釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク11月定例会のお知らせ 転載

釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク11月定例会のお知らせ

「介護の現場に於けるアルコール関連問題(その現実と悩み)」
(講師:元だいこく介護館ケアマネージャー・橋本亮二氏)

*生活現場での支援の為、生活介助の必要性とアルコール問題危機介入の狭間で悩まれる事の多いケアマネージャーの生の声を聞いて、可能な連携について考えましょう。

●日時:2007年11月21日(水)18:30〜20:30
●場所:のぞみ作業所
●参加費:300円(資料代として)

*「釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク」では、毎月第3(水)に(8月、12月を除く)、定例会を開催し、支援困難事例検討会・学習会を行っています。詳細は、下記、事務局までお問い合せ下さい。

*尚、「釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク」主催 (社福)釜ヶ崎ストロームの家共催で12/12(水)18:30〜20:30ドイツ人アルコール・セラピスト(喜望の家/のぞみ作業所「自立支援プログラム」共同企画者)ボード・ワルター氏の講演会を企画しています。演題等は追ってお知らせします。


主催・釜ヶ崎のアルコール問題に取り組むネットワーク
連絡先・のぞみ作業所  TEL.06-6647-6576
〒557-0004 大阪市西成区萩之茶屋2-11-15
[PR]

by books131 | 2007-11-20 20:41 | イベント転載