク)
第4回 2008年3月1日(土)午後2時〜4時
     テーマ「芦原橋‐浪速の歴史と人権・太鼓(皮革)ロード‐」
     講 師:渡邊 実(「浪速部落の歴史」編纂委員会)
第5回 2008年3月8日(土)午後2時〜4時
     テーマ「大正‐在阪ウチナーンチュのアイデンティティ・文化・歴史‐」
     講 師:金城宗和(大正区沖縄研究会)
会場 大阪人権博物館研修室
参加費 各回1,000円(入館料含む、5回通しは4,000円)
定員 50名
申込み 下記の電話・ファックスでお申込みください。
※ファックスの場合は、住所、氏名、電話番号、参加日(第○回)を明記のこと
※手話通訳などが必要な方は、お申込みの際にお知らせください。
 電話 06−6561−7173 FAX 06−6561−3572
 *定員になり次第締め切ります。

http://www.liberty.or.jp/plan_exhibit/2008-2-9-3-8.html
[PR]

by books131 | 2008-02-05 22:17 | イベント転載