「貧困者のための銀行」グラミン銀行がやってくる!! 転載

「貧困者のための銀行」グラミン銀行がやってくる!!
ノーベル平和賞を受賞した活動から学ぶ、”社会を変える金融”

---------------------------------------------------------------
12月1日(土),2日(日),3日(月)の3日間、近畿ろうきん、日本NPOセンター、関西の主要なNPO支援組織が協働で全国規模のイベント「NPOメッセin関西2007」を実施します。

「分野、セクター、国境を超え、社会デザインの可能性を探る」
を3日間のNPOメッセの共通テーマとし、社会の新たな可能性を模索する場にしたいと考えています。
今回は、ノーベル平和賞の受賞で世界的に注目を集めているバングラデシュの「グラミン銀行」の方をはじめ、中国、韓国からもゲストを招き、これからの社会のあり方について共に議論する機会を作りました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※12月1日のみ無料です
※事前の参加申込をお願いします

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プログラムの詳細、参加申し込みは→ http://www.jnpoc.ne.jp/event/messe/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「NPOメッセin関西2007」 のご案内

■日時 2007年12月1日(土)2日(日)3日(月)

■会場 大阪経済大学(70周年記念館(A館))(12月1日、2日)
大阪NPOプラザ、piaNPO (12月3日)

■講師  45名(うちバングラデシュ,中国,韓国より各1名)

■定員 各プログラムにより異なります(最大定員500名)

■主催 近畿労働金庫/日本NPOセンター/
NPOメッセin関西2007実行委員会

■共催 大阪経済大学 地域活性化支援センター

■参加費 12月1日 のみ無料、12月2,3日 有料

※ご参加のプログラム数に応じて、以下のようになります。
1プログラム−3,000円
2プログラム−5,000円
3プログラム−7,000円
(日本NPOセンター正会員は割引あり)

■懇親会費  3,500円

■申込締切 2007年11月22日(木)

■参加申込・お問合せ先
特定非営利活動法人 日本NPOセンター
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
TEL:03−3510−0855
FAX:03−3510−0856
E-mail:messe@jnpoc.ne.jp
受付用Web:http://www.jnpoc.ne.jp/event/messe/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、プログラムの簡単なご紹介です。
各講演やセミナーの内容・論点はWEBをご参照ください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プログラムの詳細、参加申し込みは→ http://www.jnpoc.ne.jp/event/messe/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■12月1日(土):オープニング 社会的金融フォーラム <<無料>>
●記念講演(12:30〜15:45)
「社会を変える金融 グラミン銀行の挑戦から」
ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の実践から、「金融と地域・社会」
に焦点をあてます。
スピーカー ウマイ・クルスム(グラミン銀行 副総支配人)(以下敬称略)
対談者(予定) 石橋 嘉人  (近畿ろうきん 理事長)
※逐次通訳あり

●セミナー1,2(16:00〜17:45)
----------------
○セミナー1
「社会的金融が動く お金の流れが社会を変える」
コーディネーター 山口 郁子(中央ろうきん総合企画部CSR企画 次長)
パネラー     木村 真樹
(コミュニティ・ユースバンクmomo 代表理事)
深尾 昌峰
(きょうとNPOセンター 常務理事・事務局長)
田中 優 (未来バンク事業組合 理事長)
法橋 聡 (近畿ろうきん 地域共生推進部長)
----------------
○セミナー2
「グラミン銀行手法を社会に活かす
多重債務なき社会へのアプローチを探る」
コメンテーター(予定)
西田 光宏(金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室企画第六係長)
コーディネーター
木村 達也
(弁護士/全国クレジット・サラ金問題対策協議会 代表幹事)
パネラー
勝又 長生(全国労働金庫協会 広報渉外部 多重債務相談デスク)
坂東 俊矢(消費者支援機構関西 常任理事)
大山 小夜(金城学院大学人間科学部 准教授)
進行
吉坂 裕樹
(近畿ろうきん 営業推進部生活応援運動推進グループ 次長)

-----------------------------------------------------------------------
■12月2日(日):市民活動フォーラム <<2日目以降は有料となります>>
●キーセッション(10:00〜12:30)<定員250名>
「市民が担う新たな社会づくりの可能性」
パネラー
倉田 めば(Freedomコーディネーター/
大阪ダルク・アソシエーション 理事)
玉田 雅己(NPOバイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター
理事)
前田 信一(カリヨン子どもセンター 監事/
こども福祉研究所 副理事長)
コーディネーター
山岡 義典(日本NPOセンター 副代表理事)

●分科会1〜5(13:30〜17:00)<定員各50名>
-------------
○分科会1
「ソーシャル・キャピタル形成の観点から見た社会づくり」
鼎談 ウマイ・クルスム(グラミン銀行 副総支配人)
久保 麗子 (コリアボランティア協会 副代表)
中田 豊一 (シャプラニール=市民による海外協力の会 代表理事/
市民活動センター神戸 理事長)
※逐次通訳あり
-------------
○分科会2
「新たな社会づくりに向けたアジアの連携を考える」
パネラー
王  名 (中国・清華大学NGO研究所 所長)
金  海蒼(韓国・希望製作所 副所長)
播磨 靖夫(日本NPOセンター 代表理事/たんぽぽの家 理事長)
コーディネーター
雨森 孝悦(日本福祉大学福祉経営学部 教授)
※本分科会はすべて日本語で実施します
---------------
○分科会3
「市民によるアドボカシーにNPOが果たせる役割とは
−その現代的可能性を探る−」
パネラー
岩附 由佳(ACE 代表理事)
小林 幸治(市民がつくる政策調査会 事務局長)
山口 祐子(浜松NPOネットワークセンター 顧問)
コーディネーター
仲川 元庸(奈良NPOセンター 事務局長)
----------------
○分科会4
「分野を超えセクターを超え、社会制度の設計を考える」
基調報告・パネラー
佐野 章二(ビッグイシュー日本 代表)
パネラー
斎藤 縣三(共同連 事務局長)
津田 直則(協同労働の法制化を進める関西市民会議 代表)
富野 暉一郎(龍谷大学法学部 教授)
成瀬 和子(しみんふくし滋賀 常務理事・事務局長)
コーディネーター
法橋 聡 (共生型経済推進フォーラム 運営委員)
----------------
○分科会5
「NPO支援の現状は、NPOの自律を進めているか」
パネラー
浅野 令子(淡海ネットワークセンター(淡海文化振興財団)
常務理事兼事務局長)
金田 晃一(大和証券グループ本社 CSR室 次長)
堀川 浩介(大阪コミュニティ財団 専務理事)
柳瀬 真佐子(関西こども文化協会 代表理事)
コーディネーター
早瀬 昇 (大阪ボランティア協会 常務理事・事務局長/
日本NPOセンター 副代表理事)
●懇親会(17:30〜19:30)────────────—──
│会場:大阪経済大学                      │
│参加費:3,500円                     │
│全国のNPO関係者が一同に集まる機会です。名刺交換や情報交換 │
│などを通じて、ネットワーキングを深めるために、 │
│ぜひご参加ください。    |
────────────────────────────────

■12月3日(月):市民活動フォーラム<<2日目以降は有料となります>>
●個別プログラム
(A,B:14:00〜17:00/C:11:00〜18:00)
○個別プログラムA(会場:piaNPO)
「NPO共同事務所施設の可能性〜日米の実践事例から〜」
○個別プログラムB(会場:大阪NPOプラザ)
「ISO/SR「組織の社会的責任」の規格化のゆくえ
〜ISO26000とは何か、ISO/SRウィーン総会報告会・関西〜」
○個別プログラムC「0泊7時間!?関西支援センター弾丸ツアー」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プログラムの詳細、参加申し込みは→ http://www.jnpoc.ne.jp/event/messe/
[PR]

by books131 | 2007-11-08 18:03 | イベント転載