映画『こんちくしょう』上映のお知らせ 転載

三人の脳性マヒの方々の証言を収めた『こんちくしょう — 障害者自立生活運動の先駆者たち』という映画を7月に完成させました。
ありがたいことに現在、全国各地で上映していただいています。
お近くで上映の際はぜひご覧いただければ幸いです。

【年内の上映予定】
[大阪]12月8日 大阪人権博物館(リバティおおさか)
http://www.liberty.or.jp/plan_exhibit/2007-12-8cinema.html
[東京]12月15日 世田谷産業プラザ
http://blog.goo.ne.jp/handssetagaya
[兵庫]12月19日 関西学院大学上ヶ原キャンパス
http://www.kwansei.ac.jp/AffNews?n_id=3109&n_type=3&aff_id=38

【作 品 紹 介】
 今から約40年前、制度も何も存在せず、重度障害者が、街なかに存在することすらありえなかった時代に、地域での自立生活を実現した先駆者がいる。
 私はその扉を開いた三人の先駆者のもとを訪ね、証言をカメラにおさめた。 ——— 福永年久

1970年代以降、それまで存在を否定されつづけてきた者たちが、自らの自由と謳歌すべき人生を獲得しようと果敢に挑みつづけられてきた日本の障害者自立生活運動。
現在、多くの問題を有しながらも障害者自立支援法による居宅支援サービスが存在し、それを利用することで自立生活を行う重度障害者も多くいます。
しかし、そうした福祉制度がほとんどなかった約40年前に、自立生活を獲得していった重度脳性マヒ者である木村浩子さん、田部正行さん、横田弘さん。
自立生活運動の先駆者といえる三人の方々が自立へと到った想いや足跡、そしてその後の活動の展開を時々の記録・解説も交え構成したこの映像が、私たちへのメッセージとなり、「自立生活」の意義をいま一度問い返す契機となればと思います。

 製作総指揮:福永年久
 監督・撮影:村上桂太郎
  助 成 :財団法人木口ひょうご地域振興財団
  制 作 :多文化Pro3 ツール・ド・コミュニケーション
 企画・製作:特定非営利活動法人障害者生活支援センター遊び雲
       『こんちくしょう』製作委員会
[PR]

by books131 | 2007-12-05 17:59 | イベント転載