知デリ 転載

==========================
CSCDpresents「知デリ(学生企画)」in アップルストア
〜アート&テクノロジー:知術研究プロジェクト〜
http://cscd.osaka-u.ac.jp/activity/view/116
==========================

「フェロモン!?〜科学的分析と文学的考察〜」
嗅覚、色男、人間の魅力をテーマに科学者と人文学者がトークセッション!

科学技術・哲学・アートなど多分野の専門家で構成される当センター(CSCD)では、“コミュニケーションデザイン”という未知なる主題の実践的研究のために、「知術」というテーマを掲げ、その定義・意味や有用性について考察する「知術研究プロジェクト」を2006年度に始動しました。

このプロジェクトでは、さまざまな領域で活躍される方々と対話の機会を設け、各々の専門分野における「知識」や「技術」を参加者の方々と横断・交換することを通して、新しい発想の創出やアイデアの実現に繋げることを目指し、過去三回を実施しました。

そして、この度は、大阪大学の学生有志が企画運営を努め、ゲストを選出し、その専門領域や独自のテーマについて考察します。

大学と社会が連携して、「知術」を人々に還元(デリバリー)するトークプログラム、通称「知デリ」の試みにご注目下さい。
つきましては、御多忙の折とは存じますが、ぜひとも、ご参加を頂きたく、ここにご案内申し上げますと共に、周知・告知活動のご協力をお願い致します。                           

日 時:2008年1月27日(日)16:00-18:00
ゲスト:倉橋 隆 (大阪大学大学院教授)
    ヨコタ村上 孝之(大阪大学大学院准教授)
場 所:アップルストア心斎橋2Fシアター
    大阪市中央区西心斎橋1-5-5アーバンBLD心斎橋 
    TEL:06-4963-4500
    大阪市営地下鉄 「心斎橋」下車、御堂筋周防町 交差点の角
    http://www.apple.com/jp/retail/shinsaibashi/map/
定 員:50名(入場無料/当日先着順/立見含む)

ゲストプロフィール///
倉橋 隆 (大阪大学大学院生命機能研究科 教授)
1990年筑波大学大学院・生物科学研究科・博士課程修了。理学博士。ジョンズ・ホプキンス大学医学部リサーチフェローなどを経て現職。嗅覚のメカニズムに関して、分子、細胞、生体のレベルから幅広いアプローチで研究。最近では、香り分子を受容する嗅繊毛の化学反応の定量化を進め、「匂い信号増幅」「匂い順応」「匂いマスキング」の分子機構を解明。日本味と匂い学会 中西賞、モエヘネシー・ルイヴィトン国際科学賞、Takasago Award 等を受賞。著書:『嗅覚生理学』 (フレグランスジャーナル社)など多数。

ヨコタ村上 孝之 (大阪大学大学院言語文化研究科 准教授)
1987年東京大学総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士単位取得満期 退学。プリンストン大学比較文学科。大阪大学講師を経て、現職。研究内容は近代日本のセクシュアリティの系譜学的研究、比較文学の方法論、現代日本マンガの研究。著書:『性のプロトコル—欲望はどこからくるのか』(新曜社)、『マンガは欲望する』 (筑摩書房)など多数。『色男の研究』(角川学芸出版)で第29回サントリー学芸賞受賞。


主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
共催:アップルストア心斎橋
企画:知デリ学生スタッフ
(吉良拓馬 竹内亮介 中垣麗子 中津嘉隆 松本ひとみ)
制作:CSCDワーキングメンバー
(小林傳司 久保田テツ 木ノ下智恵子 春日匠 仲谷美江)
協力:NPO recip [地域文化に関する情報とプロジェクト]
   NPO法人 彩都メディア図書館

問い合わせ先
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
大阪府吹田市千里万博公園1-1
TEL:06-6816-9494 FAX:06-6875-9800
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/

*本イベントは平成19年度JST地域科学技術理解増進活動推進事業
「調査研究・モデル開発」の補助による活動です。
[PR]

by books131 | 2008-01-25 00:54 | イベント転載